ジンギスカン だるま。 北海道のだるまは、確かに美味い!が、北朝鮮の資金源となっているというお話

すすきのの老舗ジンギスカン「だるま」の楽しみ方

ジンギスカン だるま

そもそもなぜ「北海道=ジンギスカン」? そもそもなんで北海道でジンギスカンが食べられようになったかご存知ですか? その理由は想像できると思いますが、 羊が大量にいたからです。 大正時代に羊毛は軍需品として重宝され広大な土地が広がる北海道では積極的に羊が飼育されていました。 その過程で羊毛だけでなく羊肉の有効活用法などが研究されたようです。 当初は羊肉特有の臭みが原因で食べる事が出来なかったのですが研究や実験によって美味しく食べる方法が追求されました。 そして、研究の成果により現在のジンギスカンが生み出されたわけです。 ジンギスカンの名店「だるま」 北海道に行けば至る所でジンギスカンを食べる事が出来ます。 その中でも名店と言われているのが、 札幌市内にある「だるま」です。 だるまは昭和29年に創業したジンギスカン専門店です。 創業60年なのでジンギスカンの老舗です。 札幌でジンギスカンと言えば「だるま」と言われるくらい有名なお店で地元の人や観光客からも大人気なんです。 お店の前には行列が絶えません。 だるまはすすきのに4店舗ほどあります。 基本的にどの店舗もカウンタースタイルのお店になっています。 今回はだるま6. 4店というすすきのの南6条4丁目にあるお店に行きました。 お店にはだるまと書かれたわかりやすい看板もあるので迷う事はないと思います。 お店の前には珍しいだるまの形をした提灯があげられています。 「だるま」と書かれた暖簾をくぐって店内に入ると・・・ 目の前にはカウンター席が広がります。 だるまはカウンター席しかありません。 カウンターには2人で1個ジンギスカン鍋がセットされています。 また、ジンギスカン鍋3つに一人くらいで担当のおばちゃんが付きます。 おばちゃんは火加減の調整などをしてくれます。 セットされているジンギスカン鍋には大量の玉ねぎとネギが盛られています。 そして頂上には脂が置かれています。 箸も立てかけられており、鍋の取っ手は箸置きも兼ねています笑 ちなみに分かり辛いかもしれませんが店内にはかなり煙が充満しており、ジンギスカンを焼く匂いがかなりします。 なので 上着や鞄など匂いがついては困るものは早めに備え付けのロッカーにしまいましょう。 ちなみにお店の雰囲気としてはゆっくり食べるというよりはさっと食べながら飲むといった感じです。 常に人が待っている上に目の前におばちゃんがいるので長居はしづらいです。 シンプルなメニュー 席に座るなりおばちゃんがメニューを渡してきます。 だるまはジンギスカン専門店なのでメニューもシンプルです。 まずは、お肉のメニューです。 お肉は基本のジンギスカン(成吉思汗)、基本のジンギスカンよりも柔らかくジューシーな数量限定の上肉、そして希少部位のヒレ肉の3種類が用意されています。 せっかくだるまに行ったのなら一通り食べるのがオススメです。 また、キムチも美味しいと評判なので注文するのがオススメですよ。 その他、サイドメニューとしてチャンジャや韓国のり、ご飯などが用意されています。 ドリンクメニューにはジンギスカンにピッタリな生ビール(サッポロクラシック)から焼酎など一通り揃っています。 だるまは本当にメニューの数も少ないので基本的に迷う事なくすぐに決める事が出来ると思います。 タレを作る メニューを注文するとおばちゃんがタレの入った器と唐辛子とおろしにんにくを持ってきてくれます。 だるまオリジナルの秘伝のタレに唐辛子とおろしにんにくを好きなだけ入れて自分のオリジナルのタレを作りましょう。 唐辛子はあまり辛みが強くないので多めに入れるくらいがちょうどいいと思います。 少しずつ味見をしながら調整しましょう。 タレが完成したらお肉が出てくるのを待ちます。 だるまのジンギスカン お肉を待っていると最初にキムチ(350円)と生ビールが運ばれてきました。 キムチはお店で漬けているこだわりのキムチです。 程よい辛さと酸味のバランスが取れたかなり本格的なキムチです。 ビールにもよく合いますし、ジンギスカンと一緒に食べてみるのも美味しいですよ。 キムチを食べているとお待ちかねのお肉が運ばれてきました。 こちらがベーシックなジンギスカン(785円)です。 そしてこちらが数量限定のヒレ肉(1080円)です。 どちらもいい色をしていて焼く前から食欲をそそります。 お肉を焼く前にジンギスカン鍋にトングを使ってしっかりと脂を塗っておきましょう。 脂が濡れたら準備完了です。 お肉を焼いていきましょう。 火力が強いので焼きすぎてしまわないように注意して下さい。 ほんのり表面に焦げ目が付いたら食べごろです。 お箸でお肉を取って・・・ 秘伝のタレをたっぷりつけて頂きます。 口の中にお肉を入れると肉汁、そして 羊肉の旨味が口の中いっぱいに広がります。 また、程よく脂がのっていて とろけるような味わいと甘味を感じます。 それでいてジンギスカン鍋特有の形状で脂がかなり落ちているので沢山食べても胃がもたれる事はありませんでした。 また、一番驚いたのが 羊肉特有の臭みをほとんど感じない事です。 秘伝のタレがしっかりと臭みを消して美味しさだけを引き出してくれているから臭みを感じないんですね。 お肉を食べた後は野菜もちゃんと食べましょう。 最後の方になると玉ねぎやネギが良い感じにしんなりしてて美味しく食べれますよ。 札幌に行ったなら食べるしかない! 「札幌でジンギスカンと言えばだるま」と言われるくらい有名なだるまのジンギスカンですが、実際にお店に行ってみてだるまのジンギスカンの美味しさや人気の理由がよくわかりました。 だるまのジンギスカンは 羊肉特有の臭みは全くなく、美味しさだけを感じる事が出来ます。 秘伝のタレとお肉に相性も抜群で本当に美味しいジンギスカンを食べる事が出来ました。 だるまのジンギスカンはジンギスカンを食べた事がない方、ジンギスカンや羊肉が苦手な人でもきっと食べられると思います。 札幌に行ったらぜひ、だるまでジンギスカンを食べてみてくださいね!.

