比較 学資保険。 かんぽ生命の不正!学資保険は大丈夫?

学資保険と低解約返戻金型終身保険を比較!違いは?どっちがお得?

比較 学資保険

毎月払い。 「第8回 マザーズセレクション大賞 2016」受賞。 2020年3月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)&返戻率アップ。 2020年1月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)&返戻率ダウン。 2019年3月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)&返戻率アップ。 2018年12月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)&返戻率ダウン。 2019年12月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)&返戻率ダウン。 2018年4月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)&返戻率アップ。 2017年12月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)&返戻率ダウン。 2017年11月より、返戻率ダウン。 2017年4月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)。 2016年12月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)。 2016年4月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)。 2016年1月より、保険期間と払込期間を17年に変更(従来は18年)した上で販売再開。 金利情勢等により、2014年11月2日に販売停止。 毎月払い。 「第8回 マザーズセレクション大賞 2016」受賞。 2020年4月より、保険期間を18年に再変更(従来は17年)&受取年齢に変更あり&返戻率アップ。 2020年1月より、返戻率ダウン。 2019年12月より、保険期間を17年に再変更(従来は18年)&受取年齢に変更あり&返戻率ダウン。 2019年4月より、保険期間を18年に再変更(従来は17年)&受取年齢に変更あり&返戻率アップ。 2018年12月より、保険期間を17年に再変更(従来は18年)&受取年齢に変更あり&返戻率ダウン。 2018年4月より、保険期間を18年に再変更(従来は17年)&受取年齢に変更あり&返戻率アップ。 2017年12月より、保険期間を17年に再変更(従来は18年)&受取年齢に変更あり&返戻率ダウン。 2017年11月より、払込期間を10年に再変更(従来は18年)。 2017年4月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)。 2016年12月より、保険期間と払込期間を17年に再変更(従来は18年)。 2016年4月より、保険期間と払込期間を18年に再変更(従来は17年)。 2016年1月より、保険期間と払込期間を17年に変更(従来は18年)した上で販売再開。 金利情勢等により、2014年11月2日に販売停止。 金利変動リスク インフレリスク 学資保険の利点 契約者が死亡時は以後の保険料が免除される 貯金と異なり、契約者(親)にもしものことがあった場合でもが保障される。 原則的に免除されるのは月払いや年払いのときで、一時払いのときは既払込保険料は戻ってこない場合が多い。 満期保険金が受け取れる 満期日において被保険者(子供)が生存していれば満期保険金が受け取れるので、掛け捨て型の保険とは異なり貯蓄性がある。 が確実に積み立てられる 家計とは別に強制的かつ計画的に資金を貯めることができる。 料控除の対象 控除額は最大で、所得税4万円、住民税2万8,000円。 一括払いは支払った年だけが対象となるので、月払いや年払いの方が有利。 【例】学資保険の掛金が月6,700円の場合• 年間の合計額が80,400円になるので、料控除は、所得税4万円・住民税2万8,000円。 単純利回りは毎年8. 