こんにゃく 食べ過ぎ 下痢。 世界が注目!“こんにゃく”パワー

コンニャク食べ過ぎたら下痢になる!?

こんにゃく 食べ過ぎ 下痢

こんにゃくの栄養と効能 こんにゃくはこんにゃく芋という芋からできており、「胃のほうき」とも呼ばれています。 ではまず始めに、こんにゃくにはどのような栄養素があり、摂取することでどのような効果が期待できるのかという事をご紹介します。 しかし、「グルコマンナン」という食物繊維だけは豊富に含まれているのです。 こんにゃくゼリーの CMで「マンナン」という言葉を耳にしたことはありませんか?これは、グルコマンナンから来ているものです。 実は、このグルコマンナンを消化できる酵素は私たちの体内には存在していません。 その為、こんにゃくを食べると食物繊維がそのまま胃や小腸などを通っていきます。 その時、まるでほうきで掃くように体内の有害物質を一緒に出してくれるのです。 食物繊維が豊富だということは、便秘の予防になります。 正常のコレステロール値にする為には、高カロリー・高脂肪の食事を控え、食物繊維を気掛けて摂るべきです。 こんにゃくを摂取することで、カロリーや脂肪分を大幅に抑える事ができます。 また、肝臓は脂肪の消化・吸収を助ける胆汁酸を合成しますが、この胆汁酸はこんにゃくに含まれる食物繊維と共に、体外に排出されてしまいます。 そこで、胆汁酸を補給しようと、肝臓血中コレステロールを使います。 その結果、コレステロール値の異常な上昇が抑えられるのです。 骨粗しょう症防止にも役立つのです。 こんにゃくを食べ過ぎると起こりうる影響 先にご紹介したように、こんにゃくは昔からある健康にとても良い食べ物です。 しかし、健康に良い物もそればかり食べると逆に体にとって害になってしまう場合があります。 では、早速、こんにゃくを食べ過ぎるとどんな危険性があるのかいくつかご紹介します。 ローカロリーなのでダイエット食材としてよく登場するこんにゃくのはずがなぜ食べ過ぎると逆に太ってしまう可能性があるのか・・・。 実は、カロリーが低すぎると脳が満腹感を感じにくくなるのです。 その為、食べても食べても満たされず、何かを口にしてしまうという事になってしまいます。 すると、気がつかない内にカロリーオーバーになってしまい、体重が増加してしまうという事がありうるのです。 しかし、食べ過ぎてしまうと逆効果です。 それは、こんにゃくに含まれている食物繊維の性質上、体内の水分を沢山含んでしまうからです。 すると、体内の水分が奪われてしまったが為、お腹が張ったり、痛くなったり、便秘になってしまう事があるようです。 胃腸が弱い方は特に食べ過ぎには気を付けなくてはいけません。 特に普段から胃腸が弱い方は要注意です。 この原因もやはりこんにゃくに沢山含まれる食物繊維だと言われています。 スーパーに売られているこんにゃくの多くは製造過程で食物繊維が水溶性から不溶性へと変化しています。 この不溶性食物繊維は胃にたまりやすく、その日の体調などによっては胃が異物と誤認することで吐き出そうとする場合があるのです。 こんにゃくの食物繊維は体内に吸収されることはなく、排出するしかありません。 それが便秘によって排出されないと、腸内で詰まってしまい腸閉塞になる可能性があるのです。 ダイエットの為、こんにゃくばかり食べているという人は要注意です。 少しでも体調がおかしいなと思ったら、こんにゃくを食べるのを控え、水分補給をしっかりしてください。 こんにゃくの 適正量『一日の摂取量』 厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」を参考にすると、不溶性の食物繊維の理想的な摂取量は約6~8gです。 すると、成人の場合、 こんにゃくの適正量は1日当たり板こんにゃく1枚くらい(約200g)が適量だと言えます。 板こんにゃくを1日に1枚以上食べているという方は、食べ過ぎだと言えるでしょう。 ただし、子供にこんにゃくばかり与えてしまうとすぐにお腹が一杯になってしまい、栄養が偏ってしまう可能性があります。 色んな食材と一緒にバランスよく食べさせてください。 また、喉に詰まらせないように小さく刻んであげることが大切です。 こんにゃくを食べる時の注意点 こんにゃくに含まれる不溶性食物繊維の摂り過ぎが身体に良くない事はお分かりになったと思います。 そこで、もう1点、こんにゃくを食べる際に気を付けて頂きたい事があります。 それは、他の 不溶性食物繊維を豊富に含む食材と食べ合わせないようにすることです。 不溶性食物繊維を豊富に含む食品例 ・豆類(えんどう豆、いんげんなど) ・きのこ類(干ししいたけ、エリンギ) ・納豆 ・モロヘイヤ どれも健康に良さそうな食材ばかりですね。 こんにゃくと一緒にこのような食材を摂取すると、せっかくこんにゃくを控え目に食べても結局不溶性食物繊維を食べ過ぎてしまうことになってしまいます。 まとめ ・適量を摂取すると、便秘の解消、コレステロール値の上昇を予防、骨粗しょう症予防になるなどダイエット以外の効果もある。 ・ローカロリーすぎて摂取しても脳が満腹感を感じず、逆に食べ過ぎて太ってしまうことがある。 ・食べ過ぎると不溶性食物繊維が水分を多く含み、腹痛や便秘の原因になる。 ・大量の食物繊維は腸を過剰に刺激し、胃腸が弱い人は特に下痢になりやすい。 ・食物繊維の摂り過ぎで便秘が続くと、最悪の場合、腸閉塞を引き起こすことも。 ・こんにゃくの適正量は成人1日あたり板こんにゃく1枚(200g)位。 ・豆類や納豆などの他の不溶性食物繊維を多く含む食材と一緒に摂取する際は注意。 なんでも食べ過ぎ、単品食べは良くないということですね。 こんにゃくは適量を守れば、ダイエットや健康に良いスーパーフードです。 他の食材と美味しくバランス良く食べ、健やかな心と体を手に入れましょう!.

