アンゴラ チンチラ。 チンチラ|里親募集|ジモティー

チンチラの赤ちゃんの値段について

アンゴラ チンチラ

こんにちわ。 写真の猫ちゃん、とっても可愛いですね! ご質問の件、私も詳しくはないのですが・・少々推察混じりながら書いてみます。 日本のターキッシュアンゴラには、アメリカ、ヨーロッパから導入され、主にCFAのスタンダードに沿って近年繁殖されたものと、過去にペルシャを入れて繁殖されていたものがいるようです。 写真の猫ちゃんはお顔立ちからして後者の子孫と考えられますね。 ターキッシュアンゴラの固体数は多くないようですので、家系図があればはっきりしそうです。 ペルシャの特徴が出たターキッシュアンゴラの情報はとても少なくて、どんな人がどんな猫をイメージして育てられていたのかわからないのが残念ですが、写真の猫ちゃんのようにお手入れが楽で顔立ちの愛くるしい子たちがもっと定着してもよかったのにな、と思っています。 うちにもターキッシュアンゴラがいるのですが、細長く丸みのない体型・顔立ちで、シングルコートのためつるりとした手触りです。 性格は、代々人の手で育てられているからか警戒心が薄く人に良く慣れていますが、どこかエキセントリックなところがあり(笑)、昔から馴染み深い日本の猫とはちょっと性質が違うようです。 あとやたらと高いところに飛び乗るのが好きですね。 そしてよく足を滑らせて落ちてきます。 これはターキッシュアンゴラに共通した癖らしいです。 一緒に暮らしていてとっても面白くて可愛い子ですけど、外見も性質も独特で、客観的に見るとマニアックな猫種だなぁと思います。 リンクは、画像が荒いですがアメリカで作出された現在のスタンダードに沿ったアンゴラです。 ご参考になれば幸いです。 参考URL: こんばんは。 ターキッシュアンゴラのスタンダードには詳しくないのですが、ショーで見る子達は長くほっそりと筋肉質なボディに顔も逆三角系と、トータルとしてシャープなイメージです。 毛質ももっとストレートでここまで長くなかったように思います。 画像の子は、質問者さまご自身が仰っている通り、一番近い猫種はチンチラであるように見受けられます。 ターキッシュアンゴラのオーナーさんから回答がつくといいのですが、ひとまずご参考までに。 ちょっとぶーたれているような表情がすっごく可愛いですね。 トイレの回数が多くなったのは昨日の夜からで、部屋中を走り回っては トイレに行くといった行動を10数回していました。 便秘しがちな猫なのですが、トイレでの排便姿勢を見ると大ではなく 小をするためにトイレに行くような感じです。 一連の流れは下記のような感じです。 我が家の猫(メス、おそらく二歳前後、室内飼い)の状況。 突然走り出す。 トイレに行き30秒ほど力む。 (苦しそうな感じはしない) 3. トイレから出ると、排泄部を舐める。 飼い主と遊んだり、ご飯を食べたりしていつもと変わらない感じ に戻る。 また1. の状態に戻る。 今はこのような状況でです。 実家の猫も頻繁にトイレに行くような状況があったため、病院に 連れて行ったところ尿道結石と診断されました。 我が家の猫も尿道結石の疑いがあるのでしょうか? 皆さんの意見を参考に、必要であれば病院に連れて行きたいと 思っています。 ご意見よろしくお願いします。 A ベストアンサー No. 4です。 膀胱炎か、尿石症でオシッコが少量になっているとき、 膀胱炎は、何度もしているから少量 膀胱にはたまってない 尿石症は、出ないから少量 膀胱にはたまっている ですよね。 私は獣医さんに教えてもらったのですが、知識が無ければ難しく、やはり、獣医さんに見てもらうのが一番先決ですが、 自己判断は難しいですが、 膀胱を触ってみるのも手かもしれません。 猫を立たせて(四這いに)お腹の、後ろ足の付け根付近にあると思います。 こりこりするものが触れたら、尿石症でオシッコが膀胱にたまっている状態だと思います。 そういうものが無ければ、膀胱炎かな? お試しになるなら、膀胱に傷がつきますのであまり強くされないでくださいね。 ちなみにうちの子が尿石症になった時は、夜間に気がついたため病院にいけず、病院で見てもらったときには、かなりな大きさであと少し遅ければ死んでたみたいです。 その時は、トイレに入って砂を掻いて座っはみるものの、オシッコはなく、何度も何度もその行為をし、いつもトイレの前にうずくまってました。 水も飲みたいけど飲めないようでした。 4です。 