ショパン25-5。 ショパンエチュード(練習曲)全曲解説【動画付き】

ショパンのエチュード全部を難易度順に、できれば全音でいうレベル...

ショパン25-5

アーティスト 辻井伸行 枚数 2枚組み 限定盤 通常 曲数 21曲 曲名 DISK1 1. エチュード ハ長調 Op. 10-1 2. エチュード 嬰ト短調 Op. 25-6 3. ノクターン ロ長調 Op. 62-1 4. ワルツ 第4番 ヘ長調 Op. 34-3「華麗なる円舞曲」 5. 舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60 6. 6つのプレリュード 変ホ長調 Op. 28-19 7. 6つのプレリュード ハ短調 Op. 28-20 8. 6つのプレリュード 変ロ長調 Op. 28-21 9. 6つのプレリュード ト短調 Op. 28-22 10. 6つのプレリュード ヘ長調 Op. 28-23 11. 6つのプレリュード ニ短調 Op. 28-24 12. スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op. 31 DISK2 1. アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op. 22 2. 4つのマズルカ ト短調 Op. 24-1 3. 4つのマズルカ ハ長調 Op. 24-2 4. 4つのマズルカ 変イ長調 Op. 24-3 5. 4つのマズルカ 変ロ短調 Op. 24-4 6. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op. 58 第1楽章 アレグロ・マエストーソ 7. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op. 58 第2楽章 スケルツォ:モルト・ヴィヴァーチェ 8. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op. 58 第3楽章 ラルゴ 9. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op. 58 第4楽章 フィナーレ:プレスト・マ・ノン・タント タイアップ情報 エチュード ハ長調 Op. 10-1 曲のコメント:録音:2005年10月 ワルシャワ・フィルハーモニー・ホール• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

『ショパン』×上野学園大学コラボレーション企画|ショパンのエチュードを弾こう![横山幸雄教授のレッスン映像公開]

