電気フライヤー 油 入れっぱなし。 電気フライヤーとノンフライヤーのメリットとデメリット比較と選び方

電気フライヤーのおすすめ人気ランキング14選【ノンオイルタイプも!】

電気フライヤー 油 入れっぱなし

2020年2月13日 更新• 出典: 唐揚げやフライドポテトをはじめとする「揚げ物」は子供から大人まで人気のメニューですが、「油をたくさん消費する」「火傷しそう」「後片付けが面倒」とマイナスイメージもたくさんあります。 そのイメージを見事に払拭したのが「ノーオイルフライヤー」。 油を使わずに揚げ物を作れると発売当初から大きな注目を集めましたが、お手入れの簡単さやヘルシーさで今も人気の家電です。 今回は、油を使わない電気フライヤーのメリットとデメリット、選び方やおすすめの商品を紹介します。 この機会にぜひチェックしてみてください。 出典: ノーオイルフライヤーは、高温の空気を高速循環させることにより、食材に含まれる油と水分だけで調理できる便利な家電です。 みなさんがよく耳にする「ノンフライヤー」はフィリップス社が開発したノーオイルフライヤーの名前。 他社では「エコフライヤー」や「ヘルシーフライヤー」などさまざまな名前で呼ばれています。 肉や魚はもちろん、多くの食材はそれ自体が油分を含んでいます。 ノーオイルフライヤーはこの食品が持っている油分を利用して調理するため、油を使わずに揚げ物を作ることができるんです。 ノーオイルフライヤーは、お手入れが簡単で、低カロリーでヘルシーな揚げ物を作れることが魅力の家電ですが、メリットはそれだけではありません。 例えば、油と火を使わないので油跳ねの心配がなく、小さな子供がいる家庭でもハラハラする必要がありません。 また、高齢者でも安心して使用できます。 火傷や火災などの危険性が理由で揚げ物に苦手意識がある人にもうれしいキッチンアイテムです。 出典: また、フライパンで揚げ物を調理しているときは目を離せませんが、ノンフライヤーならふたをしてスイッチを入れた後は別の作業をすることができます。 これは忙しい人や揚げ物をしながら他の料理を作りたい人にとって大きなメリットです。 ノーオイルフライヤーにはいくつかのデメリットもあります。 まずは、一度にたくさん作れないこと。 一人〜二人分程度の、少量だけ揚げ物を作りたい人には便利ですが、大家族での夕食やホームパーティーなど、たくさん作るシーンには不向きです。 出典: また、油で揚げた場合と比較して「見た目が白っぽく仕上がる」「やはり味の点で物足りない」という声も多いようです。 味や見た目の問題は、調理前にオイルスプレーで食材に油を少しまとわせると、やや改善され、油の量も揚げるよりは格段に少なく済みます。 見た目や味も楽しみたい人は試してみてください。 他には、置き場所を確保しなければいけないため、狭いキッチンでは場所を取ってしまうことがデメリットになることもあります。 ノーオイルフライヤーを購入したあとのことをイメージして、家庭にノーオイルフライヤーが必要かどうかを検討しましょう。 天ぷらのように衣に水分が多いものは、網の下に衣が垂れてしまうため作るのが難しいとされています。 そのためにノーオイルフライヤーの導入を諦めた人も多いのではないでしょうか。 出典: ですが、使用者からも「ノーオイルフライヤーで天ぷらは作りたい」という声が多かったようで、フィリップス社の公式ホームページで天ぷらのレシピが紹介されました。 衣に揚げ玉をまぶすなど調理に一手間加えることで、ノーオイルフライヤーでも天ぷらを楽しめるようです。 天ぷらが好きな人は、ぜひ挑戦してみてください。 ノーオイルフライヤーにはいくつもの製品があります。 サイズや機能を見比べたうえで、あなたにぴったりの電気フライヤーを選びましょう。 