膀胱炎か、尿石症でオシッコが少量になっているとき、 膀胱炎は、何度もしているから少量 膀胱にはたまってない 尿石症は、出ないから少量 膀胱にはたまっている ですよね。 私は獣医さんに教えてもらったのですが、知識が無ければ難しく、やはり、獣医さんに見てもらうのが一番先決ですが、 自己判断は難しいですが、 膀胱を触ってみるのも手かもしれません。 猫を立たせて(四這いに)お腹の、後ろ足の付け根付近にあると思います。 こりこりするものが触れたら、尿石症でオシッコが... Q 本日アビシニアンの雌猫(1歳)を避妊手術しました。 昨年末から1週間おきに発情していることを考え、発情中の現在も手術には問題ないとのことでしたので踏み切りました。 手術は子宮は残して卵巣をとる方法です。 日帰り手術だったのですが、帰ってからしばらく経って落ち着いたころから、玄関先で鳴いたり、ゴロンゴロンと寝転んだり、呼びかけるとお尻を上げたり、お尻をポンポンと叩くと尻尾を横にしてお尻をあげ、見ると「液」も出ています。 手術前の昨晩と変化がありません。 手術をすればこのような行為は収まると思っていましたので意外でした。 手術をした当日(しばらく?)というのは、発情はすぐに収まらないものなのでしょうか。 不勉強で申し訳ないのですが、お教えいただければ幸いです。 A ベストアンサー 私が実家で飼っていたアメショー(2匹)が どの様な方法の避妊手術だったのか(子宮はあるのか、ないのか) わからないのですが、うちの子たちも発情がすごくて 避妊手術の際、先生に発情の強い子は 避妊手術をしても発情の様な状態が続く事があると言われました。 やはり、猫にとってもストレスだし見ている人間も切ないし 鳴き続けるのは鳴かないに越した事はないので 避妊後の発情の様な行動を止める為に ホルモンチップを皮下の脂肪にうめる方法をとりました。 そのせいか分かりませんがうちの子は術後ピタリと止まりました。 ちなみに効果は2年位でその間で例外もあるそうですが、 大体はおさまるそうです。 先生ごとに見解もあるでしょうが聞いてみてはいかがですか? Q 食べなくなった16才老猫の食事について教えて下さい。 16才になる老猫 アメショー なのですが、食がだんだんと細くなり3日に1回・大匙1ぐらいまでになってしまいました。 昔はドライフードだったのですが全く食べなくなったので、 缶詰に変えたら初めは少し食べていたのですが今は上記の量ほどしか食べなくなってしまいました。 (数々の缶詰類を試しましたが効果はなくなってしまいました) 見ていると 食べたそうな時はあるのですが、上手く口に運べずボロボロとこぼしてしまい、結局嫌になって食べるのを止めてしまうといった感じです。 さっきも水飲み場に来て、飲もうと口を水につけるのですが舌を出すことはなくただただ口を水面にずっとつけたままで、結局最後は諦めたように戻って行ってしまいました・・・ 病院も2軒連れて行ったのですが、老化に伴うと考えられる数値意外コレといった病気は断定できないと言われました。 ・右側の顔面マヒが起こった形跡があるのは確かだが、その原因究明は困難である。 ・右側奥歯に軽い歯槽膿漏はあるが、年齢の程度によるもの(歯・口内自体は綺麗である) ・確かに口臭もあるが、これも年齢を考えれば想定内程度と考えられる。 ・もし病気だとしても もう少し症状なり数値なりの何かが出ないと判断が付かない… ・筋力が衰えや元気がなくなるのも年齢を考えれば普通に起こること。 食欲も前述の顔面マヒによる違和感・歯槽膿漏が気になってるんだと思います。 本当にお腹が減れば食べますよ!と診断を受けました。 しかしこのままだと、その症状が出る前に衰弱死してしまうのでは!? と心配でなりません。 体重も2. 9kgまで減ってしまいました… 本当なら定期的に病院で点滴でもすれば良いのでしょうが、ストレスが半端じゃない・・・ (外に出るだけで嫌がり、車に乗るとパニックを起こしてしまうほどです) そこでシリンジを使った強制給餌をしようかと思うのですが、どういったものがお奨めでしょうか? 強制給餌だと量を与えることは不可能ですので、少量でも意味があるものを探しております。 よろしくお願い致します。 16才になる老猫 アメショー なのですが、食がだんだんと細くなり3日に1回・大匙1ぐらいまでになってしまいました。 昔はドライフードだったのですが全く食べなくなったので、 缶詰に変えたら初めは少し食べていたのですが今は上記の量ほどしか食べなくなってしまいました。 (数々の缶詰類を試しましたが効果はなくなってしまいました) 見ていると 食べたそうな時はあるのですが、上手く口に運べずボロボロとこぼしてしまい、結局嫌になって食べるのを止... A ベストアンサー 2件行ったとのことですが、少し前のことですか? 背中の皮をつまんですぐもとにもどりますか?もどらないなら脱水しています。 話だけだと 今の様子だと確実に脱水していると思うので すぐ皮下輸液で栄養と水分補給しないと 食欲など戻らないと思います。 脱水しすぎると猫がとても飲みたくても飲むことができません。 食べて飲んで出来ない限り 強制給仕か皮下輸液どちらも必須でしょう。 必要な子には 1回練習して自宅で皮下輸液させてくれる病院もいっぱいあります。 獣医にあるシリンジ(針のない注射器)にそのまま バターナイフなどでつめて お口の横から上あごにむかって噴射し少しずつ食べさせます。 私は楽天でもっといっぱい中身が入れられ使いやすい ジェントルフィーダーを使います。 rakuten. GOTが高いのは肝臓・胆汁の異常が多少あるのかな?白血球は炎症あり? の程度もわからず それを考慮してまでここではアドバイスできないと思いますよ 上記の商品など、ふつう獣医ですすめてくれますが、しませんでしたか? 年だからしかたないと 積極的調べなかったり よくみてくれない獣医も多いです。 私も信頼できる獣医にまだ出会っていません。 ただ、なかにはシニアペットに親身になってくれる獣医もいると思いますので、 今までの血液検査の書類を持って 他を電話で確認してみたりして転院もいいかとは思います。 16歳までの猫経験で、結局 猫の状態をわかるのは飼い主でしかありません。 私も出来なくても困ってますが、疑問を獣医に率直にぶつけてみて下さい。 お大事に。 2件行ったとのことですが、少し前のことですか? 背中の皮をつまんですぐもとにもどりますか?もどらないなら脱水しています。 話だけだと 今の様子だと確実に脱水していると思うので すぐ皮下輸液で栄養と水分補給しないと 食欲など戻らないと思います。 脱水しすぎると猫がとても飲みたくても飲むことができません。 食べて飲んで出来ない限り 強制給仕か皮下輸液どちらも必須でしょう。 必要な子には 1回練習して自宅で皮下輸液させてくれる病院もいっぱいあります。 水も数日ほとんど飲んでいないならば、... A ベストアンサー ゲージおすすめします。 普通に買うと高いので、私はネットオークションで4千円位で新品同様を購入しました。 ゲージ入れ癖をつけておくと自宅で工事とか来客時他病院や旅行の時預かる先の方が助かるので色々スムーズに運びます。 また災害他で万一逃亡した時もゲージに入る癖がついてる動物は保護しやすいと聞いた事もあります。 部屋数が多い室内飼いならその間一室に閉じ込めてもいいですが、後で猫にストレスが溜まり言うこと聞かなくなったりする事があります。 ゲージは上下2箇所にスペースがあると思いますのでご飯は上の段、トイレは下の片側奥、水は入り口付近他片側手前に分けておくと猫も快適だし汚物と食事が混ざらず掃除もしやすいです。 初めは入り口を開けたままご飯は中においてオモチャを上から吊るし、上段のもう片側に子猫が入って眠れる位の浅い箱とか入れて快適にしてあげておくと自然にそこが快適になり、自ら入って寝たり遊んだりするようになり、安心で落ち着く場所と認識するようになります。 普段は入口開けたままで少しずつ慣らしておくといいです。 子猫は好奇心旺盛ですが攻撃力や自衛力もまだ弱いので、初めが関心です。 大人になると犬と違ってしつけ不能でワガママで本能的になりますので異種共存と互いの幸せの為にしつけはすごく大事かと思います。 余計な事まですみません。 思い当たる事があり、ついお伝えした次第です。 どうぞ参考までされて下さい。 ゲージおすすめします。 普通に買うと高いので、私はネットオークションで4千円位で新品同様を購入しました。 ゲージ入れ癖をつけておくと自宅で工事とか来客時他病院や旅行の時預かる先の方が助かるので色々スムーズに運びます。 また災害他で万一逃亡した時もゲージに入る癖がついてる動物は保護しやすいと聞いた事もあります。 部屋数が多い室内飼いならその間一室に閉じ込めてもいいですが、後で猫にストレスが溜まり言うこと聞かなくなったりする事があります。 ゲージは上下2箇所にスペー...

