人事 部 仕事 内容。 「人事」の仕事内容〈その1〉-採用業務編

人事部の仕事内容5つ

人事 部 仕事 内容

人事業務はこんなに多岐にわたる!• 人事評価制度の管理・見直し• 異動・配置• 給与(基準)• 人事考課• 人事規則規程の作成・管理・見直し• 教育 など。 ただし、中小企業においては、人事部ではなく総務部の中に人事が併設されている会社が散見されます。 人事は会社の根幹をなすとても重大な仕事であり、人事部として独立させることを私はオススメしています。 人事部とは? 人事部とは一見、人材の「管理」と「処遇」を決めるとろこととらえられることが多いです。 しかし、現実は、人事部では、採用や新人育成(教育)のプランを考えたりするなど、従業員のモチベーションや会社の将来に影響を及ぼす重要な仕事がたくさんあります。 このように、 人材・組織など中核を担い、「社長」と「社員」の間を取り持つ仕事ともいえるでしょう。 人事業務の具体的内容とは? では、冒頭に説明した業務について細かく見ていきましょう。 1)人事制度の策定・立案・運用 社員のモチベーションあげたり、目指す像を共有するためにも「人事制度」を策定する過程もとても重要になってきます。 特に、人事制度は「等級制度」「人事評価制度」「賃金制度」の3つから成り立っています。 この「等級制度」は会社が求めている人材像になります。 採用の際には、求職者を評価する目安になり、人事育成の際には、社員にとって目指すべき目標になります。 すべての人事制度を作成・運用する場合は、公平性と透明性に気を付け、これにより、運用される側の理解も必要となってきます。 2)採用 人材の確保を計画、行う業務です。 会社全体として、経営計画に合わせ、人員計画や、採用計画を考えて、それに基づいて、採用を実施します。 正社員の採用だけでなく、非正規社員の採用も担当します。 また、新卒者・転職者向けに、採用活動を行います。 合同説明会などに出向くこともあります。 どの対象者にどのツールやエージェントを使って採用をするかも重要になってきます。 3)育成・教育 人事制度に沿って、人材の育成のカリキュラムの内容の検討、企画、計画、運用をします。 外部講師にどこまでお願いするか、社内研修にするか、など検討します。 中小企業によっては、人事部のない企業によっては部署に任せている例もありますが、人事部単位で計画的にすることをおススメします。 4)人事異動・配置 経営計画などに沿って、社員の異動・配置を決定していきます。 育成にもかかわっていますが、この社員はいままでどのような仕事をしてきたのか、この能力を伸ばしたほうがいいのではないかなど、考慮していきます。 また、社員のモチベーションや部署の活性化を行う上でも、定期的な人事異動を行う会社も多い傾向にあります。 5)労務管理 労務管理については、内容によっては、人事部の業務を任せている企業と総務部の業務を任せている企業に分かれますので、少しふれておきます。 労務管理は人事業務全般と少し違い、社員が安全に働ける環境を整える仕事です。 労働時間管理、給与管理、福利厚生、社員の安全衛生管理(健康管理やストレスチェック)、セクハラ・パワハラなどの問題の防止、対応退職の手続きや労働組合などとの折衝など幅広い内容になっています。 例えば、ライフワークバランスが今多くの企業が取り組んでいますが、では、自社ではどう取り組むのか。 「金曜日は早帰りにする」など、企画・立案・運用もしていく必要もあります。 この労務管理全般は、部署に任すと不透明になりがちのため、全社通して、判断できる部署である総務部や人事部が対応する必要があります。 また、事務的な要素のある業務(給与管理やセクハラ・パワハラなど)になります。 法律や会計の知識も必要になりますので、様々な経験や専門家(弁護士・社労士など)を巻きこんで業務を行う必要があります。 まとめ 人事関連の業務は、会社の将来を担う「ヒト」を支える仕事です。 人事部は通常、直接的に利益を生み出さない部署だと思われています。 しかし、業務一覧でも述べたように、 人事部があることによって、余計なコストを使わなくて済むこともあるということがあります。 人事業務に配属されたり、興味を持っている方はやりがいを感じていただければと思います。

