弔電 文例。 お悔やみ電報文例》弔電例文・お礼・文例集・文章・打ち方/台紙/宛名/宛先

弔電を送る際のマナーとは? 押さえておきたい3つのポイント

弔電 文例

番号 用途 文例 SN01 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN02 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 SN03 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN04 お悔やみ(一般) ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN05 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN06 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 SN07 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 SN08 お悔やみ(一般) ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、 故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN09 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN14 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかと お察し申しあげますとともに、 在りし日のお姿を偲び、 心からご冥福をお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の 思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、 お祈りしております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出され、胸が痛みます。 教えていただきたい事が沢山ありましたのに、 残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN17 お悔やみ(一般) 突然の訃報、驚きと悲しみでいっぱいです。 幾多のご厚情を思えば、すぐにでも最後のお別れに 駆けつけなければならないのですが、 参列できず残念です。 衷心よりご冥福をお祈り申しあげます。 故人と共に過ごした日々を思い出すと、胸が詰まります。 ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、 安らかなご永眠をお祈りいたします。 SN19 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお気持ちを思いますと心が痛みます。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈りいたします。 お元気だった頃が走馬灯のように思い出され、 深い悲しみでいっぱいです。 どうぞ安らかにお眠りください。 ご家族皆様のお悲しみ、ご落胆を思いますと、 胸が張り裂けんばかりです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ここに謹んでお悔やみ申しあげ、故人の安らかなる ご冥福を心よりお祈りいたします。 ご遺族の皆様のお悲しみは、 いかばかりかとお察し申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈りいたします。 SN24 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN25 お悔やみ(一般) いつまでもお元気で長生きしてくださるものと 思っておりましたので、大変残念でなりません。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN26 お悔やみ(一般) 社長様のご訃報に、当社社員一同、 謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、 心からお悔やみ申しあげます。 SN27 お悔やみ(一般) ご逝去の知らせを受け、誠に驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、 ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 SN31 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、 在りし日を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN32 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 SN35 お悔やみ(一般) このたびの訃報に接し、いまだ信じられません。 生前のご厚情に深く感謝申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN36 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、大変驚いております。 遠方のため駆け付けることができず申し訳ありません。 在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN38 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみは いかばかりかと拝察いたします。 遠方により、お別れもできず残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN39 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、いまだ信じられずにおります。 遠方のためお別れすらできず、誠に申し訳ございません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN40 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご家族様のご心情 いかばかりかとお察しいたします。 ご生前のお姿をお偲びしますとともに、安らかに ご永眠されますようお祈りいたします。 SN41 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、 いまだに信じられずにおります。 今はただ、故人の安らかなるご永眠を祈るのみです。 SN42 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN43 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN44 お悔やみ(一般) 悲しいお知らせに、ただ呆然としております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 お別れにもうかがえず残念でなりませんが、 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう 心からお祈りいたします。 SN45 お悔やみ(一般) ご逝去の報に愕然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、沢山ありましたのにと悔やまれます。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 SN46 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、呆然としております。 最後のお別れにも伺えず、残念です。