天空 の 城 ラピュタ 登場 人物。 天空の城ラピュタ:登場人物 | ジブリ博物館

名作映画「天空の城ラピュタ」徹底解説!パズーとシータその後は?│雑学探求心

天空 の 城 ラピュタ 登場 人物

天空の城ラピュタとは 謎の青い石をめぐる物語 少女シータは政府の飛行船に捕らえられていました。 彼らはシータの持つ青い石を手に入れたいのです。 同じく石を狙う女海賊ドーラの飛行船に攻撃され、シータは逃げようとして飛行船から落ちてしまいました。 仕事帰りのパズーは、石の放つ不思議な光につつまれて、ゆっくりと落ちてくるシータを見つけ、受け止めて家に運びました。 シータは気が付き、自分が生きていることを確認します。 そこへドーラの襲撃に合い、二人は炭鉱の底へと落ちていきますが、石の力のおかげでゆっくりと着地して助かります。 炭鉱のポム爺さんの話によると、その不思議な石はラピュタの飛行石の結晶でした。 パズーの父は伝説の空の城ラピュタを見たことがあり、パズーもまたそこに行くことが夢だったのです。 地上に戻った二人は政府の特殊機関のムスカ大佐に捕まってしまいます。 ムスカは以前に空から落ちてきたロボットを見せ、高度な科学技術を持っているラピュタは今も空のどこかにあり、シータはラピュタ王の末裔であると明かします。 シータはパズーを助けるためにムスカに協力することを約束し、パズーは解放されます。 がっくりと帰宅するパズーお家にドーラが待ち受けていました。 パズーはドーラの叱責を受け、一緒にシータを救いにいくことを決意しました。 するとロボット兵が目覚めて暴れだし、シータの飛行石が突然強い光を放ち、ラピュタ城のある空の方向を差し示したのです。 ドーラとパズーに助けられたシータは、共にラピュタに向かうのでした。 見張りをしていたシータとパズーですが、再びムスカの飛行船艦ゴリアテに追われ、見張り台もろとも竜の巣と呼ばれる厚い雲にのまれてしまいます。 強い嵐が急に晴れ、二人はラピュタを発見し、着陸しました。 そこで二人は鳥の卵を守り、お墓に花を手向ける庭園ロボットに出会い、花と緑の風景や水に沈んだかつての平和な町を見るのでした。 その後、爆音を聞いた二人はドーラ達がムスカに捕まっていることを知り、助けに向かいますがシータが捕まってしまいます。 シータを連れて、ラピュタ中枢部に向かうムスカは自分もまた、ラピュタ王の末裔なのだと明かします。 ムスカの狙いが、ラピュタの力を持ち、全世界の征服であることを知ったシータは助けに来たパズーと共に滅びの呪文「バルス」を唱えるのでした・・・・ 天空の城ラピュタの主題歌 宮崎駿のメッセージ 主題歌『君を載せて』の作詞は映画の監督でもある宮崎駿、作曲・編曲は久石譲です。 歌は井上杏美、収録アルバムは『天空の城ラピュタサウンドトラック~飛行石の謎~』です。 天空の城ラピュタの登場人物と声優 特色のあるキャラクターと声優 登場人物と声優 パズー(田中真弓)炭鉱で働く男の子。 シータを救うために奔走する。 シータ(横沢啓子)ラピュタ王の末裔。 ムスカ(寺田農)政府の特殊機関所属。 ラピュタ王の末裔でありラピュタ再生と世界征服をもくろむ。 ドーラ(初井言榮)飛行石を手に入れようともくろむ飛行船の女海賊。 天空の城ラピュタの小説とは ラピュタその後 天空の城ラピュタには小説版があります。 小説天空の城ラピュタ前篇・後篇、アニメージュ文庫より出版されています。 原作と絵は宮崎駿、文章は宮崎氏と親交のあった亀岡修です。 小説には映画では描かれなかったシーンがあります。 映画のラストでは、シータとパズーはドーラ達と別れるシーンで終わりますが、小説はエピローグでその後の二人を描いているんですね。 そこでは、シータとパズーはそれぞれの故郷に戻ります。 半年後、パズーからシータの元へ手紙が届きます。 手紙にはパズーが作っているオーニソプター(鳥形飛行機)の最後の部品が手に入り完成しそうだと書いてありました。 そしてオーニソプターに乗ったパズーがシータに会いに来るイラストが掲載されています。 二人の親交はこれからも続いていくのですね。