選ぶときの目安を紹介します。 出典: ノーオイルフライヤーを選ぶとき、最初に確認したいのがサイズです。 調理する流れを考えると、ノンフライヤーはキッチンに置くのがベスト。 調理台の上か、レンジラックに設置するのがおすすめです。 「キッチンには置けないけれど、ダイニングテーブルの上には置けるから問題ない」と大きいサイズを選んでしまうと、使い勝手が悪くそのうち使わなくなるかもしれないので注意しましょう。 出典: ノーオイルフライヤーはお手入れが簡単といっても、やはり製品によって差があります。 汚れやすい網を取り外せないタイプや、丸洗いができないタイプもあるので、内部パーツの形状とお手入れの方法はしっかり確認しましょう。 食洗機に対応しているかどうかも大事なチェックポイントです。 ノーオイルフライヤーには温度調節機能とタイマー機能がありますが、設定できる細かさは製品によって異なります。 また、設定方法にはダイヤル式とデジタル式があり、デジタル式の方が高額な反面、細かい設定が可能です。 「いろんなメニューに挑戦したい」「機械が苦手だからシンプルな方が良い」など、好みに合わせて選びましょう。 ノーオイルフライヤーは揚げ物をつくるというイメージが強いですが、それ以外にもいろんな使い方があります。 そのひとつがお惣菜や冷凍食品の温めです。 冷凍コロッケや天ぷらなどの、電子レンジで温められない冷凍食品も、ノンフライヤーなら可能。 また、揚げ物のお惣菜を電子レンジで温めると、しんなりとして食感が落ちますが、ノーオイルフライヤーで温めると、揚げたてのカラッとした食感を楽しめます。 揚げ物だけではなく煮物や炒め物、ケーキなどが作れるノーオイルフライヤーもあるので、料理のレパートリーを増やしたい人は要チェックです。 ノーオイルフライヤーの消費電力は電子レンジやオーブンと同じくらいで、1000Wから1500Wが目安です。 ただし、電子レンジやオーブンレンジをよく利用している方は、同時に使用するとブレーカーが落ちるかもしれないので注意しましょう。 それでは、油を使わない電気フライヤーのおすすめ製品をご紹介します。 前述した選び方を参考に、あなたにぴったりの一品を探しましょう。 出典: 元祖ノーオイルフライヤーを発売したフィリップス社から、従来品を日本人の好みに合わせて改良したノンフライヤープラス。 ノンスティック加工で焦げ付きにくく食洗機にも対応のクッキングネットはお手入れも簡単で、前述したとおり天ぷらも楽しめます。 タイマーはデジタル式で、1分刻みで設定が可能。 トンカツも2枚まとめて調理できます。 値段は高めですがきわめて評判が良く、「これを選んでおけば間違いない」という安心感があります。 揚げ物以外にも焼き菓子やグリル野菜も楽しめるので、料理の幅が広がります。 フィリップスの商品では、「胸焼けしなくなった」「外はカリっと、中はホクホクのフライドポテトが楽しめる」との口コミもあります。 外形寸法 幅31. 5cm 奥行28. 7cm 高さ38. 4cm• 重量 5. 8kg• 容量 2. 2L 出典: 大きなバスケットが魅力のノーオイルフライヤーです。 一度にトンカツ2枚が楽に入ります。 容量の記載は寸法表示ですが、計算すると3L程度。 「唐揚げがジューシーに仕上がって嬉しい」という声もありますが、 やはり油で揚げたものと比較すると、味に物足りなさを感じる人も多いようです。 家族が多く、おかずをもう一品同時進行で調理したい、というときにあると嬉しいアイテムです。 外形寸法 幅26cm 奥行31. 5cm 高さ33cm• 重量 4kg 出典: おしゃれなデザインをしたノーオイルフライヤーです。 バスケットや内アミは丸洗いできるのでお手入れも簡単。 