キング ヌー。 キングヌーが嫌いな理由は?ダサいし奇行がヤバい?歌下手との噂も?

King Gnu(キングヌー)メンバーを徹底紹介。ルーツから探る彼らの音楽性とは?

キング ヌー

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回はミクスチャーバンドのKing Gnu(キングヌー)『どろん』に対する海外の反応をご紹介します。 ミクスチャーバンドとは、様々なジャンルが「混合(ミクスチャー)」された音楽性を持つバンドのことを指します。 TBS系のドキュメンタリー番組「情熱大陸」で密着されるなど、ここ数年で急激にファンが広がっています。 また、番組によって、これまで知らなかった多くの層に周知されるきっかけになったに違いありません。 そんなKing Gnuですが、1月15日にリリースされたアルバム内の一曲が映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の主題歌に抜擢されたようです。 今や日本だけでなく、世界にファンを広げているKing Gnuの新曲に対する海外のコメントを取り上げてみます。 King Gnu『どろん』について 最近、日本の音楽シーンを賑わしているバンドの一つとしてあげられるミクスチャーバンド 「King Gnu(キングヌー)」の『どろん』のミュージックビデオがYouTubeに公開されました。 この曲は2020年1月15日に発売されたアルバム「CEREMONY」の収録曲であり、また2月21日に公開される 映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の主題歌ともなっている曲です。 そして、ようやくお待ちかねのMV公開ということで世界中のファンは大喜びをしています。 「キングヌー 」といえば拡声器を使って歌うなど、他のバンドにはない唯一無二の音楽を作り出しています、楽曲・ボーカル・演奏・アレンジ、あらゆる面において高い評価を受けており、特にボーカルの「井口 理」は、東京藝大声楽科のテノール専攻卒で、クラシック唱法のトレーニングを積んだ基礎があり、声量、声質はもちろんのことかなり高いピッチの音でも外さないという正確さがあり、J-POP界でも一目置かれている様です。 そしてメンバー、一人一人の個性もとても豊かで、MVの中では4人それぞれみんなが光っている!という声が多く聞かれました。 一度聴いたらまた聴きたくなる、聴き出したらハマってしまう、というKing Gnuの魅力満載の曲。 まだ聴いた事がない方がいたら、騙されたと思って是非聴いてみてくださいね!それでは、世界中から集まった数多くのコメントの一部を抜粋してみなさんにご紹介していきますね。

次の

King Gnu(キングヌー)メンバーを徹底紹介。ルーツから探る彼らの音楽性とは?

キング ヌー

King Gnu キングヌー ———2017年の結成年からフジロック・フェスティバル参戦し、2年目の2019年夏は、サマーソニック、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル、ライジングサンロックフェスティバルなど大型音楽フェスへの参戦が決定。 2019年リリースの新曲『白日』は、日本テレビ系列ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の主題歌に起用されるなど、いま人気急上昇中のバンドだ。 そんなKing Gnu キングヌー の楽曲すべての作詞作曲を担当するのが、リーダー常田大希 つねただいき。 また同時に、彼はPERIMETRON ペリメトロン というクリエイティブチームを立ち上げ、King GnuのMVやアートワークといったヴィジュアル周りの製作をそのチームで行っている。 常田大希にインタビュー 常田大希にKing Gnu結成時から最新曲『白日』までのエピソード、そして音楽との出会いについて話を聞いた。 音楽を作り、音楽を奏で、音楽の魅せ方までクリエイトする、常田大希がいま思うこととは。 King Gnu『白日』は、ドラマ主題歌にもなり話題曲となりましたね。 今年の年末から年明けにかけて、家を出ずに部屋で1人で作って仕上げた曲なので、ヒットしてちょっと報われたって感じですね 笑。 いろんな意味で、思い出深い楽曲だったので。 年始に生まれた楽曲が、1月スタートのドラマ主題歌に起用されるとはすごいスピード感ですね。 異例なくらい急ピッチ。 年末・年始こもっている間、俺はデモを作っていて、バンドメンバーを交えて『白日』を録音したのは1月9日くらいじゃないかな。 デモの段階で自分で全パートを入れて、そのデモをメンバーに渡して、各々パートを各々のプレイに修正していくっていうのがベーシックな曲の作り方なんですが、今回の『白日』のように納期がギリギリのものは、レコーディングスタジオに入ってから詰めていく。 プレイヤー陣もスキルがあってその場でどんどん対応できるので。 4日間くらいレコーディングスタジオにこもって仕上げていきました。 King Gnuといえば、楽曲はもちろんMVも話題ですよね。 MV製作はいつも録音が終わってから。 今回の『白日』は、演奏シーン、スタジオライブだけで構成して欲しいっていうのをペリメトロンの映像チームに提案して、チーム内でロケ地はココがいいんじゃないか、白黒 映像 でいこうって膨らませていきました。 今までで携わってきた中で、思い入れのあるMVは? 「あなたは蜃気楼」。 2年前、King Gnuとして動き出して、割りとすぐ撮影したんですけど、本当に予算がなくて、自分達で何から何までいろんな仕事をやった作品なんです。 深夜ずっと撮影して眠い中、俺は朝8時頃車で機材を返しに行った。 あの頃は「これやりたい、あれやりたい」って物が全部詰め込まれていて、コントロールが効いていなかったというか。 稚拙なMVではありますが、いい思い出ですね。 楽曲を作り演奏し、その上でMV製作まで…。 常田さんが同じチーム=ペリメトロンでMV製作している意味は? 哲学が共有されるというのが一番大きいですね。 自分が成長するように、チームメンバーも各々成長していっているので。 1つ目のMVを作ったら「ここがよくなかったね」って反省して、2作目は「こうだったね」って反省して、何年も積みあげてきているので、より強固になっていくというか。 売れたから有名な映像作家さんに頼む、というやり方では到達できない領域があると思います。 同じクルーでやっていることそのものに、やりがいのようなものも感じます。 King Gnu キングヌー は、2017年の結成からわずか2年しか経てないが、常田率いるメンバーは、Srv. Vinci サーバ・ヴィンチ というバンド名で以前より音楽活動をしていた。 「King Gnu キングヌー 」への変更はいつ決めたんですか。 Srv. Vinci サーバ・ヴィンチ の時に渋谷WWW 東京・渋谷のライブスペース で、レコ発をやったんですよ。 そのタイミングで、レコ発を最後にバンド名を変えようってメンバーと話していて。 バンド名を変更することは、心境の変化の現れですか。 そう、割と完璧主義なのでコンセプトと名前が合っていないと気持ち悪いんです。 公に話していないんですけど、実はSrv. Vinci サーバ・ヴィンチ の頃は名前を3回も変えているんですよ。 内容が変化する時には、名前も変える! 笑 今は、もう変えれないですけどね。 前はならなかったけど、今はニュースになっちゃうから 笑。

