横浜 市 ゴミ 分別。 ごみと資源の分け方・出し方 横浜市

ハンガーのゴミ分別は?処分方法は?針金・プラスチック・木材など素材別の捨て方!

横浜 市 ゴミ 分別

横浜市の家庭ごみの出し方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ごみ情報を提供されています。 横浜市ホームページの中から、家庭ごみやリサイクルのページを探し、 横浜市の家庭ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。 横浜市家庭ごみの出し方 横浜市にお住まいのかたは、横浜市の分別ルールに従い、正しいごみ出しやリサイクルをお願いします。 スポンサード リンク 平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 横浜市ごみの出し方と主な品目 横浜市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ごみの分別・出し方が紹介されています。 ゴミと資源の分け方・出し方• 燃やすゴミ…週2回収集 (集積場所のシールなどで確認してください) ・中身がはっきりと確認できる透明または半透明の袋にまとめて入れてください。 *少量の木の枝、板などは束ねて出してください。 ・金属部分が多いものは「小さな金属類」に出してください。 燃えないゴミ…週2回収集 (「燃やすごみ」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) ・購入時の箱や新聞紙、厚紙などで包み、ガラス、陶器、蛍光灯など品物名を表示してください。 乾電池…週2回収集 (「燃やすごみ」の収集日と同じ) 主な対象物:マンガン乾電池、アルカリ乾電池、リチウム電池、ニッケル系一次電池 燃やすごみとは別の中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋に入れて出してください。 充電式電池は一般社団法人JBRCが設置している二次電池リサイクルboxへ。 ボタン電池は一般社団法人電池工業会が設置しているボタン電池回収boxへ。 回収boxに入らないボタン電池は行政回収に出してください。 スプレー缶…週2回収集 (「燃やすごみ」の収集日と同じ) 燃やすごみとは別にして、中身がはっきりと確認できる透明または半透明の袋にまとめて入れてください。 火気のない安全な場所で中身を必ず出しきってください。 プラスチック製のキャップは外して「プラスチック製容器包装」として出してください。 小さな金属類…週1回収集 (「缶・びん・ペットボトル」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) 主に金属でできているもので、一番長い辺が30センチメートル未満の大きさのもの 傘は金属製の骨組と布部分を分けてください。 (布部分は「燃やすごみ」に出してください。 ) 傘の骨は30センチメートル以上であっても、小さな金属類として出してください。 プラスチック製容器包装…週1回収集 プラスチック製容器包装とは 商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって、中身の商品を取り出した(使った)後、不要となるプラスチック製のものをいいます。 プラマークがついているものが対象です。 また、プラマークがなくても商品を包装しているプラスチック製のものは対象になります。 素材がプラスチックでも、プラスチック製品や購入した商品は燃やすごみになります。 古布 お住まいの地域の 資源集団回収にお出しください。 古紙 お住まいの地域の 資源集団回収にお出しください。 その他の紙の出し方 雑誌 週刊誌、漫画本、専門誌、単行本、百科事典、教科書、カタログなど まとめてひもでしばってください。 資源集団回収とは 自治会・町内会などの市民団体(実施団体)と資源回収業者が実施する資源物の回収です。 対象:紙類、布類、金属類、びん類などを回収します。 区役所等に設置している専用ボックスで小型の家電製品を回収しています。 (前日の夜や、収集後には出さないでください) 横浜市では指定袋はありません。 品目ごとに半透明の袋に入れて出してください。 小さな金属類、古紙、燃えないごみは、 のページをご覧ください。 炊飯器ごみの出し方 品目 出し方 出し方のポイント等 炊飯器 金属製 小さな金属類 30cm以上のものは粗大ごみへ 炊飯器 プラスチック製 燃やすごみ 内釜・内蓋は小さな金属類へ。 炊飯器の内釜 小さな金属類 30cm以上のものは粗大ごみへ。 「プラスチック製容器包装」の出し方 週1回収集 (集積場所のシールなどで確認してください) プラスチック製容器包装とは 商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって、中身の商品を取り出した(使った)後、不要となるプラスチック製のものをいいます。 プラマークがついているものが対象です。 また、プラマークがなくても商品を包装しているプラスチック製のものは対象になります。 マニキュアのびんは「燃えないごみ」 「燃えないごみ」の出し方 週2回収集(「燃やすごみ」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) マニキュアの中身は、ぼろ布等に染み込ませて燃やすごみで出してください。 ハケは「燃やすごみ」です。 「燃やすごみ」の出し方 週2回収集 (集積場所のシールなどで確認してください) 中身がはっきりと確認できる透明または半透明の袋にまとめて入れてください。 スポンサード リンク 横浜市家庭ごみ関連情報 横浜市の粗大ごみ、布団、プリンター、ソファー処分方法• 横浜市で処理できないごみ 横浜市のパソコン、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機処分方法• | 小型家電リサイクル法知っていますか? 使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。 小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。 使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。 平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 家庭ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう 燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。 これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。 間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