コンパクトで軽量な見た目のわりに容量が多いところもポイントです。 リーズナブルでコンパクトなノーオイルフライヤーを探している方におすすめです。 外形寸法 幅21. 2cm 奥行27cm 高さ26. 6cm• 重量 3. 1kg• 容量 2. 8L 出典: レトロ調のグリーンカラーとつるんとしたシルエットがかわいいノーフライヤー。 無骨な見た目の物も多いノーフライヤーですが、こちらはインテリアにも馴染むおしゃれなデザインです。 見た目のみならず価格の安さも大きな魅力で、レシピブックにプレート、焼き網、串もついてくるので様々な料理に活用が可能。 容量は特別大きいわけではないのでおつまみのフライドポテトなどのちょっとした揚げ物をしたい人におすすめです。 外形寸法 幅19. 6cm 奥行26. 3cm 高さ29. 62cm• 重量 1. 6kg• 容量 2. 消費電力 1000W• コード長さ 120cm 出典: バスケットの容量が小さいコンパクトサイズのノーオイルフライヤーです。 ワンルームなどでキッチンが狭く、大きなサイズのフライヤーを置く場所がない家庭でも使えるのが大きなメリット。 バスケットが小さいため、トンカツなどの大きな揚げ物は半分にカットするなどの工夫が必要です。 「冷凍フライドチキンがカリッとヘルシーに仕上がる」と好評の一品。 冷凍揚げ物を少量だけ手早く調理したい方や、一人暮らしの方におすすめです。 外形寸法 幅21. 4cm 奥行22. 9cm 高さ26. 7cm• 重量 2. 8kg• 容量 1L• 消費電力 1000W• コード長さ 150cm 出典: 丸みのある、たる型のデザインが可愛らしいノーオイルフライヤーです。 「お手入れがしやすい」「操作がシンプルで簡単」と評判の一品。 「フライドポテトを店で買わなくなった」なんて人もいるほど。 可愛らしい見た目の印象からか「思っていたよりサイズが大きい」という声もあるので、 ご家庭のキッチンのどこに置くか、しっかりイメージをしてから購入しましょう。 外形寸法 幅32cm 奥行29. 5cm 高さ36cm• 重量 5. 04kg• 容量 2L• 消費電力 1200W 出典: ティファールだけの特許技術「自動かくはん機能」を搭載しているマルチタイプのノーオイルフライヤーです。 人気の唐揚げやフライドポテトはもちろん、かくはん機能によりチャーハンのような細かい具材の調理や、ムラのない仕上がりを実現。 セラミック加工でお手入れもしやすく、調理部分には取っ手が付いているので盛り付けも簡単。 機能性の高い一品です。 外形寸法 幅40cm 奥行27cm 高さ25cm• 重量 3. 7kg• 消費電力 1150W• コード長さ 140cm 気になるノーオイルフライヤーはありましたか? 容量や消費電力、操作方法が似ているものが多く、同じ価格帯の商品も複数あります。 口コミを見るとそれぞれに特徴や、料理の仕上がり、かかる時間などが具体的に分かり、自分に合ったノーオイルフライヤーを見つけやすくなります。 安心安全・ヘルシーでお手入れ簡単なノーオイルフライヤーで、揚げ物を美味しく楽しみましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

作業場のフライヤーについて

電気フライヤー 油 入れっぱなし

