セイウチ 演算 子。 Pythonメモ

Python3.8の新機能

セイウチ 演算 子

古来、では「代入は文であるべき!」と一貫して主張してきました。 では、代入は式ではないので、こういう書き方はできません。 の代入は、足し算などのの仲間ではなく、 if や for のような制御文の仲間で、あまり自由な書き方は出来ないのです。 この間違いは比較的発生しやすく、一見正しい処理に見えてしまうため発見しにくいBugの原因として知られています。 このような書き方は、 とも呼ばれます。 は1990年代初頭にリリースされて以来30年近く、代入がであるをこんな風にDisり続けてきたわけですが、ここへ来て突如方針を転換します。 君子は豹変するのです。 あるとき、の開発者で「にのような代入を導入しよう」という提案がありました。 過去にも似たような提案がされており、やれやれまたか、まあ採用はされないだろうけどできるだけいろいろ議論してドキュメントにまとめ、今後似たような提案があったときに参照できるようにしよう、ということになりました。 多くの開発者はこの提案が受け入れられるとは思ってもいなかったし、の仕様決定権をもつの父 氏もそのつもりはなかったようです。 しかし、議論が進むにつれ、なんとGuidoが代入を受け入れる意向を示し始めました。 多くの開発者はこの提案に反対で、大変な議論が巻き起こりましたが、Guidoを始めとする推進派は丁寧に議論を進め、最終的に としてに導入されることとなりました。 この議論で疲れ果てた Guido は、の最高権力者であるBDFL Benevolent Dictator For Life:慈悲深き終身 からの退任を表明することとなります。 セイウチ このような紆余曲折を経て、 3. 8では 代入式 が導入され、次のように書けるようになりました。 そう言われてしまうと、もうセイウチにしか見えなくなります。 get key, - 1 if v! get key, - 1! これまで、データの編集と判定を同時に行うような処理は、リスト内包ではすっきりと書けませんでした。 strip if text: result. strip for text in data if text. strip ] のように、 text. strip for text in data if s] のように、一つ余計にを作成する必要がありました。 strip ] とすっきり記述できるようになりました。 atsuoishimoto.

次の

Pythonは本当にコロンを多用するのか検証する

セイウチ 演算 子

関連まとめ記事• 著者プロフィール 羽山 博(はやま ひろし) 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。 ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。 読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。 2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。 現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。 吉川 明広(よしかわ あきひろ) 芝浦工業大学工学部電子工学科卒業後、特許事務所勤務を経て株式会社アスキーに入社。 パソコン関連記事の執筆・編集に従事したのち、フリーランスの翻訳編集者として独立。 コンピューターとネットワーク分野を対象に、書籍や雑誌の執筆・翻訳・編集を手がけている。 どんな難解な技術も中学3年生が理解できる言葉で表現することが目標。 2000年〜2003年、国土交通省航空保安大学校講師。 2004年~現在、お茶の水女子大学講師。

次の

演算子一覧表

セイウチ 演算 子

はじめに もうすぐPythonの最新バージョンのベータ版が公開される予定です。 最終の安定版が利用可能になるまでは、もう少し時間がありますが リリーススケジュールは 、どのような新機能が追加されているのかを調査することには十分価値があります。 Python 3. 8 では、言語としての構文の追加、既存の挙動に関しての軽微な変更、そして全体的な速度の改善が追加されています。 これらの変更は、以前の3. 7のリリースまでの習慣を維持したものとなっています。 この記事では Python 3. 8 に関して、最も重要な追加点・変更点の概要を説明します。 ぜひ見てください。 これにより、式の一部として変数を代入することができます。 後続の条件で式の値を利用したいとき、コードの行数を減らすことができるというメリットがあります。 readline while line:... readline 以下のように短く書くことが出来ます。 readline :... 何らかの処理 これはコードを簡潔にしますが、コードの読みやすさに影響を与えると言う人もいるでしょう。 最初のコードの方が明確で明示的であると言うこともできます。 この議論は、Python コミュニティーにおける論争の的となっていました。 (詳細は) 2. 関数の例を記載します。 振る舞いを以下に示します。 この書き方は昔はかなり冗長でした。 つまり、文字列の"foo"と変数の"foo"の両方を書かなければいけません。 なので、下記のように簡単に書くことが出来ます。 reversed が dictとして動作 Python 3. 7 以来、辞書はキーの挿入順序を維持します。 組み込みの reversed 関数を使うと、辞書に逆の順番でアクセスすることができるようになりました。 ちょうど、 OrderedDictのような挙動になります。 items [ 'b', 2 , 'a', 1 ] 5. returnや yieldに対して反復可能オブジェクトの展開の単純化 Python 3. 2 以来、括弧なしで return や yield 文内で展開をすることができない、という意図しない挙動が存在していました。 なので、以下は許可されます。 新しい文法の警告 タプルやリストの前にコンマがないような場合、今回の変更でPythonインタプリタが SyntaxWarning を発生させるようになりました。 この警告は何が間違っているのかが非常にわかりにくいです。 役に立つ警告はコンマが抜けている、ということを指摘することです。 これによりデバッグの役に立つでしょう。 また、最新のコンパイラは、特定のリテラル型 string や integers など に対して同一性検査 is や is not などを使って した場合も SyntaxWarning を発生させます。 None 以外のリテラルと比較したいことはほとんどないでしょう。 コンパイラの警告によって、わかりにくいバグを回避することができます。 パフォーマンス改善 今回のリリースでは、 Python 3. 7 のリリースに続いて、いくつかのパフォーマンス改善が追加されています。 operator. 引数処理を最適化し、単一の負でない整数インデックスの一般的なケースの高速パスをタプルに追加することによって可能になりました(これは標準ライブラリの一般的な使用例です)• collections. namedtuple のフィールド検索が2倍以上速くなりました。 これにより、Python におけるもっとも高速なフィールド検索となりました。 入力された反復可能オブジェクトが既知の長さを持つ場合 つまり len が実装されている 、 list コンストラクタは内部のアイテムバッファを過剰に割り当てません。 クラス変数への書き込みが2倍速くなりました。 非dunder属性 double underscore が更新されるとき、アップデートスロットの不必要な呼び出しが存在していましたが、最適化されました。 引数をこれらの関数に渡す時のオーバーヘッドが削減されます。 uuid. UUID がメモリフットプリントを削減するために、スロットを使うようになりました。 Python 3. 8 へのアップグレードの中で、既存のコードを変更する必要が出てくるも何点かあります。 しかし、パフォーマンス改善や新規構文による全体的なメリットの方が大きいでしょう。 全ての新しくなった点の詳細な変更履歴は、で見つけることができます。

次の