げーむだらだら。 中村倫也:休日はインドア派 ネットやゲーム だらだら寝落ちも

中村倫也:休日はインドア派 ネットやゲーム だらだら寝落ちも

げーむだらだら

中国で日本人が死刑執行されたということがニュースに出てたね。 まぁ色々とあるんだろうけど、犯罪が薬物がらみだから仕方ないかなあという気がする。 別に中国じゃなくても、東南アジアの国にも薬・即・死な国はあるからなあ。 むしろ、日本の警察は中国の捜査当局に薬物を輸入しそうな人をリークしたらどうだろう。 あっちで捜査してもらってあっちで処分してくれれば、手間もはぶけるし薬物輸入も減るし一石二鳥かと。 問題はあっちの連中がちゃんと捜査するかだなあ…犯人側から賄賂貰ってあっさり転びそうw Jサカつくオンライン、第2サイクルの第2シーズン終了。 結果は残留。 まぁ仕方ないよね。 しかし、実際にこのリーグが存在したとしたら、お客さん全然入らないだろうなあ。 なんつーてもつまらん試合が多すぎる。 いや、グラフィックの問題じゃなくてね。 いったい何試合スコアレスドローやれば気が済むんだ、って感じで。 うちのチーム(Div3)の場合、今期は10勝15分9敗だったんだけど、14試合で0-0だった。 うちだけじゃない。 昇格した5チームの総勝利数が72。 なのに引き分けが69もある。 昇格したチームは勝ち数よりも引き分けの方が3つも多い。 3位のチームは15勝11分8敗で失点が9。 つまり「0-1負け8回、1-1分け1回、0-0分け10回」「0-2負け1回、0-1負け7回、0-0分け11回」の2パターンしかありえない。 4位のチームも14勝13分7敗で失点が8だから同じようなもんだ。 そうやってみると、だいだいシーズンの3分の1がスコアレスドローになってる計算になる。 体力がもたないから(80歳すぎなので)」 記者「体力がもたないなら体調不良で辞めるということはないのですか?」 町長「体力はやすめば戻る(笑)」 しかも「(お金を)あげて捕まったんだから自分は被害者」などとぬかす始末。 そりゃ唖然とするしかないよな…。 んで、町民にインタビューしたら積極的に辞めろという人は一人も出てこないという…。 しかもこの人、これで全国の町村会の会長なんだよ…どーなってんだ、地方は。 こんなんじゃいくら橋下が地方自治唱えても賛成のしようがないよ。 さて、今日から3月。 さっそくヤフーのID取りに行ったら、ヤフーの調子が悪いらしく新規アカが取れないとのこと。 どうしたものか…。 いや、ヤフーのID持ってるのは持ってるんだけど、オクで使ったIDだからもし万が一情報が流出したらマズいんだよね。 なので本アカは出来る限り使いたくないんよ。 いや、セガが個人情報流すかもとか言ってるわけじゃないよ、念のため。 初動の情報見たくて某掲示板に行ってみたら、F5攻撃受けて鯖落ちしてるらしい。 春が近いからなのか、色々ととっちらかってる人達が多いんだねえ。 うーん、なんか流れが悪いなあ…。 大学の試合は結果しか追ってなかったからどっちが勝つとか予想せずに見たけど、点がたくさん入って面白い試合だったなあ。 まぁいい試合だったかと言われたら?がつくけど、パワーをスピードで凌駕するというのは見てて爽快感があるよね。 Jサカつくオンラインのクローズドは実質今日で終了。 しかしまさかゲーム内年度が変わるとコストが元に戻るとは予想してなかった…。 NPC戦やってみたら見たことない選手がイエロー食らってたので「ここに来てバグかい」と思ってしまった^^; それでもチーム組み替えてやってみたら、今日の公式戦は7試合無失点。 ここで終わるのが残念だw 150枚近く選手カード持ってたけど、今の仕様だと後1年たったら一斉に消えてしまうんだよね(最初の契約年数は2年)。 これは相当に萎えると思うなあ…。 一応、契約更新が出来るかもってことだけど、もしこの時RMが必要だとすると、だいたい1ヶ月に1度RMを払うことになるわけで。 選手1人当たり100円とすると、11人で1100円。 月額課金とほぼ同義だね。 実際には調子落ちのリザーブ要員が2〜3人は必ずいるので、仮に各ポジションに2. 5人使うとすれば2800円かかるってことか。 スキル合成とかは凝ろうと思えば結構遊べるし。 