次の

フェレット等の小動物専門店マリン

アンゴラ チンチラ

分布 [ ] 形態 [ ] 25 - 26センチメートル。 尾長17 - 18センチメートル。 420 - 600グラム。 耳介や尾は長い。 毛衣は銀灰色。 生態 [ ] 400 - 1,650メートルの地域に生息する。 山地の岩場にオス、メスと子どもが集まり集団生活をしている。 食性は植物食で、、木本の根、コケなどを食べる。 捕食者はやフクロウ類 Bubo magellanicusが挙げられる。 妊娠期間は111日。 1回に1 - 6匹(主に2 - 3匹)の幼獣を産む。 野生下での寿命は6年の例がある。 飼育下での寿命は15年で、20年以上に達することもある。 人間との関係 [ ] 薪用の森林伐採・鉱石用の採掘・放牧による生息地の破壊、毛皮用の狩猟などにより生息数は減少している。 ペットとしてのチンチラ [ ] ペットとして飼育されることもある。 複数匹を同時飼育する際には命に関わるほどの喧嘩をする場合がある。 また、威嚇のために、コメのぬかのような臭いを出し、さらに人間には害はないがメスは威嚇のために後ろ足で立ち、尿のようなものを飛ばす。 オスよりメスの方が体も大きく気が強い傾向がある。 正しく飼育された健康なチンチラは10-15年、長ければ20年ほども生きる。 リチャード・ゴリス飼育下のチンチラの一匹は25歳半まで生きたとされている。 また27歳まで生きた例もある。 チンチラはめったに病気をしないが、いざ病気となった際にチンチラを診察できる獣医師は少なく、診察を断られることも多いため事前に探しておくのが望ましい。 飼育環境 [ ] ペットショップではかなり早い時期から売られているが3ヶ月位で迎えるのがベストとされる。 親の乳を与えられた仔と直ぐ親から離された仔では免疫力の差が大きい。 また幼いうちから飼い始めたからといって懐きやすいとは限らない。 懐くかどうかは個体差が大きい。 湿気と温度変化に弱く、チンチラにとって毒となるような野草であっても無警戒に口にすることがあるため、屋内飼育が基本とされる。 しかしチンチラは運動能力が高く、体長20cmほどのチンチラであっても、走る速度は人間の歩く速度よりはるかに速い。 加えて成長したチンチラのジャンプは高さ1m前後にも達するため、狭いに囲っての飼育には向かない。 ケージ内だけではチンチラが必要とする運動量をまかなえないと感じるなら、飼い主の生活する室内にチンチラを放して散歩させることができる。 ただし、木製やプラスチック製の家具、本、壁紙、電気のコード類を好んで齧り破壊する。 ケージ内にや齧り木を取り付けることで、チンチラのストレスをある程度解消してやることができる。 回し車はチンチラの背骨に負担をかけないよう、直径三十センチ以上のものが望ましい。 複数のチンチラを同時に飼育する場合、特に複数のオスを同時に飼育する場合は、チンチラ同士の喧嘩を警戒する必要がある。 喧嘩の程度や頻度は予想がつかないため、一匹につきひとつのケージを用意し、普段はそれぞれの個体を別のケージに分けて飼育するのが望ましい。 同性の親子や、仲のよいオスメスのカップルは、喧嘩することなく一つのケージで暮らすことができる場合もある。 しかし、怪我や病気の際の隔離、連続妊娠(チンチラは出産と同時に妊娠可能であるため、出産の前後はオスメスのペアを別にしないと、出産で体力の落ちたメスが間断なく妊娠してしまう危険がある)の回避のためなどには、やはり個別のケージが必要となる。 交配する時気を付けなければいけないのは、雌は4ヶ月くらいから成熟期になるが妊娠するにはまだ早過ぎる。 9ヶ月以上550グラム以上でないといけない。 交配する時必ず雄が雌より小さく血筋を確かめ又は毛を噛んだりしないか遺伝病を持っていないか、致死遺伝でないか、親近交配になっていないか、劣性遺伝子同士でないか確かめる必要がある。 遣ってはいけない例は、ブラウンベルベットとブラックベルベット又はピンクホワイトとモザイク又はバイオレットとバイオレット(劣性遺伝子同士)。 この組み合わせでの交配は決して実施してはいけない。 ミューテーションを交配する時その家系のどちらかの親又は祖父か祖母に純粋なスタンダードグレーが入る事が血統のいいチンチラ。 スタンダードグレーが家系に沢山居るほど体は丈夫になれる。 逆に2つのカラーを絶対に交配してはいけない。 ミューテーションは生まれた時点でもう弱い遺伝子なのでカラー同士交配重ねるごとに遺伝子は弱くなりチンチラは小型化していく。 交配する時厳しいセレクションが必要である。 基本的には夜行性であり、就寝中もわずかな物音で目を覚ますため、昼間は静かな環境が必要である。 一方、夜は活発に活動する。 なお、中には飼い主の生活サイクルに合わせて活動するチンチラもいるようである。 睡眠時間は一日十二時間ほどにもなる が、短いサイクルでの睡眠と覚醒を繰り返し、完全に安心しきっている環境以外では、熟睡することはあまりない。 体毛にはが分泌されるので、それを落とすために定期的な砂浴びが必要である。 放置すると毛が固まってを作り、皮膚疾患や毛を飲み込んでのの原因となる。 高温にも低温にも弱く、温度管理は重要である。 適温については諸説あるが、いずれにしても夏は高温多湿、冬は氷点下まで気温が下がることのある日本の気候の下での飼育には、冷暖房の適切な使用が必須と考えられている。 餌 [ ] 餌にはチモシー()などのの牧草を主食として、アルファルファ()やチンチラ用に調合された類を副食として与える。 粗食によく耐える生態であり、成長期と妊娠中を除けば、高カロリー高栄養な餌を与える必要はほとんどない。 チンチラにはが無く、脂肪の分解能力に劣る。 このため、高脂質な場合が多い、、用の餌などは代用にならない。 