火垂る の 墓 放送 されない シーン。 【火垂るの墓】の都市伝説が怖い!赤いシーンは幽霊になったから?

火垂るの墓が放送されなくなった理由…再放送されない3つの理由が話題に…

火垂る の 墓 放送 されない シーン

火垂るの墓が放送されなくなった理由… 再放送されない3つの理由が話題に… 火垂るの墓は日本の戦時中を舞台にした作品として 衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。 視聴した人のほとんどが泣いたと言われる悲劇の作品でもある。 スタジオジブリではとなりのトトロと一緒に劇場公開されたことでも知られている。 そんな火垂るの墓には都市伝説が存在します。 今回は火垂るの墓が放送されなくなった理由を紹介します。 火垂るの墓とは 「火垂るの墓」は原作者である野坂昭如氏の実体験に基づいた物語。 実はその一部はノンフィクションでり、一部はフィクションだといいます。 アニメでは4~5歳に見える主人公の妹ですが、 実際には野坂氏の妹はまだ1歳4カ月で亡くなったそうです。 ただし、戦争のために幼い妹を死なせてしまったという野坂氏の後悔は深く、 それが晩年まで戦争反対を訴えたことに現れています。 なんと野坂氏は妹に食べさせるための食糧まで空腹に耐えられずに手をつけてしまったそうです。 そして、自分の手で抱いた妹の息が細くなっていったこと、 その亡骸を自ら埋葬したこと、そして妹の骨をあのドロップ缶の中に 入れて持っていたことは事実だといいます。 再放送されない3つの理由 理由1:商標権の問題 毎年、8月15日の終戦記念日が近づくと、 第二次大戦にまつわるドラマや映画が公開されます。 火垂るの墓も戦争による貧しさから幼い妹を餓死させてしまった兄の悔恨の物語。 何回見ても泣くアニメ映画だけに泣けるものを探している現代人には テレビ放送を心待ちにされていそうなのですが、 テレビ放送はもうされないという説が出ています。 2011年以前に関しては 1989年、1991年、1993年とそれ以降は奇数の年に再放送されていた。 つまり、2年に1回は放送されていたことになります。 しかし、2013年には1回も放送がされていなかった。 20年以上も続く伝統が2015年には何も無かったのだ。 これにはいくつかの理由があります。 まずはサクマドロップの商標権の問題。 火垂るの墓に登場する代表的なものが、サクマドロップ。 この商品は元々は佐久間製菓と呼ばれる会社が製造して販売している商品である。 戦前から活躍していた会社であり、その当時は甘いものというものが貴重な存在だった。 その為、子供の間では大人気となっていた。 しかし、戦時中は砂糖が無くなってしまった関係で一旦は佐久間製菓は廃業に追い込まれた。 戦後、この佐久間製菓は三男と長男が別々で企業を立ち上げ、 商標権争いで裁判を起こすことになった。 その結果、佐久間製菓が「サクマ式ドロップス」という商標権を得ることができた。 一方では、「サクマ製菓株式会社」が「サクマドロップス」という名前を使うことが許されたようだ。 理由2:政治がらみでテレビ放送見合わせ 「火垂るの墓」のテレビ放送は視聴率が低下したから打ち切りになったという説もありますが その一方では政治的な問題が放送を阻んでいるともいう噂も流れています。 近年は左翼化してきた集団がマスコミやテレビ局に多く存在するようになったとされている。 それにより、明らかに「被害者」扱いしている火垂るの墓に関しては、 否定的な思想を持っているようです。 このアニメも被害者ぶる日本人をイメージさせるとして放送されないようになったのかもしれません。 幼い子供が見れば日本人は過去の戦争でひどい目に遭わされたと 被害者意識にとらわれる可能性が高いでしょうし。 理由3:視聴率の低下 20.