年掛金が8万円に近く、かつ、高額納税者ほど、単純利回りが高くなる。 一時金として受け取った場合は税制優遇 満期金や解約金など、一括して保険金を受け取った場合、一時所得として取り扱われる。 50万円の特別控除がある上に、2分の1になるなど、税制的に優遇されている。 詳細な節税対策についてはを参照。 割安な医療特約をつけることが可能 子供に割安な医療保障(入院やケガ等)をつけることができる。 契約者貸付制度等 資金が不足した場合は、契約者貸付制度や保険料の自動振替貸付の利用が可能。 最速資産運用 ma-bank. 5万円となっています(個人年金保険を含む)。 場合に.. 学資保険の欠点 元本割れの可能性がある 中途解約した場合はもちろん、保険商品によっては元本割れする可能性がある。 保険料の支払期間が長期に渡る 収入が減ったり支出が増えたりした場合でも、長期間にわたって一定額の保険料を支払わなければならない。 がする可能性 将来的にがした場合、満期保険金が全額戻ってこない。 時には、契約者保護機構により、一定額の満期保険金が補償される。 の財務能力等についてはを参照。 インフレに弱い 物価上昇で将来のが上昇した場合、満期保険金額が確定しているので対応できない。 利回りが低い 低の状況下においては利回りが低くなる。 低解約返戻金型のとは 保険料払込期間中の解約返戻率が大幅に減額される分、支払保険料が割安な保険商品。 貯蓄性が高い。 やがある。 貯蓄性が高いので、低解約返戻金型のの払込期間が10年や15年のものを中心に、学資保険代りに利用することが可能。 外貨建て保険 外貨建て保険については、円貨建て保険に比べると一般的に返戻率が高い反面、以下のようなデメリットがあります。 為替変動による損失 円換算した受取総額が払込総額を下回る可能性があります。 為替手数料 円での保険料払込時や円での保険受取時に必要となります。 為替手数料は、はもちろんよりも高くなる可能性が高いです。 外貨取扱い手数料 によっては外貨での保険料払込時に必要となります。 元本割れしない学資保険の選び方 返戻率が100%以上の学資保険を選択する 大前提として、返戻率が100%以上の学資保険を選択する必要があります。 返戻率が100%未満の学資保険は、それだけで元本割れします。 返戻率は契約内容によって大きく異なります。 例えば、被保険者(子供)の死亡保障が含まれると、それだけ返戻率が下がります。 加入前に、どのような保障が必要なのかを的確に把握しておく必要があります。 学資保険を中途解約をしない 返戻率がどんなに高くても保険満期前に中途解約をすると元本割れする可能性が高くなります。 中途解約を防ぐためには、契約前に契約書を確認するだけでなく、支払能力やを考慮した上で、身の丈にあった掛け金や保険金額を設定する必要があります。 払済保険への変更が可能な学資保険を選ぶ 保険料払込が困難になった場合、払済保険の利用を検討します。 保険料を払い済みとすることで、保険契約を中途解約することなく継続できます。 保険期間は変更されません。 ただし、払い済み後は、基準保険金が低くなる上に、特約が消えるので注意が必要です。 保険期間の短縮が可能な学資保険を選ぶ 保険料払込が困難になった場合、保険期間を短縮することにより、元本割れを防ぐことができるかもしれません。 基準保険金の減額が可能な学資保険を選ぶ 保険料払込が困難になった場合、基準保険金の減額することにより、元本割れを防ぐことができるかもしれません。 返戻率が同じであれば満期期間が短い学資保険を選ぶ 保険満期が、18年と22年では、4年も違ってきます。 その4年間で経済環境が激変して生活が苦しくなることも考えられます。 同等の返戻率でも、満期期間が長ければ、それだけ中途解約する可能性が高まるので注意が必要です。 信頼性が高いを選択する 将来的にがした場合、満期保険金が全額戻ってこないので、元本割れします。 の財務能力等についてはを参照。 保険料の自動振替貸付の利用 保険料払込が困難になった場合、保険料の自動振替貸付の利用を検討します。 ただし、保険料の自動振替貸付を利用すると、利子が発生するので、元本割れする可能性があります。 契約者貸付制度を利用する 保険期間中に生活資金が不足した場合は、契約者貸付制度の利用を検討します。 ただし、契約者貸付制度で借入すると、利子が発生するので、元本割れする可能性があります。 