次の

こんにゃくゼリーのダイエット効果と方法!食べ過ぎや事故のリスクも総まとめ

こんにゃく 食べ過ぎ 下痢

独特の食感や匂いがあり「使える料理は煮物ぐらい」と思っている人も多いですよね。 イタリアでは消費量が激増!主食のパスタにも利用されているんです。 ヘルシーデザートにも大変身します。 まるで魔法のようなこんにゃく調理法の数々をご紹介! こんにゃくは低カロリーですが 消化しにくいため、一度にたくさん食べると おなかをこわす恐れがあります。 そのため一度に食べ過ぎると下痢などをおこす場合があります。 また胃や腸の手術を行ったことがある方や、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎などの方は消化の能力が低下しているので食べないほうがよいとされています。 詳しくは医師にご相談ください。 するとこんにゃくの中の水分が外にでてきます(こんにゃくの匂いが苦手な人はこの水分を捨てる)。 そのあとでこんにゃくが浸る程度のしょうゆに漬けて、冷蔵庫で3~6時間おくとしょうゆ味が染みたこんにゃくが出来ます。 温かい状態で煮物に入れたければ上記のものをダシの入った鍋に入れ、ごく軽く(沸騰させない程度)火を入れてください。 そのあと食べやすいサイズに切り、やはり100gあたり5g程度の砂糖と一緒に袋に入れて2~3分間よくもみます。 そのあと更に水でゆすいでおくと料理に使いやすい状態になります。 氷の上にのせて冷やすと食感が良くなります。 使う用途に応じて「 短冊状」でも「 細切り」でもよい。 そのあと、金属のバットの上に重ならないように並べ、ラップをしてから冷凍庫へ入れ、2時間冷凍させる。 その後、流水で解凍させ、表面が固くなくなったら料理に使う。 板こんにゃくを5㎜の厚さに切る。。 1をバットなどに1枚づつ重ならないように並べ、ラップをしてから冷凍庫で約2時間ほど凍らせる。 ペーパーに包んでしっかり水気を絞る。 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ベーコンを炒める。 ベーコンから十分に油が出たら玉ねぎを加え玉ねぎがしんなりするまで炒める。 4のこんにゃくを加え、よく炒め合わせベーコンの油をこんにゃくにしみさせる。 6に塩コショーを加えしっかり味を付ける。 8にチーズ・パン粉を振りかけ、グリルで2分焼いたら出来上がり。