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますようにと 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN47 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 本来ならば拝眉の上、 お悔やみ申し上げるべきところでございますが、 遠方ゆえお伺いできないことをどうぞお許しください。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご家族皆様へのお慰めの言葉もございません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 お別れにも伺えず、申し訳ございません。 心からご冥福をお祈りいたします。 心から哀悼の意を表し、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺うことができず、残念でなりません。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、 ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 SN57 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 心より故人のご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご指導に感謝いたします。 ご功績に敬意を表し心からご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 心よりご冥福をお祈りしています。 そのうち会えると思っていた矢先の悲報に、 とても残念でしかたがありません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 元気だった頃の背筋をしゃんと張られた姿を思い出し、 とても残念でなりません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 ただ残念でなりません。 ご葬儀には残念ながら出席できませんが、 遥かな地より心からご冥福をお祈りいたしております。 SN64 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、大変驚愕しております。 幾多のご厚情に対するご恩返しもできず、 誠に痛惜の念でいっぱいです。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN65 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN66 お悔やみ(一般) 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 ご家族皆様がお力を落としている中、 お慰めするすべもなく、無念でなりません。 ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 SN67 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、 心からお祈りいたします。 SN68 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 父もすっかり肩を落とし、在りし日の思い出に 声を詰まらせています。 故人の安らかな旅立ちをお祈りいたします。 SN70 お悔やみ(一般) 最愛の友の訃報を聞き、言葉を失っております。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にも一生懸命だった故人。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN71 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 遅ればせながら心ばかりのお線香をお贈りしますので、 仏前にお供えいただければ幸いです。 ご家族みなさまがおだやかな年末年始を過ごされますよう、 心からお祈り申し上げます。 天国にいってしまうのは寂しいけれど、 ゆっくりと休んでください。 そして私達みんなを見守っていてね。 在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ST03 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、 励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を 心よりお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ST06 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 OR01 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 ご逝去の知らせを受け、弊社全員ただ、ただ驚いております。 先日まであんなにお元気でいらしたので、驚きを禁じ得ません。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR02 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 海の見える小高い丘の上にある写真館。 1枚1枚違う表情の家族の写真がありました。 楽しそうな家族に喧嘩している家族、笑顔の家族に、 違う方向を見ている家族。 でもこれはどれもあの人が作った理想の家族だったのです。 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。 素晴らしい人生をあなたと分かち合えた喜びは 何物にも替えがたく感謝しております。 ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を 今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、 一刻も早く立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR04 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 故人には生前、本当に良くして頂き、 何のお返しも出来ないままのお別れとなってしまいました。 残された皆様におきましては、今後も御家族お力を合わせて 一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 OR05 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 大きな川の向こうは仏様の世界で彼岸といいます。 その反対側の岸は此岸と言って苦しみの世界です。 心からご冥福をお祈りいたします。 OR06 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「天国はすごくいいところらしい。 だって、行った人が誰一人帰ってこないのだから」 と言う笑い話があります。 不謹慎だとは思わないで下さい。 残された御家族の皆様に少しでも、 故人と精一杯の人生を謳歌された喜びを感じていただき、 力一杯明日からの人生を歩んで頂きたいのです。 故人のご逝去に深く哀悼の意を表します。 OR07 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 レオナルドダヴィンチの言葉に 「あたかも良く過ごした一日が、 安らかな眠りをもたらすように、 良く生きられた一生は、安らかな死をもたらす。 」 という諺があります。 故人こそ、この言葉通りの人生をまっとうされました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 OR08 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「裏を見せて、表を見せて、散る紅葉」 有名な良寛和尚の理想的な最期の捉え方です。 あの方は見事にそれを実現されました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

