ワクチン 開発 コロナ。 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID

世界のワクチン開発動向、競争が激化する中で不安材料も浮上してきた:日経バイオテクONLINE

ワクチン 開発 コロナ

米疾病予防管理センター(CDC)によれば、3月9日の時点で、42万7460人の米国人が新型コロナウイルスと診断され、そのうち1万4696人が死亡しました。 3月31日のホワイトハウスの記者会見では、新型コロナウイルスの感染で10万~24万人もの米国民が死亡する可能性という発表がありました。 多くの米国人は、自分自身や家族、友人などの感染の経験を通じて、止まることのない感染の広がりに恐怖感を抱いています。 同時に米国経済は悪化し、3月の雇用は70万1000人減。 4月になっても状況が改善する兆しはありません。 これ以上、米社会は何をどれだけ失うのでしょうか? そんな中、米国では社会的な隔離政策の効果が見え始めています。 ワシントン大学のモデル解析によると、社会的な隔離政策を早く始めた州ほど、感染の広がりが早く抑えられます。 例えば、カリフォルニア州の感染のピークは4月13日、ワシントン州は4月2日と予想(4月9日現在)されています。 ただし、社会的な隔離政策を緩和すると、感染が再燃するリスクがあります。 そこで、CDCは国民に、社会的な隔離政策が、新しい感染者の発生を抑えるために依然として重要であることを警告しています。 それでは、米国では、いつまでこの状況は続くのでしょうか? ワクチンなしでは元の生活には戻れない 3月6日のホワイトハウスの記者会見で、米メデイアABCニュースの記者、ジョン・カール氏は、「誰もが利用できるワクチンがでる前に、この国は本当に通常に戻りますか? ワクチンなしでどうやって制限を解除し始めるのですか?」と尋ねました。 米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は「米国は、特にワクチンなしでは、新型コロナウイルスが流行する前の状況には戻れません」「治療薬が登場し、しばらくして良いワクチンが手に入り、今の状態に戻る必要がなくなることを確信しています」と述べました。 現在の時点で臨床試験を終えて、米食品医薬品局(FDA)の承認を受けた治療薬、ワクチンはありません。 通常ワクチン研究には何年もかかります。 現在、記録的な速さでワクチンの開発が進んでいますが、それでもファウチ所長は、ワクチンの開発には「少なくとも」1年~1年半かかると予測しています。 「少なくとも」というのは、開発のプロセスで、副作用、投与の問題、また製造上の問題などにより遅れを引き起こす可能性があるためです。 3つのワクチンの臨床試験が開始 米国と中国を中心に、世界中でワクチンの開発が進んでいます。 WHOによると、44のワクチンの候補が開発中ですが、そのうちの3つは、すでにヒトでの臨床試験が始まっています。 最前線を走るモデルナ社 マサチューセッツ州ケンブリッジ市にある小さなバイオテク企業モデルナ(Moderna Inc. )社は、競合する巨大製薬会社に先立ち、NIAIDとの共同研究でワクチン開発を進めています。 サイエンス誌によると、1月10日に上海の復旦大学の科学者が新型コロナウイルスのゲノム配列を公表してから3日後、NIAIDの免疫学者バーニー・グラハム博士は、ワクチンの鍵となる最適化した遺伝子のデザインをモデルナ社に送りました。 コロナウイルスは球形で、表面から突き出たスパイクがあり、外観は王冠に似ています。 そのスパイクは人間の細胞に結合し、ウイルスが侵入できるようになります。 米国立衛生研究所(NIH)によると、研究者らは、重症急性呼吸器症候群(SARS)と中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすコロナウイルスの研究で、スパイクを標的としたワクチンの研究にすでに取り組んでいました。 そのため新型コロナウイルスのワクチン候補mRNA-1273を迅速に開発することができました。 そしてモデルナ社は、わずか42日間でワクチン候補mRNA-1273を出荷しました。 ちなみに2002~2003年のSARSが流行したとき、ゲノム配列の公表からワクチン候補の試験するまでに、約20か月かかりました。 史上最速のワクチンの開発 遺伝学の進歩により、モデルナ社は脅威的なスピードでワクチンの開発を進めています。 病気のもとになるウイルスや細菌などを「病原体」といいます。 