戴 熟語。 感謝を表す四字熟語!家族や友達、お世話になった人に贈る言葉・メッセージ

座右の銘にしたい四字熟語!意味付きで必ず見つかる厳選105!

戴 熟語

中川翔子の本名!免許取得で驚き!令和で免許証変更って? 感謝の四字熟語 感情や行動と四つの漢字を表す四字熟語。 挨拶や祝辞、座右の銘などにも使われることもあれば、日常会話の中で普通に使われるものまで。 四字熟語が使われる場面は実に多岐に渡っています。 これまでにも努力や目標を表す四字熟語を紹介してきましたが、 今回の四字熟語のテーマは感謝です! 数千語とある四字熟語なのですが… 感謝をあらわしたり、意味するものって実は多くありません。 努力や勇気を表す四字熟語やことわざは、 意味が同じでも、人の立場や状況で異なる四字熟語が存在しているのですが… なぜ、感謝を意味する四字熟語が少ないのか…謎です。 今回紹介する感謝を意味する四字熟語の数は46。 まだまだ知らない、隠れた熟語もあると思います。 引き続き調査し、随時更新をしていきますね• 安車蒲輪 (あんしゃほりん) お年寄りをいたわり大切にすること。 安車蒲輪の用例 地域活動は、安車蒲輪の気持ちがなければうまくイかないものだ。 一言芳恩 (いちごんほうおん) ちょっと声をかけてもらったことを忘れずに感謝すること。 一宿一飯 (いっしゅくいっぱん) ちょっとした世話になること。 一晩の宿と一回の食事を恵んでもらった恩という意。 一宿一飯の用例 あのときの一宿一飯の恩は、片時も忘れたことがなかった• 一飯君恩 (いっぱんくんおん) たとえ少しの恩であっても忘れてはいけないと言う戒めのこと。 一飯千金 (いっぱんせんきん) わずかな恩義であっても、厚く恩返しをすること。 倚門之望 (いもんのぼう) 子を思う親の愛情が深いこと。 倚門之望の用例 母の倚門之望には感謝しかない。 飲水思源 (いんすいしげん) 他人から受けた恩や恵みを忘れてはいけないという戒めの語。 烏鳥私情 (うちょうのしじょう) 親孝行をしたいという自分の気持ちを謙遜して言う語。 烏鳥私情の類語 烏鳥之情(うちょうのじょう)• 遠慮会釈 (えんりょえしゃく) 相手に対する優しさや思いやり。 相手の意向を考え、思いやること。 遠慮会釈の用例 彼はメンバーに対して遠慮会釈がない。 温凊定省 (おんせいていせい) 子供が親孝行をすること。 温凊定省の用例 子供からの温凊定省に思わず涙が出そうになった。 凱風寒泉 (がいふうかんせん) 親子の愛情が深いことのたとえ。 凱風寒泉の類語 寒泉之思(かんせんのおもい)• 寛仁大度 (かんじんたいど) 心が広く、慈悲深く度量が大きいこと、 寛仁大度の用例 リーダーたるもの、寛仁大度であるべきだ• 管鮑之交 (かんぽうのまじわり) 仲が良く、互いに信頼し合い、利害を超えた親密な間柄。 管鮑之交の用例 学生時代を共に過ごした彼との管鮑之交は、何年経っても変わらない。 恐悦至極 (きょうえつしごく) 恐れつつしみながら大喜びすること。 恐懼感激 (きょうくかんげき) あまりのありがたさにかしこまって感激すること• 共存共栄 (きょうぞんきょうえい) 敵対することなく、互いに助け合いながら生存し、共に栄えること。 共存共栄の用例 取引先との共存共栄の道を探る。 君恩海壑 (くんおんかいがく) 君主から受けた恩は海や谷のように極めて深いこと。 「海壑」とは海と谷のこと。 齧指痛心 (げっしつうしん) 親孝行の娘が厚いことのたとえ 齧指痛心の類語 噬指棄薪(ぜいしきしん)• 枯魚銜索 (こぎょかんさく) 親が生きているうちに孝行をすべきであることをいう。 枯魚銜索の類語 哀哀父母(あいあいふぼ)、風樹之歎(ふうじゅのたん)• 顧復之恩 (こふくのおん) 親に育てられた恩のこと。 