ショパン25-5

詳細は「」を参照 第2番 イ短調 [ ] 右手の、より弱い指を鍛える練習。 とは内声を、、、で旋律を奏でる。 ショパンは元々、旋律では中指を伴わず薬指と小指のみで演奏することを意図していた。 しかしこのような奏法は一般に困難であるため、その後中指を伴った奏法に変更された。 この曲は1分30秒に満たない短めの曲であるが、右手の中指・薬指・小指の過剰なまでの酷使のため、練習の際は隣に医者を用意するべしと揶揄されるほどである。 半音階をこの3本の指でほぼすべてを奏で上げるという異色の構成となっており、熟練したピアニストでも相当の訓練を必要とすると言われる。 親指と人差し指によって奏でられる和音は、実はこの曲の主旋律とも解釈できる。 この和音の音が弱まらないように人差し指に神経を集中させつつ 、かつ半音階をミスなく弾きこなすのは至難の業である。 海外では「Chromatic(半音階)」と呼ばれこともある。 第3番 ホ長調『別れの曲』 [ ] 旋律とポリフォニーの練習。 中間部は様々な度数の重音跳躍。 『別れの曲』という通称はショパンを題材にしたに由来し、このように称されるのは日本のみである。 海外での愛称は「Tristesse」であり、「悲しみ(哀しみ)」や「憂鬱」を意味する。 (ただし、このことを以て、ショパンが当初想定したテンポが物理的にずっと速いものだったとは言えない。 )なお、2つ目の自筆譜の末尾には、間を置かず次の第4番の演奏に入るよう指示がある。 詳細は「」を参照 第4番 嬰ハ短調 [ ] 両手とも大変急速、かつ半音、一音の細かい動きとオクターブを超える分散和音の動きが交互に現れる。 海外では「Torrent(激発、迸り)」の愛称で呼ばれることもある。 1曲の中でさまざまな技術を要するが、それほど難曲でもないという意見もある。 他の曲のように特定の動きに特化して指を酷使したりせず、すべての指の動きがバランスよく配置されており、演奏者への局所的な負担が少ない割には極めて激しく情熱的な演奏効果をあげることができるとも言える。 音楽的表現の練習も含まれていることを忘れてはならない。 第5番 変ト長調 『黒鍵』 [ ] 変ト長調で作曲されたこの曲は、右手による主旋律の全てが(第66小節の2拍目のヘ音を除いて)黒鍵によって演奏されることからこの通称がつけられている。 後年になって付けられた通称であるが、ショパン自身もこのことは意識して作曲しているという。 華やかな曲で演奏機会も多いが、ショパン自身はあまり高く評価していなかったようで、がこの曲を演奏したことについて、「黒鍵のために書かれたということを意識して聴かないとあまり面白くないこのような曲を、なぜわざわざ選んだのか」という意味のコメントを残している。 (1839年4月25日のへの手紙 ) 作曲では、この曲の主題を編曲したものが最も多く、反行形や白鍵形など7つの応用形が提示されている。 第6番 変ホ短調 [ ] 第3番同様。 ただしこちらは内声部の細かい(的)動きを担当するのは、大部分が左手である。 第7番 ハ長調 [ ] 右手重音の練習。 旋律が右手だけでなく、低音部にもある。 常に軽快さと、レガートの柔軟性が求められる。 海外では「Toccata(トッカータ)」や「雪上の狩り」の愛称で呼ばれることもある。 第8番 ヘ長調 [ ] 軽快な曲。 上声部は旋律の上を駆け巡るパッセージを展開しており、正確な演奏を要求される。 英語圏では「Sunshine(陽光)」と呼ばれることがある。 第9番 ヘ短調 [ ] 左手の一見単純な伴奏型は、柔らかくよく動く手首を要求される。 その上に自然に乗って、右手は始め静かに歌い出し、途中叫び、最後は両手揃って静かにお辞儀をするように幕を閉じる。 第10番 変イ長調 [ ] 跳躍するオクターブの軽快な旋律を様々なフレージングや奏法で弾く。 華やかで演奏効果は高い。 第11番 変ホ長調 [ ] の練習曲で、両手とも間隔の非常に広い和音をの様に連続して、しかも柔らかく弾く。 海外では「アルペッジョ」と呼ばれることもある。 第12番 『革命』 [ ] この曲は、彼が演奏旅行でを離れてパリへ向かう途中、が失敗し、故郷のが陥落したとの報をきいて作曲したものといわれている。 この時期のショパンの精神状態が普通でなかったことは彼の日記からもうかがえる。 左手の急速な動きは間隔の広狭が次々と変化する。 また右手オクターヴ(さらに幾つかの音を追加した和音)の練習。 ちなみに革命というタイトルはが付けたタイトルである。 詳細は「」を参照 第2番 ヘ短調 [ ] アクセントが両手で交錯することで生じる浮揚感。 右手の弱音での細かい動き。 右手で2拍子、左手で3拍子を意識しなくてはいけないのが難しい。 曲集中では技術的には容易なほうに属するが、右手の運指は密集した打鍵をするので別の困難さがある。 後にブラームスが6度の和声をつけて改作している。 英語圏では「Balm(慰め、癒し)」の愛称で呼ばれることもある。 またくるくると飛び回るような印象から「bees(蜂)」と呼ばれることもある。 第3番 ヘ長調 [ ] 内声部のトリルをできるだけ速く、軽く弾かなければいけない。 増4度(減5度)の転調を2度繰り返して元調に戻るというユニークな手法がとられている。 英語圏では「Cartwheel(車輪)」や「horseman 騎手 」の愛称で呼ばれることもある。 第4番 イ短調 [ ] 両手スタッカートの練習。 左手の跳躍を正確に弾きこなすのも困難な課題の一つ。 