次の

「人事」の仕事内容〈その1〉-採用業務編

人事 部 仕事 内容

人事部の業務内容(役割)とは 「働き方改革」や「ハラスメント問題」、さらには「人手不足」などの社会的背景から、人事部の業務内容(役割)の重要性が年々高まっており、その業務内容も高度化・複雑化しています。 経営目標を達成するために、適切な人員配置や部門構成の立案、人事戦略の策定・実行が主な仕事となります。 労務管理 労務管理とは、給与計算や勤怠管理、社会保険の手続きといった社員の生活や労働に関わる定型業務を指します。 また、雇用契約の手続き(入社や退職などの手続き)や福利厚生の提供など社員の権利や会社の義務を保証する重要な仕事でもあります。 近年では、ITシステムやアウトソーシングの活用によって、委託されることも多く、人事企画や採用関連といた本来注力すべき業務に人員が集中する傾向が強まっています。 採用関連業務 企業の経営計画(事業計画)に応じて、人材の追加や人員補充を行う人事部の主要な業務が採用関連業務です。 企業の次世代を担う若手人材の採用を目的とした新卒採用や、即戦力の優秀な人材の確保を目的とした中途採用の計画立案、実行が主な仕事となります。 採用における面接や書類選考の他に、就職・転職イベントへの参加、自社のWebサイト・SNSでの情報発信など幅広い業務を担当します。 近年ではリファラル採用(社員の紹介を通して、採用選考を行う手法)など離職率低下や採用コストの削減を目指した新たな採用方法も登場しており、幅広い採用業務を行わなければいけません。 また、業界によっては、正社員、契約社員、パート・アルバイトなど雇用形態に分けて、採用活動を行うこともあります。 社員の教育・育成関連 雇用している社員の役割や職務内容に応じて、教育・育成を行う業務となります。 個人情報保護や機密情報管理におけるコンプライアンスの徹底や、管理職向けのハラスメント防止講習、各担当業務におけるスキルアップ講習、新卒採用社員向けの研修の実施や運営、外部講習の調達などが主な仕事内容です。 社内の意識改革やキャリアパスに関する研修の必要性も増えており、企業の将来を左右する重要な業務でもあります。 人事制度・労働環境の整備 社員のモチベーション管理や、社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるような人事制度の立案・改定、労働環境の改善が主な仕事となります。 役割等級制度をはじめとした評価制度の策定や、社内FA制度・社内公募制度などの社員のモチベーション向上や離職率低下につながる制度や仕組みの導入が主な仕事内容となります。 近年では、グローバル人事への対応も増えており、ダイバーシティへの対応や全世界共通評価制度の導入も重要な仕事として認識されています。 人事部に求められる能力(スキル)とは 多種多様な職種が存在する企業において、社員の職種毎に適切な対応が求められる人事部では、高度な能力(スキル)が必要です。 コミュニケーション能力 多種多様な人材からの相談窓口として機能する人事部では、最適なアプローチや応対に必要な高度なコミュニケーション能力が不可欠です。 人事部担当者には、社員のモチベーションに関わる職場環境の不満やトラブルの解決だけでなく、産業医や社会保険労務士といった専門家、さらには経営者とのやりとりも頻繁に行われます。 また、定期的な労務管理やフォローが必要な社員への気遣い、人事評価(処遇決定)の通知といった、きめ細やかな対応も求められる機会も多く、臨機応変に対応できるコミュニケーション能力が必要です。 戦略立案能力 現在、人事部は組織の発展において、重要な部署として認識されており、会社の中長期経営計画の立案では、人事戦略が欠かせなくなっています。 そのため、経営陣が掲げる経営目標を達成する上で必要となる採用計画や社内制度の立案といった戦略立案能力が求められています。 