円貨建て保険を選択する 外貨建て保険の場合、為替変動がある上に、保険の支払(受取)時に為替手数料が必要なので注意が必要です。 関連コンテンツ 令和元年度進学率(学校基本調査-結果の概要) 全国大学生活協同組合連合会が発表している「」によると、 学資保険の加入率は53. 9%である。 学費のために 貯蓄を切り崩した家庭は35. 1%なので、多くの家庭が教育資金を計画的に準備していることになる。 (出典「」) また、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが発表している「」によると、 学資保険の加入率は57. 2%である。 学費のために、学資保険ではなく 預貯金を選択している家庭が15. 2%なので、合わせて 70%以上の家庭が教育資金を計画的に準備していることになる。 (出典「」) 通信教育で教育費を抑制する 教育費を抑える手段の一つとして、通信教育の利用が考えられます。 年間費用順にランキングしているのでご活用ください。 A.幼児の通信教育 料金 通信教育プラン 最速資産運用 ma-bank. 学資保険で悩む前に、まずはプロに無料相談 保険の見直しや新規契約時には、保険会社を比較するのが鉄則ですので、無料相談サービスを積極的に活用すべきです。 また、保険相談時に、保険商品を勧められたからといって、無理に加入する必要はありません。 「 即決せずに一旦持ち帰り再検討する」「 納得できる保険の提示があった場合に限り契約する」など、その場の雰囲気に流されないためにも、相談前にルールを作っておくことを強くお勧めます。 保険無料相談サービスの特徴 運営会社の概要 関連する資産運用情報 保険年金カテゴリ 保険相談サービスを運営会社の資本金順にランキング比較。 相談時に役立つライフプランシュミレーションなども提供。 生命保険会社と損害保険会社の信用格付や売上高、利益をランキング一覧比較。 ソルベンシー・マージン比率 支払余力 等でもソート可能。 毎月更新中。 税金相続カテゴリ 相続税や贈与税。 贈与税を利用した節税方法、法人やジュニアNISAを利用した贈与、お得な贈与方法について解説。 節約お得カテゴリ 高校生 大学受験 の通信教育 ネット塾・Web学習 の費用等を1年生から3年生まで学年別に一覧比較。 家庭教師や学習塾の平均費用と比較して、子供の教育費を再検討。 中学生の通信教育 ネット塾・Web学習 の費用等を1年生から3年生まで学年別に一覧比較。 家庭教師や学習塾の平均費用と比較して、子供の教育費を再検討。 小学生の通信教育 ネット塾・Web学習 の費用等を1年生から6年生まで学年別に一覧比較。 家庭教師や学習塾の平均費用と比較して、子供の教育費を再検討。 家庭教師や学習塾の平均費用と比較して、子供の教育費を再検討。 教育費の目安を確認した上で、通信教育で節約したり、学資保険等で備えます。 それでも不足する分は、奨学金や教育ローンの活用を検討します。 関連する無料オンラインソフト 事業者向けの新型コロナウイルス給付金(持続化給付金)の給付額をオンラインでシミュレーションします。 世帯主向けの新型コロナウイルス給付金(生活支援臨時給付金)30万円がもらえる可能性を暫定的にシミュレーション判定。 月払や年払、一括受取、毎年定額受取等に対応。 詳細な計算式あり。 必要とされる教育資金などを、ライフプランをもとにオンラインでシミュレーションします。 税金・社会保険の支払額(所得税額や都道府県民税の所得割額、厚生年金保険料など)をオンラインで同時にシミュレーションします。 法人税や事業税等を簡単計算。 個人事業での税金や役員報酬で受け取った場合と比較するので、起業・法人成り・資産管理会社を利用した節税検討に最適。 参考先リンク 公益財団法人生命保険文化センター www. jili. hoken-erabi. net 消費者の立場からの生命保険の比較情報サイト www. kodomo-hoken. com 各社の学資保険の比較や税金、メリット、デメリット等をまとめているサイト 金融広報中央委員会 www. shiruporuto. jp 生命保険選びの基本、保険の上手な入り方、年代別・目的別に考える生命保険など www. seihohogo. jp 生命保険会社が破綻した場合、補償対象保険金の支払に係る資金援助等を実施。