顧復之恩の用例 両親の顧復之恩に感謝し、立派な社会人となるよう頑張っていく• 鼓舞激励 (こぶげきれい) 励まして奮い立たせること。 鼓舞激励の用例 チーム全員が鼓舞激励し合い、難局を乗り切った。 昏定晨省 (こんていしんせい) 親孝行をすること。 昏定晨省の類語 温凊定省(おんせいていせい)、扇枕温衾(せんちんおんきん)• 三枝之礼 (さんしのれい) 親を敬い、孝行心が厚いこと。 三枝之礼の用例 遠く離れた地にいても三枝之礼を忘れてはいけない。 三牲之養 (さんせいのよう) 親にご馳走をして、親孝行をすること。 慈烏反哺 (じうはんぽ) 子が親の恩に報いて、親孝行をすること。 慈烏反哺の類語 三枝之礼(さんしのれい)、反哺之羞(はんぽのしゅう)• 舐犢之愛 (しとくのあい) 親が子供を溺愛すること。 舐犢之愛の用例 舐犢之愛がすぎると子供にとっては悪影響なこともある。 慈母敗子 (じぼはいし) 愛情の中にも厳しさが必要であることのたとえ。 菽水之歓 (しゅくすいのかん) 裕福でなくとも、親に孝行を尽くして喜ばせること。 孺慕之思 (じゅぼのおもい) 幼い子が親を慕うこと。 また、同様の情を他人に対して抱くこと。 寸草春暉 (すんそうしゅんき) 父母の恩愛が偉大であることのたとえ。 寸草春暉の類語 寸草之心(すんそうのこころ)• 全生全帰 (ぜんせいぜんき) 両親から授かった体を一生大切にして傷つけないこと。 全生全帰の類語 全受全帰(ぜんじゅぜんき)• 扇枕温衾 (せんちんおんきん) 親孝行のたとえ。 扇枕温衾の類語 昏定晨省(こんてしんせい)、冬温夏凊(とうおんかせい)• 糟糠之妻 (そうこうのつま) お金もなく貧しいときから苦労をしてきた妻。 糟糠之妻の用例 糟糠之妻の存在なくして今の成功は成し得なかった。 相互扶助 (そうごふじょ) 互いに助け合うこと。 相互扶助の用例 全ての問題を解決するためには相互扶助が必要不可欠だ。 草廬三顧 (そうろさんこ) 礼儀を尽くして人材を招くこと。 目上の立場の人が目下の人を招く場合人使われる。 草廬三顧の用例 優秀な彼は草廬三顧で迎えられた。 属毛離裏 (ぞくもうりり) 親と子の関係の深いこと。 冬温夏凊 (とうおんかせい) 親孝行することのたとえ。 冬温夏凊の類語 晨昏定省(しんこんていせい)• 白雲孤飛 (はくうんこひ) 旅の途中の空に白い雲を見て、親を思い起こすこと。 伯兪泣杖 (はくゆきゅうじょう) 親が年老いたことに気づき、悲しみ嘆くこと。 斑衣之戯 (はんいのたわむれ) 親に孝養を尽くすことのたとえ。 斑衣之戯の類語 老莱戯綵(ろうらぎさい)• 反哺之孝 (はんぽのこう) 年老いた親に、これまでの恩に報いて孝行を尽くすこと。 反哺之孝の用例 どんなに離れていても反哺之孝を忘れたことはない。 望雲之情 (ぼううんのじょう) 遠くにいる父母を思うこと。 望雲之情の類語 白雲孤飛(はくうんこひ)• 報恩謝徳 (ほうおんしゃとく) 受けた恩に報いて感謝の気持ちを忘れないこと。 報本反始 (ほうほんはんし) 神や祖先の恩に報いること。 神や祖先を尊敬し感謝すること。 報本反始の用例 報本反始の気持ちは常に大事に掲げていることだ。 罔極之恩 (もうきょくのおん) 両親からの恩に報いたいと思っても、報いきれないほど大きな父母の恩のこと。 養志之孝 (ようしのこう) 親の意思を察し、その心を満たそうとする孝行のこと。 以上、 感謝をあらわす四字熟語55選でした。 探していたことにピタっと合うものが見つかっていれば良いのですが… 他にも四字熟語、ことわざや名言も紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

次の

座右の銘にしたい四字熟語!意味付きで必ず見つかる厳選105!

