近く の ラーメン。 極上の一杯に出会える!ラーメン通が唸る美味しいラーメン徹底記事

和歌山市駅近くにラーメン店「誉」 地産食材にこだわり、居酒屋メニューの提供も

近く の ラーメン

新宿・世田谷・中野・杉並・吉祥寺エリア らぁ麺 やまぐち 【高田馬場】 移転を機にますますパワーアップ。 超激戦区高田馬場においても王者の風格 東京のラーメンシーンにおいても「近年稀に見る実力派ぞろい」として知られる「2013年組(2013年にオープンしたラーメン店の総称)」を代表する店舗のひとつ。 会津地鶏・山水地鶏・吉備鶏をはじめ、複数の鶏(鶏ガラ、丸鶏)を縦横無尽に組み合わせながら出汁を採り、キレ味鋭い食味と分厚いコクとの両立を図ったスープは、近年増加傾向にある鶏系淡麗ラーメンの中でも、別次元の水準の高さ。 うま味を一層増幅させるべく羅臼昆布を活用するなど、要所を押さえた「配役」も、食べ手に無上の安心感を抱かせる。 都内のラーメンの「今」を知るには、外すことができない実力店だ。 腰を落ち着けてラーメンを啜るには最適の環境だ。 同店が手掛けるレギュラーメニューは4種類あるが、特にオススメなのが筆頭メニューである「潮そば」。 出汁は、「大山鶏」と「総州古白鶏」の丸鶏・鶏ガラ・モミジを軸に、ホンビノス貝・香味野菜を合わせ丁寧に炊き上げたもの。 出汁だけではない。 タレも、山海の滋味を「イタリアの岩塩」「瀬戸内の藻塩」「伯方の塩」をブレンドした塩に重ね合わせるこだわりよう。 素材の持ち味を極限まで引き出す工夫と、傑出したバランス感覚で、ゴクゴクと飲み干せてしまうスープを創り出すことに成功している。 そんな貴方に薦めたい『麺と未来』 コシがあることが重視されがちな中華麺。 そんな既成概念を打ち破るべく、あえて「コシがない」麺で勝負を挑む店主。 麺はもちろん自家製。 類例のない太さと、「もち小麦」特有のモッチリとした食感が、既にリピーターを量産している。 基本メニューは「塩らーめん」。 出汁は、丸鶏・手羽先・モミジを丹念に湯煎し、アサリを追加した後、完成する直前に羅臼昆布・煮干・鰹節を加えたもの。 一瞬の油断も許されない緻密な作業のたまものだ。 塩ダレには、厳選した藻塩を使用。 それに、うま味成分が豊富な料理酒『蔵の素』を加え、更に『鮎魚醤』を織り交ぜる。 オープンした後も絶えず味を確かめ即座に改善。 人気が出るのも当然だろう。 がっつり系麻婆麺をご所望であれば、同店で決まりだ 西馬込の実力店『麺処鳴声』の2ndブランド。 『鳴声』のフラッグシップメニューは担々麺であり、辛系ラーメンの創作を得意とすることで知られる。 そのような実情にかんがみれば、同店の不動の看板メニューが「辛っとろ麻婆麺」であることも納得だ。 補助なしで箸が立つほど強烈なトロミを宿した麻婆餡が終始メインを張り続ける1杯は、他の一般的な麻婆ラーメンとは一線を画するインパクトの強さ。 味もまた一流。 麻婆の辛みとうま味のバランスが的確無比であることは、当然の前提。 喉元を通り過ぎる刹那、うま味に含まれるほのかな甘みが心地良い余韻を刻むなど、味の組み立ても、食べ手が喜ぶツボを的確に押さえている。 麺の太さ、味付け、全てが完璧 西武新宿線沿線屈指の激戦区・野方エリアにおいて、「まぜそば」の一点で勝負する同店。 一瞬、「ここまで強気で大丈夫なのか」と心配したが、人気メニュー「コッテリそば」を口にした瞬間、その心配が杞憂であることを、まざまざと悟った。 一般的な油そばよりも一段階太いストレート麺は、名門製麺所の謹製。 デフォルト状態で甘辛い濃厚ダレをたっぷりと纏った「強・インパクト」な代物だ。 