少なくとも某競馬ゲーム風カードゲームの調教(笑)よりはテクニックの差が出せそうではある。 後は「勝ちの価値」をどれだけ高められるか、だなあ。 まぁアイテム課金のゲームは、何が起こるか予想しづらいけどね。 5競馬伝説、くらいだと思うけど、 競馬伝説よりも1. 5倍儲かるかと言えばねえ…。 今のネトゲはゲーム内容の向上よりもいかに上手く カモを養殖 優良プレイヤーを育てるかに力を置いてる感じだからなあ。 MVPは小笠原かあ…なんというか、ものすごく微妙な感じが…。 まぁ優勝した鹿島から選ぶのは自然だし、チーム力で勝ってきてるチームだから一人を選ぶのが難しいんだろうなあ。 なんか、スーパーボウルで飛び抜けた成績の選手がいなかったとき、とりあえず勝ったチームのQBをMVPにするのと似てる気がする^^; 外国人選手がベストイレブンに入ってないってのも、いいことなのか悪いことなのか…。 それだけ活躍してる外国人呼べてないってことだしねえ。 私的には新潟のマルシオが入ってもいいと思うんだけど、代わりにはずす選手がいないしなあ。 後1週間しかないので、残ってるポイントを全部遣い潰してしまわないとw 一応Div3まで上がってきたけど…やっぱいまいちすっきりしないゲームだなあ。 なんせ体感で70%が選手の調子次第。 その調子が5段階の単調なバイオリズム的変化しかしないので、調子が悪い選手が揃ってしまうとどうしようもない。 しかもその変化が運まかせ、というのがねえ。 たとえば調子に変えて体調にすれば、もっと戦略的な使い方が出来るんだけどなあ。 現状では試合中の選手交代がまったく無意味になってるけど、これも体調にすれば調子悪化を防ぐために速めの交代なんて手も出てくる。 対戦相手次第によってはターンオーバーして回復させるという戦術も使えるし。 なんせ今の状態では選手の配置だけしかテクニカルなことないしなあ。 チーム戦術にしたって、試合ごとに決められないんだからフォメに最適なのを選ぶしかないし。 結果、カードを引くだけのゲームと言う感じで、深みがまったくないんだよなあ…。 競馬伝説、今日の更新でゲーム回りががらっと変わったようで。 とりあえずどんなもんかと某掲示板を見にいったら不満爆発しててワロタ。 社員か信者としか思えない人が数人常駐してるあのスレでさえ、ほぼ満場一致で使いづらいと言われるバージョンアップってどうなんだ…。 私は今日は様子見でオンしないつもりだったけど、どうなったのかすごく見てみたいぞ。 まぁまだ致命的な不具合は見つかってないっぽいから仕方ないかなあ。 NPC戦がリセットされたので当面はやることに困らないという点はいいけど…。 でもこれって正式化されたらどうするんだろうね?現状のシステムではNPC戦がないと、ホントどこぞのカードゲームと同じで「1日10分で出来るゲーム」になっちゃうぞ…。 ふもとから見た景色もまだ緑が多い。 福岡だとまだ紅葉は早いっぽいなあ。 もう12月もすぐそこだというのに…。 ファンサカ第32節、川崎がまさかの敗戦で土曜日から暫定が伸びず。 最初にスタッツ見たときレナチーニョがシュート6本打ってたのでクラクラっとなったけど、公式が空気を読んでくれたのか4本に落ち着いてくれてほっと一安心。 あれ食らうとイエロー2枚分だからなあ…怖すぎる。 現在Div6を3日消化したところ。 STO2でも低Divは攻撃重視しないと話にならなかったけど、JSTOでもそれは変わらないみたい。 まぁ低Divやエキシビションは引き分けじゃ意味ないからなあ。 点を取らなきゃ勝てないというのは当たり前の話だけど。 攻めさせてカウンターというサッカーで一番点が取れるパターンがJSTOだと存在しないっぽい。 弱いチームが専守防衛でワンチャンスに賭ける、ある意味サッカーの醍醐味の一つがないというのはなぁ。 そういう所がなんとなく平板というか、単調な感じがするんだよねえ。 コストが(表向きの)パラと直結してないところはいいんだけど、好きな選手が高コスト低パラだと悲しい物があるよねえ…。 こういう選手に特定スキルを付けると他の選手よりもパラ上昇値が高い、なんてことがあってもいいと思う。 このゲームはどうしてもルーチンワークになりがちなので、レアパターンが多い(なんか変な表現だけど)方がモチベーション維持に役立つんじゃないかなあ。 