右手で謎めいた旋律が時にスタッカートで、時にレガートで演奏される。 が、右手は左手のスタッカート伴奏も一部受け持っているのであり、両者を一度に右手でこなすのも困難である。 (これはフランス初版の誤りであるともいう。 ) 第5番 ホ短調 [ ] 鋭い音価の付点リズムの和音と、その短い音の部分が長くなったリズムの差を弾き分ける。 中間部は右手でその継続で充分なめらかになり重音付の分散和音を奏し続ける中で左手は [ ]を弾き、両手で適宜美しい旋律を弾く指を渡し合う。 冒頭の指示標語から、「風」とも呼ばれる。 また英語圏では「Wrong Note」(外した音、まちがった打鍵)と呼ばれることがある。 第6番 嬰ト短調 [ ] 右手の半音階3度重音の急速な連続。 左手は幅広い分散和音の伴奏と低音旋律。 初めは旋律的な美しさがひっそりと秘められているが、途中からそれは中音部において表に出て来て、聞く者の哀愁を誘う。 ピアノ曲の中でも最高の難曲の1つである。 英語圏では「Thirds」あるいは「Double Third」(3度重音)と呼ばれることもある。 第7番『恋の二重唱』 嬰ハ短調 [ ] 旋律は、はじめカノンのように低声を高声が追いかけて始まるが、すぐに別々の動きを示し、時に反発し、時に寄り添いしながら続いてゆく。 その掛け合いは、あたかもオペラの二重唱を見ているかのようである。 海外では「チェロ」と呼ばれることがある。 静かに始まった曲が中間部で情熱的な盛り上がりを見せ、後半は沈黙していくように静かに切なく消えていく。 ノクターン形式としても見ることが出来る。 第8番 変ニ長調 [ ] 三部形式。 右手は終始6度重音の連続。 左手は6度を中心に様々な間隔の重音と、離れたバスを組み合わせての伴奏。 英語圏では「The Sixths(6度)」と呼ばれることがある。 は、この曲は第6番と並んでピアニストに必須の曲であるとし、指の柔軟のため、また演奏会の前の準備として、6回通して弾くことを勧めている。 第9番『蝶々』変ト長調 [ ] 練習曲集で最も短い曲の一つ。 聞いた印象はかわいらしいが、特に右手が3度重音とオクターブの軽やかな連鎖を弾きこなすのは、大変な修練を要する。 第10番 ロ短調 [ ] 両手オクターブで強打する主部と、右手オクターブの美しい旋律プラス左手は様々な度数の重音による伴奏という中間部の対比が劇的である。 「オクターブ」と呼ばれることがある。 第11番 イ短調 『木枯らし』 [ ] 右手の急速な分散和音は、和音構成音と半音下降を巧みに組み合わせてあり、聞く者に異様な印象を与えることに成功している。 4小節のの前奏のあと、アレグロ・コン・ブリオとなり4小節にまたがる16分音符の6連符による分散和音が続く。 途中、左手にも分散和音やアルペッジョが登場する。 Martha Goldstein piano これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 作曲年代:• 出版: 作曲家との編纂した教則本「諸メトードのメトード(Methode des methodes)」の中に含まれており、作品番号はない。 CDや楽譜などでは、2番と3番が入れ替わっていることもある。 (これは、フランス初版の際の乱丁が原因だという。 ) 第1番 ヘ短調 [ ] リズムの練習。 右手は4分音符の三連符、左手は8分音符8個。 曲調としてはop. 25の第2番 ヘ短調と似ているがさらに陰鬱で左手声部の広い音域が特徴的である。 第2番 変イ長調 [ ] 右手で3連符、左手で2連符のリズムが終始続く。 一見単調そうだが、絶妙な和声進行で書かれている。 第3番 変ニ長調 [ ] 片手でレガートとスタッカートを同時に引き分ける。 ワルツのように軽快な曲。 を思わせる感じである。 脚注 [ ]• 新編 世界大音楽全集 ショパン ピアノ曲集 I、音楽之友社、1989• Jan Ekier、Chopin 2 ETIUDY、National Edition Series A. Volume II、Polskie Wydawnictwo Muzyczne、2000(この版の解説では、ショパンによる速度記号の変更は単に表記の変更であって、楽想そのものが変わったわけではないと見なしているようである。 ショパン、2007年7月号、株式会社ショパン、2007、横山幸雄による誌上レッスン• アーサー・ヘドレイ、小松 雄一郎、ショパンの手紙、白水社、2003• Jan Ekier、Chopin 2 ETIUDY、National Edition Series A. Volume II、Polskie Wydawnictwo Muzyczne、2000• 、Sibley Music Library Digital Scores Collectionへのリンク• で、電子化された初版譜を閲覧でき、第2番と第3番の2ページ目のページ番号が逆転しているのが分かる。 後にこれを訂正する際、2ページ目でなく1ページ目が入れ替えられたため、その後順番の逆転した楽譜が出回ることになったという。 (Jan Ekier、Chopin 2 ETIUDY、National Edition Series A. Volume II、Polskie Wydawnictwo Muzyczne、2000) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。