設定温度になるとランプで知らせてくれる 本体はキューブ型で、全体的にコンパクトな印象だ。 基本的な使い方は、フタを開け、油を注ぎ、コンセントを差し込んだらダイヤルで油の温度を設定する。 加熱中は加熱ランプが赤く光り、設定した温度に上がると加熱完了ランプの緑色に変わる。 油がハネるような場合は、フタをすることも可能。 フタは本体から取り外すことができ、脱臭フィルターも付いているので、空気を逃しつつニオイを押さえることもできる。 フタの取り外し方は取扱説明書に記載されていなかったので悩んでしまったが、全開にせず、少しだけ開けた状態で手前に引くと簡単に外れる。 油を扱う製品は部品がギトギトしがちだが、フタを取り外して洗えるのは嬉しい。 このほか、フライドポテトなどが一度に揚げられる「取っ手付きバスケット」も同梱されている。 横側には取っ手があり、加熱中でも熱くならない 裏側にマグネット式の電源コードをつなげる フタが閉じられる構造になっている。 調理中も内部が分かるガラスの窓付き 脱臭フィルター 内側にMINとMAXの目盛り線が表示される。 これは油の量を表す 取っ手付きバスケット。 衣なしの「オイルフォンデュ」も作れる 串揚げに挑戦。 食材は先に串に刺しておく。 あとは衣を付けるだけ まずは串揚げに挑戦。 下準備は、材料を小さめに切り、竹串に刺してから、水と卵、小麦粉を混ぜた液にドボンと漬け、最後にパン粉をつける。 油を入れる際に注意したいのが、本体内に記された、油量の最大・最小ライン。 内側容器にはMIN 500ml とMAX 1,000ml の目盛があり、このラインの間に油をそそぎ入れる必要がある。 新品の油をMAXまで入れてみたところ、油の量は900g程度となった。 8分ほどで適温ランプが点灯した。 ワットチェッカーで消費電力を計測したところ、加熱中 赤ランプ点滅中 は880W前後となり、加熱が終了すると0Wになる。 本体にサラダ油を入れる 設定温度まで油が熱くなるのを待つ 「MAX」の線まで入れたところ、1kgの油が1割ほど残った 串揚げを油に入れたところ、感覚的に油の温度が低いような気がしたので、温度計で測ってみると、実測は166. もし温度が低めに感じられたら、温度を測って設定温度と実際の温度の誤差を把握しておくことをおすすめしたい。 最初は気になったが、マグネット式の電源コードは本体から簡単に外せる。 それほど気にならなくなった。 試しに1つだけ入れてみる。 調理自体は問題なくできた 串揚げの調理に戻ろう。 今回用意したのは豚肉、ホタテ、エビ、うずらのベーコン巻、ちくわのチーズ巻、アスパラのベーコン巻、カマンベールチーズ。 手間のわりにテーブルが華やかになるので、子供たちは大喜びだ。 下ごしらえだけしてテーブルに電気フライヤーと一緒に出してしまえば、あとは家族が勝手に揚げてくれる。 これは主婦としてはラク。 外食で串揚げをこれだけ食べれば結構な額になってしまうが、家で食べれば非常に安く済むというのも助かる。 うずらベーコン、カマンベールチーズなどは子供に大人気 エビは取り合いに! 子供達も喜んでよく食べていた オイルフォンデュなら衣をつける必要がない 串揚げよりもさらに楽に作れるのが、食材を衣なしで揚げる「オイルフォンデュ」だ。 食材を串に刺すだけなので、下準備が簡単。 衣がないぶんカロリーも低く、食べ終わった後も胃にもたれない。 一般的なオイルフォンデュは、小さなお皿のような鍋に油を入れて調理するが、電気フライヤーはかなり深さがある。 オイルフォンデュ用フォークでは短くて調理しづらいので、長めの竹串を使用したほうが作りやすいかもしれない。 オイルフォンデュで用意したのは牛肉、アスパラ、茹でたジャガイモ、にんじん、マッシュルーム。 油はオリーブオイルを使用するので香りもよく、さっぱり食べられる。 お酒のつまみにも合いそうだ。 ソースは市販品でもよく、何種類か用意しておくと豪華にみえる。 ちょっとしたパーティーにもおすすめだ。 オイルフォンデュの際の注意点としては、食材を直接油に入れる際に、キッチンペーパー等でよく水分を拭き取ったほうが良いということ。 油がハネてまわりが汚れるだけでなく、高温の油が飛び散ることになる。 