麺に、卵黄を溶かし込んで泥状と化したソースを絡め、一気に啜り上げれば、頬が落ちそうになるほどのうま味が強襲。 まぜそばでは必須とされる「卓上トッピング」の助力さえ不要。 思わず、2杯目を注文してしまいそうになったほどだ。 鉄壁の布陣で目指す、淡麗の頂 オープンから数日で店頭に大行列が発生。 ラーメン好きはもちろん、それ以外の方々も皆「『かしわぎ』のラーメンは間違いない!」と口を揃えるほどの優良店。 同店が手掛ける1杯は、豚ベースの清湯ラーメン。 抜群の透明感を誇る豚清湯出汁に、アサリ・昆布などを絶妙な塩梅で加えたスープは、啜った瞬間、頬が落ちそうな感覚に襲われる。 なかでも特に、オススメしたいのが「醤油ラーメン」。 キレとコクとを兼ね備えた醤油に、滋味豊かな煮干しを溶かし込んだタレの風味は唯一無二。 豚の重厚感を維持させながら全体を雄々しく牽引する味わいは、凡百の醤油清湯とは別次元だ。 現在、同店が提供する麺メニューは3種類。 「味噌」「辛味噌」「担々麺」だが、初訪時に食べるべきは「味噌らーめん」。 券売機筆頭メニューだ。 スープの出汁は、鶏ガラと豚ガラをバランス良く寸胴に投入しつつ、モミジ・香味野菜を加えてじっくりと炊き上げたもの。 もちろん、味噌ラーメンの味の決め手となる味噌にも、尋常ならざるこだわりを見せる。 中華鍋で炒める味噌にはキレのある「信州味噌」、味噌ダレには芳醇な「仙台味噌」を用い、喉元でピタリと収束するうま味を創出。 四季のように舌上で変遷するメリハリ豊かな味わいに、頬が落ちそうになる。 立地は必ずしも至便ではないが、訪れる客が絶えない、淡麗系ラーメンの実力店。 店主は、都内を代表する実力派『地雷源』グループで研鑽を重ねたすご腕。 同店の基本メニューは、「醤油の旨味ソバ」。 本年 2019年 3月には、同店が監修した同名のカップ麺が発売されるなど、名作の誉れ高き逸品だ。 スープは、鶏と豚骨が無類の存在感を誇示するが、シイタケ・昆布・サバ・カツオ・宗田節などから採った魚介出汁もうま味の形成にひと役買い、ファーストアタックから群を抜くクオリティの高さ。 甘辛いカエシの風味が拡がろうとする刹那、重層的なうま味を宿した出汁がカエシを支え補完するダイナミックな構成。 出汁だけでもカエシだけでもない、双方の魅力が食べ手を虜にする。 漂う一流の風格 特製らぁ麺(醤油) 店主は、都内屈指の実力店『麺処ほん田』の出身。 しかしながら、出身元の味にこだわらず、修業先の模倣と一線を画した味を創り出すことに成功している。 これもひとえに、自分がベストだと信じる味を提供したいという信念のなせる業だ。 基本メニューは、「らぁ麺 醤油 」。 福岡県・博多が誇る「はかた地鶏」のガラに大山鶏の丸鶏を合わせた動物系出汁に、昆布・椎茸の滋養味を湛えた出汁をクロスオーバーさせ、前代未聞のうま味の複層化を実現。 鋭い切れ味が印象深い醤油ダレ、芳醇な香ばしいカメリアラード&鶏油も、圧倒的なコクの創出にひと役買っている。 銀座で1杯と言えば同店で決まり 都内屈指の実力店『中華そば勝本』の店主が自ら厨房に立ち、これまでにラーメン職人として培った知識と経験を総動員し、1杯1杯を丁寧に紡ぐ。 鴨・名古屋コーチン・生ハム等の動物系素材と、昆布・干し椎茸・ドライトマト・イタヤガイ等の「山海の恵み」を、絶妙なバランスで掛け合わせたスープは、ひと口啜っただけで身体中の細胞が活性化し、誰もが飲み干したくなる至高の味わい。 タレを作らず生ハムの塩味を活用することで、食味は息を飲むほどまろやかに。 試作を重ね『浅草開化楼』と共同で開発した特注麺の啜り心地も、極上。