次の

こんにゃくゼリーのダイエット効果と方法!食べ過ぎや事故のリスクも総まとめ

こんにゃく 食べ過ぎ 下痢

ゼリーには、たくさんの香りや味、食感の違ったものなど様々な種類がありますね。 小腹を満たす程度の小さなものや、 ダイエットを意識した カロリーの低いものなど、 体に良いイメージがあるのではないでしょうか。 子どもの おやつとしても手軽に食べられますし、するっと のどを通りやすいため、発熱時など食欲がないときにも 食べやすいですよね。 改めて見てみると、私達の生活の中に自然と根づいている食べ物です。 ですが、 「食べるとお腹が緩くなってしまう。 」 という方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。 今回の記事では、 ゼリーで 下痢になってしまう 原因と、その対処方法についてまとめました。 心あたりや経験のある方はぜひ参考にして下さいね。 ゼリーが下痢を引き起こす原因とは? ゼリーとは? 原因をお話する前に、そもそも ゼリーとはどのような食べ物なのでしょうか? 【ゼリーとは】 ゼラチンや寒天を用いて、または肉や魚に含まれるゼラチン成分を煮出した汁を 冷やし固めて作る、弾力性のある洋菓子または料理。 特に、果汁・ワイン・コーヒーなどに 砂糖を加え、 ゼラチンを用いて 冷やし固めた菓子をさすことが多い。 引用:和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる事典 食べ物が下痢を引き起こす原因の多くは、調理法や材料に関係していることが多いと言われています。 ゼリーも、その 調理方法と 材料に原因があるのではないでしょうか。 考えられるのは、以下のものです。 冷えによるもの• ゼラチン• 砂糖 ひとつずつ見ていきましょう。 ゼリーは冷菓であり、通常は冷やして食べますよね。 暑い夏に、キンキンに 冷えたゼリーを食べたときの幸福感は、何にも代えがたいものだと思います。 また、近年では 暖房の普及により、 暖かい部屋で アイスや ゼリーなどの 冷たい食べ物を楽しむ習慣も当たり前になっています。 しかし、お腹が弱い方にとっては、たとえ体の表面温度が暑い、又は暖かく感じるからといって、キンキンに冷えたゼリーを食べることは注意が必要です。 その理由は大きく2つに分けられます。 腸の機能低下 冷たいものを食べると、 体の内側から冷えてしまいます。 さらに夏場はエアコンの効いた場所も多いですし、 体の表面からも冷えが広がります。 体が冷えると、腸の機能も低下しやすくなるといわれています。 私たちの体には、 低下した体温を上げようと、 血管を収縮させ、体内に熱を閉じ込めようとする機能が備わっています。 血管が収縮すると、 血流が抑えられるため、 腸への血流も少なくなります。 このようにして 腸の機能が低下し、蠕動運動も弱くなると、腸管からの水分の吸収が十分にできなくなり、水分の多い便を排出しやすくなるといわれています。 異物反応 体温よりも冷たい食べ物が胃に入ってくると、体は異物が入ってきたと勘違いするという説があります。 そこで、 その異物(と認識してしまった冷たいゼリー)を、早く体外に排出しようと、体の水分を集め始めます。 さらに、 腸の中にある冷たいゼリーを早く排出させるために、蠕動運動を活発にさせます。 このような相乗効果で、下痢になる可能性がさらに高くなってしまうといわれています。 暑い夏や、病気の際に 水分補給を目的に食べたとしても、 下痢になってしまってはかえって 逆効果になってしまいますね。 