愛を謳って謳って 雲の上 濁りきっては見えないや。 シャルルの歌詞の本当の意味とは?解釈と考察してみた

flower『シャルル』歌詞の意味・解釈と考察

愛を謳って謳って 雲の上 濁りきっては見えないや

さよならはあなたから言った それなのに頬を濡らしてしまうの そうやって昨日の事も消してしまうなら もういいよ 笑って 花束を抱えて歩いた 意味もなく ただ街を見下ろした こうやって理想の縁に心を置き去っていく もういいか 空っぽでいよう それでいつか 深い青で満たしたのなら どうだろう こんな風に悩めるのかな 愛を謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌 遠く描いていた 日々を語って夜の群れ いがみ合ってきりがないな 否 笑い合ってさよなら 朝焼けとあなたの溜息 この街は僕等の夢を見てる 今日だって互いの事を忘れていくんだね ねえ そうでしょ 黙っていよう それでいつか 苛まれたとしても 別に良いんだよ こんな憂いも意味があるなら 恋と飾って 静かな方へ 汚れきった言葉を 今 「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 混ざって 二人の果て 譲り合って何もないな 否 痛みだって教えて きっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに 愛を謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌 日に日に増えていた 後悔を語って夜の群れ 許し合って意味もないな 否 哂い合ってさよなら ひいらぎの解釈 さよならはあなたから言ったんだよ それなのにあなたは頬を濡らすほど泣いてしまうの そうやって昨日のことも忘れてしまうなら、もういいよ 笑って この曲には2人の人物が出てきます。 僕とあなた 曲はあなたが泣いている場面から始まります。 さよならはあなたから言った、と言っているようにこの場面、別れの場面だと思われます。 あなたから別れを切り出したのに、泣いているのはあなたなのです。 そんな風に、昨日自分で言い出したことも忘れてしまうくらいならもういいよ、と僕は呆れてしまっています。 そんな君に笑って欲しいと語りかけるのです。 花束を抱えて歩いた 意味もなくただ街を見下ろした こうやって理想の縁に心を置き去っていく もういいか 空っぽでいよう それでいつか 深い青で満たしたのならどうだろう こんな風に悩めるのかな ひいらぎの解釈 花束を抱えて歩きながら、意味があるわけではないけどただただ街を見下ろしてた こうやって理想のすみっこに心を置き去るんだ、もういいかなんて投げやりに 空っぽでいよう、それでいつか心を深い悲しみで満たしたならどうだろうか 悩むことができる様になるのかな 僕は君にあげるはずだった花束を抱えて歩きながら、街を見下ろします。 そこに心はありません。 ぼーっとしながら、心ここにあらずといった風に歩いていくのです。 理想の姿というのは持っていたけれども、その理想に心を置いてきています。 もういいか、といかにも投げやりに。 これまで頑張ってきたことが無に帰る様に。 僕は君との未来という理想を持っていたのに、別れを告げられ、何もかも投げやりになっているのでしょう。 空っぽでいれば辛くないからと、心を無にします。 そうして時間を過ごしていけば、また同じ様に悩んだりすることができる様になるのだろうかと。 諦めを持ちながら、過ごすのです。 愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 遠く描いてた日々を 語って語って夜の群れ いがみ合ってきりがないな 否否 笑い合ってさよなら ひいらぎの解釈 朝焼けの街にあなたの溜息が漏れる この街は僕たちの理想の夢を見ているんだ 今日だって、あなたが僕のことをわすれていくんだよね もうこのことは黙っていよう それでいつかあなたから苛まれたとしても もうどうだっていいんだよ こんな憂いにも意味があるんだったら 僕が心なしに見下ろしていた朝焼けが光る街にあなたの溜息が漏れ聞こえます。 この街は僕たちの理想の夢が反映されているのです。 今日だってあなたが僕のことを忘れていきます。 別れた相手のことはそんな日々に薄れていくものです。 もうこんな別れ話には口を開かないでいようと僕は心に決めます。 もしそれであなたから苛まれるとしても、どうだっていいと投げやりになっています。 きっとこんな憂いだって意味があるんだと自分に言い訳しています。 恋と飾って飾って 静かな方へ 汚れきった言葉を今 今今 「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 混ざって混ざって二人の果て 譲り合って何もないな 否否 痛みだって教えて ひいらぎの解釈 恋だと飾ってみて 静かな方へと 汚れきったあなたへの言葉を今 「この街には誰もいない」あなたも同意して 僕とあなたが混ざり合って、2人の成れの果てになって 譲り合っていても何も残らないね 痛みだって教えて欲しいんだ 2人の関係を恋だと飾ってみてもこんな状態では意味がないと僕は諦めムードです。 あなたに都合のいい汚れきった言葉を言います。 「此処には誰もおらず、2人だけだね」 なんて甘い言葉を言ってみても、2人の成れの果てになってしまって、 譲り合っていたって何も残らないと僕は思っているのです。 譲って譲って、優しいだけの恋じゃいやだ。 痛みだって教えて欲しいと嘆きます。 きっときっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっとずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに.