ワクチンは伝統的に、病気を起こさないように、病原体を弱めたりなくしたりしたものを原材料としたり(生ワクチン)、病原体が作りだす毒素を処理し、病原性や毒力をなくして(不活化ワクチン)作られました。 今日使われている多くのワクチンは、このようにして作られます。 その後、遺伝学の初期の進歩により、ワクチンはウイルスによって作られるタンパク質だけを使用することができるようになりました。 1980年代、この技術によって、最初の組換えタンパク質ワクチンであるB型肝炎ワクチンが開発されました。 モデルナ社のワクチンはさらに進歩し、「病原体」のウイルスやそのタンパク質を使う代わりに、ウイルスのタンパク質を作るメッセンジャーRNA(mRNA)(DNA上の遺伝情報は、先ずmRNAへコピーされ、mRNAの情報をもとにタンパク質が作られます)に焦点を当てています。 mRNAワクチンを投与すると、体の免疫細胞は、ウイルスのタンパク質を認識し、それに対する抗体を作り、感染と戦うことができます。 第1相臨床試験は、シアトルのカイザーパーマネンテ健康研究所で行われています。 3月16日、ついに最初の参加者が、mRNA-1273の投与を受けました。 今後、18~55歳までの45人の健康なボランティアを登録し、3つのグループに分けます。 各グループは、異なる用量強度のワクチンを、約28日間おきに2回投与し、ワクチンの安全性や免疫の反応を評価します。 研究は参加者を1年間追跡しますが、ファウチ長官によると、試験開始後約3か月で初期の安全性結果が得られるはずです。 そのあと有効性を試験するために、ワクチンを何百から何千人に試しますが、これには6~8ヶ月かかります。 これまで、臨床試験の最終段階である第3相臨床試験にまでたどり着いたmRNAワクチンはありません。 mRNA-1273が承認された場合、ヒトで認可された最初のmRNAワクチンのデビューとなります。 mRNAワクチンは伝統的なアプローチよりも少量で強力な免疫反応を起こすため、安くて早く製造できることが期待されています。 つまり、このワクチンの開発が成功すれば、直ちに世界中の人がワクチンの恩恵を受けられる可能性があります。 中国でも臨床試験が始まった 中国のバイオテク企業カンシノ・バイオロジクス(CanSino Biological)も、3月16日にワクチンの第1相臨床試験を開始しています。 同社は、2017年にエボラウイルスワクチンの製造を支援したことで有名です。 このワクチンは、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の遺伝子を運ぶ「ベクター」として、アデノウイルス5(Ad5)を使用しています。 中国の治験登録簿によると、武漢で108人の参加者を登録し、3つの用量強度を投与して、6ヶ月後に結果を判定する予定です。 ビル&メリンダ・ゲイツ財団が支援するイノビオ・ファーマシューティカルズのINO-4800 ペンシルバニア州プリマスミーティングに本社を置くバイオテク企業イノビオ社(Inovio Pharmaceuticals)は、4月6日、米国では2番目にヒトへのDNAベースのワクチンINO-4800の第1相臨床試験を始めました。 臨床試験では、ペンシルベニア大学医学部とミズーリ州カンザスシティの医薬品研究センターにて、健康な成人ボランティアを最大40人登録しています。 各ボランティアは、4週間おきにワクチンを2回打ち、免疫応答と安全性を今夏の終わりまでに確認する予定です。 その後、第2相臨床試験をできる限り迅速に進める計画。 また、イノビオは、生産能力を拡大しており、2020年末までに100万回の投与が可能になることを目指し、追加の臨床試験や緊急事態に使用できるように準備しています。 今後、次々とワクチンの臨床試験が始まるでしょう。 新型コロナウイルスとの戦いは長期戦です。 少なくとも1年〜1年半後に、有効で安全なワクチンが世界中の人が利用できて、元の生活に戻れることを期待します。 <文/大西睦子> 【大西睦子】 内科医師、米国ボストン在住、医学博士。 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。 国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。 2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。 08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。 ハーバード大学学部長賞を2度授与。 現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。