健康志向の強い方や、ダイエット中の女性など、特にその カロリーが気になる方も多いのではないでしょうか。 そんな方々がよく手に取る製品のひとつに、 「こんにゃくゼリー」があります。 こんにゃくゼリーは、 ゼラチンではなく、 こんにゃくの粉末を使用して固めています。 こんにゃくは、「食物繊維」が豊富に含まれているのが特徴です。 【食物繊維とは】 人の消化酵素では加水分解されず, 小腸内で消化・吸収されにくい食物成分。 水溶性のものと 不溶性のものがある。 粘性や保水性が高く,食後の血糖値の急激な上昇を抑え,血中のコレステロール量を減少させる。 引用:ブリタニカ国際大百科事典 不溶性食物繊維 【不溶性食物繊維とは】 不溶性食物繊維はセルロース,ヘミセルロース,リグニンなどで,豆,全粒の穀物,野菜,芋,キノコに含まれる。 腸内の有害物質を体外へ排出させる整腸作用があり,便秘解消効果を高める。 引用:ブリタニカ国際大百科事典 こんにゃくゼリーは、食物繊維による整腸効果がある一方で、下痢を引き起こしてしまう可能性もあるといわれています。 食べ過ぎや、 お腹の調子が良くないときなどは控えることをおすすめします。 ひとくちにゼリーと言っても、使われている凝固剤は様々な種類があります。 ゼラチン 料理をしない方でも名前を聞くぐらい、メジャーな食材なのではないでしょうか。 これは豚や牛など動物の骨や皮に含まれている コラーゲンが、熱によって変化したものです。 温湯に溶け、 冷却によってゼリー状に固まるという性質を持っています。 ゼラチンはタンパク質であり、食物繊維は含まれていません。 その点では、下痢を引き起こす原因にはならないと言えます。 ですが、前述した通り、食べる事によって起こる体内の冷えには注意が必要です。 アガー お菓子作りに詳しい方以外は、名前を聞いてもピンとこないのではないでしょうか。 こちらも ゼリーを固める際に使用されています。 これは スギノリや ツノマタなどの 海藻類や、 カロブという マメ科の木から抽出される凝固剤です。 水溶性食物繊維が含まれており、整腸効果があるといわれています。 寒天 こちらも ゼラチンと同様で有名なので、ご存知の方も多いかと思います。 ゼリーはもちろん、 水ようかんや 杏仁豆腐などにも使われています。 テングサや オゴノリなどの 海藻類から抽出される凝固剤で、こちらも 水溶性食物繊維が豊富に含まれています。 アガーと同様、寒天が使われているゼリーも、食物繊維による整腸効果が期待できるといわれています。 しかも、 カロリーはほぼゼロという、美容に気を使う女性には嬉しい食材でもあります。 しかし、美味しいから、カロリーが低いからと言って食べ過ぎると、逆に下痢になってしまう場合もあるため、注意しましょう。 一説によると、 人間の味覚は、 冷たいものだと鈍感になるといわれています。 そのため、 常温のものよりも 少し多めに糖分を入れないと、 甘さを感じることができないという説もあるようです。 (一部例外もあるようです。 ) さらに、果物入りのゼリーの場合、その果実の分の糖分もプラスされることになるので、全体の糖分量は多くなります。 糖分自体は人体に必要な栄養素なのですが、 摂り過ぎると、下痢の原因となる場合があるといわれています。 以下、ゼリーに含まれている糖分の種類を簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。 果糖 蜂蜜や 果物に含まれている 天然の糖分で、 フルクトースとも呼ばれる 単糖類の一種です。 マンゴー、梨、洋梨、ブドウ、さくらんぼ、桃、オレンジなどといった、フルーツゼリーに入っている 典型的なフルーツに含まれています。 