アビガン 中国。 アビガンの中国における臨床結果が良好│KusuriNoKouseikai

中国、日本のインフル薬「アビガン」の有効性を新型に確認

アビガン 中国

アビガンの有効性を中国政府は認めた アビガンが実際の臨床実験に使われて効果が現れた事が分かりました。 中国政府は、急遽2月16日からこのアビガンの大量生産を始めることにしました。 アビガン を新型コロナウイルスの患者に投与しようと思うと、一人当たり100から150錠で治癒すると言われています。 白木教授は、抗インフルエンザ薬アビガンが新型コロナウイルスに対して効果的であるとテレビで明言しました。 中国政府の発表によりますと、新型コロナウイルス対策として既存の薬を役立てようと臨床実験を行った結果、「ファビピラビル」と言う成分が副作用が少なく、効果が高い事がわかりました。 それで、2月16日から薬の生産を始めたのです。 「ファビピラビル」は2014年、富士フィルム富山科学の前身で富山市に研究生産拠点がある富山化学工業と当時富山大学医学部に勤務していた白木公康教授が共同研究して開発した薬「アビガン」に含まれています。 ファビピラビル は、富山大学医学部教授の白木公康と富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業が共同研究で開発したRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤である。 開発コードのT-705、あるいは商品名であるアビガン錠 の名前でも呼ばれる。 中国では浙江海正薬業股份有限公司がライセンスを取得して生産している。 ウキペディア 富山化学の中国の提供先である浙江省(せっこうしょう:上海に近い)の会社が16日から大量生産を始めました。 この富山テレビの放送は地方版のニュースでしたが既に全国放送にも流れているようなのです。 新型肺炎には、日本でエボラ出血熱用に開発された「アビガン」が効くのではないかと言われていました。 今回深圳市(しんせんし)で患者70人に投与したところ副作用は極微で効果が出たようでした。 この薬は、中国名でファーウェイラーウェイとして大量生産に踏み切り、随時患者に投与するようです。 この件に関しては、中国の許認可手続きはとても迅速でした。 富士フイルムのアビガン・ライセンス供与先、浙江海正薬業の社長が出てきて、大量生産について述べていた模様でした。 アビガンが最有力と判明 中国政府は緊急でいろいろな薬剤を試しました。 結果としてアビガンが最有力と分かったようです。 中国で初めて販売許可を得た新型ウイルスに対して潜在的治療効果のある薬で、感染予防と抑制に重要な役割を担うとされています。 アビガンは、大いに期待されています。 国家薬監局の販売許可を正式に得ました。 中国科学技術部の15日の発表によると、ファビピラビルは現在新型肺炎の治療の臨床試験で使われている薬3種のうちの一つで、比較的高い治療効果と副作用の少ないことを示しています。 残りの2種類は「リン酸クロロキン」と「レムデシビル」です。 浙江海正薬業は正式に生産を開始しています。 中国科学技術省生物センターの孫燕栄副主任は17日に北京での記者会見で、新型コロナウイルスに抗マラリア薬「リン酸クロロキン」が有効であることを明らかにした。 孫副主任によると、国内専門家は広範囲にわたるクロロキンの臨床使用及び、クロロキンをコロナウイルスの最新治療指針に含めることを推奨しています。 アメリカ大手ギリエド・サイエンシズのエボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」を新型コロナウイルスの治療薬として利用する特許を出願しました。 「リン酸クロロキン」と「レムデシビル」がアビガンと一緒に試されて結局アビガンが最も優秀であると事が分かったようです。 優秀であって副作用が少なく突然変異の原因にもならないので、耐性ウイルスをつくることにもなりません。 本当に素晴らしい薬なのです。 抗インフルエンザ薬の有効性が弱くなる可能性のあるウイルスのことです。 薬剤耐性のインフルエンザウイルスは、遺伝子検査によりウイルス内部のアミノ酸配列に変異がみられます。 薬剤耐性のインフルエンザウイルスはなぜ発生するのですか? インフルエンザウイルスは増殖する過程において、遺伝子に変異が起こることが知られています。 インフルエンザ情報サービス 写真引用:SankeiBizより まとめ 中国政府は、急遽2月16日からこのアビガンの大量生産を始めた ファビピラビル は、RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤 中国政府はいろいろな薬剤を試した結果アビガンが最有力と分かった Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

