ソフトバンク cm ドラえもん。 「5Gって ドラえもん?」“ソフトバンクのドラえもん”実写化CMがスタート ドラえもん役にはまさかのブルース・ウィリス!

ソフトバンクCMのドラえもん俳優は誰?ハリウッドスターの超有名人?

ソフトバンク cm ドラえもん

ハリウッド俳優のブルース・ウィリスが出演する、ソフトバンク新テレビCM「5Gって ドラえもん?『登場』」篇が、3月27日 金 から全国で放映されることが分かった。 同日よりサービスが始まる「SoftBank 5G」と、「ドラえもん」がコラボレーションした本CMでは、ソフトバンクCMでおなじみの、上戸彩、樋口可南子ら白戸家のメンバーと、ドラえもん役としてブルース・ウィリスが共演。 5Gトークで盛り上がる白戸家のリビングに、ドラえもん ブルース が天井を突き破ってダイナミックに登場する。 撮影現場でブルースは、メーキングのカメラに向かってノリノリでステップを踏んでみせたり、タケコプターを頭のてっぺんに乗せたまま、落ちないようにバランスを取ったりと、おちゃめな行動を連発していたという。 ドラえもんを演じたブルースは「日本の皆さんこんにちは!ブルース・ウィリスです。 5Gがいよいよ日本にやってきます。 新しい技術が私たちに何をもたらしてくれるのか楽しみですね。 私は今『5Gって ドラえもん』というコンセプトの新テレビCMに参加しています。 皆さんに楽しんでいただけることを願っています。 それでは!」とコメントを寄せた。 また、「ドラえもん」にちなんで「ドラえもんのひみつ道具が使えるとしたら?」という質問に、上戸は「『アンキパン』ですね。 せりふを覚えるのに、台本ごと食べたいです 笑 」と、女優ならではの回答が。 また、樋口は「私は『タケコプター』が欲しいです。 頭だけでなく、いろんな所に着けられるから、しまっておけるし」とコメントし、ダンテ・カーヴァーは「ドラえもんのポケットごとほしいです」と、ちょっぴり欲張りな願望を明かした。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

ソフトバンクCMの実写ドラえもんは誰?ハリウッド俳優で声優は?

ソフトバンク cm ドラえもん

新テレビCM「5Gって ドラえもん?「登場」篇」ストーリー いつものようにリビングでくつろぐ白戸家の面々。 5Gについてアヤ(上戸さん)が「できたらいいね、ができちゃうの。 ドラえもんみたいに。 」と話すと、すぐさまお父さんが「ドラえもんなんているわけない」と否定した、その瞬間、「ドカーン!」と言う大きな音とともに、屋根を突き破って、青いパーカーの男が落下。 5Gがいよいよ日本にやってきます。 新しい技術が私たちに何をもたらしてくれるのか楽しみですね。 私は今「5Gって ドラえもん」というコンセプトの新テレビCMに参加しています。 皆さんに楽しんでいただけることを願っています。 遠隔医療や自動運転、空飛ぶタクシーなど、できたらいいなと夢見ていたことや、想像さえもしていなかったことを現実にしてくれる。 そんな5Gをドラえもんのひみつ道具になぞらえて表現する「5Gって ドラえもん?」をコンセプトとする実写化テレビCMを制作。 本番中も声のニュアンス、セリフのスピード、目線など、監督から出された指示に対して、「もう少し顎を引いた方がいいですか?」「ここで左を向くんですね」「こんな感じで大丈夫?」と細かいニュアンスを確認しながら、臨機応変に対応していました。 また、一緒にプレイバック映像をチェック中、監督がOKを出すかどうか迷っていた際には、「もう一回やりますよ」と自らリテイクを提案。 次のテイクで文句なしの一発OKを獲得すると、周りのスタッフから大きな拍手が沸き起こりました。 それを見た一人のスタッフがくすくす笑っていると、さも今気づいたとばかりにポケットからバナナを取り出し、「いつの間にか入っていたんだよ」とおどけてみせる場面がありました。 さらに、屋根から落下して起き上がるシーンでは、横になったまま寝たふりをしてみたり、メイキングのカメラに向かって、ノリノリでステップを踏んでみせたり、タケコプターを頭のてっぺんに乗せたまま、落ちないようにバランスを取ったりなど、おちゃめな行動を連発。 ハリウッドスターの気さくな一面を目の当たりにして、現場の空気もとても和みました。 次の瞬間、テーブルを「バン」と叩いて、これは面白いとばかりに大きな笑い声を上げました。 もちろん飛び上がるアクションは合成ですが、「本番も思いっきり飛んでほしい」というリクエストを受けるとブルースさんはその場で一度ジャンプし、「僕はこれ以上飛べないけど、なるべく高く飛べるように頑張ります!」とコメント。 気合い十分で臨んだタケコプターのカットは必見です。 でも、堺さんて、本当はいくつなのかしら?」と年齢のことを話題にすると、上戸さんも加わり、資料写真や映像を見ながら「顔がシャープになって若くなった気がする!」と盛り上がっていました。 その後、次第に3人の話題はお互いの年齢の話に移り、「そういえば、お兄ちゃんは一体いくつなの?」と尋ねた樋口さんと上戸さん。 ダンテさんが茶目っ気たっぷりに「秘密です(笑)」と答えると、現場はいつもと同様にすっかり和やかな空気に包まれました。 頼もしい英語指導のおかげで、その後の本番はスムーズに進行しました。 それを受けて、「誰、誰!?」と落下した直後は抱き合っておびえていた樋口さんと上戸さんですが、ハリウッドの有名俳優であることが分かった瞬間から、「あの誰だっけ!」「お兄ちゃん、ほら!」などと、だんだん野次馬のようになっていくアドリブのコメントを連発。 あまりにも愉快なお芝居に、監督が「面白い!」とOKを出すと、周りのスタッフも大爆笑していました。 実はつい最近、機種変更したばかりらしく、上戸さんとダンテさんから「ちょっと様子を見て、秋以降とかに、また変えればいいんじゃない?」と優しく慰められる場面がありました。

