ドギー ハウザー。 海外ドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』、女性主人公でリメイクへ

『天才少年ドギー・ハウザー』がリブート!Disney+で配信へ! | ガジェット通信 GetNews

ドギー ハウザー

『天才少年ドギー・ハウザー』は、1992年に18時台にNHKで放送されていた医療ドラマで、天才的頭脳を持つ少年が、医師として働きながら成長していく物語です。 当時では、医療ドラマが少ないながらも様々な問題を取り上げていて、当時でもとても人気の高いドラマでした。 アメリカのVARIETYで取り上げられ、話題になっています。 までディズニー側からは正式な発表は出てない模様、ですが製作陣など物語のプロットなどは公開に至っているためガセではないとのこと。 現在は、まだ企画のスタート段階であり、今後さらなる詳細が詰められ、本格的にスタートとなる見込みです。 女性を主人公に据えて、新たな天才少女として展開していく。 アジアと白人のハーフの16歳の少女が医師として働く様を描いた、医療ベースのドラマとなるとのこと。 ハワイが舞台となることからも、日本人にとっては馴染みの深い物語になることも大いに予想される。 このアジア人という民族性を感じさせるのは、脚本を担当するコートニー・カンの体験も大きく影響されているのだといいます。 ちなみに、オリジナル版でドギー役を演じたニール・パトリック・ハリスは、今回は関わっていないとのこと。 まだ企画が進んでいる段階なので、詳しくどのようになるのか… キャスティングなども未発表。 今後の続報を待つほかないようです。 さらには医療ドラマとしても、一癖ありました。 『天才少年ドギー・ハウザー』は、たんある医療ドラマではありません。 いくら頭が良い天才少年だからと言って、ドギー・ハウザーはまだ16歳の少年です。 その少年が医療の現場に立っているのですから、学ぶべきことの方が多く、様々な問題と直面していました。 今回のリブート版では同じ16歳とはいえ、時代が20年以上経過した現代では生じる問題も大きく変わります。 果たして、このリブート版ではどんなものが取り上げられていくのか… そして主人公が女性に変わることでも、大きく注目を集める作品です。