次の

かんぽ生命の不正!学資保険は大丈夫?

比較 学資保険

子どもの夢を実現させるために資金作りをしていく「学資保険」。 子どもを授かったタイミングで検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし、学資保険は多くの保険会社からバリエーション豊かな商品が販売されており、保険金額・保険期間・返戻率など、多くのチェックすべきポイントがあるため、選ぶのに迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 日本生命・明治安田生命・ソニー生命・アフラック・フコク生命など、雑誌やネットで人気上位の8商品を徹底的に調査して、本当にベストな学資保険がどれなのか決定したいと思います! お金のプロであるフィナンシャル・プランナー(FP)に学資保険の選び方の監修を依頼し、それをもとにmybest編集部が 貯蓄性の高さを比較・検証しました。 各商品の契約者は、出産のライフステージを迎える若年層を想定し、次の年代の男女に設定。 30歳35歳40歳また、子どもの年齢は0歳を想定し、プランは以下のタイプをベースに検証しました。 商品によっては、このプランに設計できないものがあったので、その場合は最も近いプランで返戻率を算出しています。 返戻率が高いほど高く評価しています。 加入時期は、返戻率をベースにして考えていきましょう。 加入時期と返戻率は切っても切れない関係です。 同じ商品の同じプランであっても、 基本的に返戻率は加入期間が長ければ長いほど上がっていきます。 そのため、学資保険への加入は、 最も早いタイミングで加入できる「子どもが0歳の時点」がおすすめですよ!また、中には妊娠の経過が良好であれば、出産前に加入できるタイプの商品もあるので、その場合は妊娠中に加入しても良いでしょう。 学資保険の払込期間は、商品によって子どもの年齢をベースにして、10歳払済・15歳払済・18歳払済などいくつかのパターンから選ぶことができます。 この 払込期間は10歳払済・11歳払済など、できるだけ短く設定するようにしましょう。 その理由は、払込期間を短くしたほうが、払い込む保険料の合計が少なくなり、結果として返戻率が高くなるからです。 一方で、将来子どもにかかる大きな出費を毎月の保険料支払いとして分散できるのが、学資保険そもそもの利点でもあります。 払込期間を短くすれば、その分毎月の保険料の負担が重くなり「学資の分散」の恩恵が薄まってしまうので注意しましょう。 途中で保険料が払えなくなり、解約せざるを得なくなったら元も子もないので、無理のない範囲で払込期間を短くしてくださいね! 学資保険のなかには、子どもが病気やケガをしたときの費用をまかなう医療特約や、両親に万が一のことが起こったときの遺族の生活費をカバーできる死亡特約(育英年金)などを付帯できるタイプがあります。 「子どものためを思えば、多少高くなっても付加しておいたほうが良い」と思っていませんか? ですが、 学費を貯めるために学資保険に加入するなら、医療特約や死亡特約はできる限り付加しないほうがのぞましいと言えます。 特約を付加することで返戻率が下がってしまうからです。 また、自治体によって違いはありますが、子どもの医療費は地域の助成制度でほとんどカバーできます。 両親の万が一には、定期保険や収入保障保険で備えるほうが合理的です。 学資保険の加入目的は、子どもの学費を準備することです。 目的から外れた特約等は返戻率を下げる要因にもなるので、できる限り付加しないほうが賢明です。 ただし、 予め付加されていて外せない特則等はそのままにしておきましょう! 学資保険は、商品によってさまざまな形にプランを設計できます。 ベストなプランは、大学入学時点(18歳)である程度まとまった保険金を受け取れ、その後大学卒業(22歳)まで1年ごとに少しずつ保険金をもらえるもの。 子どもの学費負担は、大学入学から卒業までが最も大きくなります。 文部科学省のデータ(2017年度)によると、私立の場合、大学入学時には初期費用と初年度の学費で約130万円かかり、さらに毎年の学費で約90万円が必要です。 たとえば、「小学校、中学校から子どもを私立に入れたい!」など 特別な理由がない限り、学資保険のプランは大学の学費に備えられるように組むのが最適ですよ! 「貯蓄性の高さ」は、各商品ともに同一条件にして「返戻率の高さ」を試算し、検証を行いました。 各商品の契約者は、出産のライフステージを迎える若年層を想定し、次の年代の男女に設定。 30歳• 35歳• 40歳 また、子どもの年齢は0歳を想定し、プランは以下のタイプをベースに検証しました。 商品によっては、このプランに設計できないものがあったので、その場合は最も近いプランで返戻率を算出しています。 保険金額:300万円(大学入学時点で100万円、その後4年間にわたって50万円ずつ受け取れるプラン)• 保険期間:22歳(子どもの年齢)• 返戻率が高いほど高く評価しています。 低金利時代だといわれて久しい昨今ですが、そのなかでも比較的に高い水準の返戻率を保っていたのが高ポイント。 また、 払込期間を5年払いの超短期間に設定可能なので、より返戻率を高めることができるのも嬉しいところ。 さらに、日本生命は株式会社ではなく相互会社のため、 ほかの会社よりも配当金が期待できるのもメリットのひとつです。 ただし、配当金は運用の実績に応じて上下するので、必ず受け取れるわけではない点には注意しましょう。 子どものために学資保険を検討している人に、mybest編集部が現時点で最もおすすめできるNo. 1学資保険だといえます!.