また、ウサギ同様もも生涯伸び続けるので、牧草のように歯を使い、飲み下すまでに十分な咀嚼が必要で、量を摂取できる餌を主食としないと、不正咬合のリスクが高まる。 おやつ [ ] 一般に知られる齧歯類の食の好みとは異なり、チンチラは生の野菜や果物に興味を示さない場合が多い。 通常与える餌としてはあまり向かないが、乾燥させたものは概ね喜んで食べるため、これらを少量「おやつ」として与えることができる。 必要性の是非はともかく、チンチラは甘いものが大好きである。 油や塩分、他添加物を避ける意味から、人間用に加糖や調理されていない、ごく少量の類を「おやつ」として与えることは、チンチラのしつけや、コミュニケーションを取るための手段として利用できる。 具体的には、、、、などが定番である。 チンチラは容易に偏食するので、嗜好性の高い「おやつ」を与え過ぎると、普通の餌をあまり食べなくなってしまうようになり、間接的に不正咬合発症のリスクを増やすことになる。 また、栄養の偏りによるをはじめとする内臓疾患や、極端な例では甘いおやつの与え過ぎが歯のう食()を引き起こす原因となることもある。 そのため、こういったおやつ類は極力与えない方が良い。 与えるのはただの飼い主の自己満足である。 代表的な疾病 [ ] 不正咬合 [ ] 不正咬合の発症は、主に普段の食事内容が原因と考えられている。 小動物の不正咬合は治療が難しく、摂食障害や口内にできてしまった傷からの感染症に発展する、命に関わる深刻な病気だが、発覚した時点ではほとんど取り返しがつかない状態まで進行してしまっている場合が多いため、日々の観察と食事の管理は非常に重要である。 なお、食生活に問題がなくとも、先天的に不正咬合を発症しやすいチンチラがいることが報告されている。 性質が遺伝すると考えられているため、そのようなチンチラは繁殖させないことが推奨される。 運よく程度の軽い初期のうちに発見できた場合は、食餌療法での回復も期待できる。 しかし、重篤な場合は歯を削ったり、抜歯するなどの外科的な処置が必要となる。 これらの処置はチンチラにとって大きなストレスであり、成功率も高くはない上、成功して以降も大抵は定期的に歯を削り続ける必要があるため、飼い主にとっても非常に大きな負担となる。 従ってベルベットとホワイト又はチンチラの濃い色のミューテーション ショコラ又はエクストラダークエボニーと決して交配してはいけない。 ベルベットの遺伝子は濃い色のミューテーション に目で見極められなくベルベットであるか分からないので、ホワイトの遺伝子は不完全優先遺伝子のためベルベットの遺伝子が多くの場合見つけられない(隠れて遺伝子として存在している事がある)。 血筋が分かっている場合は交配可能である。 チンチラに2つのベルベットの遺伝子又はホワイトの遺伝子があると遺伝子型として生きられない。 その結果メスにはホモ接合型の赤ちゃんは生きられないので子宮の中で死亡して流産になりえる。 流産が出血を引き起こし低体温症になり、手当てが遅れると死に至る。 子宮の中で死んだ仔が排出できない石児になる。 石児を外に出すには帝王切開しか手段がなく、メスの生命に危険を及ぼす。 もし仔が石児している事に気づかなかったら敗血症になり死亡する危険性がある。 交配は遊びではなく、気軽にする事ではない。 チンチラの各種類を守るため、カップルにするにはしっかり勉強し厳しく念入りにセレクションしなければいけない。 出典 [ ] []• (Accessed April 02, 2019)• 2016. Chinchilla lanigera errata version published in 2017. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T4652A117975205. Downloaded on 02 April 2019. Spotorno, Carlos A. Zuleta, J. Pablo Valladares, Amy L. Deane, and Jaime E. Jimenez, "," Mammalian Species, No. 758, American Society of Mammalogists, 2004, pp. 1-6. 動物雑誌『アニファ』(刊)2008年11月号の記事による。 157、2000年)• Bioscience Series「睡眠」、井上昌次郎著• 参考文献 [ ]• David Alderton 2007. Chinchillas. AnimalPlanet• Chinchillas. Barron's Educational Series, Inc.. 1999 (原書 Chinchillas. : Grafe und Unzer Verlag GmbH. 1997 )• Lani Ritchey. The Joy of Chinchillas. Chinchilla Lovers Association• リチャード・ゴリス『ザ・チンチラ』、2002年。 リチャード・ゴリス(総監修)『チンチラ:わが家の動物・完全マニュアル』、2000年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 チンチラに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

なつく!?最強にかわいいペット「チンチラ」まとめ!ただのネズミじゃないぞ!│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

アンゴラ チンチラ