次の

成吉思汗 だるま 4・4二階亭(すすきの ジンギスカン)のグルメ情報

ジンギスカン だるま

もくじ• だるまは全店年中無休で、毎日17時から営業しています。 観光客はもちろん、地元民にも愛される焼肉屋で、19時〜21時頃は長蛇の列が店の外まで続くほど。 札幌、特にすすきの周辺にはジンギスカンやラーメン屋がひしめき合っているわけですが、有名店はどこも大行列。 札幌には飲んだあとのシメのパフェの文化もあり、夕方から深夜3時まで営業してるパフェ屋があるくらい、夜遅くまで賑わっています。 そんなフードファイトな街、札幌の人気店でも、唯一空いてる時間があります。 開店時間前後です。 普段なら1時間くらいの待ちは覚悟して並ばなければいけないそうですが、僕が行った開店直後はめちゃくちゃ空いていました。 【コツ】空いてる「だるま」を探す 上の写真は、6・4店の写真とほぼ同時刻に撮影した、だるまの5・5店です。 距離にして数百メートル先にある店には、長蛇の列ができていました。 味は変わらなくても、立地や店舗の広さなどによって混雑状況は大きく変わるようです。 とにかく待ちたくない!って人は、ダメ元で近くの店舗に行ってみるのもいいかも。 店内はカウンター席のみ。 手狭ですが、すぐに注文ができ、すぐに料理が届き、すぐに会計できるので、とにかく回転率が高いです。 席について飲み物とお肉を注文すると、七輪と野菜(玉ねぎとねぎ)がセットされます。 だるまはお肉のメニューが焼肉屋にしては少なめです。 肉はすべてマトン(羊肉)で、ジンギスカンと、3種類の数量限定部位 「上肉、特上、ヒレ肉」。 数量限定部位が無くなると、ジンギスカン一択になってしまいます。 ジンギスカンだけでもうまいんですけどね。 お肉は評判どおり全く臭みがなく柔らかく新鮮なマトンでした。 トングでつかんでるほうは普通のジンギスカン。 真ん中に鎮座しているサイコロ型のお肉はヒレ肉です。 うんうん、どれもめっちゃうまいぞ。 野菜と交互に食べられるので血糖値が急激に上がることもなく、胃もたれも起きにくいんです。 また、だるまは焼肉屋なのにも関わらず、ラーメン屋みたいにお客さんの回転が早いです。 お肉を全部焼き終わって、黄金色になった絶品玉ねぎを食べていると、「美味しかったし満足だけど、お腹はいっぱいじゃない…次の店行っちゃう?」ってなるはずです。 札幌では自分のお腹に忠実になりましょう。 美味しいザンギや、味噌ラーメンや、締めのパフェをお腹は欲しているはずです。 ジンギスカンでお腹いっぱいになるのはもったいない! 早い時間の1軒目にだるまをチョイスしておくことで、軽快な札幌食べ歩きツアーのスタートがきれるのです。 php on line 80.