次の

学資保険(低解約払戻金型保険)返戻率比較ランキング

比較 学資保険

低解約返戻金型終身保険は、初期の解約返戻金を低く抑えることで保険料を安くしながら貯蓄性を維持した商品です。 そのため、注意しなければならないのは、 保険料の払込が終わる前に解約してしまうと、解約返戻金は少額しか戻ってきません。 この点が低解約返戻金型終身保険の大きなデメリットで、払込終了までに保険料を無理なく支払えるかどうかをしっかりシミュレーションし加入する必要があります。 学資保険と低解約返戻金型終身保険を比較 学資保険と低解約返戻金型終身保険の違いをじっくりと比較してみましょう。 低解約返戻金型終身保険の被保険者は親 学資保険の被保険者は子供ですが、低解約返戻金型終身保険の被保険者は親となります。 そのため、 子供の年齢による制約はなく、加入する時期や保険料の払込期間の設定など、自由に決めることができます。 低解約返戻金型終身保険を学資保険のように使いたいなら、 子供がいくつのときに加入しても15歳になるころに保険料の払込を終えておけば、その後いつでも解約してまとまったお金を手にすることができるのです。 つまり、 子供の年齢が加入時期を過ぎてしまうと加入できなくなる学資保険のデメリットを、低解約返戻金型終身保険を活用すればクリアできるということになります。 低解約返戻金型終身保険は保険金受取の自由度が高い 学資保険では、満期金やお祝い金を受け取れる時期が決められ、保険金は子供が被保険者であるため上限1,000万円までに制限されています。 さらに、分割で受け取る場合の比率も商品ごとに決まっているため、自由に設定できないというデメリットがあります。 低解約返戻金型終身保険の場合、契約者の年収による制限はありますが、親が被保険者となるため1,000万円以上の保険金を設定することも可能です。 受け取る保険金の金額や受取時期も自由に決めることができ、もし必要なければそのまま預けておいても構いません。 なお、学資保険でも満期金やお祝い金の据え置き制度を利用することができますが、長期間預かってもらうことはできず、据え置き期間は保険会社や商品によって決められています。 低解約返戻金型終身保険は長期的にお金を増やせる 学資保険は積み立てたお金の使用目的から、満期の時期は長くて22歳までとなっています。 低解約返戻金型終身保険では終身保険という性格上、満期期間は終身です。 したがって、 学費として使用しなければそのまま運用を続け、結婚資金や住宅購入資金が必要になるまでお金を増やしていくこともできます。 学資保険の場合、契約終了の時期を迎えた後に残ったお金は自分で運用しなければなりませんが、個人で行う投資より保険会社が大量の資金を投入して運用したほうが、好成績を期待できます。 低解約返戻金型終身保険では死亡保険金はすぐ支払われる 育英年金特約をつけていない学資保険の場合、契約者に万一のことがあれば以後の保険料は免除されます。 しかし、 満期保険金は満期まで受け取ることはできないという点でデメリットとなります。 低解約返戻金型終身保険なら、 被保険者が死亡あるいは重度障害になるとすぐに保険金が支払われるため、大黒柱を失って大ピンチとなった家計を大いに助けてくれることになります。 低解約返戻金型終身保険は万一の保障も手厚い 学資保険の場合、満期時に受け取れる保険料は契約したときに決められた金額です。 一般的に学資保険の満期金は200~300万円にされているご家庭が多いため、満期時に受けとれるお金も200~300万円となっています。 一方、 低解約返戻金型終身保険は終身の死亡保険であるため、被保険者に万一のことがあれば高額の死亡・障害保険金を受け取ることができます。 このときに契約は終了となるため、 当然ながら以後の保険料の支払いは不要です。 低解約返戻金型終身保険では子供の健康状態は問われない 学資保険の被保険者は子供であるため、子供の健康状態によっては加入できないこともあります。 低解約返戻金型終身保険の場合、被保険者は親となるため、子供の健康状態を問われることはありません。 したがって、 万一子供が学資保険に入れなくても、低解約返戻金型終身保険を活用することで教育資金を準備してあげられます。 低解約返戻金型終身保険は子供がいなくても加入できる 低解約返戻金型終身保険の被保険者が夫または妻であれば、子供の有無とまったく関係なく加入できます。 学資保険に限らず、生命保険は契約者と被保険者の年齢が低いほど保険料が安くなります。 そのため、学資保険においても早期の加入がすすめられていますが、最速でも妊娠後安定期に入ってからでなければ加入できません。 