特に小さな子供と食卓を囲む際は注意する必要がある。 串揚げのように入れっぱなしにするわけではなく、専用のフォークで油にサッと漬ける 牛肉は軽く揚げて中を少しレアにするとおいしい ポン酢がよく合う! フライドポテトは子供たちが大好きなので、新鮮な油を使ってサッと揚げている。 外で食べるフライドポテトは、油を何度も使用しているので胃がもたれがちだが、新しい油で揚げれば胃にやさしく、とても食べやすい。 冷凍のフライドポテトを使うと、霜がついているため油がハネやすいが、本製品ではフタを閉じて揚げられるので安心だ。 フタにはガラスの窓がついているので、食材の揚がり具合の確認もできる。 また、取っ手付きバスケットが付属しているので、まとめ揚げもできる。 これなら油切りも一度にできるので、揚げ加減も均一で、時間がかからない。 油ぎれも非常によく、カリッとした食感になる。 これはとても便利。 ドーナツ作りなどでも重宝しそうだ。 我が家では定番のフライドポテト。 コストコなどで大きめのものを購入している フライドポテト調理は、バスケットが便利! 油がハネやすいが、フタができるのでラク バスケットで一度に取り出すことができる。 フライは小麦粉、卵、パン粉を付けなければならないが、天ぷらは天ぷら粉を水に溶かし食材をからめて揚げるだけなので、非常に簡単だ。 今回は、新タマネギやセリなど春の野菜を使ったかき揚げ、サツマイモの天ぷらを作った。 温度は一定なので、ベチャッとすることもなく、サクッとした食感が味わえた。 この食感は格別。 キッチンが汚れることもなく、おなかにしっかりたまった。 野菜もたっぷり食べられた。 ごはんのおかずや、うどん、お弁当などにも幅広く使えるだろう。 材料費も安く、食費の節約にも貢献できそうだ。 天ぷらの野菜はざっくり切れば大丈夫なので、ぜひ一人暮らしの方にもお試しいただきたい。 揚げ物は煮込み料理より時間がかからず、温度設定さえきちんとしていれば失敗が少ない料理だが、本製品では温度が常に一定なので、安心して調理できる。 お料理初心者でも問題ないだろう。 また冷凍食品では、衣がついていて揚げるだけのフライなども販売されている。 そういったものも活用すれば、料理のレパートリーが増えそうだ。 天ぷらは天ぷら粉を水に溶かし、食材を入れて揚げるだけ サクッと揚がる ベチャッとした感じがなく、おいしい!! 朝の忙しい時間は、うっかり放置して油を加熱しすぎたりする場合があるが、電気フライヤーならそういった失敗もない。 これなら朝の出番が増えそうだ。 トンカツはお弁当用のヒレカツに衣をつけて揚げる 副菜の赤ピーマンも素揚げした。 内鍋は取り外すことができないが、使用後の油はオイルポットに移し、キッチンペーパーで拭き取ればキレイになる。 あとは濡れたふきんなどで外側など全体をサッと拭けばお手入れは終了。 四角い形なので隅っこにカスが溜まりやすいが、それほど時間はかからない。 「油モノは後片付けが大変」というイメージがあるが、内鍋のお手入れは思いのほか簡単だ。 複雑な形のフタは取り外して丸洗いできる。 電源コードやカゴなどの付属品も中に入れてひとまとめにしてスッキリ収納できるのも便利だ。 油も飛び散りにくく、テーブルは予想より汚れなかった。 また、コンロのようにモワッと熱気が上がらず、まわりの温度もあまり高くならないので、夏場にも気軽に揚げ物ができそうだ。 また、コンパクトで500mlという少ない油で揚げることができるのもポイント。 我が家は4人家族なので1,000mlで使用しているが、500mlなら1人暮らしや少人数の家庭でもちょうどよい。 本製品と新鮮な油を使って、ぜひ「揚げたて」の味を楽しんでいただきたい。

次の

ひとり暮らしの男性に、電気フライヤーのススメ