次の

成吉思汗 だるま 4・4二階亭(すすきの ジンギスカン)のグルメ情報

ジンギスカン だるま

調理中のジンギスカン ジンギスカンは、(成羊肉)や(仔羊肉)などのを用いたの料理。 に分類されることもあるが調理方法はの調理方法である。 一般的にはを代表するとされる 他、 、 など一部地域でも盛んに食される。 発祥は・の店という説もあり 、現在では各地にジンギスカン料理を出す飲食店や、家庭調理用の肉・を販売する小売店がある。 中央部が凸型になっている ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼き、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食す。 北海道の地方によっては、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もある。 使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」、冷蔵(チルド)肉の「生肉」、冷凍肉の「ロール肉」があり、一般的に「生」とは1度も冷凍されていない肉を示し、調味液に漬けたかどうかは問わない。 国産の生ラムなどは、近年高級肉として扱われる場合もある。 ジンギスカンの元になったとされる烤羊肉串 起源については、俗説で「かつてを率いたジンギスカン()が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もある が、実際にはとはかけ離れている。 ジンギスカン料理の起源自体はにあると言われ、大日本帝国陸軍の旧(現中国東北部)への進出などを機に、前述の 烤羊肉から着想を得たものが日本人向けにアレンジされ、現在のような形式となったものとみられる。 料理の命名には諸説あり、が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという都市伝説()から想起したものであるとも言われている。 命名した人物として、農科大学(の前身)出身で、の建国に深くかかわったが、(大正元年)から9年間の社員時代に命名したものであるとする説がある。 この説は全日本司厨士協会北海道本部相談役の日吉良一が北海道開拓経営課の塩谷正作の談話(冗談)を元に『L'art Culinaire Moderne』にに投稿した「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」 や、駒井徳三の娘の満洲野(ますの)が(38年)に発表した「父とジンギスカン鍋」が根拠となっている が、いずれも後の伝聞によっている。 日本では時代から北海道で肉用を含めた綿羊の飼育が行われており、(7年)に軍隊、、鉄道員用の素材となる自給を目指す「緬羊百万頭計画」が立案され、滝川や札幌の月寒など全国5カ所に種羊場が開設された。 このため北海道は(大正14年)の時点で全国の42. 7%が飼育される最大の飼育地となっていた。 計画の早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加が企図され、その流れの中からジンギスカンが出現したものと考えられている。 しかし、当時の日本人には羊肉を食べる習慣がほとんどなく、日本で受け入れられる羊肉料理を開発する必要に迫られ、農商務省は東京女子高等師範学校(の前身)に料理研究を委託している。 それらを裏付けるものとして、北海道の(現・北村)で(大正9年 に北海道初の羊食会が北村飼羊組合員の間で実施されていた事、その後(大正13年)に北村緬羊組合によって『羊肉料理法』のパンフレットが発行されていた事、その中に記載された「羊肉の網焼」のレシピが後の(昭和2年)に糧友會の『羊肉料理講習会』で紹介される「鍋羊肉(成吉思汗鍋)」のレシピと類似していた事などが記録されている。 「成吉斯汗鍋」(じんぎすかんなべ)という言葉が初めて掲載されたのは(大正15年)の『素人に出来る支那料理』 で、(中国)在住の日本人が命名したもので「本当の名前は 羊烤肉と云う」とあり、当時のものは屋外で箱火鉢や鍋に薪の火をおこし、上に金網や鉄の棒を渡して羊肉をあぶり、現地の醤油をつけて食べた「原始的な料理」としている。 この説明通りであれば、当初、「鍋」は食品を加熱するためではなく、火鉢代わりに使われたことになる。 