次の

博多 一幸舎|職人が作る本物の博多とんこつラーメン

近く の ラーメン

[広告] 店長の濱慶太郎さんは、18歳から料理の経験を積み、和食、アジア料理、イタリアン料理、エスニック料理などさまざまなジャンルで修業。 和歌山の魅力を伝えながら、手に届く価格のラーメンを作るのに試行錯誤を重ねたという。 店舗は玄関から入り口まで庭を設け、店内は黒を基調にオレンジの照明を使う。 BGMはジャズを流すなど、落ち着いた雰囲気を演出する。 食器は和歌山出身の陶芸家・平岡仁さんに依頼した特注品で、湯のみやレンゲは備前焼でそろえる。 メニューは、「真鯛の塩ラーメン」「鶏しょう油ラーメン」「豚骨しょう油つけ麺」(以上880円)の3種類。 トッピングは青ねぎ、白ねぎ、水菜、ノリ(以上50円)、味玉、穂先メンマ、南高梅(以上100円)、鶏チャーシュー(150円)、豚チャーシュー(200円)など。 ランチメニューは、白ご飯セット、サバ寿司セット(以上1,000円)、しらす丼(380円)、五目炊き込みご飯、ネギチャーシュー丼(以上480円)など。 夜のメニューは、おばんざいとあての盛り合わせ(小=780円、大=1,280円)、ポテトサラダ、モッツアレラの湯浅しょう油漬け、小エビのから揚げ、うめどりの竜田揚げ(以上380円)など。 ドリンクメニューは、ビール(生小=350円、生中=500円)、ハイボール各種(420円~)、焼酎各種(450円~)、グラスワイン(400円)、日本酒各種(600円~)、黒ウーロン茶、ジンジャーエール、コーヒー以上280円)など。 濱さんは「飲食店が次々開店して活気のあるこのエリアに魅力を感じた。 『ラーメン屋らしくないラーメン屋』を目指している。 落ち着きながら、ラーメン以外の食事やお酒も楽しんでもらえたら。 デートや女子会にも利用してほしい」と来店を呼び掛ける。 営業時間は、ランチタイム=11時30分~14時(平日のみ)、ディナータイム=17時~23時30分。 日曜定休。