次の

シャルル

愛を謳って謳って 雲の上 濁りきっては見えないや

さよならはあなたから言った それなのに頬を濡らしてしまうの そうやって昨日の事も消してしまうなら もういいよ 笑って 花束を抱えて歩いた 意味もなく ただ街を見下ろした こうやって理想の縁に心を置き去っていく もういいか 空っぽでいよう それでいつか 深い青で満たしたのなら どうだろう こんな風に悩めるのかな 愛を謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌 遠く描いていた 日々を語って夜の群れ いがみ合ってきりがないな 否 笑い合ってさよなら 朝焼けとあなたの溜息 この街は僕等の夢を見てる 今日だって互いの事を忘れていくんだね ねえ そうでしょ 黙っていよう それでいつか 苛まれたとしても 別に良いんだよ こんな憂いも意味があるなら 恋と飾って 静かな方へ 汚れきった言葉を 今 「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 混ざって 二人の果て 譲り合って何もないな 否 痛みだって教えて きっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに 愛を謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌 日に日に増えていた 後悔を語って夜の群れ 許し合って意味もないな 否 哂い合ってさよなら ひいらぎの解釈 さよならはあなたから言ったんだよ それなのにあなたは頬を濡らすほど泣いてしまうの そうやって昨日のことも忘れてしまうなら、もういいよ 笑って この曲には2人の人物が出てきます。 僕とあなた 曲はあなたが泣いている場面から始まります。 さよならはあなたから言った、と言っているようにこの場面、別れの場面だと思われます。 あなたから別れを切り出したのに、泣いているのはあなたなのです。 そんな風に、昨日自分で言い出したことも忘れてしまうくらいならもういいよ、と僕は呆れてしまっています。 そんな君に笑って欲しいと語りかけるのです。 花束を抱えて歩いた 意味もなくただ街を見下ろした こうやって理想の縁に心を置き去っていく もういいか 空っぽでいよう それでいつか 深い青で満たしたのならどうだろう こんな風に悩めるのかな ひいらぎの解釈 花束を抱えて歩きながら、意味があるわけではないけどただただ街を見下ろしてた こうやって理想のすみっこに心を置き去るんだ、もういいかなんて投げやりに 空っぽでいよう、それでいつか心を深い悲しみで満たしたならどうだろうか 悩むことができる様になるのかな 僕は君にあげるはずだった花束を抱えて歩きながら、街を見下ろします。 そこに心はありません。 ぼーっとしながら、心ここにあらずといった風に歩いていくのです。 理想の姿というのは持っていたけれども、その理想に心を置いてきています。 もういいか、といかにも投げやりに。 これまで頑張ってきたことが無に帰る様に。 僕は君との未来という理想を持っていたのに、別れを告げられ、何もかも投げやりになっているのでしょう。 空っぽでいれば辛くないからと、心を無にします。 そうして時間を過ごしていけば、また同じ様に悩んだりすることができる様になるのだろうかと。 諦めを持ちながら、過ごすのです。 愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 遠く描いてた日々を 語って語って夜の群れ いがみ合ってきりがないな 否否 笑い合ってさよなら ひいらぎの解釈 朝焼けの街にあなたの溜息が漏れる この街は僕たちの理想の夢を見ているんだ 今日だって、あなたが僕のことをわすれていくんだよね もうこのことは黙っていよう それでいつかあなたから苛まれたとしても もうどうだっていいんだよ こんな憂いにも意味があるんだったら 僕が心なしに見下ろしていた朝焼けが光る街にあなたの溜息が漏れ聞こえます。 この街は僕たちの理想の夢が反映されているのです。 今日だってあなたが僕のことを忘れていきます。 別れた相手のことはそんな日々に薄れていくものです。 もうこんな別れ話には口を開かないでいようと僕は心に決めます。 もしそれであなたから苛まれるとしても、どうだっていいと投げやりになっています。 きっとこんな憂いだって意味があるんだと自分に言い訳しています。 恋と飾って飾って 静かな方へ 汚れきった言葉を今 今今 「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 混ざって混ざって二人の果て 譲り合って何もないな 否否 痛みだって教えて ひいらぎの解釈 恋だと飾ってみて 静かな方へと 汚れきったあなたへの言葉を今 「この街には誰もいない」あなたも同意して 僕とあなたが混ざり合って、2人の成れの果てになって 譲り合っていても何も残らないね 痛みだって教えて欲しいんだ 2人の関係を恋だと飾ってみてもこんな状態では意味がないと僕は諦めムードです。 あなたに都合のいい汚れきった言葉を言います。 「此処には誰もおらず、2人だけだね」 なんて甘い言葉を言ってみても、2人の成れの果てになってしまって、 譲り合っていたって何も残らないと僕は思っているのです。 譲って譲って、優しいだけの恋じゃいやだ。 痛みだって教えて欲しいと嘆きます。 きっときっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっとずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに.