電気フライヤー 油 入れっぱなし

TWINBIRDのものは、コンパクトでリーズナブル、使いやすいフライヤーです。 象印のものは、最大ワット数が1000Wと多いです。 つまり、加熱が速く、温度を一定に保つ力が強いです。 僕はこれをよく使っています。 ブレーカーの容量が低い家の場合は、ブレーカー落ちに気をつけてください。 なぜ(電気)フライヤーを勧めるのか、どう活用すればいいのかを説明します。 油はうまい! 「うまいは甘い」とは北大路魯山人が言ったらしい言葉ですが、油もうまいです。 うまいだけではなく、よい栄養源でもあります。 ティーンズ男子にとって、油がない生活はかなりキツいんじゃないでしょうか。 油ものがあるだけで、男一人暮らしの食卓が華やぎます。 ふつうの鍋での揚げ物はオススメしない! 揚げ物をする際に問題となるのは、油はねと温度調整です。 普通の鍋で調理を行う場合、激しくはねた油を必死に掃除する必要があります。 油ははねるだけでなく、細かい霧状となって部屋中に充満します。 家具の天板や壁紙に油がくっつき、その油にホコリがくっつきます。 部屋が加速度的に汚くなるのです。 温度を一定に保つのも面倒です。 温度計を持っていたとしても、その温度を保ち続けるのは困難です。 ちょっとした用事で鍋の前を離れたら、あっという間に油の温度が発火点に至り、火災になる恐れがあります。 コンロが原因の火災のうち、天ぷら油を使っていた割合はかなり多いそうです。 さて、揚げ物用の鍋というものがあります。 この鍋は、油はねガードと温度計をつけることによって、ふつうの鍋で起こる問題を緩和しています。 しかし、あくまで緩和です。 実際に紹介した揚げ物専用鍋を使ったことありますが、やっぱり油ははねたり部屋に広がったりするし、温度調整は手動で行う必要があります。 電気フライヤーでは、これらの問題に大変強いです。 フタをすることによって(通電中はフタを外すように推奨されている機種もあります)油はねや油の気化を押さえ、温度も自動的にある範囲内に保って油が発火点に達するのを防ぎます。 超便利&安全! また、ひとり暮らしでは、ガスが開通しておらず、IHではなく電熱線式のコンロしかない物件に住む人も多いです。 このような物件でも、電気フライヤーなら問題なしです。 フライをするな、天ぷら・素揚げにせよ! フライヤーがあると、ついついフライを作りたくなってしまいます。 トンカツ・エビフライ・アジフライ・コロッケ…おいしそうですね。 しかーし!!!フライは面倒です。 小麦粉・卵・パン粉が必要• それらを食材にまんべんなくつけるため、キッチンバット状のものが必要。 食材も物も多いので、片づけが面倒• 余った、卵がちょっとついたパン粉とかをどう食べるか考えるのにヤキモキ 1回フライを作ってみるだけで「二度とやらねー!」という気分になります。 すごく面倒です。 というわけで、天ぷらや素揚げをしましょう! 天ぷらの場合、便利な「天ぷら粉」というものが売ってあります。 これと水があれば、あら不思議、天ダネになります。 天ダネが余っても大丈夫。 揚げれば天かすです。 次の日のうどん・そば・そうめんなどにぶっかけましょう。 ブラボー! 素揚げも、なかなかおいしい調理法です。 ナスを買ってきて素揚げにするとおいしいですよ。 フライをどうしても食べたい場合には、卵の代替品をつかいましょう。 水溶き小麦粉や牛乳溶き小麦粉、水溶き小麦粉+片栗粉、マヨネーズなどが代用品となります。 要は「どろっとしたノリ状の食材で、パン粉を接着できるもの」であれば代用品となりうるわけです。 また、パン粉だけつけて揚げたフライというのもあります。 食材にパン粉がくっつくように、食材の表面(場合によってはパン粉)をよく湿らせてください。 