現状ではやり込み要素が少ない気がするしね…。 ここ数日で急に出てきた大分の財政難問題はJリーグが3. 5億、最大で6億貸し付けることになったそうで。 去年からは考えられない凋落ぶりだなあ…。 昨日だか大分の県知事が「実はこのくらい借金がある、経営陣が隠してる」とか暴露したんだよねえ。 今まで先送りしてきたツケがどんどん出てきてる感じ。 そりゃ竹中不況の影響でスポンサーの獲得が難しいのが一番の問題ではあるんだろうけど、それはどこのスポーツでも一緒だしなあ。 と同時に、かなり大きなメンテナンス延長があるんだろうなあw とりあえず明日はログインしない予定。 様子見ないとねえ…まさかとは思うけど、害虫仕込んでこられたらかなわんし…。 考えてみれば、あの貧弱な外装で3年も続いたんだよねえ。 ゲーム内容だって貧相極まりないのになあ。 世の中不思議なもんだ…。 上手くゲーム内コミュニティを作れることが出来れば、ゲームの内容に関係なくやっていけるもんなんだなあ。 そう考えると、オンラインゲームをヒットさせるには序盤にサクラ(GMとは別に一般PLとして)を雇ってコミュニティを作りあげるのが一番のような気がする。 そうすればそのコミュニティの中から信者も出来てきて、サクラが消えても勝手に回るようになるだろうしね。 もちろん、現実にはそういう「うさんくさい」やり方はされてないはずだけどね…。 ハッピーマンデーとやらが採用されてから、めっきり減った飛び石連休。 明日は休みだけど特に予定もなく…暇だし天気がよかったらドライブにでも行ってくるかな。 昨日はずっと雨で家にいたし、のんびりと郊外を走るのもいいかも^^ 秋天、ちょっと予想外の結果になっちゃったなあ…。 勝ったカンパニーは前走の走りを再現できたってのが勝因だろうけど、今まで良績がなかった東京であんな走りを見せるとはねえ。 しかし、去年は牝馬のワンツー、今年は8歳馬の勝利って、働き盛りの牡馬はなにやってんだ…。 ただ上がり32. 9でも2着にもなれない位置につけたっていうのがどうかって気はするなあ。 少なくとも勝ち馬以外には「完敗」してないと思うんだけどねえ。 これで引退かもってことだけど、なんだか消化不良だよね。 まぁマイルCSに行くには中2週続きになるし、JCは距離が長すぎるしで出るレースに困るってのは分かるけど…個人的希望を言えば香港マイルでもう一度海外に挑戦してほしいなあ。 鞍上は外人さんか、引退レースになるならダービー勝たせた四位で…。 こないだ引退したエアシャムスもそうだけど、期待できそうな馬がいなくなるのは残念すぎる。 マルカラスカルやメルシーエイタイム、キングジョイが出てきてから1年くらい大物が出てない気がする。 エイシンボストンやマヤノスターダム辺りに頑張って貰わないと。 後、新星登場に期待かな。 固定マップで3人プレイ、相手2人をCPUが受け持ってくれる。 私のFirefox環境だと最初は固まる(without tutorialが機能しない)けど、一旦閉じてもう一度起動するとなぜか先に進めるようになった。 さすがにカードの捌き方(CPUはちょくちょくバーストする)や盗賊の置き方(序盤はCPUはあまりプレイヤーに盗賊をつけない)などで、ちょっとヌルい感じはするけど、それは入門用だからこれでいいんじゃないかな。 私自身もほとんど初心者に近いのでかなり楽しめたし、暇つぶしにはもってこいかも。 発売される前はそれなりに競馬伝説の脅威になるかもと思われていた『』が5月一杯で実質終了するそうで。 PS3というそれほど売れてないゲーム機で発売されるもバグ続出・ラグ頻発で、にあわやノミネートされそうになるほどのひどさだったらしい。 これじゃ1年持たずに終了するのも仕方ないのかもなあ。 一説には5、6000枚しかクライアントが売れなかったらしいし。 そもそも、公式サイトを見ればほとんどの人が「こりゃダメだ」と思うはず。 なんせ更新履歴が「2008-9-5 公式サイト開始」の後「11-11 細江純子がプレイ」「12-15 岡部玲子がプレイ」ときて、年明け最初が「2009-3-3 サービス終了のお知らせ」だもんなあ。 ソニーやる気なさすぎw しかし、またも返り討ちかあ…。 