スピーシーズ。 絶倫エイリアンが地球人を襲う映画『スピーシーズ 2』

【映画】スピーシーズ

スピーシーズ

スポンサーリンク あらすじ 人類は、宇宙に向けてメッセージを送った。 それから20年後、思いがけず「返信」を受け取った科学者たち。 その返信には、人間に組み込むことができるDNAデータが含まれていた。 科学者たちはそのDNAデータを人間のDNAに組み込み、人工的に一人の子供を創る。 その子供の名はジル。 性別は女性。 ジルは驚異的な速度で成長していく。 その成長速度に恐れを抱いた科学者たちは、まだ幼い少女のジルを毒ガスで殺そうとするが、失敗。 ジルはロサンゼルスに逃亡してしまう。 一方、ジルを捕らえるために、特殊チームが編成される。 ジルが「ある目的」を果たす前に捕らえるか、または殺すために、特殊チームはジルを追跡する。 ネタバレを含みます エイリアンの目的は? ジルはエイリアンからの返信に含まれていたDNA情報を元に創られました。 では、そのDNA情報を送ってきたエイリアンの目的は何だったのでしょう? ジルの行動から考えると、このDNA情報自体が人類を滅亡させるための兵器とも言えるのではないでしょうか? 現実の世界でも、「外来種が固有種を駆逐してしまう」ということが問題となっています。 同じように、「地球人の中にジルという外来種を放り込み、ジルにより地球人を絶滅させる」ということがエイリアンの目的だったのかもしれません。 映画『スピーシーズ 種の起源』のセリフでも「閉ざされた生態系に肉食動物が入ると、弱い種が絶滅する」とありました。 エイリアンが地球人を絶滅させる目的で送り込んだDNA情報を科学者たちが受け取り、エイリアンの目論見通り、ジルという外来種を創り上げてしまった。 映画『スピーシーズ 種の起源』のラストでは、ジルとその子供は殺されましたが、ジルの欠片を食べたネズミが「外来種」になってしまいました。 一度解き放たれてしまった『外来種』は、そう簡単には駆除できないものなのですね。 人間の意思か、エイリアンの意思か ジルが人間の世界で果たそうとした目的は、子孫を残すこと。 映画『スピーシーズ 種の起源』のセリフにもありましたが、この「子孫を残す」という行動は、果たしてジルの中の人間の部分によるものなのでしょうか。 それともエイリアンの部分によるものなのでしょうか。 もしも人間の部分により引き起こされた行動だとしたら、エイリアンのDNAは、単に人間の本能(子孫を残す)の手伝いをしていただけになります。 もしも人間の「子孫を残す」という本能がそれほど強くなく、なにか別の本能の方が強ければ、その別の本能が強く表に出ていたかもしれません。 例えば、ジルは強烈な食欲を持つ存在になっていたかもしれません。 一方で、エイリアンの部分により引き起こされた行動だとしたら、ジルに埋め込まれたエイリアンのDNAは、地球人を滅亡させるために送り込まれたものと考えられるでしょう。 映画『スピーシーズ 種の起源』では、結局、人間の本能だったのかエイリアンの本能だったのか、はっきりしませんでした。 もしかしたら、どちらか、ではなく、両方の本能だったのかもしれませんね。 これはフィクションなのか? 映画『スピーシーズ 種の起源』はフィクションなのですが、同じようなことが現実に起こらないとは限りません。 例えば、NASAは以前、『惑星保護管』という職種で求人を出したことがあります。 惑星保護官の仕事は、地球の生物(微生物などを含む)を誤って他の星に運んでしまうことを防ぐこと。 また逆に、別の星から地球に地球外生命体を持ち込まないようにすること。 宇宙探査が可能になり、いずれは民間の宇宙旅行も行われるという時代。 例えば宇宙船の船体に付着した微生物を地球に持ち帰ってしまうことで、地球が未曾有の危機に瀕してしまうこともあるかもしれません。 種の起源 映画『スピーシーズ 種の起源』のサブタイトルとなっている『種の起源』。 ちょっと考えてみると、なかなか面白いタイトルですよね。 そもそも人間という種は、地球上での進化の結果として誕生したのではなく、宇宙人によって創造された、という説もあるそうです。 この「宇宙人によって創造された」という説は、「人類が四足歩行から二足歩行に移行する途中の化石が全く見つかっていない」ということから端を発しているようです。 また、人間の遺伝子は99パーセントがオランウータンやチンパンジーと同じとされていますが、残りの1パーセントがいつ、どのように変異し、人間となったのかは分かっていないそうです。 もしかしたら人類は、映画『スピーシーズ 種の起源』のジルのように、科学的に創られて繁栄した種なのかもしれませんね。