次の

キングヌー常田大希|兄は東大卒で両親も演奏家!生い立ちやファッション情報も!

キング ヌー

キングヌー・常田大希の家族構成 King Gnu(キングヌー)常田大希さんがどのような家族で育ったのか気になりますよね。 常田大希さんは、 両親と兄の4人家族で育ったようです。 両親 常田大希さんの 両親はともにピアノの演奏者なのだそうですよ。 母親は クラシックピアノの先生で、音楽を仕事にしている方。 一方の父親は、音大卒というわけではないですが、お小遣い稼ぎ程度に ジャズピアノを嗜んでいたようです。 お仕事は ロボットのエンジニアなのだとか。 兄 常田大希さんの兄は、 常田俊太郎さんといい、音楽家やクリエイターの活動を支援するアプリ「utoniq」を手掛ける 株式会社ユートニックの代表取締役です。 4歳の頃からバイオリンを習い、高校まではコンクールで全国大会に出場するなど、本格的に音楽をやっていたようですが、音楽は趣味にとどめ、 東京大学工学部に進学します。 兄弟揃って、素晴らしい経歴ですよね。 常田大希さんとは、 レコーディングに参加したり、ウェブサイトを作るなどの接点があるようですよ。 現在は、 自身がアーティストとしてライブに出演することもあるようです。 キングヌー・常田大希の生い立ち 幼少期 音楽一家であるキングヌー・ 常田大希さんの実家にはいろんな楽器があり、自宅でずはっと音楽がかかっているという環境で育ったようです。 また、両親がピアノ弾きであることから、両親にも教わったわけでもなく ピアノには自然と触れていたそうです。 中学生の頃には、 バンドでギターやベースを弾いていて、周りに出来る人がいなかったため、常田大希さんが同級生の仲間に楽器を教えながら活動していたようです。 この頃から音楽を仕事にしたいという意識があり、 音楽の道以外考えたことはなかったといい、高校生の時には、レコード会社にデモテープを送ったり、コンテストで賞を取り、 既に音楽業界との繋がりがあったのだとか。 この年齢で自分から行動に移せることがすごいですよね。 大学時代 小澤征爾さんの率いる 小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたこともあるというチェロの腕前で、常田大希さんは 東京藝術大学音楽学部器楽科でチェロを専攻します。 過去にはこんな演奏も。 チェロを演奏する常田大希さんもかっこいいですね…。 大学は入学した時から辞めるつもりだったといい、 1年も経たず退学しています。 音楽は抽象的な世界で、田舎から出てきたものが相手にされないが、「東京藝大出身」といえば聴いてもらいやすくなるし、 自由に生きるために東京藝大に入ったのだそうです。 高校時代から戦略的に考えていたのですね。 キングヌー・常田大希のファッション 常田大希さんは、音楽だけではなく ファッションにも注目されていますよね。

次の