いい加減まともなゲーム出てこないもんかねえ。 どう考えても競馬伝説がオンライン競馬ゲームの完成形だとは思えないのに…。 今週は弥生賞とチューリップ賞、オーシャンSがあるね。 いよいよトライアルのシーズンかあ。 春ももうすぐだのう。 弥生賞は現在17頭の登録で全馬出る気らしいので、抽選で1頭漏れる状態。 朝日杯馬セイウンワンダーとラジN杯勝ち馬ロジユニヴァースがここで激突。 他にもシンザン記念勝ち馬アントニオバローズや京成杯勝ち馬アーリーロブスト、東スポ杯勝ち馬ナカヤマフェスタに重賞連続2着のフィフスペトルと豪華すぎるラインナップ。 前哨戦にするにはもったいないメンバーだ…。 さすがに今年はあまり荒れそうにないなあ。 チューリップ賞は20頭の登録でフルゲートになるかどうかは微妙。 阪神JFの勝ち馬ブエナビスタの復帰戦。 今年の3歳牝馬はあまりレベルが高いようには感じられないんだよなあ。 とりあえず気になるのはカウアイレーン…って鞍上がまた武さんか…先週のアイアンルックみたいに騎手人気しそうだなあ。 さすがに1人気はないがw オーシャンSは…確か先週1400の重賞があったような気がするが…。 まぁ一応宮記念のプレップなので注目しなきゃいけないのかなあ…。 例によってアホみたいに登録があって、例によって代わり映えのしないメンバーになりそう。 実際、前走シルクロードS組が10頭出る予定(他に前々走に出走した馬が1頭)で、条件戦ならともかく重賞でこれは楽しくないことこの上ないなあ。 これじゃ別に注目したくなる馬もでないや^^; 去年しばらくプレイしてた「サカつくONLINE」が来週の水曜日にリニューアルされて「サカつくONLINE 2」になるそうで。 最大の目玉(つーかそれしかないっぽい)は基本無料化ということらしいけど…無料プレイヤーは選手はAまで、クラブリセット不可、トレード不可…。 競馬伝説で言うなら「レベル5への昇格条件がオープン勝利」くらいのハンデ。 それでも競馬伝説はクリアできるかも…という望みがあるけど、サカつくの場合はそれすらない。 これじゃレベルがカンストしたRPGと同じ。 ようするに「基本無料」は名ばかりで、ちょっと長い「お試し期間」と言うべきだと思う。 基本的にこのゲームは飽きやすい。 同じことの繰り返しが多く、また試合シーンは単調ではないが、それでも十数試合も見ればお腹一杯になる程度の物。 私の場合は3ヶ月目くらいから使う使わないにかかわらずトレードで選手を獲るのが唯一の楽しみと言ってもいい状態だった。 リセットはともかくトレードが出来ないのはゲームを楽しむという点では致命的。 その楽しさを味わうには課金しろということなんだろうが、ゲーム自体の単調さを体験した人が課金してまで手を出すかといえばかなり疑問かな。 この辺りのさじ加減はジークレの方が一枚も二枚も上だと思う。 もちろん、ゲームの種類が違うので一概には言えないけどね。 DOCOの時も迷走したあげくにいきなりブッチしたセガ…ここはホントにオンラインゲームの運営が下手だよなあ。 フェブラリーSはカジノドライブがぎりぎり出走できそう。 しかし収得賞金が4620万でも出走できるか微妙って結構ハイレベルだよねえ。 どこぞの牝馬限定G1とは大違いだな^^; カネヒキリ、ヴァーミリアンの2強にバンブーエール、フェラーリピサ、サクセスブロッケン、カジノドライブ、エスポワールシチー…狙えそうな馬が多すぎて困ってしまう…。 とりあえず2強の一騎打ちにはならないんじゃないかなと思ってたり。 じゃあどっちが負けるんだ?と聞かれると、( ̄〜 ̄;)ウーン・・・となっちゃうんだけどね。 京都記念は一応サクラメガワンダーとアドマイヤオーラの対決かな。 そこにカワカミプリンセスがどう絡むか。 他はあまり食指が動かないなあ…ただ主力に安定感があるわけじゃないので、とんでもない馬が突っ込んでくるかもね。 クイーンCは…これ、先週やった方がよかったような気がするんだけどねえ。 G1開催週にやるより地味すぎた先週やった方が売上げ的にもよかったんじゃないかなあ。 注目は前走G1を2着したダノンベルベールだろうね。 メンバーも手頃だし、この馬の走り次第で阪神JFのレベルも測れそう。 そう言う意味では注目のレースかも。