次の

スピーシーズ (すぴーしーず)とは【ピクシブ百科事典】

スピーシーズ

エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。 監督は「カクテル」「ゲッタウェイ 1994 」のロジャー・ドナルドソン。 製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。 撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。 怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。 出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。 怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。 1995年製作/108分/アメリカ 原題:Species 配給:UIP ストーリー 約20年前、宇宙に向けて人類が発信したメッセージに返事が帰ってきた。 遠い宇宙の彼方の知的生命体は、遺伝子の基であるDNAの不思議な配列を返信していた。 フィッチ(ベン・キングスレイ)率いる科学者グループは秘密研究所で、謎のDNAと人類のDNAを結合させる極秘実験を行う。 DNAを注入された卵子はわずか数週間で女性の胎児、そして赤ん坊から少女へと成長を遂げた。 科学者たちは彼女をシルと命名するが、やがて彼女の危険性を見抜き、抹殺しようとする。 研究所から逃げ出したシル(ミシェル・ウィリアムズ)を捜し出すため、フィッチは各分野から選ばれた特殊チームを編成した。 メンバーは、追跡と抹殺のエキスパートのプレストン(マイケル・マドセン)、霊能力者のダン(フォレスト・ウィテカー)、分子生物学者のローラ(マーグ・ヘルゲンバーガー)、異文化行動学の権威アーデン(アルフレッド・モリーナ)の4人。 その間にも絶世の美女に成長を遂げたシル(ナターシャ・ヘンストリッジ)はロサンゼルスに向かい、生殖のために交尾の相手を捜し歩いていた。 交尾に成功すれば、シルの種族が急速に繁殖することは必至だった。 それは人類の絶滅を意味する。 シルを倒すには細胞の一片も残らず焼き払わねばならない。 チームはシルの行動を追うが、ことごとく失敗。 アーデンとフィッチが犠牲になりながらも、醜怪な正体を現したシルを地底の洞穴に追い詰めた3人は、死闘の果てに辛くも焼き払うことに成功する。 だが、その時すでにシルは子供を産み落としていた……。 地上波でも何度も見たけど、改めて見ると、とにかく女の子が可愛い!霊能者ダン(フォレスト・ウィテカー)はいかにも死にそうな雰囲気!アルフレッド・モリナ若い!マイケル・マドセンの解説はわかりやすい(笑)! フォレスト・ウィテカーは好きなんですが、科学的(?)な設定の割に霊能力に頼ってシルを探すというのがわけわからない。 この頃だと、もうGPS技術もあったろうし、もっと科学的な追跡方法を・・・。 相手の男が糖尿病だったから殺してしまうとか、面白い設定もある。 なんといっても一番オバカなアルフレッド・モリナ。 殺され方は『レイダース失われたアーク』と変わっていない・・・こういう死に方が良く似合うってことなのかも。 Powered by• 2004年• 1998年• 1995年 スピーシーズ 種の起源• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー•

次の

デグー フクロモモンガ 販売 スピーシーズ

スピーシーズ

エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。 監督は「カクテル」「ゲッタウェイ 1994 」のロジャー・ドナルドソン。 製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。 撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。 怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。 出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。 怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。 1995年製作/108分/アメリカ 原題:Species 配給:UIP ストーリー 約20年前、宇宙に向けて人類が発信したメッセージに返事が帰ってきた。 遠い宇宙の彼方の知的生命体は、遺伝子の基であるDNAの不思議な配列を返信していた。 フィッチ(ベン・キングスレイ)率いる科学者グループは秘密研究所で、謎のDNAと人類のDNAを結合させる極秘実験を行う。 DNAを注入された卵子はわずか数週間で女性の胎児、そして赤ん坊から少女へと成長を遂げた。 科学者たちは彼女をシルと命名するが、やがて彼女の危険性を見抜き、抹殺しようとする。 研究所から逃げ出したシル(ミシェル・ウィリアムズ)を捜し出すため、フィッチは各分野から選ばれた特殊チームを編成した。 メンバーは、追跡と抹殺のエキスパートのプレストン(マイケル・マドセン)、霊能力者のダン(フォレスト・ウィテカー)、分子生物学者のローラ(マーグ・ヘルゲンバーガー)、異文化行動学の権威アーデン(アルフレッド・モリーナ)の4人。 その間にも絶世の美女に成長を遂げたシル(ナターシャ・ヘンストリッジ)はロサンゼルスに向かい、生殖のために交尾の相手を捜し歩いていた。 交尾に成功すれば、シルの種族が急速に繁殖することは必至だった。 それは人類の絶滅を意味する。 シルを倒すには細胞の一片も残らず焼き払わねばならない。 チームはシルの行動を追うが、ことごとく失敗。 アーデンとフィッチが犠牲になりながらも、醜怪な正体を現したシルを地底の洞穴に追い詰めた3人は、死闘の果てに辛くも焼き払うことに成功する。 だが、その時すでにシルは子供を産み落としていた……。 地上波でも何度も見たけど、改めて見ると、とにかく女の子が可愛い!霊能者ダン(フォレスト・ウィテカー)はいかにも死にそうな雰囲気!アルフレッド・モリナ若い!マイケル・マドセンの解説はわかりやすい(笑)! フォレスト・ウィテカーは好きなんですが、科学的(?)な設定の割に霊能力に頼ってシルを探すというのがわけわからない。 この頃だと、もうGPS技術もあったろうし、もっと科学的な追跡方法を・・・。 相手の男が糖尿病だったから殺してしまうとか、面白い設定もある。 なんといっても一番オバカなアルフレッド・モリナ。 殺され方は『レイダース失われたアーク』と変わっていない・・・こういう死に方が良く似合うってことなのかも。 Powered by• 2004年• 1998年• 1995年 スピーシーズ 種の起源• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー•

次の