次の

ソフトバンクCMのドラえもん俳優は誰?ハリウッドスターの超有名人?

ソフトバンク cm ドラえもん

新テレビCMでは、ブルース・ウィリスさんがドラえもん役で登場し、お馴染み「白戸(しらと)家」のメンバーと共演します。 何気ない日常を過ごしていた白戸家に突然やってきたブルースさん扮するドラえもん。 ブルースさんだからこそ表現できるスタイリッシュで新しいドラえもんの姿にご注目ください。 SoftBank 5Gとドラえもんの世界を融合した新テレビCM。 これからどんな物語が始まるのか。 そして注目のドラえもんメンバーとしてだれが登場するのか。 今後の展開に、ぜひご期待ください。 遠隔医療や自動運転、空飛ぶタクシーなど、できたらいいなと夢見ていたことや、想像さえもしていなかったことを現実にしてくれる。 そんな5Gをドラえもんのひみつ道具になぞらえて表現する「5Gって ドラえもん?」をコンセプトとする実写化テレビCMを制作しました。 ドラえもん役には、「ダイハード」「アルマゲドン」など、数々の主演映画で大ヒットを記録したハリウッド俳優のブルース・ウィリスさんを起用。 すでに放映している「スタート」篇では自己紹介だけの出演でしたが、お馴染みの白戸家のメンバー(上戸彩さん、樋口可南子さん、ダンテ・カーヴァーさん、お父さん)と共演する本篇を皮切りに、いよいよドラえもん役として本格参戦します。 一番の見どころは、ついに始まる5G トークで盛り上がる白戸家のリビングに、ドラえもんことブルースさんが登場する場面。 白戸家一同、びっくり仰天したド派手な登場シーンとは果たして…。 これからどんな物語が展開されていくのか、大注目のドラえもん実写化テレビCMにご期待ください。 「5Gって世の中どうなるの?」と言うお母さん(樋口さん)の疑問に、お兄ちゃん(ダンテさん)が「分かりません」と首を傾げます。 そこにアヤ(上戸さん)が「できたらいいね、ができちゃうの。 ドラえもんみたいに」と答えると、すぐさまお父さんが「ドラえもんなんているわけ…」と否定します。 次の瞬間、「ドカーン!」という大きな音とともに、屋根を突き破って人らしき物体が落下。 「誰?」と仰天するアヤの前で、腰を押さえながら立ち上がった青い服の男(ブルースさん)が「ドラえもんだ」と自己紹介します。 どうやら訪ねる場所を間違えたことに気づき、「失礼しましたー」と、その場でタケコプターで飛び去るドラえもん。 「屋根どーすんだ!」と怒り心頭のお父さんのカットに続いて、最後は「5Gって ドラえもん?」というタイトルとナレーションで締めくくります。 本番中も声のニュアンス、セリフのスピード、目線など、監督から出された指示に対して、「もう少し顎を引いた方がいいですか?」「ここで左を向くんですね」「こんな感じで大丈夫?」と細かいニュアンスを確認しながら、臨機応変に対応していました。 また、一緒にプレイバック映像をチェック中、監督がOKを出すかどうか迷っていた際には、「もう一回やりますよ」と自らリテイクを提案。 次のテイクで文句なしの一発OKを獲得すると、周りのスタッフから大きな拍手が沸き起こりました。 それを見た一人のスタッフがくすくす笑っていると、さも今気づいたとばかりにポケットからバナナを取り出し、「いつの間にか入っていたんだよ」とおどけてみせる場面がありました。 さらに、屋根から落下して起き上がるシーンでは、横になったまま寝たふりをしてみたり、メイキングのカメラに向かって、ノリノリでステップを踏んでみせたり、タケコプターを頭のてっぺんに乗せたまま、落ちないようにバランスを取ったりなど、おちゃめな行動を連発。 