次の

天空の城ラピュタ|登場人物の年齢は?キャラの声優一覧!【金曜ロードショー】

天空 の 城 ラピュタ 登場 人物

左から、アンリ、シャルル、ルイ マイケル・マクシェーンドーラの長男で、30歳。 豊かな口髭を蓄えた大男で、ダッフィーと盛んに力比べを繰り広げた。 胸筋を勢いよく膨らませてシャツの前を吹き飛ばすことができるなど 筋骨隆々で腕力も兄弟中で一番強い。 ルイからは「兄貴」、アンリからは「兄ちゃん」と呼ばれている。 ちょび髭を生やしている。 ドーラ一家の中で真っ先にシータに惚れ ミンス・ミートパイが大好物。 主にタイガーモス号の操縦士を務めており、あまり表に出ない。 常に格好をつけているが、空中海賊の息子の割には少々気弱な性格。 三兄弟の中では唯一、名前を呼ばれるシーンが無い。 政府から派遣された、特務機関(情報部)所属の諜報員(情報部員)であり、 階級は大佐、年齢は28歳。 視力が悪く、度の入ったサングラスをかけている。 表向きこそ慇懃な口調で紳士的に振舞うが、目的のためには一切手段を選ばず、 上司や部下すらも簡単に見捨て、人命を塵芥のごとく軽視し、 嬉々として残虐行為に手を染める冷酷非情な冷血漢。 ラピュタ名(継承名)は「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」。 ラピュタ王族の分家であるパロ家の末裔であり、ムスカ本人によれば、 王家は地上に降りた際に二つに分かれたという。 シータの家系は飛行石、ムスカの家系はラピュタに関する 古文書をそれぞれ継承しており、劇中では古文書の写しと対訳を 書き記した手帳を持ち歩いている。