インフル薬「アビガン」有効性確認 新型コロナ治療、後発薬量産へ―中国:時事ドットコム

アビガン 中国

富士フイルムホールディングスが2008年に買収した富山化学工業。 同社のインフルエンザ治療薬が、エボラ出血熱への効果を期待されている エボラ出血熱の治療薬として期待されている富士フイルムホールディングス(HD)グループの「アビガン(一般名・ファビピラビル)」の模造薬を、中国企業が生産しているとして、富士フイルム側が中国企業に調査を求めている。 同社は2004年から13年にかけて中国でアビガンの関連特許を取得済みで、公開された特許情報を見て製造された疑いがあるという。 特許侵害ならば提訴を辞さない構えをみせているが、中国では研究開発段階の医薬品に関し特許侵害に当たらないとする判決事例も多く、問題が深刻化する可能性もはらんでいる。 「同じ成分」で疑惑 中国では、偽ブランド品などによる知的財産権の侵害が相次いでいるが、発売前の先端医療品にまで被害が広がっている可能性が出てきた。 アビガンの模造薬とみられているのは、中国大手製薬会社「四環医薬」が保有する「JK-05」と呼ばれる薬品。 世界保健機関(WHO)の担当者がアビガンと「成分が同じだ」と指摘している。 中国メディアの報道によると、四環医薬は中国の軍事医学科学院微生物流行病研究所が5年前から開発していた「JK-05」の技術を1000万元(約1億9000万円)で取得した。 この薬品は、中国人民解放軍による「軍隊特需薬品許可」も取得しているという。 ただ、臨床試験は十分に行われておらず、中国国内での薬品登録も行われていないため、エジプトに派遣される中国の軍人などに提供されるにとどまり、当面中国国内での販売は行われないもようだ。 ここで問題となるのが、「軍隊特需薬品許可」を取得しているという点だ。 仮に「JK-05」が特許侵害をしていたとしても、四環医薬が「軍隊特需薬品許可」ゆえに「公的」であることを理由に挙げ、侵害が認められない可能性が出てくるという。 富士フイルム側は、現時点で該当する薬の入手ができておらず、引き続き自社でも調査を行うとしている。 仮に特許を侵害する模造薬と判明した場合は警告を行い、これに従わない場合、提訴に踏み切る方針だが、先行きは不透明だ。 これまでも、中国では医薬品の特許問題をめぐる裁判が頻繁に行われている。 中国の医薬品特許問題に詳しい黒田法律事務所所長の黒田健二弁護士は、敗訴と勝訴の事例を2点挙げる。 06年には、日本の大手製薬会社の高血圧薬に関する中国特許が中国製薬会社によって侵害されているとし、訴えた案件があった。 このケースでは、中国メーカーの製造行為は薬品の安全性と有効性を検証するための行為とされ、直接販売を目的としていないことを理由に、特許法に定める『生産経営目的』のための特許の実施行為には該当しないとして、特許権侵害が認められなかった。 一方、08年に欧州の大手製薬会社が抗がん剤の特許権侵害で中国製薬会社を訴えた事例では、中国メーカー側が「実験室で生産した」と主張したものの、ウェブ上で名称や包装、価格などの詳細を記載していたことなどから、『生産経営目的』を肯定する材料になったとみられ、中国メーカー側が敗訴している。 こうした過去の大手製薬会社の訴訟事例に照らすと、仮にアビガンで特許侵害の訴訟を起こした場合も、必ず勝訴できるかどうかは予断を許さない。 中国では、特許侵害はもとより、模造薬や偽薬の出荷も広がっている。 英BBCが昨年10月に報じたところでは、スイスのチューリヒ空港で、米大手製薬会社、ファイザーの精神安定剤「ソラナックス」の偽薬が合わせて100万錠押収されるという事件があった。 出荷元は中国。 スイス当局によれば、この薬にソラナックス同様の有効成分は検出されなかったが、見た目では判断できないほど精巧にまねていたという。 また、中国での報道によると昨年4月には、フランス税関が中国製の偽造医薬品240万錠を押収するという事例も出ている。 富士フイルムHDは、ギニアで始まったアビガンのエボラ出血熱への効果検証を経て、順次増産することを決めているが、ここにきて浮上した中国の模造薬疑惑がどのように影響してくるのか。 知財意識が低いとされる中国を相手に、日本側の動きも今後注目されそうだ。

次の

期待高まる「アビガン」 新型コロナ治療薬|医療ニュース トピックス|時事メディカル

アビガン 中国

フィリピンのドゥテルテ大統領は8日、新型コロナウイルスの治療薬としての使用が期待される日本の新型インフルエンザ薬「アビガン」の治験に、国内の3病院が参加することを明らかにした。 中国とはワクチン開発で提携する。 10日付マニラタイムズなどが伝えた。 サンタアナ病院、ドクター・ホセ・ロドリゲス記念病院、キリノ記念医療センターがアビガンの治験に参加する。 保健省が国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて、100人以上の治験に使えるアビガンを調達し、臨床試験を進める。 新型コロナの感染者に対するヴァージンココナツ油(VCO)を使った治療を開始した。 国立フィリピン大学の倫理委員会が試験投与を承認。 フィリピン・ゼネラル・ホスピタルが治験を開始しており、1年以上にわたって実施する計画だ。 デュケ保健相は2月、地元テレビ局CNNフィリピンに対し「(VCOは)ウイルスを中和する効果があるという研究結果があるが、新型コロナについては明らかではない」とした上で、感染者に試験的に投与する方針を明らかにしていた。 一方、ロケ大統領報道官によると、政府は新型コロナのワクチンの研究開発で中国のバイオ医薬品企業シノバック・バイオテック(北京科興生物制品有限公司)と提携する。 これまでに科学技術省が中国、台湾などの4つの研究グループと提携し、治験を共同で進めることになっているが、同省の勧告を政府が承認し、シノバックも加わることになった。

次の