社員の活力を測るKPI(残業時間や離職率、従業員満足度、ROIなど)も追跡しやすくなっており、数値目標と予算を前提とした人事戦略の実施が可能となっています。 そのため、経営陣と現場とのやりとりを繰り返した上で、適切な戦略を提案できる人事担当者は今後も需要が高まるといわれています。 情報収集能力 「ダイバーシティ推進」や「働き方改革」といった、人事を取り巻く環境が劇的に変化する中で、人事部が対応すべき業務は広がりつつあります。 人材獲得競争の激化や働き方の多様化への対応、AIなどの最先端技術を使った事務作業の簡素化など、人事の枠を超えた取り組みなど幅広い分野における情報を収集しなければいけません。 そのため、効率的かつ効果的に5つの人事業務(人事企画、採用、労務管理、人事制度・労働環境の整備、)を進めるためには、最新の情報を収集し、仕事に活かせる能力が求められます。 モチベーション管理能力 人事部の担当者には、多種多様な価値観を有する社員に最大限のパフォーマンスを発見させるためのモチベーション管理能力が欠かせません。 さまざまな悩みを持つ社員としっかり向き合い、相手の考えや思いを受け入れ、想像力を働かせた上でモチベーションを維持、または向上させる必要があります。 人事部は、社員のモチベーションに関わるデータ(多面的な人事評価や社員の経歴や面談記録など)を有しているため、定量的な視点と定性的な視点両方からのアドバイスが求められます。 人事部のやりがいとは 人事部特有のKPIの存在や、年末調整など期限が設けられている業務、社員のモチベーション向上やキャリアパスに関わる定性的な仕事の両方に関われる人事部の仕事は、他の部門では体験できないやりがいを得られます。 人材に関わる特有の達成感が得られる 人事部の重要な仕事のひとつである採用業務では、自分が採用した人材の活躍や成長を直に触れることができます。 また、社員の教育やモチベーション向上の人事・評価制度の策定にも関われ、経営陣や現場の社員からもフィードバックを受けやすいのも特徴的です。 マルチタスクに対応するやりがい 人事の仕事の中には、年末調整(源泉徴収の発行)や給与計算など期限が設けられた業務、入社や退職に関わる手続き(社会保険の加入・引き継ぎ)といった非定型業務も存在します。 中長期的な業務に加え、突発的に発生する業務も適切に処理しないといけないため、マルチタスクをこなすやりがいを感じられます。 また、人事部特有の能力(スキル)や難易度の高い資格(社会保険労務士など)も求められるため、キャリアパスを描きやすい部署といえます。 労務知識が身に付く 人事部では、社員の勤怠管理や給与計算、就業規則の作成といった労務関連の仕事は専門的な知識が必要です。 また、労働基準法を遵守した労務管理が義務とされているため、高度な労務知識を身につけられます。 また、長時間労働の抑制や労務管理上のトラブルへの対応では、社会保険労務士や法務担当者とのやりとりも発生します。 労務知識以外の専門知識も身につけられ、細心の配慮が必要な労務関連業務にも関われるため、緊張感のある仕事に関われます。 企業の重要な人事戦略に関われる 人事の仕事は重要な経営資源である"ヒト"に関わる中長期的な経営戦略を、経営陣とともに関われる機会が多いと言えます。 人事戦略は企業の将来を左右する重要な戦略のひとつであり、成長産業や次世代技術を駆使した新規事業の確立には欠かせない役割を担っています。 まとめ 人事部の仕事は、企業の成長の鍵となる"ヒト"に関わる業務が多く、高度な能力(スキル)に加え、労務や法令に関する専門知識が求められます。 一方で、人材の成長や活躍に直接関われ、経営者とともに中長期的な経営戦略の策定などに携われる魅力的な仕事です。 今後、ダイバーシティ社会が推進されることにより、多様な価値観を持つ人材と接する機会も増え、さらには働き方の多様性が広がりつつあります。 そのため、これまで以上に人事部の役割が大きくなることから、責任感とやりがいを持って、取り組める貴重な仕事といえます。