低解約返戻金型終身保険なら、妊娠を待たずに今すぐ有利な条件で加入できます。 長引く低金利を受けて、貯蓄型保険の金利は下がる一方です。 できるだけ早く保険に加入したいなら、学資保険だけでなく低解約返戻金型終身保険も検討するのもよいでしょう。 低解約返戻金型終身保険の契約者に制限はない 学資保険の契約者は、両親でなければならないというわけではなく、被保険者の3親等以内の間柄の方、つまり祖父母でも契約者になることはできます。 しかし、年齢制限や居住条件など制約が多く、学資保険の最大のメリットである「払込免除特約」に加入できないケースがあるなど、祖父母による学資保険の契約はあまりおすすめできません。 一方、 低解約返戻金型終身保険であれば自由に契約できるので、お孫さんに教育資金をプレゼントしたいという方にとって、大変重宝な商品といえます。 低解約返戻金型終身保険の最大のデメリットは早期解約による元本割れ 学資保険も中途解約すれば元本割れしてしまいますが、低解約返戻金型終身保険の場合、解約時期によってはほとんど返戻金を期待することはできません。 低解約返戻金型終身保険は名前通り、解約返戻金を低く抑えることでリーズナブルに保険を購入できる設計になっている商品です。 低解約返戻金型終身保険では、保険料の支払いが完了するまでに解約してしまうと大損することを契約者が知っているため、通常の終身保険に比べて中途解約する人が少なくなる傾向があります。 そのため、解約返戻金型終身保険では解約による解約返戻金の支払いリスクが低くなり、保険会社は預かった保険料を安定的に長期運用できるのです。 これがリーズナブルな保険料でありながら、保険料支払い後の返戻率が高いという、低解約返戻金型終身保険のお得さの秘密です。 支払期間が短いと保険料の負担が重くなる 低解約返戻金型終身保険のメリットを活かすためには、保険料の支払いが終了するまで解約しないことです。 そのため、 学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険を利用する場合には、教育資金が必要となる時期までに保険料を支払い終えておく必要があるのです。 低解約返戻金型終身保険へはいつでも加入できますが、加入が遅くなって保険料の支払期間が短くなってしまうと、毎月の保険料の負担が重くなってしまいます。 この点を踏まえて、 低解約返戻金型終身保険への加入は計画的に行うことが大切です。 学資保険と低解約返戻金型終身保険の上手な利用方法 学資保険と低解約返戻金型終身保険をそれぞれの特徴を理解して上手に組み合わせることで、将来の子どもの学資金の準備も順調に進みます。 子供がまだいない方におすすめの利用方法 結婚してまだ子供がおられない方は、まずは低解約返戻金型終身保険で世帯主の死亡保障を確保しておくとよいです。 低解約返戻金型終身保険は若いときに加入するメリットが特に大きい商品で、支払保険料の総額をかなり圧縮しながら十分な保障を手にすることができます。 そのうえで、 妊娠後安定期に入ったらすぐに学資保険にも加入する時、世帯主の死亡保障はすでに低解約返戻金型終身保険で確保できているので、学資保険の「払込免除特約」を外すことでさらに返戻率を高くすることも可能となります。 子供が複数おられる方におすすめの利用方法 子供が複数おられる方の場合、子供の年齢によっては学資保険を選択しないほうが有利になるケースもあります。 たとえば子供が3歳違いだった場合、満期金やお祝い金が重複して支払われることになり、所得税の課税対象となってしまうことも考えられるためです。 低解約返戻金型終身保険なら、保険料の払込終了後であれば保険金の受取時期を自由に設定できるため、受取時期をずらすことで課税を免れることができます。 年の差夫婦におすすめの利用方法 夫と妻の年齢差が大きい場合、学資保険の契約者を妻にすることで保険料を安くできます。 その上で 世帯主の万一に対しては、低解約返戻金型終身保険でしっかり備えておけばよいのです。 教育プランが不確実な場合に安心 学資保険の契約では、必要となる教育資金の金額や支払い時期をプランニングしておく必要があります。 お祝い金の設定をしなかったばかりに、私立中学への入学資金が不足してしまったり、大学に進学しなかったのに22歳まで満期金が受け取れなかったりするようなことはよくあります。 そこで、 低解約返戻金型終身保険の保険料をお子さんが12歳になるまでにすませておけば、必要なときにいつでもお金を引き出すことができるし、必要がなければいつまでも寝かせておくこともできると便利です。

次の