東京 金沢 新幹線。 【東京・上野

東京〜金沢間が7,090円など ネット限定で北陸新幹線が半額

東京 金沢 新幹線

4タイプの列車 かがやき 東京駅~金沢駅間を運行する【かがやき】。 最速で東京ー富山間を2時間08分、東京ー金沢間を2時間28分で結びます。 北陸新幹線の4タイプの列車の中では停車駅が少なく、速達タイプの列車になり、一日約10往復しています。 はくたか 東京駅~金沢駅間を運行する【はくたか】。 【かがやき】と異なり多くの駅に停車しますが列車によって通過する駅が異なり、 一日約14往復しています。 1日に1往復だけ、長野駅~金沢駅を運行する列車もあります。 つるぎ 富山駅~金沢駅間を運行する【つるぎ】。 富山駅・新高岡駅・金沢駅の3駅を一日18往復するシャトルタイプの列車です。 各駅に止まり、約22分で富山駅~金沢駅を結びます。 あさま 東京駅~長野駅間を運行する【あさま】。 基本的には各駅停車ですが、熊谷駅・本庄早稲田駅・安中榛名駅は列車によって 通過する場合があります。 【旅行特集ページ】• 【海外旅行】•

次の

【2020年版】東京~金沢を北陸新幹線で最安で移動する方法|料金割引・キャンペーン

東京 金沢 新幹線

夏休みに北陸・金沢に旅行しようと思い、つい数日前に新幹線とホテルの予約をとりました。 東京ー金沢の往復の新幹線チケットと金沢の宿(2泊)セットで、なんと 32,800円! めちゃくちゃおトク。 (今回は2泊の予約でしたが、1泊なら往復27,000円でした。 ) しかも今は夏休みの真っ最中。 宿も部屋の広いちょっといいところ(後に画像有り)を取れました。 いい買い物ができたので、詳しく紹介したいと思います! 誰でも同じように予約できるので、金沢旅行を考えている人は参考にしてください。 超格安!【東京ー金沢】新幹線+宿泊で26,700円〜 今回の北陸・金沢旅行に使ったのは、日本旅行の「新幹線パック」です。 ネットで簡単に予約できますし、店頭で予約するより料金が安いのでおすすめです。 格安の理由は「新幹線パック」 宿泊する場合は、「新幹線+宿泊パック」を利用するのが賢い方法です。 最も格安です。 東京ー金沢なら、26,700円~で探せます。 新幹線と宿(ホテル)は自由に選べる 新幹線パックの特徴は以下の通りです。 「新幹線往復+ホテル宿泊」セットで格安• 3日前まで予約可• 早割(21日前)がお得• グリーン車も格安• 2人以上がおすすめ• 格安〜高級までホテルのグレードを選べる 往復の新幹線チケット料金だけでも圧倒的に格安なのに、それに宿泊まで付いてくるのが新幹線パクの最大の特徴です。 普通にJRでチケットを買うと東京ー金沢の新幹線料金は約28,000円(往復)ですが、 「新幹線パック」だと往復新幹線に宿泊までついて26,700円~で探せます。 Web予約・料金 「新幹線パック」より安いチケットはないの? 新幹線パックがどれくらい安いか確認しておきましょう。 各種新幹線チケットの往復料金は以下の通りです。 東京ー金沢 新幹線料金比較(往復) 新幹線乗車手段 料金 指定席 28,240円 自由席 27,200円 eきっぷ 26,960円 モバトク(普通車指定席) 26,760円 WEB早特1 25,400円 トクだ値10 25,400円 e早特1 24,260円 スーパーモバトク 24,060円 普通に乗車券を購入すると往復で約28,000円前後。 最安のモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」(前日までの予約)で24,060円。 上の各新幹線料金にホテル代を仮に6,000円(1泊)として加算してみると以下のようになります。 ということで、 宿泊ありの場合は「新幹線パック」以外に選びようがありません。 「この料金差は何?怪しい…」と思うかもしれませんが、とくにデメリットはありません。 列車も選べますしホテルも選択可能です。 学割や往復割引、早割などいろんな割引チケット がありますが、チケットとホテルを別々に予約・購入してしまうと、どうやっても「新幹線パック」には料金で勝てません。 Web予約・料金 新幹線パックで予約した新幹線とホテルはこんな感じ! 新幹線パックの中身を紹介しましょう。 出発1週間前までに新幹線チケットが送付されてくる 日本旅行のサイトから新幹線パックを予約すると、出発の1週間前までにチケットが郵送されてきます。 ただし、 指定した便には絶対乗り遅れないようにしましょう。 当日の変更はききません。 Web予約がおすすめ!格安だから 新幹線パックは3日前までWeb予約可能。 もちろん、日本旅行の店舗や代理店でも予約できますが、 Web予約がおすすめです。 なぜなら、 Web予約の方がプランが豊富で格安だからです。 特に「オンライン限定」と書かれたプランは店舗のチラシで掲載されているプランより安いです。 21日前だとさらに格安 さらに、21日前までに予約すると割引が効きます。 大抵は、 一人1泊500円程度の割引になります。 たったの500円かもしれませんが、二人で2泊の旅程なら合計2,000円の割引です。 先の予定が立てられる人は、21日前予約がおすすめです。 駅近で32㎡の広々ツイン!「ちょっといいホテル」でも格安 今回予約したホテルは、こんな感じ。 ホテルマイステイズプレミア金沢というところです。 特に宣伝する訳ではありませんが、普通にいいホテルでした。 一般的なビジネスホテルですけど、金沢駅から徒歩5分で便利。 このホテルは全室、部屋が広かった(32㎡以上)のが魅力でした。 おかげでゆったり過ごせました。 ここに2泊して、新幹線往復チケットまでついて32,800円ですからコスパ最高と言わざるをえませんね。 日本旅行の新幹線パックで用意されている宿泊施設は豊富なので、自分の条件にあったホテルを自由に選ぶことができます。 格安から高級ホテルまで幅広いです。 新幹線パックの使い方、予約・購入方法 新幹線パック予約・購入の流れと実際の手順を解説します。 新幹線パック購入ステップ 新幹線パックの予約方法は簡単です。 以下の流れになります。 日本旅行公式ページにアクセスし予約• 目的地、日程、ホテル、新幹線などを選択• 新幹線の便を指定• 予約・購入完了するとチケットが送付されてくる• 当日、チケットをもって改札へ 新幹線パックはツアー旅行商品ですが、特に集合、解散などの団体行動はありません。 予約・購入手順 Webサイトからの予約が不慣れな人のために、実際の画面を見ながら詳しく解説していきましょう。 以下から、東京ー金沢の新幹線パック特設ページに移動します。 「安い順」にすると格安ホテルが一番上に出てきます。 ここに表示されている価格が、 新幹線往復+宿泊セットの料金です。 ホテルだけの料金ではないですよ。 格安から高級ホテルまでグレードはもちろん、「朝食付き/素泊まり」などのプラン選択もここでできます。 私が選んだのは27,000円のホテル。 2泊なので32,800円になりました。 宿泊数も自由に選べます。 新幹線パックは最低1泊だけ指定すればよいので、友達の家に泊まる予定等があるなら1泊5日などのプランも可能です。 実際、私は今回2泊5日でした。 ただし、このサイトには宿の口コミは掲載されていないので、評判を知りたいひとは、「じゃらん」や「トリップアドバイザー」をチェックすることをおすすめします。 この時点では、あくまで「希望」です。 希望した便に空席があって座席が確定すれば、改めて連絡(メール)がきます。 選んだプランと乗車区間によっては、新幹線の種類によって料金が異なることもあります。 新幹線の便指定は基本、第1、2希望まで入力必須。 最大第5希望まで指定可能です。 第2希望がない場合でも「希望しない」を選択しないと次の画面に進めないので気をつけてください。 繰り返しになりますが、あくまでこの時点では「希望」です。 予約手続きが終わっても座席は確定していませんので、メール連絡を待ってください。 空席がない場合は予約がキャンセルになります。 基本的に新幹線パックはホテル1室を2名で宿泊することを想定していますので、1名で利用する場合は2,000〜3,000円割高になるケースが多いです。 最後に旅程を確認してよければ確定です。 このあと、支払い情報を入力すれば予約完了です。 まず、予約完了のメールがきます。 そして、新幹線の座席が取れれば確定のメールがきます。 その後、出発の1週間前までにチケットが郵送されてきます。 もし新幹線の座席が取れないなどの場合は、カスタマーセンターから電話またはメールで連絡がきます。 新幹線チケットも事前に送付されてきていますので、当日は新幹線に乗車するだけです。 ただし、通常のチケットと違って、 列車に乗り遅れた場合は後続列車へのご乗車は自由席を含めて一切できませんので注意してください。 東京ー金沢の格安北陸旅行を写真で紹介 後日更新します。 例えば日帰り、実家で泊まる、友達の家に泊めてもらうなどでホテル予約が必要ない場合は、新幹線の往復チケットだけでいいですね。 最安は「スーパーモバトク」 純粋に新幹線のみの料金だけを考えれば 「スーパーモバトク」です。 ご覧の通り、割引率が高いのはモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」です。 「WEB早特」「トクだ値10」「e早特」がそれに続きます。 ただ、新幹線チケット単体購入で大幅な割引を得るのは難しいというのが正直なところです。 「新幹線パック」の割引率が圧倒的なので、宿が不要の場合でもこちらを検討しても良いかもしれません。 Web予約・料金.