に満田百二が雑誌『糧友』に書いた「羊肉料理」という記事でも、羊肉網焼の別名の「成吉斯汗鍋」は、本名式には 烤羊肉というと書かれていて 、鍋料理ではなかったことがわかる。 かつてがあり、などに羊肉を出荷していたが発祥地とする説もある。 他にも、 や 等がそれぞれ、上記の東京や北海道のものとは発祥を異にする、独自のものとしてのジンギスカン鍋の起源を主張している。 での普及は、綿羊の飼育が(5年)に始まった 後の(昭和11年)に開催された「料理講習会」から始まる。 羊の臭みを減らして食べやすくするために、地元名産の信州を使用した特別なタレに羊肉を漬け込む。 ジンギスカン鍋が一般にまで普及したのは、後のことと言われている。 最初のジンギスカン専門店は、(昭和11年)にに開かれた「成吉思(じんぎす)荘」とされる。 北海道での営業としての最初の店は、に札幌にできた精養軒である。 にはの一つに 、にはの主催で選定されたで北海道のの一つに 選出されている。 頃から頃にはによる牛肉離れの影響に加え、牛肉と比べ脂肪分が少ないイメージからジンギスカンはブームとなった。 しかし、ブームが下火となった頃にはやからの羊肉の輸入も大きく減少し、牛肉や豚肉の価格が下がった。 羊肉は相対的に割高になり、特に国産の羊肉を使ったものは高価となったことから、北海道でもジンギスカン離れが指摘されるようになった。 一方、のにはに開業した 烤肉苑飯荘やに開業した 烤肉季飯荘などが、薄切りの羊肉と野菜を鉄鍋で焼いて作る、現在のジンギスカンに類似した料理、の「 烤羊肉」を提供している。 後にこの方式が日本に取り入れられるようになったのか、偶然似たのかは定かでない。 ジンギスカン鍋 [ ] 穴なしタイプのジンギスカン鍋(左:生肉用 右:味付け肉用) 調理には専用の鍋であるジンギスカン鍋が用いられる。 この鍋は、など、主に製で、中央部分がのように盛り上がった独特の形状をしており、その表面には溝が刻まれている。 これは盛り上がった中央部で羊肉を、低くなった外周部で野菜を焼くことによって、羊肉から染み出した肉汁が溝に沿って下へと滴り落ちて野菜の味付けとなることを意図した設計である。 1950年代当時は北海道でもジンギスカン料理そのものが一般に普及しておらず、精肉店がジンギスカン鍋を貸し出すなども行っていた。 その後、北海道の花見や運動会、海水浴などで現在の形のジンギスカンパーティーが広まっていった (「ジンパ」と略称されることもある )。 なお、鉄板 や焼き網、などで代用する場合もある。 種類 [ ] 専用鍋には主に2種類がある。 鉄・アルミ製で穴なしのものと、スリット状に穴が開けられているものである。 穴なしのものは、味付け肉でもたれが落ちない構造であり、穴あきのものは、主に・炭火焼きで行われる生肉用で余分な脂を落とす役割を持っている。 近年のジンギスカンブームにより、店舗オリジナルの鍋など様々なものが製造されている。 「専用鍋は鍋が焦げ付きやすく使用後に洗うのが面倒」「数を揃えやすく片付けも簡単」などの理由から、北海道では屋外での「ジンギスカンパーティー」等の場合を中心に、アルミ製の穴なし簡易鍋を使い捨てすることも多い。 道内では等で、100円〜500円程度の安価で販売されている。 で2015年、過去に使われた各種の専用鍋を溝口雅明教授が集めた「ジン鍋博物館」が仮オープン。 私設博物館の形態で2016年11月には正式に開館した。 その他 [ ] では、ジンギスカン鍋に専用の焼き台を用いて調理される。 東北地方のジンギスカンの定番品である。 メディアでの紹介もあり、現在は北海道でもアルミ製で鍋付きのものが販売されるようになった。 で開催される、では、を焼き台にしたジンギスカン「しばれ焼き」が名物となっている。 調理 [ ] 味付け肉以外の場合 ジンギスカン鍋・などを炭火やガスなどで下から熱し、油を引いてから、、、、のほか、、、などの季節の野菜などを(ジンギスカン鍋の場合外周部周辺に)広げ、上方でスライスされた羊肉を焼き、専用のタレに付けて食する。 野菜の上に羊肉を乗せて蒸すように焼いて食す場合もある。 味付けの場合 同様に調理し、そのまま食する。 下茹でした玉や焼きそば用の中華麺、角が加えられる場合もある。 ただし、北海道の名寄などでは煮込みジンギスカンと言い、漬け汁と野菜を肉と共に煮込むものもある。 前述のように、ジンギスカン鍋を用いる場合は凸状に盛り上がった中央部分で肉を焼き、低くなった外周部で野菜を焼く。 