次の

難易度最上級!ショパン『エチュードop.25』全曲の弾き方と難易度順!

ショパン25-5

ショパンの主要曲の難易度表です。 この表は類似レベルを調べるときに使ってください。 あらかじめ難易度を知りたい曲があればサブメニューより曲のジャンルをクリックしてください。 表は下に行くほど簡単になっています。 表の横は曲の表現的難易度を表しています。 表現に重きを置いている曲は表の右側に寄っています。 テクニック重視の曲は左側です。 曲のポイント 曲の簡単な解説と難易度についてまとめました。 難易度を知りたい曲がある場合は此方の表を見た方がはやいです。 エチュード op. 指定された速さでレガートに弾くにはかなりの技術がいります。 テクニックだけではなく美しくおおらかに弾きたい曲。 右手は半音階と同時に和音を弾くため指の独立が要求されます。 技巧的にはそれほど難しくはなく挑戦したくなる曲。 しかしこの曲の目的は情緒表現を養う所にあリます。 人に聴かせられる演奏に仕上げるのは非常に困難。 指の脱力が出来ていないと難しい。 黒鍵だけ弾くのも難しいのですがメロディーは左手にあるので右手は軽やかに弾きたい。 全体的に難しい所はないので慣れるとすぐに弾けると思います。 伴奏は常にレガートに。 重音をレガートに弾くのは難しい。 せわしなく動く上音部とメロディーをかなでる低音部のバランスを考えよう。 同じ音型の左手ですが跳躍しているので結構弾きにくい。 右手の小指が強くなります。 音程が広いので結構大変。 綺麗に旋律をうたわせる練習にもなります。 見るからに左手の練習です。 祖国の首都ワルシャワがロシア軍に占領されたのをパリへ行く途中に知り、悲しみのあまり書いた曲です。 技巧ばかりにとらわれず曲が書かれた背景を知り演奏することも大切です。 両手の16分音符がうるさくならないように気をつけましょう。 滑らかに粒をそろえて演奏しましょう。 リズムになれれば難しくはない曲です。 同じリズムの繰り返しなので単調にならないように。 右手のメロディをはっきり弾くようにしましょう。 最初はリズミックに中間部分はレガートに弾きましょう。 三度の進行は私的にはすごく難しい。 エチュードの中で最も難しい曲の1つ。 二重奏の練習という感じです。 柔軟な指、腕が要求されます。 力の移動を上手く利用して軽快に弾くといいです。 テンポが速くレガートを要求するこの曲を仕上げるのは非常に困難。 一般的にショパンのエチュードの中で一番難しい曲だと思います。 メロディーを上手くうたい、伴奏はうるさくならないようにレガートに弾きましょう。 この曲と下記の2曲は「3つの新しい練習曲」といわれています。 難しいという印象のショパンのエチュードですがこの3曲は難しくないので、この曲から取り掛かるといいかも。 バラード 第1番 op. バラードを4曲順に練習するなら3,1,2,4番の順に取り掛かるといいかも。 第2番 op. 静かさと激しさの両方を持った曲。 第3番 op. バラードの語源はラテン語の「ballare」(踊る)。 中世では吟遊詩人たちが3拍子や6拍子のリズムで踊り恋愛詩を歌ったとされています。 ショパンのバラードも6拍子ですよね。 「バラード」の形式はショパンが確立しました。 ショパンのバラードは4曲しかありませんがどれも傑作です。 この3番は優雅で華麗です。 第4番 op. 楽曲の構成は複雑なので十分なアナリーゼが必要。 ソナタ形式であったり変奏曲形式であったり、さまざまな要素があります。 スケルツォ 第1番 op. ショパンはその「スケルツォ」にさらに高度な内容を加えました。 上で挙げた「バラード」よりは若干弾き易い。 第2番 op. 冒頭部分は「問いかけと応答」だといわれています。 第3番 op. ショパンは手があまり大きくはありませんでした。 この曲は弟子のグットマンに献呈されていますが彼は手が大きかったそう。 第4番 op. コラールや速い音階、転調など様々な要素をしっかり意識して纏め上げるのは結構難しい。 ノクターン 第1番 op. 第2番 op. 第3番 op. 第6番 op. 第10番 op. ノクターンの中では一番簡単なので初心者にお勧め。 第16番 op. 即興曲 第1番 op. 明るく軽快な曲。 第2番 op. 第3番 op. 幻想即興曲 op. ポロネーズ 第1番 op. 第2番 op. 第7番「幻想」op. 24の前奏曲 第1番〜第24番 op. 曲は短いものから長いもの、簡単な曲から難しいものもあり多種多様。 ハ長調、イ短調、ト長調、ホ短調と五度循環で全調24曲が並べられています。 有名な曲は第15番の「雨だれ」。 初級レベルの人が簡単だと思って手を出すと聴くに堪えない演奏になりそう。 ある程度力が付いてきたら挑戦するか、初級のうちに挑戦して円熟したころにまた挑戦すると味わいのある演奏になると思います。 ショパンの生前には8曲しか出版されていません。 のちに作品番号が付けられたものもありますが、作品番号をつけられていないものにはブラウンによる整理番号(BI、Brown-Index)で呼ばれます。 有名なものだけ紹介します。 子犬がくるくるとじゃれまわる様子を表現した曲です。 ワルツの中で簡単な曲の一つ。 次からは出版社によって順番が違うので、BIと調で判断してください。 ただマズルカのリズムは日本人には馴染が無く表現が難しいジャンルでもあります。 ポロネーズやワルツなど舞踏曲は実際に踊ってみるのが一番だと言われますが…。 ショパンが18歳のときの作品。 あらゆるソナタの中での最高傑作の一つ。 その他 その他としてよく演奏される有名な曲を挙げてみました。 タランテラ op.

次の