次の

弔電の文例

弔電 文例

弔電のメッセージで故人について触れるときは、敬称に気を付ける必要があります。 弔電は「故人に宛てて直接出す電報」ではなく、宛先(受取人)は「喪主」です。 故人に対する敬称は、受取人にとっての故人との関係がどのようなものかを基準に記します。 主な敬称は以下の通りです。 故人が受取人の実父の場合:ご尊父様・お父様・お父上(様)• 故人が受取人の奥様のお父様の場合:ご岳父(がくふ)様• 故人が受取人の実母の場合:ご母堂(ぼどう)様・お母様・お母上(様)• 故人が受取人の奥様のお母様の場合:ご外母(がいぼ)様・ご岳母(がくぼ)様・ご丈母(じょうぼ)様• 故人が受取人の祖父母の場合:ご祖父様・お祖父(じい)様・ご祖母様・お祖母(ばあ)様• 故人が受取人の夫の場合:ご主人様• 故人が受取人の妻の場合:ご令室様・奥様• 故人が受取人の息子の場合:ご令息様・ご子息様• 故人が受取人の娘の場合:ご令嬢様・ご息女様• 故人が受取人の兄や義兄の場合:ご令兄(れいけい)様・お兄様・兄上様• 故人が受取人の弟や義弟の場合:ご令弟(れいてい)様・弟様• 故人が受取人の姉や義姉の場合:ご令姉(れいし)様・お姉様・姉上様• 故人が受取人の妹や義妹の場合:ご令妹(れいまい)様・妹様 間違いやすい例を挙げると、例えば「友人のお兄さんが亡くなった」場合は、その友人が喪主であれば故人の敬称は「ご令兄・お兄様・兄上様」となります。 友人のお父さんが喪主を務める場合は、「ご令息様・ご子息様」となりますので、気を付けましょう。 故人の信仰する宗教を確認する 故人が信仰する宗教によっては、通常の弔電に用いるような文言がふさわしくない場合もあります。 仏教以外の宗教を信仰する人には、仏教用語である「成仏」「冥福」「供養」「往生」「ご愁傷様」といった言葉は使用しないようにします。 よく耳にする「ご冥福をお祈りいたします」は「死後の幸福をお祈りいたします」という意味合いで、神道やキリスト教などを信仰している人には使えません。 可能な範囲で故人の宗教を確認し、それに合った弔電を送るように心掛けましょう。 一般的な弔電の文例 友人や知人が亡くなったときなど、一般的なシーンで使用できる弔電の文例をご紹介します。 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご遺族の方のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲報に接し、驚いております。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかな旅立ちでありますよう、心よりお祈り申し上げます。 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご遺族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申し上げます。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりましたので、残念でなりません。 共に過ごした日は、今も私にとって大切な思い出です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然の悲しいお知らせに呆然としております。 お元気で働き盛りだった故人の面影が目に浮かび、いまだ信じられません。 ご遺族の皆様もお気持ちを強く持ち、ご自愛ください。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 敬称が入る弔電の文例 自分が遺族の友人や知人という立場で弔電を送るときは、弔電の受取人と故人の関係を踏まえ、敬称の使い方に注意しましょう。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご岳父様のご逝去の報に接し、衷心より哀悼の意を表します。 ご母堂様ご訃報に接し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご岳母様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 お姉様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 お兄様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申し上げますとともに、心より哀悼の意を捧げます。 ご令妹様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご令弟様の突然のご逝去の報に接し、ご遺族様のお嘆きいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご主人様のご急逝の報に接し、大変驚いております。 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 ご令室様の突然のご悲報に接し、お慰めするすべもございません。 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、安らかにご永眠されますようお祈り申し上げます。 ご子息様の突然のお旅立ち、ご家族の皆様のお悲しみいかばかりかと、拝察申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご息女様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご両親様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 在りし日のお姿を偲び、心より哀悼の意を捧げます。 最愛のご令嬢様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 在りし日の美しいお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご令息様の突然の訃報に接し、驚きを禁じ得ません。 前途洋々たるときに他界され、ご両親様のご無念のお気持ちはいかばかりかとお察し申し上げます。 心より哀悼の意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご遺族様のお悲しみは計り知れないものとお察しいたします。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福をお祈り申し上げるばかりです。 取引先に送る弔電の文例 仕事の関係先に弔電を送る場合は、会社名や代表者名で送るのが一般的です。 企業によっては異なるので、上司の指示を仰いでから発注すると安心でしょう。 社長様のご訃報に接し、弊社社員一同、衷心より哀悼の意を捧げます。 会長様のご逝去の報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 貴社社長様の不慮のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 謹んで哀悼の意を表します。 天寿を全うされました貴社会長様の在りし日を偲びつつ、社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 貴社社長様のご訃報に社員一同、驚愕しております。 ご功労に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。 貴社会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 謹んで哀悼の意を捧げますとともに、ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のご活躍、ご功績に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからも社員皆様がお力を合わせて励ましあいながら、この度のご不幸を乗り越えられることを心よりお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。 キリスト教式の弔電の文例 キリスト教式でお葬式が行われる場合、弔電にはキリスト教向けのものを選び、仏教用語を使用しないように注意します。 ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 ご家族の皆様の上に主からの深い慰めと平安がありますよう、お祈りいたします。 安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈り申し上げます。 法要や慰霊祭の弔電の文例 弔電を送る場面は通夜や葬儀だけではありません。 法要や慰霊祭などにおいても、参加ができずに弔電を送る場合があります。 法要に際して送る弔電の文例• この度のご慰霊祭開催に際し、ご尽力いただきました関係者各位に敬意を表します。 ご遺族の皆様のご健勝をお祈り申し上げ、心よりご冥福をお祈りいたします。 親しい人が亡くなったときは思い出もメッセージに 弔電の文面には「忌み言葉を避ける」「敬称の使い方に気を付ける」「個人の宗教に配慮する」といった最低限必要なマナーがあります。 ご紹介した文例を参考にしながら、マナーに気を付けて自分自身でメッセージを考えるのもおすすめです。 ビジネスシーンで形式的に弔電を利用する場合は、一から文面を考えているよりも、すぐに手配することが求められるので文例を用いるのが便利です。 もし親しい友人・知人が亡くなってしまったときは文例をそのまま使うのではなく、「故人との思い出」をプラスして書くのも良いでしょう。 故人のことを偲ぶ気持ちが、より伝わりやすくなります。

