ニンジャ 250。 NINJA250(ニンジャ250)の最高速度と馬力はどのくらい?180キロ出るかスペックから計算してみる!

Ninja 250(カワサキ)の中古バイク・新車バイク

ニンジャ 250

今回はNinja400に注目だ。 まるで双子の様な兄弟モデル 250 も一緒に試乗した。 Ninja250は以前に試乗をして、インプレッションもお届け済みだが、改めてそれも一緒に試乗した。 両車は何処をどう見ても瓜二つ。 もちろん良く見れば区別はできるが、パッと見の外観デザインやサイズはほとんど同じ。 決定的な違いは、右側にアップしたマフラーが、Ninja400の方が約65mm長い。 加えて装着タイヤがNinja250はダンロップのアローマックスGT601(バイアス)に対して、Ninja400には同じくダンロップ製だがラジアルのスポーツマックスGPR300を選択。 車体を扱う感触も跨がった時の印象や足着きもほとんど同じだが、タンク内でガソリンが揺れた時の挙動が若干異なって感じられた。 車重は1kg 重いだけだが、400 は少し落ち着きがある雰囲気。 そして走り始めると、両者には明確な違いがあることに驚かされる。 極端な差ではないが乗り心地にはそれぞれのイイ「味」が発揮されていたのだ。 一言で表すならば、当然のごとく「エンジンのパフォーマンスの差」である。 特に5000rpmを超えた当たりから1万rpm超えまでは実に頼りになる太いトルクが存分に楽しめる。 市街地、郊外の峠道、そして高速まで、右手のひと捻りで得られる加速力は十二分に速く、かつ走行中も十分なゆとりがある。 ミッションも専用設計されており、出力特性とのマッチングが良い。 共にショートストロークタイプのエンジンだが、ボア/ストローク比はNinja400 が1. Ninja250 は1. 50と、Ninja250の方がよりショートな設定。 クランクマスやそれぞれに用意された専用ミッションの違いで、異なるキャラクターに仕上がっているのだ。 ズバリNinja400は「逞しい」! またタイヤの違いと若干のディメンションが異なる関係で、操縦性も400 は落ち着きがある。 大差ではないが乗り味としてエンジンのキャラクターにマッチ。 路面の細かな衝撃吸収も良いし粘着質なグリップ性能の高さも感じられ、その走りには良い意味での余裕が感じられるのだ。 峠道はスポーティに走りを楽しみたいし、ロングツーリングにも使いたい。 日本の道路事情を考慮すると実に程良く、全く不足の無いパフォーマンスだ。 ピュアなスポーツバイクを色々なシーンでフルに活用できる。 そんな魅力を覚えたのがNinja400の正直な感想である。 及川ルイ子's Impression/NinJa400 Ninja250と共通の車体を持ち、重量もわずか1kgしか変わらないというNinja 400。 それでもNinja 250とは明らかに異なる落ち着いたハンドリングが印象的。 ワンサイズ大きいラジアルタイヤのおかげで安定感の高い走りが楽しめます。 車体がリニアに反応してくれるので、交差点を曲がるときやちょっとしたカーブでも扱いやすく操作が楽。 小回りが利き、Uターンも得意です。 排気量が大きいのはもちろんですが、エンジンにはトルクがあり、アクセルを少し開けるだけでいつでも交通の流れをリード。 心にも走りにも余裕が生まれるのがうれしいです。 スーパースポーツライクなルックスながら、街乗りも便利にこなしてくれるトータルバランスに優れた1台だと感じました。 初心者からベテランまで、幅広い層のライダーを満足させてくれる間口の広さも魅力です。 近田茂's Impression/NinJa250 250ccとは思えない堂々とした車体にびっくりしましたが、跨ってみると実にスリムでコンパクト。 それに軽いので、見た目のボリュームとは裏腹にとっても扱いやすいニンジャ250です。 クラスレスな存在感はライダーの所有欲を満たしてくれること間違いなし。 でもそれ以上に魅力的なのはなんといってもエンジンでしょう。 全域でしっかりとパワーがある上に、吹け上がりが軽くてスムーズ。 車速をグングン上げながらどこまでも伸びていき、あっという間にピークパワーまで到達します。 まるで4気筒を思わせるような高回転型の仕上がりにドキドキわくわく。 しかもNinja250ならエンジンを使い切る楽しさも味わうことができ、エキサイティングな性能を存分に堪能できます。 軽快なハンドリングと相まって、それはそれはおもしろい! ついつい回したくなってしまうので自制心も養わなければいけませんね 笑.

次の

ニンジャ250/カワサキの新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

ニンジャ 250

シャープなスタイリングにライトウェイト、ハイパフォーマンスを兼ね備えたNinja 250。 質感の高いボディワークや力強いエンジン、軽く扱い易いハンドリング、スポーティ且つ快適なライディングポジションをより高い次元で実現しています。 また、アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなどを標準装備しライダーをサポート。 Ninja 250 KRT EDITION車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うカワキレーシングチームのNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。 よりアグレッシブな雰囲気を演出しています。 Ninja 250の奥深い魅力は、多様なシーンで幅広いライダーにモーターサイクルの楽しさを提供します。 Ninja 250・Ninja 250 KRT EDITION 車名(通称名) Ninja 250 Ninja 250 KRT EDITION 一次減速比/二次減速比 3. 5m 2速 1. ・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。 ・メーカー希望小売価格は参考価格です。 詳しくはカワサキ正規取扱店(カワサキプラザを含む)までお問合せください。 ・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。 ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。 ・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。 ・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。 ・当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場 Kawasaki Motors Enterprise Thailand Co. ,Ltd. において生産されたものです。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

次の

ニンジャ250/ニンジャ400、乗り比べで判明した400のガチの魅力|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

ニンジャ 250

一方、シャーシについては、このエンジンをストレスメンバーする新設計のトレリスフレームへと進化。 エンジン後部にスイングアームマウンティングプレートを結合し、ここにピボットシャフトを貫通させる構造を採用したことで、大幅な軽量化を達成した。 ABSも標準装備となり、先代のABS仕様との比較で車重はマイナス8kgの166kgへ。 まずは新しくなった水冷並列2気筒エンジンから。 最初に実感するのは軽快な吹け上がりで、ダウンドラフト化された吸気ラインや20%軽くなったフライホイール、サブスロットルバルブの廃止などがレスポンスの向上に貢献しているようだ。 軽快に吹け上がるとはいえ、低回転域での粘り強さは相変わらずで、実質的な常用域である5000〜9000rpmは明らかに力強さが増している。 そして、そこからさらに伸び上がり、レッドゾーンの1万3500rpmまで勢いよく到達する。 スポーティさだけならCBRにまだ分があるが、あらゆるシーンでの扱いやすさという点においてはニンジャに軍配が上がる。 また、バランサーの効果で微振動が少ないのもいい。 ハンドリングは、フレームの全面刷新に加えて正立式フォークの大径化、ディメンションの見直しなど変更点は多岐にわたるが、基本的な特性は先代をそのまま引き継ぐ。 ハンドルへの入力による逆操舵によって倒し込みのきっかけを作ることを得意とし、バンクしてからのライン修正もイージー。 新しいシャーシはしなやかでありながらライダーの入力に対してキビキビと反応し、サーキットを走らせても面白いだろう。

次の