次の

バルーンさんの、シャルルという曲が好きなのですが、解釈がどう...

愛を謳って謳って 雲の上 濁りきっては見えないや

バルーンさんの、シャルルという曲が好きなのですが、解釈がどうも上手くできません…… この前検索したのですが、解釈が無かったので質問しました。 別れた?もしくは、別れる男女の話かな、とは思います。 いがみ合うという歌詞から喧嘩も多かったのかなとも思いました。 ですが、何故別れるのかなど、全体的によく分かりません。 花瓶に触れたの曲の方のホウセンカの「私に触れないで」という花言葉から、今回も花は関係してそうだな、と思います。 シャルルに出てくる花はクロッカスだと聞きましたが、本当にクロッカスなのでしょうか?? あの花は何の花なのかと、自己解釈を教えてもらいたいです!! 解釈はそれぞれですし、バルーンさん本人しか分からないことは分かっていますが、自己解釈でもいいので皆さんの意見を聞きたいです!! よろしくお願いしますm _ _ m カテゴリは、曲の詩の事だったのと、ピッタリなものが無かったので、作詞作曲にさせて頂きました。 間違っていたら申し訳ございません。 ・シャルル=フランス語で「男」という意味があるそうです。 つまり、男性視点の曲である可能性があります。 ・PVで登場する花…クロッカスもしくはオーニソガラムのどちらかで、どちらも似ていますが、形からして恐らくクロッカスではないかと思います。 クロッカスの花言葉は、「青春の喜び」、「切望」です。 因みに、色によって花言葉が異なるようです。 PVでは白なので上記のような意味になるかと。 以上のことを踏まえ、以下は歌詞に合わせて私の自己解釈を含んだ文章となります。 彼女との未来も考えていたので、振られてかなりショックだったのかな。 花言葉の「切望」もこれに深くあたると思いました 体の関係である根拠は、 ・朝焼けとあなたの溜息 ・「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 ・騙し合うなんて馬鹿らしいよな ・互いのせいで今があるのに です。 体の関係である解釈は、他の解釈から参考にしました。 知恵袋にあったと思うので参考にしてみてください。

次の