次の

弔電、お悔やみ(キリスト教式)電報の例文・文例集

弔電 文例

弔電は、故人のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の悲しみに静かに寄り添うためのメッセージです。 もちろん弔電を打つ方にとってもやりきれない、気の重いもの。 残された家族のことを考えながら、適切な言葉づかいで、できるだけ早く、哀悼の意を電報に託しましょう。 【ほっと電報】では、豊富な文例を用意しているため、あなたに合った弔電文をお選びいただけます。 ただ、定型文だけでは気持ちが伝わりにくいので、文例を参考にしながらも、あなたの言葉で、お悔やみの気持ちを届けて下さい。 言葉を選ぶ際には、忌み言葉や、死を生々しく表す言い回し、大げさな表現などを使わないよう気をつけましょう。 例えば、不幸が重なることを連想させたり、ご逝去された方の不幸を連想させたりする表現は、故人を悼み、残された人たちがその後も生きてゆく節目としての葬儀の場にふさわしくありません。 また、喪主と故人との続柄を敬称を使って表すのも重要なマナーですし、喪家の宗教やしきたりにも気を遣うべきです。 【ほっと電報】は、こうした弔電における心配りの負担を、少しでも減らせるよう、お手伝いをさせていただきます。 弔電の台紙の選び方も、電報に不慣れな方には悩ましい問題でしょう。 【ほっと電報】ではお悔やみのための台紙を豊富に取り揃えております。 シンプルなものから、袱紗(ふくさ)、漆芸(しつげい)、押し花などの台紙のほか、プリザーブドフラワーや生け花がついているものなどがあります。 弔電文の装いとしての台紙は、葬儀に出られないあなたに代わって、言葉とはまた違う形で、ご逝去された方を悼み、ご遺族を思いやる気持ちを表すことができます。 文例とあわせて、心のこもった台紙選びで、あなたらしい弔電を届けましょう。 ご利用の方法も簡単です。 【ほっと電報】のWebサービスでは、「電話での電報お申し込みよりも料金が割安に」、そしてインターネットなので24時間のお申し込みが可能です。 また、Web会員登録(無料)をしていただくともっと便利にサービスをご利用いただけます。 宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能でお申し込みも簡単です。 法人会員様は電報の代金をソフトバンクの電話料金(おとくライン・クイックライン)といっしょにお支払いいただく事も可能です。 充実した商品ラインナップと、サポート体制を持つソフトバンクグループのほっと電報を、ぜひご利用下さい。

次の