次の

新型コロナ、最速で進むワクチン開発だが、できるまで少なくとも1年~1年半。それまでは元の生活には戻れない

ワクチン 開発 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ切り札として期待されるワクチンの開発に、大阪大大学院の森下竜一寄付講座教授(58)=総社市出身=が挑んでいる。 同大発創薬ベンチャーのアンジェスと組み、臨床治験を7月から行う計画で、効果や副作用を確認しながら、来春の実用化を目指す。 森下教授は「流行の第2波、第3波が懸念され、一日も早く国民に届けたい」と語った。 ウイルスそのものを使ってつくる一般的なワクチンと違って、ウイルスの遺伝情報を一部組み込んでつくる「DNAワクチン」と呼ばれるタイプだ。 遺伝子治療薬の研究開発で長年培ってきた組み込み技術を応用した。 投与すると体の免疫機能が異物と認識し、排除しようと抗体を生み出す。 ウイルスが侵入してきたら、その抗体が働いて抑え込む。 インフルエンザなど多くのワクチンは、ウイルスを弱毒化したり不活化したりして、鶏の卵で増やして製造する。 実際に患者に打ち始めるまでに5~8カ月が必要となり、早期には対応できない。 DNAワクチンはウイルス自体を使用していないため、安全性が高い。 開発から供給までが6~8週間と短く、大腸菌を使って大量生産できる。 もちろん課題はあり、抗体をつくる能力が若干弱いとされている点は今後改良していきたい。 3月下旬に動物実験用の原液が完成した。 現在はラットやサルなどに注射し、抗体の出来具合や副作用の有無を調べている。 実験は順調に進み、想定した成果が出ている。 医薬品として国から承認を得るために必要なヒトへの臨床治験は、7月に始められそうだ。 常に感染の危険にさらされている医師らを対象に行う。 2週間で2回接種し、その1カ月後に感染予防効果を確かめる。 まず大阪市立大付属病院の医療関係者数十人に打った後、9月に大阪府内の400~500人に広げる。 安全性に問題がなければ、年内に東京や北海道といった感染者の多い地域への展開を検討する。 正確なデータを得るには多くの参加者が必要になる。 岡山県内の医療機関にも協力を呼び掛けたい。 欧米ではすでにヒトへの臨床治験が始まっている。 製品化されたら、自国を優先するだろう。 日本に入ってくる時期や量は見通しづらい。 国産の研究や生産体制整備には数十億円かかり、国の支援を求めるとともに、他の製薬企業や大学にも協力を呼び掛けながら進めたい。 もりした・りゅういち 大阪大医学部卒。 米スタンフォード大循環器科研究員・客員講師、大阪大助教授などを経て、2003年から現職。 内閣官房健康・医療戦略本部戦略参与、大阪府・大阪市特別顧問も務める。 1999年に大学発ベンチャー・メドジーン(現アンジェス)を創業した。 専門は遺伝子治療学。

次の

【図解】新型コロナ、加速するワクチン開発競争 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

ワクチン 開発 コロナ

寄付先一覧 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、ワクチン・治療薬の開発等を行っている以下の大学から選択できます。 ご自身で寄付先をお選びいただくことも、当社にお任せいただくことも可能です。 (当社にお任せいただいた場合は、全先に寄付金を原則按分して寄付いたします。 ) 寄付先 主な活動内容 (詳細は寄付先のHPをご参照ください) 東北大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 北里研究所 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 東京大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 東京理科大学 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 名古屋大学 (国立大学法人東海国立大学機構) 治療薬の開発 寄付先HP: 金沢大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP:、 京都大学 ワクチン・治療薬の開発 寄付先HP: 大阪大学 ワクチンの開発 寄付先HP: 神戸大学 ワクチンの開発 寄付先HP:、 岡山大学 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP:、 広島大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 愛媛大学 治療薬の開発 寄付先HP:、、 九州大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: ご注意ください• 本件寄付口座のご利用に関しまして、当社職員から以下を行うことは一切ありませんのでご注意ください。 (1)お客さまに当社職員が訪問・電話にて寄付を勧誘すること• (2)お客さまに代わってATMやインターネットバンキングを操作して寄付口座への振り込みを行うこと• (3)お客さまの通帳・印鑑やキャッシュカードをお預かりすること• (4)キャッシュカードの暗証番号やインターネットバンキングのパスワードをお聞きすること• 当社にお振り込みいただく際の振込手数料はお客さまのご負担となります。 寄付先については、当社が提示する寄付先候補から当社所定の手続きによりご選定いただきます。 但し、当社が特定の寄付先を推奨することはありません。 お選びいただく寄付先候補の活動内容について、当社は一切責任を負いません。 「寄付先一覧」に掲載している団体への寄付は、寄附金控除の対象になります。 寄付金にかかる税制についてはをご確認ください。 詳しいご照会は、税理士もしくは税務署へご相談ください。 寄付先に対して、寄付金領収書送付のために氏名・住所等必要な情報を提供します。 寄付先の指定がなく、全寄付先へ寄付金を按分して寄付し端数が出た場合、その端数については所定の寄付先へ寄付いたします。 申込フォームの氏名・住所等や振込時における依頼人名を正しく入力されない場合、領収書が発行されず、お客さま指定の方法によらず全寄付先に按分して寄付いたします。 本件寄付口座は、個人のお客さま限定です。 お振り込み後は、原則資金の返却はできませんので、ご了承ください。

次の