次の

海外ドラマ

ドギー ハウザー

は先天的に高い知能指数を持った と呼ばれる人の一人だ。 アメリカでは、こうした Gifted を特別過程で教育することが知られている 、より。 彼は 2 歳で本を読み、3 歳で文字を書くようになり、5 歳の誕生日で作曲をした。 そして、9 歳でロヨラ大学に入学し、生物学を専攻して最優秀賞を得てから卒業している。 12 歳でシカゴ大学のプリツカー医学校に入学した。 そして今週、21 歳になった彼はシカゴ大学で医学博士を取得する最年少の生徒となるだろう。 矢野 祥の IQ は高すぎて正確に測ることができないほどだが、彼に与えられた才能は知能だけではない。 有名アーティストの野外コンサートが行われる「ラヴィニア音楽祭」で上演した名ピアニストであり、さらにテコンドーの黒帯を持っているという。 クラスメイトは彼を謙虚で甘い性格と評している。 彼自身は自分自身を「外向的な性格とは言えないけど、人のそばにいることは好きです」と答えている。 ちなみにとは 1989 年から 4 年間にわたって放映されたアメリカのドラマ。 14 歳で臨床医となった天才少年の日々が描かれている。 日本でも 1992 年から教育テレビで放映されていた。 >南部氏がノーベル賞を取ったとき、マスコミは「日系アメリカ人」といわず「日本人」と言っていた。 移民一世については「(日系)アメリカ人」と言い切るのには違和感があります。 二世以降は「アメリカ人」そのものですけどね。 矢野祥君はアメリカ生まれのアメリカ育ちで母語はアメリカ語、日韓両国語はほとんど話せないようなので、主観的には東洋系(日系かつ韓国系)アメリカ人なのでしょう。 ただ、ご父君桂氏は永住権を持つ日本人のはずです。 漢字で日本人名を付けている所からして、日本国籍も取得させている可能性があります。 その場合は「日本人」も嘘じゃないですね。 ミスリードっぽいですけど。 >「韓国系」だったら、いいんじゃない?事実だし。 「韓国人」と書いたら嘘だけど。 韓国人は強烈な男系主義で女性に戸籍ができたのも、戸主になる資格ができたのも20年くらい前のことです。 それほどに女性を軽んじる韓国の新聞が見出しに「韓国系」と父系を無視した表現を使っていました。 そのあたりに二重基準が見えるので面白くてつい言及しちゃったんですよ。 南部さんの時の報道がどうっだったかよく覚えていないのですが、 南部さんを日本人と言ったとして、それは名誉ある賞だから嘘をついてでも日本人ということにしたかったという事ではなく、 日本において「日本人」というのがどう捉えられているかという問題ではないでしょうかね。 例えば逆に成人してから来日して日本に帰化した元アメリカ人の白人なんて人が帰化以前の研究で賞を取ったとして、 日本人が取ったぞという喜び方になるかというと違うと思うので。 そういう「日本人」の捉え方がグローバル化のこの時代によろしくないと言う議論はありえても 日本人受賞者が増えてほしいから無理矢理日本人としてカウントしたというのは違うと思う。 >日本人の基準って面白いにだ。 韓国人による在外韓国人認定の基準も面白いですよ。 韓国人にとって良いニュースの場合は韓国人、悪いニュースの場合は現地人です。 たとえばゴルフのミシェル・ウィー選手。 ハワイ生まれの2世なのでアメリカ人なんですが、活躍している時は「韓国人のウィ・ミソン(韓国名)」と報道し、調子を下げると「(韓国系)アメリカ人のミシェル・ウィー」と報道してました。 アメリカの大学で大量射殺事件を起こした移民1.5世の人物(アメリカ永住権取得)は「(韓国系)アメリカ人」と報道されていましたね。 基準がはっきりしているだけに、南部博士を日本人扱いして異議が出た日本より分かりやすいしすっきりしてます。 報道の姿勢として正しいのかどうかは別の話。 ただの人というか、ただの優秀な人、ぐらい。 特に際立った特徴は無いけどそこそこ優秀な奴として育ってきて、2~30代で無茶苦茶仕事が出来る奴として成功する例はざらに居る。 結局、そいつらに混ざってしまうので、 10代の頃の「歴史的に見ても同世代の中で突出してる」にという天才性に比べると、その後の「トップ集団の一員」という地位は精彩を欠く。 トップクラスの医師にして優れたピアノ奏者、とか複数掛け持ちしてるのもかっこいいけど、人材として評価すれば、トップ医者とトップ奏者を別々に雇えば良いのであって、レアだけどさほどの実用性は無い。 凄いなぁ、頑張って下さい、とは思うけど、その程度というのが率直な印象。

次の

『天才少年ドギー・ハウザー』がリブート!Disney+で配信へ!(2020年4月10日)|BIGLOBEニュース

ドギー ハウザー

『天才少年ドギー・ハウザー』は、1992年に18時台にNHKで放送されていた医療ドラマで、天才的頭脳を持つ少年が、医師として働きながら成長していく物語です。 当時では、医療ドラマが少ないながらも様々な問題を取り上げていて、当時でもとても人気の高いドラマでした。 アメリカのVARIETYで取り上げられ、話題になっています。 までディズニー側からは正式な発表は出てない模様、ですが製作陣など物語のプロットなどは公開に至っているためガセではないとのこと。 現在は、まだ企画のスタート段階であり、今後さらなる詳細が詰められ、本格的にスタートとなる見込みです。 女性を主人公に据えて、新たな天才少女として展開していく。 アジアと白人のハーフの16歳の少女が医師として働く様を描いた、医療ベースのドラマとなるとのこと。 ハワイが舞台となることからも、日本人にとっては馴染みの深い物語になることも大いに予想される。 このアジア人という民族性を感じさせるのは、脚本を担当するコートニー・カンの体験も大きく影響されているのだといいます。 ちなみに、オリジナル版でドギー役を演じたニール・パトリック・ハリスは、今回は関わっていないとのこと。 まだ企画が進んでいる段階なので、詳しくどのようになるのか… キャスティングなども未発表。 今後の続報を待つほかないようです。 さらには医療ドラマとしても、一癖ありました。 『天才少年ドギー・ハウザー』は、たんある医療ドラマではありません。 いくら頭が良い天才少年だからと言って、ドギー・ハウザーはまだ16歳の少年です。 その少年が医療の現場に立っているのですから、学ぶべきことの方が多く、様々な問題と直面していました。 今回のリブート版では同じ16歳とはいえ、時代が20年以上経過した現代では生じる問題も大きく変わります。 果たして、このリブート版ではどんなものが取り上げられていくのか… そして主人公が女性に変わることでも、大きく注目を集める作品です。

次の