ハリウッドスターの気さくな一面を目の当たりにして、現場の空気もとても和みました。 次の瞬間、テーブルを「バン」と叩いて、これは面白いとばかりに大きな笑い声を上げました。 もちろん飛び上がるアクションは合成ですが、「本番も思いっきり飛んでほしい」というリクエストを受けるとブルースさんはその場で一度ジャンプし、「僕はこれ以上飛べないけど、なるべく高く飛べるように頑張ります!」とコメント。 気合い十分で臨んだタケコプターのカットは必見です。 でも、堺さんて、本当はいくつなのかしら?」と年齢のことを話題にすると、上戸さんも加わり、資料写真や映像を見ながら「顔がシャープになって若くなった気がする!」と盛り上がっていました。 その後、次第に3人の話題はお互いの年齢の話に移り、「そういえば、お兄ちゃんは一体いくつなの?」と尋ねた樋口さんと上戸さん。 ダンテさんが茶目っ気たっぷりに「秘密です(笑)」と答えると、現場はいつもと同様にすっかり和やかな空気に包まれました。 頼もしい英語指導のおかげで、その後の本番はスムーズに進行しました。 それを受けて、「誰、誰!?」と落下した直後は抱き合っておびえていた樋口さんと上戸さんですが、ハリウッドの有名俳優であることが分かった瞬間から、「あの誰だっけ!」「お兄ちゃん、ほら!」などと、だんだん野次馬のようになっていくアドリブのコメントを連発。 あまりにも愉快なお芝居に、監督が「面白い!」とOKを出すと、周りのスタッフも大爆笑していました。 実はつい最近、機種変更したばかりらしく、上戸さんとダンテさんから「ちょっと様子を見て、秋以降とかに、また変えればいいんじゃない?」と優しく慰められる場面がありました。 5Gがいよいよ日本にやってきます。 新しい技術が私たちに何をもたらしてくれるのか楽しみですね。 私は今「5Gって ドラえもん」というコンセプトの新テレビCMに参加しています。 皆さんに楽しんでいただけることを願っています。 【樋口さん】:ドラえもんがブルース・ウィリスさんですよ。 【ダンテさん】:僕も昔から大ファンです。 【上戸さん】:ドラえもんは永遠ですよね。 世界に通じる、みんなに愛されるキャラクターというか。 【ダンテさん】:映画が面白い。 ドラえもんがかわいい。 【上戸さん】:映画とか、感動して泣いちゃうんですよね。 以前、映画館で見た時も号泣しちゃいました。 新作が出る度に、見に行かないと、という気持ちになります。 セリフを覚えるのに、台本ごと食べたいです(笑)。 【樋口さん】:私は「タケコプター」がほしいです。 頭だけでなく、いろんなところにつけられるから、しまっておけるし。 【ダンテさん】:ドラえもんのポケットごとほしいです。 【上戸さん】:それが一番いいね。 【ダンテさん】:食べ物とか、飲み物とかいっぱい出てくる。 【樋口さん】:タイムスリップもできて、時代も場所も変われるし、ホントに夢のようなアイテムですよね。 【樋口さん】:もう携帯だけの世界じゃなくって、できることがものすごい広がる!…っていう説明をさっき受けました(笑)。 【上戸さん】:期待感が全然違いますよね。 3Gから4Gになった時も一瞬で慣れてしまいましたが、5Gになるとできることがかなり広がりますよね。 私たちでも、便利なことはもっと増えると思うので、5Gにいろいろ助けてほしいです。 【ダンテさん】:何でもできるようになる。 ストリーミングサービスとか、コンテンツのダウンロードスピードとかが全然違う。 早く使いたい…。 【樋口さん】:まだあまり実感が湧かないですけどものすごく便利だということは感じるので、5Gが具体的にどういう存在になるのか、早く知りたいです。

次の