次の

人事部の役割や仕事内容とは?求められる役割や、人事スタッフに必要なスキルまで

人事 部 仕事 内容

人事の仕事内容や一日の流れ ほとんどの会社にも人事部はあります。 小規模な会社では人事部がないこともありますが、人事の仕事まで無くなっているわけではありません。 では、人事とは一体なにをする部署なのでしょうか?また、人事の一日の流れについてもまとめました。 メインの仕事は人事採用 人事の主な仕事は人事採用です。 新卒や中途採用を行ったり、入社した社員の保険の手続きをしたりします。 また、毎年人事採用をしている会社なら次年度に向けて計画を立てる必要も出てきます。 いくら自分がいい人材だと思っても、会社の方針と違っていたら意味がありません。 なので、会社の方針やどのような人材を取るかなどを議論しながら進めていきます。 事務手続きも行う もちろん人事の仕事はそれだけではありません。 日ごろの事務作業も行っていきます。 例えば、採用した人への連絡や次年度の採用活動に向けて資料作成などを行う必要もあります。 決して、人を採用すればそれで終わりというわけではないのが、人事の仕事です。 中小企業では人事部がないこともある 冒頭でもお伝えした通り、人事部がない職場もあります。 特に、中小企業では人事がないことも少なくありません。 そのような職場では、総務部や経理部の人が人事の仕事を兼任しています。 これに関しては賛同する声と批評する声に分かれています。 人事部が大きくなりすぎると、現場の認識とずれてしまうため無駄に権力を振りかざしてしまうから…という意見もありました。 確かに、人事の認識だけで物事を決めてしまうのはあまりいいことではないでしょう。 しかし、人事がいないということは社内で何か問題が起きた時に相談する場所がないことにも繋がってしまいます。 人事部がない会社は、基本的に問題が起きても自分で解決しなければなりません。 それは、企業の形として間違っているのではないでしょうか。 ある人は、人事が会社の運命を握っているという意見も出しています。 どちらにせよ、人事がしたいのに人事部がない会社は避けるべきでしょう。 人事の一日の流れ そんな人事ですが、基本的にそこまで忙しい部署ではありません。 仕事が立て込んでいない限り、残業をたくさんしなくても帰ることができます。 まずは、始業時間前に出勤をし、そこから人事の仕事を行います。 保険や年金、採用に関する仕事が主です。 昼休憩をとってから午後も仕事を行います。 午前に残った仕事をそのまま行います。 場合によっては、ハローワークなどに出かけて話をすることもありますが、基本的に内勤の作業が多いです。 そして、退社時間になれば帰宅します。 出勤時間も他の部署の人と一緒の9時頃なので、きついと感じることはほぼないでしょう。 人事の年収や給与はどのくらい? 人事として働こうと思っているけれど、具体的な年収や給与を知りたい。 もっと年収の高い人事の職場はないの?と思っている人も少なくないはずです。 では、人事の年収や給与の平均は一体どのくらいなのでしょうか? 人事の平均的な年収や給与は? 人事部の求人情報を見てみると、大体500万円から700万円が一般的で、中には1,000万円以上の年収がもらえる企業もあるようです。 年収をアップさせるためには、とにかく上を目指すこと。 キャリアップさせることによって、年収も跳ね上がります。 仕事を頑張って役職に就くのがベストです。 人事は働きやすいの? でも、給与や年収がよくても待遇が悪いと働きにくいですよね。 では、人事部は働きやすい職場なのでしょうか?• 内部事情を把握しやすい 人事は、会社の中心となる立場です。 新卒や中途入社の採用だけでなく、会社全体の人事の仕事も承っています。 なので、各部署の内部事情は把握しやすいとも言えるでしょう。 ということは、社員の個人情報なども握ることになります。 ある意味上手に立ち回りやすい部署かもしれません。• 会社の重要ポジションでもある そういった点から考えると、人事は会社の重要なポジションであることがわかります。 先ほども述べたように、人事部は会社の運命をつかさどっている部署でもあります。 それは、ただ社員を採用するだけでなく、育成も行わなければいけないからです。 採用して放っておいても、すぐさま成長できるわけではありません。 使える人材に育て上げなければ、すぐに辞められてしまいコストだけがかかってしまいます。 また、社員とコミュニケーションを多く取る必要があります。 コミュニケーションが取れないと、どのような考えをしているのか、どのような悩みを抱えているのか理解することはできません。 社員のモチベーションを上げるためにも、人事が動かなければなりません。 事務作業以外にもすることが多いため、そういった意味では大変な仕事かもしれません。 人事に就職するためやるべきこと では、人事に就職するためには何をすればいいのでしょうか。 