次の

本当は10倍怖い「火垂るの墓」!?もう2度と見たくなくなるドン引きな内容

火垂る の 墓 放送 されない シーン

カテゴリー• 都市伝説が怖い!?• 赤いシーンは幽霊だった? などを中心に見ていこうと思います! スポンサーリンク 火垂るの墓の都市伝説が怖い!? 1988年から映画公開された「火垂るの墓」は戦争の悲惨さを描いているのですが、その映画の中で怖い都市伝説や裏設定などをまとめてみたので、ぜひ作品とあわせて確認してみてください^^ 節子の死因がは栄養失調ではない…。 節子が作中で栄養失調でなくなるというシーンがあるのですが、実は栄養失調による衰弱死ではなく、 別の死因ではないかと言われています。 その理由は、節子が栄養失調だとしても、エネルギー消費量の多い兄の方が先に症状が出ると思われるからです。 (確かに!) 節子の死因を考えたところ、節子が目をこすり、「痛い」というセリフや、学校で目を見てもらうなどの描写があったことから、 化学物質の含んだ雨が目に入った結果、症状が悪化したとも考えられます。 実話に基づいた話! 火垂るの墓は日本の過去のハナシだけにとどまらず、 原作者である野坂昭如さんの体験をもとに制作されたと言われています。 野坂昭如さんにも妹がおり、実際が1歳で亡くなったそうで、ドロップの中に亡くなった妹の骨を入れていたのも本当らしく、戦争を二度と引き起こしてほしくないという想いが込められているのかもしれません。 放送禁止になっていた? 火垂るの墓が2011年から放送されなくなったのですが、 放送禁止になったという噂があります。 その理由は、 ドロップ(サクマドロップ)の商標権が絡んでいるとのことで、なんでも子会社と裁判を起こしたほど問題になっており、「サクマドロップ」と「サクマ式ドロップス」に分けられました。 節子の声優が行方不明? 節子と同じ年齢の方がよりリアルに伝わるということで、当時5歳であった声優の 「白石綾乃」さんが務めたのですが、現在 行方不明になっているとのこと。 ただ、単に連絡が取れないだけかもしれませんが、2012年に火垂るの墓のイベントがあった時に実現できなかったそうです。 映画「千と千尋の神隠しに登場してる?」 映画「千と千尋の神隠し」に 節子が登場しているシーンがあるとのことで、終盤の水上の駅を見ると、黒い影の少女が立っていました。 節子よりも若干大人っぽい感じもしますが、度々作中にユーモアな箇所を取り入れる宮崎駿監督であれば、節子を登場させていたのかもしれません。 スポンサーリンク 火垂るの墓の赤いシーンとは?節子と兄は幽霊になっていた? 火垂るの墓の赤いシーンが何かですが、節子や兄の描写など作中の 画面が赤くなるシーンがあります。 その時は節子も兄も元気で笑顔だったりと場面が変わるなど不自然になるのですが、実はこの時 すでに節子と兄は亡くなっていて、幽霊の姿として登場していたんですよね・・・。 また、ラストシーンにて蛍に照らされた赤い節子と兄が、 現代の街並みの夜景と一緒に映っていたので、幽霊として現代まで生きていて、 現代にこのような戦争は繰り返してはならない、というメッセージで見守っているのかもしれませんね。 火垂るの墓についてのまとめ! 火垂るの墓の都市伝説や赤いシーンについて見てきましたが、ジブリ作品なだけに細かい描写まで表されていて、何回でも見たいと思える作品ですよね。

次の

火垂るの墓が放送されなくなった理由…再放送されない3つの理由が話題に…

火垂る の 墓 放送 されない シーン

火垂るの墓が放送されなくなった理由… 再放送されない3つの理由が話題に… 火垂るの墓は日本の戦時中を舞台にした作品として 衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。 視聴した人のほとんどが泣いたと言われる悲劇の作品でもある。 スタジオジブリではとなりのトトロと一緒に劇場公開されたことでも知られている。 そんな火垂るの墓には都市伝説が存在します。 今回は火垂るの墓が放送されなくなった理由を紹介します。 火垂るの墓とは 「火垂るの墓」は原作者である野坂昭如氏の実体験に基づいた物語。 実はその一部はノンフィクションでり、一部はフィクションだといいます。 アニメでは4~5歳に見える主人公の妹ですが、 実際には野坂氏の妹はまだ1歳4カ月で亡くなったそうです。 ただし、戦争のために幼い妹を死なせてしまったという野坂氏の後悔は深く、 それが晩年まで戦争反対を訴えたことに現れています。 なんと野坂氏は妹に食べさせるための食糧まで空腹に耐えられずに手をつけてしまったそうです。 そして、自分の手で抱いた妹の息が細くなっていったこと、 その亡骸を自ら埋葬したこと、そして妹の骨をあのドロップ缶の中に 入れて持っていたことは事実だといいます。 再放送されない3つの理由 理由1:商標権の問題 毎年、8月15日の終戦記念日が近づくと、 第二次大戦にまつわるドラマや映画が公開されます。 火垂るの墓も戦争による貧しさから幼い妹を餓死させてしまった兄の悔恨の物語。 何回見ても泣くアニメ映画だけに泣けるものを探している現代人には テレビ放送を心待ちにされていそうなのですが、 テレビ放送はもうされないという説が出ています。 2011年以前に関しては 1989年、1991年、1993年とそれ以降は奇数の年に再放送されていた。 つまり、2年に1回は放送されていたことになります。 しかし、2013年には1回も放送がされていなかった。 20年以上も続く伝統が2015年には何も無かったのだ。 これにはいくつかの理由があります。 まずはサクマドロップの商標権の問題。 火垂るの墓に登場する代表的なものが、サクマドロップ。 この商品は元々は佐久間製菓と呼ばれる会社が製造して販売している商品である。 戦前から活躍していた会社であり、その当時は甘いものというものが貴重な存在だった。 その為、子供の間では大人気となっていた。 しかし、戦時中は砂糖が無くなってしまった関係で一旦は佐久間製菓は廃業に追い込まれた。 戦後、この佐久間製菓は三男と長男が別々で企業を立ち上げ、 商標権争いで裁判を起こすことになった。 その結果、佐久間製菓が「サクマ式ドロップス」という商標権を得ることができた。 一方では、「サクマ製菓株式会社」が「サクマドロップス」という名前を使うことが許されたようだ。 理由2:政治がらみでテレビ放送見合わせ 「火垂るの墓」のテレビ放送は視聴率が低下したから打ち切りになったという説もありますが その一方では政治的な問題が放送を阻んでいるともいう噂も流れています。 近年は左翼化してきた集団がマスコミやテレビ局に多く存在するようになったとされている。 それにより、明らかに「被害者」扱いしている火垂るの墓に関しては、 否定的な思想を持っているようです。 このアニメも被害者ぶる日本人をイメージさせるとして放送されないようになったのかもしれません。 幼い子供が見れば日本人は過去の戦争でひどい目に遭わされたと 被害者意識にとらわれる可能性が高いでしょうし。 理由3:視聴率の低下 20.

次の