フェレット・チンチラをはじめ、プレーリードッグ・フクロモモンガ・ハリネズミ・デグー・フクロウ・バード・おさる他、 珍しいエキゾチックアニマルを販売しております。 (チンチラ・フクロモモンガをはじめ、たくさんの動物のブリーディングもしております) たくさんの小動物を飼育、販売している専門店ですので、安心してお迎えして頂けます (フェレットのお迎えでは5800頭以上のお迎え実績もあります)。 また長年の経験のもと、ご相談(飼い方、しつけの仕方等)も受付けています。 好奇心旺盛で、何にでも興味を示します。 表情豊かで、愛嬌のある動物です。 フェレットの鳴き声は静かで近所迷惑になることはないと思います。 1日の大半は寝てすごし、短い時間に集中的に遊びます。 寿命は6年から10年程。 カナディアンフェレット 骨格がしっかりしており、大型のフェレットが多い被毛が密で、しなやかで美しい子が多い。 アンゴラフェレット 突然変異したの個体を固定化した種類で、ふさふさで柔らかい長い毛、鼻も上向き気味の子が多い。 ニュージーフェレット しっかりした骨格で、顔は丸くて太い子が多いパンダの様なポイント 模様 はNLフェレット特有。 また、ケージの底にはフェレットの爪がひっかかりにくい布を敷いてあげましょう。 フェレットはトイレの後お尻を拭いたり、汚れた口元を擦り付けて自ら綺麗にします。 また、余分な皮膚の油分や汚れを布が吸い取ってくれます。 綺麗な布をケージ内に敷くのは、綺麗なフェレットへの第一歩です。 お部屋での放し飼いは、様々な事故に繋がります。 外出時や睡眠時は 必ずケージに戻してあげましょう。 フェレットは遊び好きのため、エサ皿は、軽いエサ皿やお碗型のエサ皿はひっくり返されてしまいます。 また深すぎると食べにくいので、食べやすいお皿を選びましょう。 お水は給水ボトルを利用する様にしましょう。 ひっくり返されたり、ホコリや毛が入る事があるお皿に比べると衛生的です。 隅っこや角で排泄する習性を利用して、トイレを設置しましょう。 ウサギ用の三角形のトイレは体が入りきらず、嫌がる子が多く、 失敗する確立が高いです。 トイレ砂はたくさん敷き詰めると掘り返して遊び、散らかしてしまいます。 浅く、適度な量を入れましょう。 好奇心旺盛のフェレットが口に入れると、誤飲してしまい体内で詰まってしまいます。 同様に、ペットシーツにも水分を固める成分が入った製品が多く、掘りおこしたりして誤飲すると詰まる可能性があります。 また、木製のリターやチップ等はアレルギーを起こす危険があります。 体を丸くして寝る体制を自然ととる事ができます。 また体に自然とフィットする のも心地いいのでしょう。 ケージのサイズに合わせ、またその季節にあったハンモックを選びましょう。 乗っても少し浮く高さにつけてあげましょう。 ベビーや高齢のフェレットには高さを低くして付けてあげると乗りやすいです。 また、フェレットは瞼を閉じていても光を感じてしまい、副腎が働いてしまい ます。 副腎を少しでも休め、副腎疾患のリスクを少なくしてあげる為にも、潜れるタイプの物を付ける事をオススメします。 爪が長すぎるとケージや布・ハンモックなどに引っかけて、ケガをする可能性もあります。 フェレットの爪は半透明で、赤い部分は血管です。 血管を切らないように白い部分がある程度残るように切ってあげてましょう。 また、耳掃除を怠ると耳ダニ等の原因になります。 フェレットの耳にイヤーローションを数滴入れて、汚れを浮かせてから綿棒で掃除します。 中だけではなく、外耳のヒダの部分にも汚れが溜まりやすいので、綺麗にしてあげましょう。 その食事には、動物性タンパク質が必要不可欠になります。 そして、フェレットの消化器官は短く、 3時間程で排泄されます。 そのため、消化・吸収しやすい良質のフードをいつでも食べられるようにしてあげましょう。 ベビーの間はフードをふやかして与えましょう。 いわゆる離乳食です。 ふやかしたフードは傷みやすいので、1日に数回作り変えて あげましょう。 ジステンバーとは感染すると死亡率はほぼ100%で、治療法のない病気です。 主に感染が原因で発症します。 まれに、ワクチンの接種後にアレルギー反応が出るフェレットが居ます。 ワクチン接種後は必ず病院の待合室等で30分程様子を見てフェレットにアレルギー反応が出ないか確認しましょう。 フェレットのにおいが気になるからといって洗いすぎると、においの原因である皮脂がより 多く分泌されるようになってしまいます。 月に1度程度に留めておくようにしましょう。 フェレットも風邪をひきますので、お風呂のあとはしっかり乾かしてあげてください。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、 さまざまなリスクがあります。 もしかしたら足の裏を怪我するかもしれない、ハーネスから上手に抜け出すかもしれない、 考え出すと尽きません。 フェレットの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 扇風機は汗をかかないフェレットにとっては、ただ熱風が送られてくるだけでフェレットには涼しくはないです。 温度を記録する温度計などで、外出時の温度もチェックを行って、熱中症にならない様にしましょう。 基本的に人間が食べる物はフェレットには与えないで下さい。 正しく飼えば、めったに病気にかかりませんので、20年以上生きる強い動物になります。 寿命は15年から20年程。 元気なチンチラの被毛はとても美しく、光沢があります。 清潔で、臭いもほとんどないです。 夜行性で昼間は寝て過ごす事が多いです。 プラスチックやガラスケースで飼育してはいけません。 プラスチックは齧られ、ガラスケースでは湿気が籠ってしまいます。 エサ皿はペレットと牧草を入れる容器が必要になります。 一緒のお皿でも構わないですが、器用なチンチラは下の方に自分の食べたいものがあれば 上のものを全てひっくり返してしまいます。 