観光名所となっている店舗では、調理の際の油跳ね防止用のビニールもしくは紙製の専用が支給され、それを着用して食するのが一般的である。 使用肉とたれ [ ] ジンギスカンは、事前にタレ(調味液)に漬け込んだ「味付け」 と、味付けではない肉を焼いてからタレにつける「後付け」に大別される。 ラム肉は味付け、後付けの両方で好まれる。 一般的な味付けジンギスカンは、肉をスライスし、タレに漬け込み、それを冷凍保存されて販売される。 また、味付けに使うたれも様々なを組み合わせて使うことで多種のものが作られている。 生ジンギスカン [ ] 成吉思汗たれ(ベル食品) 羊肉の臭みを抑えて、食味を向上させる技術は、明治時代から色々試みられており、などと同様にを使うことは大正時代までに知られていた が、改良が進んだのは昭和時代からである。 現在、タレは味付け、生ともにベースと味噌ベースのものがあり、主流は、醤油ベースである。 タレには醤油、味噌、、果汁、、、などが配合される。 市販されるジンギスカンの付けダレもと同様に多種多様存在する。 北海道ではとの醤油ベースの製品が代表的である。 また、青森県のタレメーカーが当初ジンギスカンのタレとして開発した「スタミナ源たれ」は、醤油、野菜、リンゴ、ニンニクを材料としており、現在は焼肉・など多用途に使用されている。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年8月) 地域によって、使用する肉の種類や事前に味付けをするか否かなど、習慣、好みが分かれる。 北海道では、などの上川地域やなどのといった道央内陸部では「味付け」、のほかやなどの道央海岸部、を中心とした道南海岸部、などの道東海岸部では「生肉」が主流だった。 この二つの食文化の境目にあたるのが、滝川市と札幌市の中間付近に位置する岩見沢市と考えられており、昭和50年代に同市で営業していた温泉宿の名前が刻印された、二つの食べ方を同時に行える「仕切り付きジンギスカン鍋」が発見されている。 またの地域や地域では独特の「豚ジン」と呼ばれる豚肉を使った味付きジンギスカンも有り、を中心とするでは羊や豚、鳥に加えて鹿肉の味付きジンギスカンが販売されており、ジンギスカンは羊肉に限らないという事実も有る。 豚ジンは一般スーパーでも販売されている。 は北海道としては例外的にジンギスカンよりも一般的な焼肉店が多く、市も焼肉の街としてPRするほどで、市民でジンギスカンは一般的ではない。 ジンギスカンで知られる店として、滝川市に本店を構える「松尾ジンギスカン」、岩見沢市にある「タレ付きジンギスカン発祥の店 松龍」、の「かねひろジンギスカン」、札幌市の「さっぽろジンギスカン」「だるま」などがある。 道内の観光地には、ジンギスカン料理を売りにしている所が多く有る。 多くの観光地で今も「ジンギスカン」の旗を立っているが郷土料理としての取り扱いであり地場産肉を売るという事ではない。 しかし逆に地場生産を売りにする地域もあり、や滝川市など道内各地でサフォーク種などの羊を飼養して地元に食肉提供している。 観光名所となっている各園の主流も生ラムジンギスカンである。 ただし、近年では双方の地域でどちらの食べ方も浸透が進んでおり、違和感なく受け入れられている。 本州では地域別に分類することは難しい。 では「生肉」が好まれる。 地方には独自のブランドをもった味付けジンギスカンのメーカーが存在する。 北海道の他にも、ではの県北沿岸部や、、長野県、同県、の、の、、古殿町など、局地的に常食されている地域がある。 また、のやのなどでは、創業以来ジンギスカンが名物メニューとなっている。 これらの地域では、をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多い。 北海道では、アウトドアで行われる「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合が多い。 また、「ジンギスカンパーティー」略して「ジンパ」の語句も生まれ、出演のののでも使用された。 頃には全国的なジンギスカンブームがあり 、関東地方などにも急速に広まった。 これは()が注目され牛肉の需要が減少し 、羊肉に多く含まれる「L(エル)-」という物質が注目されるなど 、健康需要 がその要因と言われている。 後半になると外食でのジンギスカン専門店は減少したが、スーパーなどの小売店での羊肉の扱いは安定するようになった。 