戴 熟語

座右の銘・四字熟語とは? 座右の銘は生きる指針 中国の後漢時代、優れた政治家であり一流の教養を持っていた崔瑗は、兄の仇を討ったことで長い逃亡逃亡生活を余儀なくされます。 その間書いたものが「座右銘」です。 座右の銘はそこからきています。 元来机の右側に貼るものでした。 四字熟語とは最高のアイコン 四字熟語は中国の故事成語が一般的でしたが、今はもっと自由になっています。 自分で組み合わせた漢字というのも珍しくありません。 目標や生き方を現すのに最高のアイコンが四文字熟語なのです。 中国の故事成語に興味のある方は、下記の記事も合わせてごらん下さい。 いずれも情熱を感じさせる言葉です。 ・獅子奮迅:ライオンが猛り立つさまをイメージした言葉。 「あらん限りの力を尽くす働き」という意味。 ・磨穿鉄硯:鉄の硯に穴が開くほど炭をするとは、たゆまない勉強のことです。 強固な意志が必要。 ・奮励努力:目標をかなえるために、自分を奮い立たせ、がむしゃらになること。 ・気骨稜稜:「陵」は鋭利の意味。 あきらめず、鋭利な剣のように障害を斬り倒して道を開く意思。 ・移山造海:山を動かして海を造るという意味で、それほどの勢い、情熱があるということ。 苦労の果てには明るい未来が開けるものを選びました。 継続した努力がやがては大きな力になります。 明るい希望を与えてくれますね。 そんな前途のためには自分にきびしくあるべきです。 ぜひ下記の記事を参考になさってください。 ・読書百遍:わからないところも繰り返し読むことでわかるようになるように、繰り返す努力は必ず実る。 ・磨斧作針:斧を磨いて針を作るように、根気と辛抱でことを成すこと• ・万里一空:遠い場所も1つの空でつながるように、遠い目標でも繰り返す努力の先に展開するという意味。 ・積土成山:ささやかな努力でも継続することで一握りの土が山になるように大きな成果を得る• ・百折不撓:百回折れても曲がらない、何度も繰り返し失敗してもくじけない意思の強さ。 ・積羽沈舟:軽い羽根も集まれば船を沈める重さになるように、積み重ねた努力が大きな力になる。 ・鞭笞策進:鞭と笞はどちらもムチをあらわす。 目標を成就するため、己に厳しく励まし続けること。 ・冥冥の志:「冥冥」は日の当たらないところ。 人知れず努力して結果を出すという意味。 ・櫛風沐雨:風で髪をとかし雨で体を洗う苦労の向こうに成功がある。 ・一陽来復:悪いことのあとには必ずいいことがある• ・衣綿之栄:立派な服装、すなわち成功して故郷へ帰ること• ・捲土重来:負け戦の将が、力を蓄えて再度挑んで勝つように、巻き返しは必ずできる。 ・百尺竿頭:百尺の竿を一番上まで上る、すなわち成功しても、さらにまだ先を目指すこと。 ・冷暖自知:水が冷たいか暖かいかは、直に触れてみないとわからない。 まずは勇気をもって経験すること• ・臥薪嘗胆:長い苦労の末に本懐を遂げる。 本気なら迷いはなく、人の批判にも無頓着でいられます。 ・一念不動:周りに振り回されない様。 ・心頭滅却:心と体を無の境地にすること。 ・不惜身命:命も体も惜しまずに一生懸命尽くすこと。 ・粉骨砕身:わが身を犠牲にしても尽くすこと。 ・千思万考:危機回避のために繰り返し思いを巡らせること。 ・真一文字:一の字さながらまっすぐで余念のないこと。 ・全力投球:持っている力のすべてを尽くすこと。 ・熱烈峻厳:圧倒的な熱量で、妥協しない厳しい姿勢でことに当たる。 ・射石飲羽:必死になればできないことはない例え。 ・一球入魂:野球のボールに心を統一して全霊をこめること。 それは大きな決断の時であったり、自分らしく生きるために人と違う生き方を選ぶときだったり、色々です。 ・堅忍果決:長い辛抱の末の大きな決断。 ・猛虎伏草:立派な人物が市井に紛れていること。 ・片言折獄:一方だけの言い分を聞いて判断すること。 ・当機立断:チャンスをつかんで素早く決断すること• ・兵貴神速:戦いの場では、迅速に果敢に行動すべし。 ・一殺多生:多くの人を助けるため、一人を見殺しにすること。 ・専心一意:一つのことだけに専念すること。 ・忠肝義胆:かたく忠義を貫き、正しいことも貫くこと。 ・乾坤一擲:運命の大勝負を意味する。 ・一刀両断:潔い決断。 ・離群索居:一人孤独の中にいること。 ・威風凛然:雰囲気や振る舞いに威厳があり、りりしい様。 ・鷹揚自若:余裕のある動じない様。 ・脚下照顧:足元をしっかり見ろという助言。 ・冷吟閑酔:とらわれない気ままな暮らしのこと。 ・衣鉢相伝:先人から引き継ぐもの。 ・落地成根:地道な努力の積み重ねを言う。 ・青雲之志:これからいくらでも上へという若き意思。 ・知足知辱:与えられたことだけを大事にすれば、要らない恥をかかない。 ・安如泰山:安定した揺るがない状態。 座右の銘や目標におすすめの前向きな四字熟語㉛~㊿愛 座右の銘や目標におすすめの前向きな四字熟語から、愛に関する言葉を集めてみました。 人への失礼のない振る舞いは博愛ですし、受けた愛情を忘れない想いからの報恩も愛です。 厳しさや、相手の難儀への想像力も愛ですね。 勿論、男女の情愛も愛です。 座右の銘や目標におすすめの前向きな四字熟語㉛~㊿愛• ・知崇礼卑:あくまで謙虚で人に例を尽くすこと。 ・孝行恩愛:子どもが親を大事にする。 ・一飯之恩:忘れてはならない小さな恩。 ・敬天愛人:天に恥じない行いや人への慈愛• ・献芹之意:プレゼントをするときの謙遜。 ・慈烏反哺:親鳥に口移しで餌を与えるとは、恩返しの意味。 ・叩頭三拝:頭を地にすりつけ三回拝むとは、尋常ではない謝意をあらわす。 ・恐懼感激:喜びのあまり恐縮してかしこまってしまうこと。 ・食馬解囲:恩人の危機にたすけに駆け付けること。 ・飲水思源:井戸の水を飲むときは掘った人の苦労を思うように、その源を常に想像すること。 ・大慈大悲:仏の慈悲。 大慈は苦しみを楽に、大悲は悲しみに共感して救う。 ・愛屋及烏:愛する人にかかわるものはみな愛しい。 屋根の上のカラスまでも。 ・兼愛交利:分け隔てなく愛し、与えること。 ・慈母敗子:甘やかすばかりの母親は子供をダメにする。 ・厳父慈母:厳しい父と優しい母は、両親として最高の組み合わせ。 ・水清無魚:潔癖すぎては人がついてこない。 ・内助之功:陰で支えてくれる人の功績。 ・比翼連理:深い愛に結ばれた男女の仲。 ・慈眉善目:優しい眉信じる目など、慈愛に満ちた表情• 「菜食減肥」は、香川県出身の作家の田村実香が「才色兼備ですね」と褒めた女子高生ファンの差し出した色紙に「菜食減肥」と書き、ぽっちゃりの女子の間でブームになりました。 黒田官兵衛の妻は才色兼備ではなく「才徳兼備」と言われました。 ・菜食減肥:野菜中心の食事にすれば痩せる• ・才徳兼備:頭も人間性もいい例え• ・異旗統合:東ベルリンと西ドイツが統合された• ・高官無恥:官僚の醜聞が絶えないこと• なかには美女を扱ったものも多々あり、確かに美人の笑顔は、魂を蕩かすようで、思わずつられて微笑んでしまいます。 ・笑門来福:笑顔でいることを心がけるといいことがある。 ・怡然自楽:つねに和やかにいること• ・呵呵大笑:大きな声をあげて笑うこと。 ・欣喜雀躍:雀が飛び跳ねるように無邪気に喜ぶこと。 ・破顔一笑:軽く微笑むこと。 ・一笑千金:微笑み一つが千金の価値があるほどの大変な美女。 ・清光素色:清らかな月の光に例えた言葉。 ・青苔黄葉:青々とした夏の苔や秋の紅葉のような美しさ。 ・仙姿玉質:仙女の姿、玉のように美しい肌。 飛び切りの美女のこと。 ・山紫水明:紫にかすむ山際や水野清らかさ。 美しい景色の例え。 ・悠悠閑閑:慌てずさわがずのんびりいていること。 ・形影一如:仲のいい夫婦、または心の内を隠せない様。 ・卵翼の恩:親鳥が子供を卵の時から体温であたため羽で覆って保護するように、大事に育ててくれた両親の恩• ・手舞足踏:気持ちが高揚している様。 今は大変だけど、あとで報われると思えば頑張れます。 ・天壌無窮:空や大地がなくならないように永遠である。 ・泉石膏肓:膏肓は体の深いところを表し、俗世を捨てて自然の中で暮らす意味。 ・善因善果:いいことをすればいい報いが返ってくる。 ・有為多望:才能に恵まれ、将来有望。 ・鼓腹撃壌:腹鼓を打ち地を踏み鳴らして喜ぶ様。 ・百古不磨:長い年月にも擦り減らないとは、永遠を指す。 ・晴耕雨読:世俗を離れて憂いなく暮らすこと。 ・伏竜鳳雛:まだ知られていない大きな才能を持った人。 ・千秋万歳:久遠を意味し、長寿を喜ぶ言葉。 ・赤手空拳:赤手は何も持ってないこと、空拳は素手の拳です。 誰の助けも借りずに頑張ること。 成長する目標にしたい言葉ですね。 ・虚心坦懐:わだかまりなく平常心でいること。 ・明鏡止水:一点の曇りのない鏡のように邪心のないこと。 ・心頭滅却:無念無想になること。 ・当意即妙:平凡な人間のあるがままで素晴らしい旗らkをすること。 ・和光同塵:自分の才能を隠して一般人として暮らすこと。 ・白日昇天:急に出世すること。 ・高所大所:私心を捨てて公平に見ること。 ・外寛内明:他人に寛大に自分には厳しいこと。 ・聡明剛毅:道理に深く通じ自分を曲げない意思があること。 ・知徳兼備:知性と人柄を兼ね備えていること。 ・仁者楽山:人格者は欲に振り回されず泰然としている。 ・自立自存:徳力で生きること• ・被褐懐玉:見た目にみすぼらしくても、中身は素晴らしいこと。 ・円熟無礙:欠けたところのない成熟した様。 ・撼天動地:大きな成功や目覚ましい活躍。 ・薫陶成性:お香や陶器のように、丹精を込めて人を育成する。 ・不失正鵠:正確なとらえ方をすること。 ・廓然大公:聖人は偏りもわだかまりもない心をしている。 ・奔放不羈:すべてにしがらみから解放されて自由であること。 ・猛虎伏草:優れた人が隠れていても、必ず世に出る。 好きな言葉として答えたい前向きでかっこいい四字熟語㉛~㊿感謝 好きな言葉として答えたい前向きでかっこいい四字熟語には、成功した人の心構えがたくさん見られます、努力の次に多いのが感謝の言葉です。 「犬馬の労」は、諸葛孔明が主人である劉備玄徳に贈った言葉です。 好きな言葉として答えたい前向きでかっこいい四字熟語㉛~㊿感謝• ・恩沢洪大:力のある人から大きな恩恵を受けること。 ・扇枕温被:あれこれと細やかに気を配って恩返しすること。 ・知崇礼卑:本物は謙虚である。 人に例を尽くす。 ・孝行恩愛:心を尽くして大切にすること。 主に親孝行をさす。 ・一言芳恩:一言声をかけるようなちょっとした恩をも忘れないこと。 ・一宿一飯:一度でも恩を受けたら生涯忘れないこと。 ・狗馬之心:犬や馬が飼い主の恩を明日れないように、少しでも恩返ししようという心情。 ・犬馬の労:犬や馬が飼い主に仁愛を尽くすように何かさせてほしいという意味。 ・論功行賞:功績に見合う報酬を与えること。 ・食馬解囲:恩人の一大事に駆けつけること。 ・一労永逸:ここで一回苦労すればあとは楽になる。 ・君恩海壑:主人 主君 かた受けた海や谷のように深い恩を意味します。 ・三枝之礼:鳩が子が親のとまる枝よりも三つ下がった枝に止まるように親に敬意を示す。 ・寸草春暉:親の愛にはわずかな恩返しでは足りないという意味。 ・罔極之恩:罔極は限度がないという意味です。 感謝しきれない深い恩をさす。 ・菽水之歓:貧しい中でも親を喜ばせようとする孝心。 ・顧復之恩:常にわが子を振り返って心を配る親の恩。 ・感恩戴徳:心からの感謝• ・報本反始:誰のおかげか振り返って肝に銘じること。 ・報恩謝徳:おけた恩に感謝すること 前向きな四字熟語で運を上げよう 目標を叶えるために、私たちは座右の銘を掲げます。 好きな言葉はいい意味を持つ四つの字を組み合わせて四文字熟語に設定します。 あなたのおすすめの四文字熟語は何でしょう。 楽しいもの、元気が出るもの、かっこいいものなどたくさんの言葉があり、それは必ず自分の背中を押してくれます。 今日から座右の銘を飾りませんか?

