居酒屋 禁煙 化。 東京都条例成立、2020年に飲食店原則禁煙。個店の声は「時代の流れ」「みんな一斉なら・・」

飲食店の禁煙 結局どうなる? |サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

居酒屋 禁煙 化

写真はイメージ。 Photo by iStock. com/alle12 従業員を雇っている飲食店を原則禁煙とする東京都の受動喫煙防止条例案が、6月27日に可決された。 全面施行は東京五輪開会直前の2020年4月1日。 国会で審議されている健康増進法改正案よりも厳しい内容であり、小規模店舗にとってはハードルが高いという声もある。 急激とも言える今回の条例だが、飲食店の現場では戸惑いつつも「時代の流れ」、あるいは「みんな同じ条件なら、影響は少ない」といった声も聞かれる。 果たして今回の条例は飲食店の将来にどのような影響を与えるのか、考えてみた。 対象は従業員を雇用する店舗13万軒、分煙も許されず 今回成立した「東京都受動喫煙防止条例」は、従業員を雇用している店舗では原則屋内禁煙となり、飲食を認めない「喫煙専用室」でのみ喫煙可能としている。 この条例によって昭和の時代によく目にした喫茶店や居酒屋でタバコの煙をくゆらせながらコーヒーやビールを飲むという光景は、2020年4月以降、都内では見られなくなる(従業員がいない店舗を除く)。 昨今、禁煙の店舗が増える中、喫煙できる居酒屋はそれだけで集客力を発揮できた。 そのような手法も2020年には不可能になる。 今回の条例成立についてエリア分煙で対応している大手居酒屋チェーンに取材を申し込んだところ「今回の件についてどう対応すればいいのか何も決まっていないし、まだ話せることはない。 取材はお断りしたい」という回答であった。 こうした受動喫煙に対する厳しい動きは世界的に広がる健康志向や、全世代に共通するたばこ離れが背景にあるのは間違いない。 条例の前文では「東京都は、都民の健康増進を一層図る観点から、受動喫煙を自らの意思で避けることが困難な者に対し、受動喫煙を生じさせることのない環境を整備するとともに、受動喫煙に対する都民の理解の促進に努めなければならない」と、その目的が明記されている。 わが国の喫煙習慣者は男性が1967年に82. 50年前は男性5人のうち4人が喫煙者だったものが、現在は男性4人のうち1人になっている。 極めて抽象的に表現すれば半世紀前は非喫煙者が「珍しいね」と言われていたものが、現代では喫煙者が「君は吸うんだ」と、非喫煙者から若干、珍しそうに言われることが多いという変化が生じたということであろう。 全国たばこ喫煙者率調査(JT)によると、2017年の男女を合わせた喫煙者率は18. 写真はイメージ。 Photo by iStock. com/joka2000 喫煙可から禁煙はハードル高いが「みんな一斉なら・・」 チェーン店ではない個店ではどのように受け止めているのだろうか。 外国人の来客が2割程度を占める下町の繁盛店『暮ラシノ呑処 オオイリヤ』(台東区下谷2-21-8)は喫煙可。 同店の當山鯉一オーナーは、「日によりますが、吸われる方は結構多いです。 周囲を気にして外で吸われるという方もいらっしゃいます。 喫煙者は日本人の方が多く、外国人の方は少し戸惑っている感じはします」と現状を説明する。 そもそも喫煙可としたのはオープン当時(2015年10月)、「居酒屋では吸えるのが当たり前」(當山氏)というイメージを持っていたからだという。 もっとも當山氏は、2018年6月にオープンの2号店『酒呑倶楽部アタル』(足立区千住1-32-6)は全面禁煙とした。 「単純に吸えないお店が増えているので、初めから禁煙にしてみようかなというのがありました。 また、同じ通りの多くの店が吸えるようだったので、禁煙にすることで違った客層を掴めるかもしれないという考えもあります」と言う。 こうした状況下、今回の条例の『オオイリヤ』に与える影響について「そう決まったのであれば、そうするしかないでしょう。 ビジネス上の影響はあるかもしれません。 一度、吸えるようにしておいたのを、吸えないとするのはハードルが高いでしょうから。 そのため(条例の施行前に)今すぐ禁煙というのは考えていません」と言いつつも、「全店舗が一斉に喫煙できなくなるのなら、影響は案外少ないかもしれません。 流れとしてはいいことだと思います」と微妙に揺れる思いを口にする。

次の

【随時店舗の更新】居酒屋の全席禁煙化を全面的に支持する!