北海道のジンギスカン店では羊肉しか提供していない場合が多いが、東京や、ブーム後の後発地域などのジンギスカン店ではたいてい、羊肉を食べなれない客のために牛肉なども提供していることが多い。 そのほか店によるが豚、鶏、鴨、猪、畜肉加工品、海鮮物なども出される。 近年では、北海道のビール園などでも、本州からの観光客を多く受け入れるために羊肉以外の牛肉・豚肉・鶏肉や海鮮物を提供する店が増えている。 ただし「ジンギスカン専門店」を称する場合は、ほぼ羊肉のみである。 長野県では、の一部を「信州新町ジンギスカン街道」と呼んでいる。 多くのジンギスカン料理店が並び、伝統的な漬け込んだ調味法 の他にオリジナルな味付けの店など多様である。 (昭和57年)より、味の優れた「」も飼育されるようになった。 高知では、の終戦直後の時期に羊毛を刈るための羊を食肉にも用いることが推奨されていた時期があり、ジンギスカンの店が何軒も開店した時期もあったものの、一時的な流行に留まった。 脚注 [ ]• 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年4月18日閲覧。 の2012年2月3日時点におけるアーカイブ。 2012年1月31日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月8日. 2012年2月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 『読売新聞』 東京 : pp. 2013年8月10日• モーニング娘。 2020年6月26日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月9日. 2010年1月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月18日閲覧。 日吉良一、「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」『L'art Culinaire Moderne』昭和36年10月号、1961年、p29、東京、全日本司厨士協会• www. city. takikawa. hokkaido. 2018年11月9日閲覧。 農林省畜産局、『本邦内地ニ於ケル緬羊の飼育』pp23-26、、東京、農林省。 山田喜平、『緬羊と其飼ひ方』、1935年、子安農園出版部。 2019年7月23日閲覧。 岩見沢市議会議員 平野義文 Official Web Site. 2019年7月23日閲覧。 山田政平、『素人に出来る支那料理』p141、1926年、東京、婦人之友社• 満田百二、「羊肉料理」『糧友』昭和6年1月号 第6巻1号 p110、東京、糧友會• 【探訪・繁盛店】ひつじや(千葉県成田市)ジンギスカン「発祥」PR『』街づくり面(2017年2月12日• 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、447頁。 2008年3月9日, at the. (元祖ジンギスカン・シロー)• (昭和30年創業の店 ジンギスカンのあんべ)• 日吉良一、「農村食事閑談 成吉思汗料理事始」『北海道農家の友』昭和36年12月号、1961年、札幌、北海道農業改良普及協会• 北海道遺産構想推進協議会. 2010年5月26日閲覧。 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年5月26日閲覧。 490. , (), , , 2010年4月18日閲覧。 北海道経済産業新聞 2006年6月14日• 北海道新聞(2016年11月12日)2016年11月13日閲覧• 北海道ねっと. 2019年6月24日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月7日. 2010年1月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月19日閲覧。 永峰春樹、『緬羊の飼方』p103、、旭村、子安農園。 読売新聞 夕刊 東京 : pp. 2005年3月11日 関連項目 [ ]• - を展開• - ジンギスカンPRキャラクターとして2013年にデビュー。 - 南部地方(東部と北部・中部)の郷土料理。 - の郷土料理。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 信州新町観光協会.

次の