糖分は分解、吸収に時間がかかり、腸に負担がかかりやすいといわれています。 果糖は単糖という、糖の中でも比較的消化しやすい糖ではあります。 しかし、多く摂ってしまうと当然、消化のために時間がかかり、腸に負担がかかるといわれています。 ブドウ糖 別名 「グルコース」と呼ばれます。 補給すると素早く エネルギーに変わり、脳の栄養となる成分として有名ですね。 受験勉強や仕事の休憩の合間に補給しているという方も、多いのではないでしょうか。 こちらも 果糖と同じく単糖です。 糖の仲間は通常、 小腸で分解、吸収されます。 しかし 、許容量を超えた糖を摂ってしまうと、小腸が分解できず、吸収されなかった糖が大腸へと届いてしまいます。 大腸が糖を異物としてとらえる• 大腸は体中から水分を集めようと働く• 便を柔らかくし、早く外へ排出しようと、蠕動運動を活発にする このようにして、下痢を引き起こしてしまうと言われています。 過敏性腸症候群 もともとの体質やその時の体調など、個人差があるので、どのぐらいの量のゼリーを食べると下痢になるのかとは言えません。 ただ、これまで述べてきた通り、 ゼリーには下痢を引き起こす要因が多くあります。 もともと お腹が弱いという方は、 特に注意が必要なことは確かですね。 過敏性腸症候群というものをご存知でしょうか。 過敏性腸症候群とは、胃や腸に病気や異常が見当たらないにも関わらず、急激にお腹の調子が悪くなる症状の事です。 よくある症状としては、通勤電車や会議の前などに、急に下痢をひき起こすというものです。 原因として、 精神的なプレッシャーやストレスなどが関係していると言われています。 さまざまな世代の中でも、特に 20~30代の人に多いとも言われています。 下痢になってしまうメカニズムは、• 消化されたあとの残りカスが腸へ進んだ時に、何らかの原因で便に水分が過剰に含まれてしま う• 腸のぜん動運動が盛んになるために、腸の内容物の水分が十分吸収されず、下痢状態で排泄されてしまう などの説があります。 過敏性腸症候群について詳しく紹介している記事がありますので、気になる方はこちらをご覧ください。 このような状態の場合、ゼリーを食べることによって、さらに下痢の症状を悪化させてしまう可能性があるのではないでしょうか。 暑い夏や、暖房の効いた部屋に長時間いると、 冷たいものを摂りたくなるのは仕方のない事かと思います。 どうしても ゼリーを楽しみたいという方は、以下のような点に注意してみて下さい。 食べ過ぎないように量を控える• 整腸作用の強い材料を避ける こんにゃくなど• お風呂の湯船に浸かってしっかり体を温めるなど、冷えに注意する• エアコンの効いた部屋にいるときは、羽織れるものや薄手のひざ掛けなどで体を冷やし過ぎないように工夫する ゼリーは毎日の食生活に手軽に取り入れやすく、ダイエットやお腹スッキリなど、嬉しい効果がいっぱいですよね。 下痢には十分注意して、ぜひ楽しみたいものですね。 まとめ ゼリーが 下痢を引き起こす原因は、以下のものが挙げられます。 食物繊維• 凝固剤• 過敏性腸症候群 ゼリーは香りや味、食感、フルーツ入りなど様々な種類があり、しかも 美味しいだけではなく、 ダイエットや整腸効果も期待できる嬉しい食べ物です。 暑い夏や、寒い冬にも暖房の効いた部屋で楽しむのも良いですよね。 ただ、整腸作用がある一方、下痢になる可能性もあるといわれています。 下痢には十分注意して、 毎日の食生活に上手に取り入れていきたいですね。 突然の「ギュルルルル」が少なくなった方法.

次の