次の

秋アニメ「干物妹!うまるちゃんR」、BD&DVD第1巻が12月13日に発売決定! ミニPCゲーム「だらだらクエスト」や SPイベントの優先販売申込み券が封入

げーむだらだら

プレイヤー :けい & 友人 クリアタイム :9時間30分 今回はファミコンのゲーム。 「カイの冒険」を攻略してみました。 私と友人は二人ともほぼ初プレイです。 まず内容ですが、自分的にはアクションゲームの中でも結構 面白い方だと思いました。 操作は単純でAボタンでジャンプ。 Bボタンでダッシュのみなのですが、ジャンプの仕方が面白い。 斬新です。 一般のアウションゲームだとジャンプをしたらある一定の高さまでジャンプするのですが、このゲームはAボタンを押している限りジャンプをし続けます。 また、Aボタンを離すと降下し始め、地に足がつくまでジャンプはできません。 この操作が面白いんです。 やってみればわかります。 次に難易度ですが、わりと簡単な方だと思いました。 "詰まる"といった感覚に包まれることはほとんどなく、終始楽しんでプレイできる位の難易度だと思いましたね。 前にクリアした「高橋名人の冒険島」なんかはゲーム自体は面白いのですが、あまりの難易度の高さに次第に退屈になるものです そのあたりを考慮して、難易度は大体5段階で3ほどでしょうか。 アクションデームが苦手な方でもクリア出来るとは思いました。 まあ、そんな感じで終わりにします。 ではでは。