とにかく、楽な調理法が長続きします。 なるべくサボってください。 あ、天ダネはよく冷やすようにしてくださいね。 野菜食え!野菜! 男性の一人暮らしでは、野菜の摂取が不足しがちです。 生野菜ですと、量を食べることができません。 よって、なんらかの方法で野菜に火を通す必要があります。 ですが、天ぷら・素揚げにするのもおいしい野菜の食べ方です。 野菜はオカズになりづらいですが、揚げ物にするとオカズ度が格段にアップします。 しいたけの天ぷらなんて、もう肉と言っても過言ではないっ! スーパーの惣菜を揚げなおせ! スーパーの惣菜コーナーで、とんかつや各種フライ・天ぷらなどが売ってあります。 しかし、ほとんどの場合はすでに冷え切っています。 そこで、フライヤーで軽く揚げなおしてみましょう。 できたてのおいしさに近づくことができます。 また、パン粉までつけてあるが揚げられていない、いわば半製品状態のトンカツなどがスーパーに売ってあることもあります。 フライヤーがあればおいしいトンカツがすぐ食べられます。 ブラボー! 冷凍食品コーナーにある、ポテトフライなどを買うのもいいですね。 鶏肉に粉をつけた状態で冷凍してある、冷凍から揚げなんかおいしくてオススメです。 昨日の天ぷらを揚げなおせ! 夕食に作った天ぷらが、余る場合があります。 ただ単に揚げなおしては、衣が固くなってしまっておいしくありません。 そのような場合には、以下のような処置をして揚げなおしてください。 衣がサクサクに仕上がります!• 天ぷらに、水を霧吹きでかけて揚げなおす• 水にさっとくぐらせたあとキッチンタオルで余分な水分をとって揚げなおす• 薄い水溶き小麦粉をまぶして揚げなおす 余った食材はかき揚げにせよ! ひとり暮らしだと、食材が余ります。 残り食材の処分は結構頭が痛い問題です。 お鍋に入れていただく、という手もありますが、かき揚げにするのもオススメです。 なにより頭を使う必要がありません。 そしてそれなりにおいしい! 僕は、が好きです。 もやしはすぐ縮んでしまうので、揚げすぎに注意してください。 油こし器はよいものを買え! コスト面・健康面において、油をキレイにどれだけ使い続けられるかは重要です。 油を毎回捨てるとお金がかかりますし、油はただ捨てるだけでも面倒なものです。 固めたり、吸わせたりしないといけないですから。 油をキレイにする能力が高く、オイルポット(油を保存できるもの)を兼ねた油こし器は、楽しい揚げ物ライフのため重要です。 僕は、上記の条件を満たした「コスロン」という油こし器を使っています。 油こしに油を入れる場合には、油を冷まして入れましょう。 よりキレイに濾されます。 フライヤーは毎回洗うな! こういう電気フライヤーは、きちんと洗おうと思うととたんに面倒です。 電気機器ですからね。 しかし、毎回油こし器で油を濾して保存していさえいれば、フライヤーの中身の洗浄にはそれほど神経質になる必要はありません。 細かい揚げカスなどが残っていても、気にせずフタして放置しています。 コスロンのフィルターを取り替えるくらいのタイミングで、スポンジと中性洗剤で掃除しています。 鉄鍋の中華鍋を毎回中性洗剤で洗わないようなものですね!(強引) どうしても気になる人は、油を油こし器に入れたあとに、フライヤーの油が入る部分をキッチンペーパーなどで軽くぬぐっておくとよいでしょう。 まとめ 電気フライヤーは、一人暮らしの食生活を豊かにしてくれます、それも簡単に。 アイスクリーマーからワッフル焼き器、両面魚焼きグリル、自動千切り機etc…キッチン家電を買っては活用できなかった僕が、今でもガッツリ使っている電気フライヤー。 是非電気フライヤー&油こし器でステキな男一人暮らしライフを楽しんでください。

次の