次の

ラピュタ登場人物紹介

天空 の 城 ラピュタ 登場 人物

登場人物 パズー 本作の主人公。 スラッグ渓谷の鉱山で働く見習いの機械工。 明るく活発な性格の10代の男の子。 ラピュタが実在していると信じており、いつか存在を証明しようと夢を抱いている。 そんな折、空から降ってきたシータと出会い、冒険に繰り出していく。 シータ 本作のヒロインで、ゴンドアの谷に住んでいる。 ラピュタを狙う大佐ムスカの特務機関に拉致されているところをドーラ一家の襲撃に遭い、逃げ出そうとして飛行船から転落。 パズーに助けられた。 先祖から受け継がれている飛行石のペンダントを首からさげている。 かつて、天帝としてラピュタに君臨した王族の宗家たるトエル家の末裔。 継承名は「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」。 ラピュタ語でトエルは真、ウルは王を意味し、彼女が真のラピュタ王である事を意味している。 ムスカ 本作の悪役。 政府から派遣された、特務機関所属の諜報員であり、階級は大佐、年齢は28歳。 継承名は「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」。 ラピュタ王族の分家であるパロ家の末裔。 あらすじ 鉱山で働く少年パズー。 日課は住んでいる家の高台から鳩に餌をあげるこころ優しい男の子。 鉱山で働いていたところ、空から落ちてくる少女シータを出会う。 少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ飛行船に乗せられていた。 彼らの狙いはシータが亡き母から受け継いだ、謎の青い石。 そこへその石を狙う空中海賊ドーラ一家の襲撃があり、逃げようとしたシータは誤って飛行船から落ちる。 落ちた少女シータをパズーが救い出すところから物語は始まります。 パズーはシータが追われていることを知り、彼女を守って共に逃げます。 ドーラ一家に追われた二人は谷の廃坑に落ちるが、石の力によって再び救われることに。 石に詳しい老人ポムによればそれは昔ラピュタで作られた飛行石だという。 ラピュタは空に浮かぶという伝説の城だが、今は亡きパズーの父はラピュタを見ており、ラピュタへ行くのはパズーの夢だった。 ネタバレ ポムと別れ、地上に戻った二人は特務機関に捕まり、軍の要塞へと連行される。 そこでシータは特務機関を指揮するムスカ大佐から、以前ラピュタから落ちてきた壊れたロボット兵を見せられる。 ラピュタは遠い昔に滅びたが、かつて高度な科学力で天空から世界を支配した強大な帝国であり、今も空のどこかに浮いているという。 飛行石はラピュタの王族が、いつかラピュタに帰るために代々受け継ぐ物だったのだ。 ムスカはシータがラピュタ王の末裔だと明かす。 やがて牢屋から解放されたパズーと再会したシータはラピュタの探索をあきらめるようにパズーに告げ、失意と共に要塞を去っていくパズーを涙とともに見送った。 その夜、シータは昔教わった困った時のおまじないを何げなく唱える。 彼女は知らなかったが、それはラピュタの封印を解く言葉だった。 その言葉によりロボット兵が突如目覚めて暴れ出し、飛行石は空に光を放ってラピュタの位置を指し示す。 一方、ムスカに解放されたパズーはいつの間にか自宅に入り込んでいたドーラ一家に捕まってしまう。 シータに裏切られたと思い込みふさぎ込んでいたパズーは、ドーラの叱咤を受けて自分を突き放すような態度を取ったシータの真意に初めて気づき、飛行石を奪うために要塞へ向かうドーラたちに自分も連れて行くように懇願する。 ドーラも、パズーが同行したほうがシータが言うことを聞くだろうと考えてる。 ロボット兵の暴走によって混乱する要塞から協力してシータを救い出すことに成功。 しかし、飛行石はムスカの手に渡り、彼はロボット兵を破壊した軍と共に先んじてラピュタに出発する。 パズーとシータもドーラの飛行船に乗せてもらい、後を追う形でラピュタへと向かう。 だが、ドーラの飛行船は軍に発見され雲間に逃れるも、再度遭遇し攻撃されてしまう。 巨大な低気圧の中心「竜の巣」が迫る中、ドーラの命令で見張り台を切り離してグライダーとして使用していたパズーとシータだったが、軍の攻撃により繋いでいたワイヤーが断ち切られ、飛行船とはぐれて「竜の巣」に飲み込まれてしまう。 雷の嵐の中を彷徨うパズーは、目前に現れた青白い父の飛行船の幻影を目撃し、それに導かれるようにラピュタに辿り着く。 その後、パズーを見つけたムスカの部下の銃撃から守ろうとしたシータがムスカに捕まってしまう。 ムスカの本当の狙いは、ラピュタの力を手に入れて世界を支配すること。 ムスカはシータに自分もラピュタ王の末裔だと明かし、飛行石で城の力を操って、軍の兵隊を皆殺しにする。 ムスカの非道な仕打ちにシータはムスカから飛行石を奪って逃げ、助けに来たパズーと共に、昔教わった滅びの言葉「バルス」を唱える。 すると飛行石が強力な光を発して城は崩壊し、ムスカは瓦礫と共に海へ落ちる。 パズーとシータはグライダーで城から離れ、先に脱出していたドーラ一家と空で再会して喜び合う。 ラピュタを浮遊させていた巨大な飛行石の結晶は、ラピュタ全体を覆っていた大樹の根に囲まれて、城の上層部とともに更に高空へと飛び去っていくのだった。

次の