牧草は立てた状態で与えるのがいいでしょう。 また、プラスチック製品は避けましょう。 チンチラに齧られてしまいます。 ケージ内でチンチラが走り回った時に動かない様に固定できるタイプもオススメです。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、毛や便が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 高くて狭い所が好きなチンチラには、上部に固定できる小屋もオススメです。 ケージ内にはステージや止まり木を付けてあげて、ケージ内の空間を出来るだけ有効活用する様にしましょう。 ステージやステップ、トンネルや小屋等は、木製のものを使ってあげましょう。 チンチラは必ず木製品を齧ります。 そうする事によって、とても良い気晴らしになりますし、 歯の伸びすぎなどの病気も防げられます。 チンチラの好きに齧らせてあげましょう。 また、これらを手作りする際には注意が必要です。 ベニヤ板等の合板には接着剤が使われており、有害です。 その他、一般に流通している木材は原木の状態で防虫液に漬けられているので使用しない様にしましょう。 安全なのは割り箸や、かまぼこの板です。 あまり小さいホイールだと走る際にチンチラの背骨に負担がかかります。 チンチラ用のホイールを選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、チンチラに使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、とても良いストレス発散になります。 一つの毛穴から80~100本の毛が生えているのです。 その被毛を健康に綺麗に保つには、必ず砂浴びが必要になります。 小動物の砂は数種類ありますが、チンチラの被毛に合う砂はとても細かい砂です。 粒か大きい砂では皮膚まで届かないのです。 チンチラ用の細かい浴び砂を選んであげましょう。 基本的にブラッシングはしない方がいいでしょう。 チンチラの毛は、とても抜けやすくなっているからです。 天敵に襲われた時などに、大量に抜けた毛に気を取られている隙に逃げる、という生きる知恵なのです。 そのため、チンチラのブラッシングをしたりすると必要な毛も抜けてしまいます。 基本的に被毛のケアは清潔な砂で定期的な砂浴びで十分です。 あまり長時間の砂浴びはチンチラの皮脂の油分が取れすぎて良くないです。 出来れば毎日10~15分程行いましょう。 また、チンチラはかなり質素な繊維質のエサだけでも生存できるように進化してきました。 高カロリーのエサは消化しにくい体質なのです。 そんなチンチラには高繊維・低脂肪の食事が必要です。 飼育下で高繊維・低脂肪の食事条件に一番合う主食は、干した牧草です。 チンチラには乾牧草を出来るだけ多く食べてもらえるように工夫(味や食感の違う牧草を数種類与える等)してください。 ペレットは与えすぎないように心がけ、少々のペレットを副食として与えましょう。 扇風機は汗をかかないチンチラにとっては、ただ熱風が送られてくるだけで涼しくはないです。 だいたい26度以上にならない様に注意が必要です。 それ以上になると熱中症の危険性があります。 野生のチンチラが生息する環境は湿度がほぼ0%です。 そのため、梅雨時など多湿になる時には湿度にも注意しましょう。 温度・湿度を記録する温度計などで、外出時の温度も必ずチェックして、熱中症にならない様にしましょう。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 また、逃げ出したチンチラを捕獲する事は、とても困難です。 もしかしたら足の裏を怪我するかもしれない、事故を起こすかもしれないと考え出すと尽きません。 チンチラの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 チンチラをお部屋で遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等なんでも齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 また、野菜や果物等の生のものは、与えすぎると下痢の原因になります。 どうしても与えるのであれば、乾燥した野菜や果物を少量に留めて与えましょう。 そして、とても良く懐きます。 警戒心が強い部分もありますが、信頼関係が出来ると素晴らしいパートナーになるでしょう。 夜行性の動物で、日が暮れてから行動を開始します。 木から木へ滑空するための飛膜を持ち、野生では50m程の距離を滑空する事もあります。 上下運動が出来る様なものを選んであげましょう。 また、ステージや止まり木、モモンガ用のハンモック等を付け、ケージ内の空間を有効に使いましょう。 あまり網目が大きいケージだと抜け出してしまいます。 十分に確認して準備してください。 エサ皿は、樹上性の生態に合わせて、木の枝に乗った状態で食事出来るタイプの物を使用するのがオススメです。 お椀形のお皿やプラスチック等の軽いお皿だと、お皿に体重がかかった時にひっくり返ってしまうので注意してください。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、毛や便が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 木の巣箱はリス用やインコ用も代用する事が出来ます。 巣箱の中には柔らかい牧草など、巣材を入れてあげましょう。 布製品のポーチも落ち着ける場所になります。 暗くて体を包んでくれる様な場所だと安心する様です。 