次の

ゴミの分別情報:横浜市のごみ分別・処分方法を調べる『ごみ分別ナビ:横浜市』

横浜 市 ゴミ 分別

が、10分別15品目という細か~い分別になったのは今から6年前。 一般のゴミのうち、ビチョっと重い生ゴミが占める割合は約4割。 確かに燃えにくそうだ。 石油でできているプラスチックを足して燃やしているというのもあり得そうな話…。 そこでにある清掃工場、金沢工場をたずねてみた。 ・・・という市内4ヶ所の焼却工場の中でも最新の設備を持つ施設。 想像以上にものすごく近代的だ。 あまりのスケール感に圧倒されそう。 金沢工場の中には3つの焼却炉がある 包装プラやペットボトルが混ざっているほうがいいのか、その真相は… 「生だけだと水分が多くて、炉の温度がなかなか上がらないからきついのは事実です」 と、技術管理係長の久松さん。 「でも、燃えるには汚れた紙も含まれるし、ビデオテープやおもちゃなど、分別対象以外のプラスチック製品もいろいろ含まれています。 そのおかげでまだ燃えるレベルではあります」 どうやらプラスチックが多かった時代のほうが、燃やすのは楽だったのは否めないという様子。 今もたまに加えていたりは…?としつこく問い詰めたところ、 「それはありません。 分別されたプラスチックやペットボトルを混ぜることはありません」ときっぱり! お話をうかがった久松さん。 「この作業着も、分別されたペットボトル25本からできています」 もともと、プラスチックが過剰になると高温になり過ぎて炉が傷みやすくなる。 そのうえプラスチックの塩素分はダイオキシンを発生しやすいことから、増え続けるプラをなんとかせねば、とでは削減をめざす「G30プラン」を掲げ、リサイクルできるものはリサイクルしようと真摯に徹してきているのだ。 もう夕方なのに、ひっきりなしにごみ収集車が到着。 かつてはこの倍近いごみが運ばれてきた ごみが少なすぎるのも、また問題!? では水分の多い生が多い時などは、何か補助燃料を使って燃えやすくしているのだろうか? 「重油を使っていると思っている人が、案外多いんですよね」と、久松さん。 はい、まったくそうです。 自分もそのひとりだ。 「燃料は自身のみですよ、補助燃料は何も使っていません」 焼却炉を立ち上げる時だけはガスバーナーの力を借りる。 燃え具合もモニターでしっかり監視されている しかも一度焼却し始めたら、高温で燃やし続けるのがベスト。 さらに、金沢工場ではろ過式集じん器というのを採用しているので、施設外に出るダイオキシンは限りなく0に近い。 「高温で燃やし続けるためには、一定量のが必要なんです」(久松さん) つまりの量が少なすぎるのも焼却炉にとっては支障がある。 で一番古い工場が昨春からストップしたのも、その状況を受けてのこと。 もっとも、これは削減のプランが達成できた喜ばしい証そのもの! 実際、目標の30%減を大きく上回り、分別によりここ10年間で市内のは43%も減っているのだ。 下方をよく見ると、その迫力がわかる。 ごみピットの深さはなんと約40m 1回のクレーンで6t、ごみ収集車約5台分のごみをつかむ。 1炉あたり24時間で400t燃やす.

次の

横浜市瀬谷区ごみの出し方

横浜 市 ゴミ 分別

各家庭から出されたごみを市の職員が開けて中身を調べる? しかも写真まで撮って個人を突き止める? 本当にそんなことがあるのだろうか。 真偽を確かめるため横浜市資源循環局家庭系対策部業務課分別・リサイクル推進担当の西村浩担当係長(写真はNG)に話を伺った。 ゴミの分別に関する業務を担当 西村担当係長によると「投稿にあることは事実です」という。 では、実際にはどのようなことを行うのか、さらに詳しく聞いてみることに。 「資源の有効利用」が目的 ごみ袋の中身を調査するのは、2008(平成20)年に制定された「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」(以下、条例)に基づいた「開封調査」というものだそう。 これは、市が定めた区分に基づき、ごみを分別して出すことを義務付けるもので、「市長が特別の理由があると認める(例:視覚障害や認知症など)」場合を除いた全ての市民が対象となる。 繰り返し指導などを行っても改善されない場合は、2000円の過料(行政罰)を科すというもので、横浜市資源循環局の職員が行う「開封調査」は、条例が制定された同年5月1日から始まった。 市が作成した分別を呼び掛けるポスター 条例の主な目的は、限りある資源を可能な限り有効利用しようとするもので、調査はその一環。 実際は市内に約6万9000ヶ所あるごみ集積場に出されたごみを収集する際、分別がされていないものについては収集せず、日付と分別が不十分である旨を記載したシールを張り付けて集積場所に残していく。 日付と混入したものをチェックする 収集日に分別が不十分だったごみがあった場合は、即座に情報を共有。 まずはシールを張ることで注意喚起を促し、ごみを出した人の自主的な回収と分別に期待する。 ただ、状況が改善されなかったり、個別に地域から相談や連絡などがあると、市職員がチームを組んで現地に調査に向かう。 調査は市職員以外は行わない。 この際、投稿にあったように2人組というわけでなく、それ以上の人数で調査を行うこともあるそうだ。 分別状況を確認する職員(写真提供:横浜市) 調査チームはその場でごみを開封し、本来の収集日とは違うごみが混ざっていることを確認し撮影なども行うが、強風でごみや個人情報に関するものが飛ばされてしまうといった恐れがある場合は持ち帰るケースもある。 個人情報もあるので、ごみとはいえ扱いは慎重(写真提供:横浜市) ごみの中には、個人情報を特定できるものが含まれていることがあるため、その情報を基にごみ出しした家庭を特定したうえで訪問し、なぜ分別せずにごみ出ししたかなどを注意深く聞き、改善するように指導する。 個人情報については公務員の守秘義務のほか、条例でも「調査で得た個人情報は制度運用以外には使用しない」との定めがあり、戸別訪問の際も間違って別の家に行かないよう、慎重にチェックを重ねる。

次の