次の

往復割引がない!新幹線【東京‐金沢】の格安な往復方法は?|新幹線格安ガイド

東京 金沢 新幹線

JR西日本は、「新幹線eチケットサービス」で北陸新幹線が最大半額のお得なきっぷを発売する。 乗車日の21日前まで購入できる「eチケット早特21」は、新幹線eチケットの通常額から50%引き。 設定区間と価格は、東京〜金沢駅間が7,090円、大宮〜金沢駅間と東京〜新高岡駅間が6,810円、東京〜富山駅間が6,380円、大宮〜新高岡駅間が6,270円、大宮〜富山駅間が6,160円など。 利用期間は8月20日から9月30日まで。 乗車日1ヶ月前の午前10時から21日前の午後11時30分まで発売する。 また、乗車日の14日前まで購入できる「eチケット早特14」は、新幹線eチケットの通常額から30%引き。 設定区間と価格は、東京〜金沢駅間が9,920円、大宮〜金沢駅間が9,540円、東京〜富山駅間が8,930円、大宮〜富山駅間が8,620円、長野〜金沢駅間が6,230円、長野〜富山駅間が4,920円など。 利用期間は8月20日から2021年3月31日まで。 乗車日1ヶ月前の午前10時から14日前の午後11時30分まで発売する。 いずれのきっぷも、この他の区間やこども価格の設定もある。 外部サイト.

次の