そこで、人事に就職するための方法をまとめました。 まずは人事の求人に応募してみる まずは、会社に応募します。 人事になるために必要な資格や学歴などは特にないので、人事に配属してもらえればそれでOKなのです。 ただ、会社によっては先に別の部署を体験させてから人事に異動させることもあります。 いきなり人事の仕事ができるかは運次第でしょう。 ただ、すでに人事として働いたことがある人や未経験でもOKと書かれている場合は話が別です。 それに、中途採用の場合も最初から人事に配属してもらえますので、転職する人も有利でしょう。 今いる部署から人事へ異動願いを出してみる また、今いる部署から人事へ異動願いを出してみるのも一つの方法です。 どうしても人事がやりたいのであれば、イチかバチかで異動願いを出してみましょう。 人事に必要な資格を取得してみる 人事の仕事を行う際に特に必要な資格はありませんが、衛生管理の仕事を行うことがあります。 衛生管理とは、労働者にとって環境を整えるための仕事のことです。 この仕事を行うためには国家資格が必要になります。 50人以上いる企業なら必ず1人は持っておかなければいけない資格なので、アピールするのに持ってこいでしょう。 衛生管理者 快適な職場づくりに欠かせない資格です。 様々な受験資格がありますが、基本的に実務経験がないと資格が取得できません。 人事未経験者が取得するのは少々難しいでしょう。• 社会保険労務士 社会保険労務士とは、年金や社会保険を扱う資格です。 こちらも国家資格なので、取得できると後々の仕事にも生かせます。 人事以外の場所でも生かせますから、今後のことを考えると取得しておいて損はないでしょう。 人事の志望動機 とても大切な仕事の人事ですが、入社するためには面接で志望動機を話さなければなりません。 人事部に入るのなら、採用に関わるようなことをしていたという経験を話せることができればOKです。 また、教育に関することも話せることができるといいでしょう。 上の立場に立ったことがある人有利に志望動機が作れますよ。 人事に向いている人や仕事のやりがい どのような仕事にも適性ややりがいがあるように、人事にもあります。 では、人事の仕事のやりがいとは一体どのようなものでしょうか。 人事に向いている人とは? 人事として配属されたものの、向いていなければ長く続けられませんよね。 人事に向いている人は、以下のような人です。 根気よく物事を教えられる人 人事は人材を採用した後、教育も行わなければなりません。 しかし、自分が当たり前のようにわかっていることも、相手はわかっていないことが多いです。 なので、根気よく教えられる人も人事には向いているでしょう。• 人に興味を持つことができる人 人事の仕事をするためには、なるべく人に興味がある人が望ましいです。 なぜなら、人に興味を持って観察できるほうが会社にとっていい人材を獲得できるからです。 また、学生や転職者とのコミュニケーションを取ることもできますから、人と会話を楽しめる人もふさわしいでしょう。• 秘密を守れる人 人事の仕事をしていると、どうしても社員のプライベートや個人情報を知ってしまいます。 それに、各個人の昇進なども先に知ることになります。 ここで、ほかの人に話してしまうような口の軽い人だと人事の役目は務まりません。 なるべく口が堅い人が向いているでしょう。 人事のやりがいとは? 最後に、人事のやりがいをご紹介します。 この楽しみをあなたも共感できれば、人事にふさわしい人材といえるでしょう。 いい人材を採用して業績が上げること 新卒や中途採用者を採用し、会社の業績をあげることができれば人事としてのやりがいを感じられます。 ここが人事の仕事の難しいとことでもあり、いいと思った人が実は仕事ができなかったり、すぐに辞めてしまったりすることもあるとか。 間接的にではありますが、自分も業績を上げたことになりますから、うれしくなるでしょう。• 人の成長に携われること 入社したばかりは、何もできなくても数年経てば立派に成長してくれることもあります。 自分で採用した人がそうなってくれると、感慨深く感じられるはずです。 この点も、人事でしか味わえないことでしょう。• 常に勉強して自分を成長させられるところ 人事は、学生などに向けてプレゼンテーションを行うことも多いです。 その際、間違ってる情報を教えるわけにはいきませんから、勉強しなおさなければなりません。 人に教えるということを通して自分も成長させることもできるので、自分を高められることにやりがいを感じる人も多いです。 人事として会社と社員を支えていこう 人事という立場は、どの会社にとってもなくてはならない存在です。 一見地味なように思えるかもしれませんが、実はキーポジションでしっかりとした人が就かなければ意味のない場所でもあります。 人事部に入社して、会社と社員を支えていきましょう。

次の