居酒屋 禁煙 化

たばこを吸わない人の健康と、吸う人の権利について、町の人はどう考えているのか。 記者が5月末、東京都港区の飲食店や喫煙所を訪ねた。 JR新橋駅から徒歩5分。 囲炉裏で焼く魚介類や豊富な日本酒が売りの居酒屋「方舟(はこぶね)」は今年1月、店舗内を禁煙にした。 客層は30~40代のサラリーマンが中心で、半数以上は喫煙者。 店長の藤田尚嗣さんは「お客さんが減るかも、という心配はもちろんあった」と明かす。 最初の2カ月は、入店時に「禁煙」と知り、他の店に行ってしまう客も6、7組ほどいた。 その後はそうしたことはなくなり、喫煙できた昨年の同時期と比べて売り上げは、ほぼ同じ。 居酒屋の運営会社は、他の系列店での禁煙化も検討しているという。 たばこを吸わない会社員の男性客(47)は「出張先の欧米の飲食店では吸えない。 日本も世界標準に近づけるべきだ」。 一方、喫煙できるほかの店がいっぱいだったから来店したという喫煙者の会社員男性(36)は不満げだ。 「たばことお酒の組み合わせは最高。 喫煙者だけで飲みに行くなら、禁煙の店は選ばない」。 飲食店の受動喫煙対策について尋ねると、「国がたとえ禁煙にしても、こっそり吸わせる店が出ると思う。 ある程度は吸える環境を残したほうが、みんながルールを守るはず」。 別の居酒屋では、喫煙を希望す….

次の

串カツ田中、毎月大幅客数減地獄に突入…禁煙化ショック&盗撮問題発覚が大打撃

居酒屋 禁煙 化

屋内禁煙とは? 冒頭でもご紹介していますが、2020年4月1日(水)より、 飲食店では原則屋内禁煙となっています。 すでに2019年の1月、7月には学校や病院、行政機関などで禁煙になっていたり、東京都の飲食店に関しては、2019年9月より禁煙か、喫煙できる場所があるかを掲示するのが義務となっていましたが、全ての飲食店で原則禁煙となるのは今回が初。 2020年4月以降に開業する新規店舗もすべて屋内禁煙となりますよ。 また、 20歳未満に関しては、喫煙を目的としない場合であっても 喫煙エリア(屋内外問わず)へは立ち入り禁止となっています。 たとえ従業員であっても立ち入り禁止なので、未成年が喫煙エリアに立ち入った場合は、お店の管理者が罰則の対象になります。 普段お店で喫煙しているという方は、いつもの癖でタバコを吸ってしまわないように注意しましょう! 屋内禁煙には罰則があるので注意! 違反者には 罰則の適用(過料)が課せられます。 この改正法における過料の料金は、 都道府県知事等の通知に基づいて地方裁判所の手続きによって決定されます。 お店で喫煙してしまっただけで罰金なんて本当にもったいないですよね。 日頃からよく飲食店で喫煙しているという方は、改正法を意識しておきましょう。 屋内禁煙に例外はある? 改正健康増進法は、飲食店で原則禁煙となっており、例外も存在します。 屋内禁煙の例外を以下の表にまとめていますのでご活用くださいね。 東京都、千葉市の条例 個人や家族経営などの従業員がいない店 国の法律 客席面積 100 平米以下、資本金 5000 万円以下の「小規模店」と「既存店」 その他 喫煙が目的のバー、個人の自宅、ホテルの客室、店内に喫煙専用の部屋がある店 中小や、個人経営の既存の小規模飲食店については、店側が店頭に掲示すれば当面は店内で喫煙が可能となります。 しかし一方で、東京都や千葉市の条例では、 客席面積や資本金が関係なく従業員がいる店に関してはすべて禁煙となるので、改正健康増進法よりも厳しい条例といえます。 例外や、改正健康増進法に関してはがわかりやすいので、こちらも参考にしてくださいね。 屋内禁煙:パチンコ、居酒屋、オフィスはどうなる? パチンコや居酒屋、オフィスでの屋内禁煙について調べたところ、上記でご紹介した通りの 原則禁煙となっています。 ですが、 店舗内に喫煙専用室を作ったり、喫煙フロアと禁煙フロアを別にするという対策をすれば喫煙OKということです。 さらに屋内にある喫煙専用室では飲食不可ですが、加熱式たばこ専用の喫煙室に関しては飲食可など、様々な決まりがありました。 屋内禁煙まとめ 上記でご紹介したことをまとめると以下の通りです。 国の法律では以下のようになっていますが、東京都の条例ではさらに厳しい条例となっていますので、詳しくはお住まいの自治体による場合もあります。 屋内禁煙実施済み 病院、学校、行政機関 2020年4月1日(水)から 飲食店、ホテルのロビー、オフィス 屋内の喫煙専用室(飲食不可)、加熱式たばこ専用の喫煙室(飲食可)でのみ喫煙できる 中小や個人経営の既存の小規模飲食店 店頭に掲示すれば当面は店内で喫煙可能 非喫煙者の望まない受動喫煙をなくすためにも、自分が罰則の対象にならないためにも、屋内禁煙を徹底していきましょう! そのほかの情報や詳細は、をご確認くださいね。

次の