次の

【感動!】『現在地近くのうまいラーメン屋』を一瞬で探し出す超絶テクニック

近く の ラーメン

新宿・世田谷・中野・杉並・吉祥寺エリア らぁ麺 やまぐち 【高田馬場】 移転を機にますますパワーアップ。 超激戦区高田馬場においても王者の風格 東京のラーメンシーンにおいても「近年稀に見る実力派ぞろい」として知られる「2013年組(2013年にオープンしたラーメン店の総称)」を代表する店舗のひとつ。 会津地鶏・山水地鶏・吉備鶏をはじめ、複数の鶏(鶏ガラ、丸鶏)を縦横無尽に組み合わせながら出汁を採り、キレ味鋭い食味と分厚いコクとの両立を図ったスープは、近年増加傾向にある鶏系淡麗ラーメンの中でも、別次元の水準の高さ。 うま味を一層増幅させるべく羅臼昆布を活用するなど、要所を押さえた「配役」も、食べ手に無上の安心感を抱かせる。 都内のラーメンの「今」を知るには、外すことができない実力店だ。 腰を落ち着けてラーメンを啜るには最適の環境だ。 同店が手掛けるレギュラーメニューは4種類あるが、特にオススメなのが筆頭メニューである「潮そば」。 出汁は、「大山鶏」と「総州古白鶏」の丸鶏・鶏ガラ・モミジを軸に、ホンビノス貝・香味野菜を合わせ丁寧に炊き上げたもの。 出汁だけではない。 タレも、山海の滋味を「イタリアの岩塩」「瀬戸内の藻塩」「伯方の塩」をブレンドした塩に重ね合わせるこだわりよう。 素材の持ち味を極限まで引き出す工夫と、傑出したバランス感覚で、ゴクゴクと飲み干せてしまうスープを創り出すことに成功している。 そんな貴方に薦めたい『麺と未来』 コシがあることが重視されがちな中華麺。 そんな既成概念を打ち破るべく、あえて「コシがない」麺で勝負を挑む店主。 麺はもちろん自家製。 類例のない太さと、「もち小麦」特有のモッチリとした食感が、既にリピーターを量産している。 基本メニューは「塩らーめん」。 出汁は、丸鶏・手羽先・モミジを丹念に湯煎し、アサリを追加した後、完成する直前に羅臼昆布・煮干・鰹節を加えたもの。 一瞬の油断も許されない緻密な作業のたまものだ。 塩ダレには、厳選した藻塩を使用。 それに、うま味成分が豊富な料理酒『蔵の素』を加え、更に『鮎魚醤』を織り交ぜる。 オープンした後も絶えず味を確かめ即座に改善。 人気が出るのも当然だろう。 がっつり系麻婆麺をご所望であれば、同店で決まりだ 西馬込の実力店『麺処鳴声』の2ndブランド。 『鳴声』のフラッグシップメニューは担々麺であり、辛系ラーメンの創作を得意とすることで知られる。 そのような実情にかんがみれば、同店の不動の看板メニューが「辛っとろ麻婆麺」であることも納得だ。 補助なしで箸が立つほど強烈なトロミを宿した麻婆餡が終始メインを張り続ける1杯は、他の一般的な麻婆ラーメンとは一線を画するインパクトの強さ。 味もまた一流。 麻婆の辛みとうま味のバランスが的確無比であることは、当然の前提。 喉元を通り過ぎる刹那、うま味に含まれるほのかな甘みが心地良い余韻を刻むなど、味の組み立ても、食べ手が喜ぶツボを的確に押さえている。 麺の太さ、味付け、全てが完璧 西武新宿線沿線屈指の激戦区・野方エリアにおいて、「まぜそば」の一点で勝負する同店。 一瞬、「ここまで強気で大丈夫なのか」と心配したが、人気メニュー「コッテリそば」を口にした瞬間、その心配が杞憂であることを、まざまざと悟った。 一般的な油そばよりも一段階太いストレート麺は、名門製麺所の謹製。 デフォルト状態で甘辛い濃厚ダレをたっぷりと纏った「強・インパクト」な代物だ。 麺に、卵黄を溶かし込んで泥状と化したソースを絡め、一気に啜り上げれば、頬が落ちそうになるほどのうま味が強襲。 まぜそばでは必須とされる「卓上トッピング」の助力さえ不要。 思わず、2杯目を注文してしまいそうになったほどだ。 鉄壁の布陣で目指す、淡麗の頂 オープンから数日で店頭に大行列が発生。 ラーメン好きはもちろん、それ以外の方々も皆「『かしわぎ』のラーメンは間違いない!」と口を揃えるほどの優良店。 同店が手掛ける1杯は、豚ベースの清湯ラーメン。 抜群の透明感を誇る豚清湯出汁に、アサリ・昆布などを絶妙な塩梅で加えたスープは、啜った瞬間、頬が落ちそうな感覚に襲われる。 なかでも特に、オススメしたいのが「醤油ラーメン」。 キレとコクとを兼ね備えた醤油に、滋味豊かな煮干しを溶かし込んだタレの風味は唯一無二。 豚の重厚感を維持させながら全体を雄々しく牽引する味わいは、凡百の醤油清湯とは別次元だ。 現在、同店が提供する麺メニューは3種類。 「味噌」「辛味噌」「担々麺」だが、初訪時に食べるべきは「味噌らーめん」。 券売機筆頭メニューだ。 スープの出汁は、鶏ガラと豚ガラをバランス良く寸胴に投入しつつ、モミジ・香味野菜を加えてじっくりと炊き上げたもの。 もちろん、味噌ラーメンの味の決め手となる味噌にも、尋常ならざるこだわりを見せる。 中華鍋で炒める味噌にはキレのある「信州味噌」、味噌ダレには芳醇な「仙台味噌」を用い、喉元でピタリと収束するうま味を創出。 四季のように舌上で変遷するメリハリ豊かな味わいに、頬が落ちそうになる。 立地は必ずしも至便ではないが、訪れる客が絶えない、淡麗系ラーメンの実力店。 店主は、都内を代表する実力派『地雷源』グループで研鑽を重ねたすご腕。 同店の基本メニューは、「醤油の旨味ソバ」。 本年 2019年 3月には、同店が監修した同名のカップ麺が発売されるなど、名作の誉れ高き逸品だ。 スープは、鶏と豚骨が無類の存在感を誇示するが、シイタケ・昆布・サバ・カツオ・宗田節などから採った魚介出汁もうま味の形成にひと役買い、ファーストアタックから群を抜くクオリティの高さ。 甘辛いカエシの風味が拡がろうとする刹那、重層的なうま味を宿した出汁がカエシを支え補完するダイナミックな構成。 出汁だけでもカエシだけでもない、双方の魅力が食べ手を虜にする。 漂う一流の風格 特製らぁ麺(醤油) 店主は、都内屈指の実力店『麺処ほん田』の出身。 しかしながら、出身元の味にこだわらず、修業先の模倣と一線を画した味を創り出すことに成功している。 これもひとえに、自分がベストだと信じる味を提供したいという信念のなせる業だ。 基本メニューは、「らぁ麺 醤油 」。 福岡県・博多が誇る「はかた地鶏」のガラに大山鶏の丸鶏を合わせた動物系出汁に、昆布・椎茸の滋養味を湛えた出汁をクロスオーバーさせ、前代未聞のうま味の複層化を実現。 鋭い切れ味が印象深い醤油ダレ、芳醇な香ばしいカメリアラード&鶏油も、圧倒的なコクの創出にひと役買っている。 銀座で1杯と言えば同店で決まり 都内屈指の実力店『中華そば勝本』の店主が自ら厨房に立ち、これまでにラーメン職人として培った知識と経験を総動員し、1杯1杯を丁寧に紡ぐ。 鴨・名古屋コーチン・生ハム等の動物系素材と、昆布・干し椎茸・ドライトマト・イタヤガイ等の「山海の恵み」を、絶妙なバランスで掛け合わせたスープは、ひと口啜っただけで身体中の細胞が活性化し、誰もが飲み干したくなる至高の味わい。 タレを作らず生ハムの塩味を活用することで、食味は息を飲むほどまろやかに。 試作を重ね『浅草開化楼』と共同で開発した特注麺の啜り心地も、極上。

次の