次の

前向きでいい意味の四字熟語140選!努力を目標にするかっこいい座右の銘も

戴 熟語

四字熟語「披星戴月」の「披星」の解説において、見た限りのネットの解説ではすべて「星を披る(かぶる)ということから、夜が明ける前という意味」となっております。 「披」に「被る」の意味があるのでしょうか?手持ちの『漢語林第2版』には 1、ひら-く ア、広げる イ、広める、うちあける(披露、披瀝) 2、わける 3、着る 4、なびく とあるのみで、若干3の意味が「被る」と縁があるような気もしますが、直接的に「「被」の代わりに用いられる」「かぶるの意がある」などの解説は載っておりませんでした。 やはり「披」の第一義に従い、「星をひらく(曙が夜空を照らし、星々が消えていく、天をさくイメージ?)」の方がしっくりこないでしょうか? ご回答のほどよろしくお願いいたします。 恥ずかしながらこの『披星戴月』という四字熟語を知らなかったので、少し調べてみたのですが…… 中国語においてこの「披」の字は「被る」の意味を持っているようです。 頭に被るもの、背に羽織るもの、いずれもこの「披」で表現できるようです。 語源は春秋時代の魯国の役人がまだ星のあるほど朝早くから仕事に出て、月が天頂高くなるほど遅くに帰路につくという激務にあったことのようです。 この話自体の本題は「私はこのように朝から夜まで動き回っていますが、先生はなぜ悠々としているのに良く治めていらっしゃるのでしょうか?」という問いと、それに対して「人を上手く使うことです。 大きな権力を手にしたところで部下を使わなければ体がもたないでしょう。 」という答えにあるようです。 夜明け前の空を眺めたことがあれば、太陽の昇る方向から徐々に星が消え行く情景を思い起こすことができると思います。 既に空が白み始めていて、星が太陽の反対側、低い位置にしか残っていなければ、太陽を眺めた時にこれを背にすることになります。 しかし、おっしゃるような「星をひらく」と「月を戴く」ではその主体者が異なってしまいます。 「星をひらく」のは太陽であり、朝であり、時間であり、自然の摂理なのに対して、「月を戴く」のはその下に立つ人なのです。 これでは対句として成立しません。

次の