次の

中村倫也:休日はインドア派 ネットやゲーム だらだら寝落ちも

げーむだらだら

ソニーは、年末商戦期に投入する次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の生産数を倍増し、年末までに1000万台とすることを決めた。 新型コロナウイルス拡大に伴う需要増が理由。 複数の関係者が明らかにした。 関係者によれば、ソニーはゲーム機の組み立て業者や部品を供給する複数のサプライヤーに意向を伝えた。 ただ年末商戦のゲーム機の販売には、物流が障害となる可能性もある。 情報が公になっていていないため、関係者は匿名で取材に応じた。 ブルームバーグは4月、ソニーの2021年3月末までの生産見通しを500万から600万台と報じていた。 生産上積みは日本経済新聞電子版が先に報道した。 ソニーの広報担当者からの回答は得られていない。 タグ : 発売間もない、もうすぐ発売、新作ゲームクロスレビュー 40点満点タイトルキターー!!! ファミ通最新号より ゴーストオブツシマ 10101010 ツシマがひさびさ(デスストランディング以来?)の満点 ・ハイレベルな完成度 ・リッチなグラフィックの和の世界に感動 ・難しすぎないアクションも絶妙な出来 ・感情移入できる主人公や登場人物の生きざまに感動 ・アニミズム的表現に心が揺さぶられる ・探索、戦闘ともにスムーズでゲームプレイが見事 ・一大エンターテインメント ・大小さまざまなイベントにいちいち痺れる。 ・テンポやナビには古めかしさが ・間口の広いバランスでいてプレイヤーに武士の矜持を意識させる描き方が絶妙 ・女性キャラに美形が少ない ・対馬を守るために立ち上がる価値がある ・幅の広い表現の可能性にあらためて驚いた ・目的地への誘導がしゃれていて没入感が削がれない ・この世界にずっとい続けたい タグ : Noisy Pixel 80 ロード時間やアシストポップインの点で、まだいくつかのクオリティーオブライフの作業が必要ですが、前作のSAOゲームのファンとしては、この作品は私を吹き飛ばしてくれました。 SpazioGames 70 ソードアート・オンライン。 アリシゼーション・リコリス』は特に印象に残る作品ではありませんが、SAOファンなら誰でも楽しめるアクションJRPGでもあります。 Gamers Heroes 70 ソードアート・オンライン。 アリシゼーション・リコリス』は、多くの人が好きになるゲームだが、そうでない人も多いだろう。 原作に興味があり、JRPGの世界に情熱を持っている人であれば、熱心なプレイヤーには100時間分のコンテンツがあるだろう。 残念なことに、明らかな技術的な問題があるため、素晴らしいソードアート・オンラインゲームになるはずだったのだが、それが妨げになっている。 Attack of the Fanboy 50 ソードアート・オンラインが本当に良いゲームだと思われるものを手に入れるために何年も待たされてきましたが、開発者のアクリアにとって4度目の挑戦は魅力的なものではありませんでした。 ソードアート・オンライン:アリシゼーション・リコリス』の可能性を無駄にしてしまったために、おそらく今までで最も残念な試みとなっている。 タグ : スクウェア・エニックスは、プラチナゲームズと開発を進めているPS4、PC(Steam)用ソフト 『バビロンズフォール』(BABYLON'S FALL)について、新情報の発表タイミングを今夏から延期することを発表した。 『バビロンズフォール』は、スクウェア・エニックスとプラチナゲームズが開発する完全新規タイトル。 同じく2019年12月10日に、当初の発売予定だった2019年から発売の延期を発表し(新たな発売時期は未公開)、 合わせて、新情報を2020年夏に公開する予定と発表していた。 タグ :.

次の