ポーチを使用する際には注意が必要です。 布を齧っていないか、糸がほつれて爪が引っ掛かったりしないか頻繁にチェックしてください。 ホイールはあまりに小さい物だと走る際に背骨に負担がかかります。 モモンガ用の物を選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、とても良いストレス発散になります。 野生下では、昆虫や樹液、果物、花の蜜や花粉、クモやトカゲなどの小さな生き物等、色々な物を食べます。 フクロモモンガは食べ物の選り好みが特に多い動物です。 動物質・植物質をバランスよく与えてください。 1つの物を、よく食べるからといって与えすぎないように気を付けてください。 偏食で栄養が偏れば、フクロモモンガに良くみられる代謝性骨疾患の原因になります。 暑さ対策にはエアコン、寒さ対策にはペット用ヒーター等が必要です。 扇風機は風通しを良くするのには使えますが、汗をかかないモモンガにとっては、ただ風が送られてくるだけで涼しくはありません。 室温が高温にならない様に注意が必要です。 湿度も高い日本の夏は熱中症の危険性があります。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 ハーネス・リードを付けても器用なモモンガは抜け出したりします。 逃げ出したモモンガを捕獲する事は、とても困難です。 また、俊敏な動きをリードで制限するには危険が伴います。 モモンガの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 お部屋で遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等なんでも齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 生の大豆も与えてはいけませんし、果物の種子にも与えてはいけない物があります。 十分に注意しましょう。 背中は針で覆われていますが、その下の顔はクリクリとした目を持つ愛らしい顔立ちです。 身の危険を感じた時等は体を丸め、針を逆立てて身を守ります。 慣れた子なら素手で抱っこする事も出来ます。 小さな声で鳴く事がありますが、近所迷惑になるような声ではありません。 寿命は5年から8年程。 快適なケージを用意してあげましょう。 ハリネズミの足は小さく、床が網だと足をとられてしまいます。 底網は取り外しましょう。 衣装ケースなどの石油化学商品はアレルギーの原因となる事があります。 注意が必要です。 床には床材を敷いてあげましょう。 ウッドチップ等を使用する際には、原料に注意が必要です。 スギやマツ等の針葉樹が原料の物は香りがいいのですが、アレルギー症状を引き起こしたり、体に悪影響与える場合があります。 ポプラ アスペン 等の広葉樹が原料の物を使用してください。 またペットシーツも掘り返したりして誤飲してしまうと、窒息してしまいます。 直接触れる箇所には使用しない様にしましょう。 紙のチップや小動物のトイレ砂等、床材として使えますが、一番安全なのは柔らかい牧草です。 エサ皿は、丈夫で清潔な物を選びましょう。 お椀形のお皿やプラスチック等の軽いお皿だと、お皿に体重がかかった時にひっくり返ってしまうので注意してください。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、床材や毛が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 木の巣箱はウサギ用やチンチラ用を代用する事が出来ます。 寝袋を好んで使用する子も居ます。 布製品を使用する際には布を齧っていないか、糸がほつれて爪が引っ掛かったりしないか頻繁にチェックしてください。 ホイールはあまりに小さい物だと走る際に背骨に負担がかかります。 ハリネズミ用の物を選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、運動量が非常に多いハリネズミには、とても良いストレス発散になります。 昆虫や小さな両生類、まれに鳥の卵や、柔らかい植物などを食べます。 野生下で極端に硬い物を食べている訳ではありません。 そのため、ドライフードなどの硬いフードは歯やアゴに負担がかかってしまいます。 専用のフードをふやかし、食べやすいウェットフードにしてあげましょう。 昆虫食なので、植物性の食べ物は不要だと思われてきましたが、最近の研究では、他の肉食動物よりも多くの繊維質が必要ではないかとされています。 そもそも昆虫等の動物質を食べるといっても、昆虫類の消化器官内容物 つまり植物 も食べているのです。 野菜や果物など、繊維質の含む物を少し与えてあげましょう。 ハリネズミは体のわりに大食漢なので、消化吸収を助けるために消化酵素を与えてあげましょう。 暑さ対策にはエアコン、寒さ対策にはペット用ヒーター等が必要です。 扇風機は風通しを良くするのには使えますが、汗をかかないハリネズミにとっては、ただ風が送られてくるだけで涼しくはありません。 室温が高温にならない様に注意が必要です。 湿度も高い日本の夏は熱中症の危険性があります。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 ハリネズミの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 ハリネズミを遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等を齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 十分に注意しましょう。

次の