今年の梅雨入り。 関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

2020年の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?今年の傾向を予想!

今年の梅雨入り

もうすぐ夏・・・の前に、梅雨がやってきます! 年によって気象条件が異なりますので、毎年同じ日から梅雨が始まるわけではありませんよね。 ですが、「この頃が梅雨入り、梅雨明けなのかな?」という大体の予想をすることはできます。 今回は、2020年の関東地方の「梅雨入り」「梅雨明け」はいつ頃なのか調べてみました! 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで? 気象庁が発表している平年値によると関東甲信地方の「梅雨入り」「梅雨明け」は以下の通りとなっています。 「梅雨入り」は6月8日頃 「梅雨明け」は7月21日頃 この平年値から、「梅雨入り」「梅雨明け」は大体この時期であることが予想できます。 平年値とは30年間の「梅雨入り」「梅雨明け」の平均値で、現在は1981年から2010年までの平均値が使われています。 平年値は10年経つごとに更新され、2021年からは1991年から2020年までの平均値が使われることになります。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月27日頃 7月9日頃 2012年 6月9日頃 7月25日頃 2013年 6月10日頃 7月6日頃 2014年 6月5日頃 7月21日頃 2015年 6月3日頃 7月10日頃 2016年 6月5日頃 7月29日頃 2017年 6月7日頃 7月6日頃 2018年 6月6日頃 6月29日頃 2019年 6月7日頃 7月24日頃 平年値 6月8日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 梅雨入り・梅雨明けの時期は平年値から予想できますが、過去の記録と見比べると大体当たっていることもあれば、大幅にはずれることも有り得るのでその点はご考慮ください。 梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるの? 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 気象庁の梅雨入り宣言があった直後から晴天が続くこともよくありますし、梅雨明け宣言があったのに全然雨がやまないこともあります。 9月に気象台の観測結果を再検討して梅雨入り・梅雨明けが決定しますので、それまでは梅雨入り・梅雨明けがいつなのかはわからないのですね。 今回紹介した「梅雨入り」「梅雨明け」の時期は平年値を元にした大体の予想ですので参考程度になさってくださいね。

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

今年の梅雨入り

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2020年の「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表しました。 今年は梅雨前線の北上が遅れる影響で、九州〜関東で平年より遅い梅雨入りとなる予想です。 西日本では、記録的に遅い梅雨入りとなった昨年よりは早いものの、九州や四国など平年より1週間程度遅れる地方もある予想です。 一方、梅雨明けは概ね平年並の予想で、東北北部と沖縄、奄美を除く多くの地方で平年よりも短い梅雨となりそうです。 ただ、本州付近に暖かく湿った空気が流れ込みやすい気圧配置となるため、梅雨の総雨量は、東北と北陸で平年並、その他は平年並か多くなる見通しです。 雨のピーク時期は、沖縄・奄美で5月末〜6月中旬、西・東日本の広範囲で6月下旬〜7月中旬になる予想です。 各地方で大雨や強雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに注意が必要です。 本格的な雨の季節に備え、側溝や雨どいの掃除など、対策を行っておくことをおすすめします。 最新見解はスマホアプリ「ウェザーニュース」の「おしらせ」または、ウェザーニュースウェブサイト「梅雨情報」からご確認いただけます。 雨の季節を少しでも安全で快適に過ごせるようお役立てください。 <ポイント> 1. 今年は梅雨前線の北上が遅れる見込み 2. 平年より梅雨入りが遅く、平年より短い梅雨に 3. 奄美では昨年より4日早いものの平年並、沖縄では昨年より5日早く、平年より2日遅い梅雨入りとなりました。 九州から東北の梅雨入りは平年より遅くなる地方が多い予想です。 そのため、九州と四国の梅雨入りは平年よりも一週間程度遅くなる可能性があります。 一方、梅雨明けは全国的に昨年より早く、平年並になりそうです。 昨年、最も遅い梅雨明けとなった沖縄でも、今年は平年並の6月下旬に梅雨明けする見込みです。 梅雨期間は東北北部と沖縄、奄美を除いた多くの地方で平年より4日以上短くなる予想です。 東北北部と沖縄、奄美では平年並の期間となる見込みです。 図3 7月の天気図イメージ 日本の天候に関係する熱帯の対流活動に注目すると、6月はインド洋の赤道付近で対流活動が活発になるのに対して、フィリピン付近では不活発となる傾向です。 この影響で、日本付近では太平洋高気圧の強まる位置が平年より南に偏り、梅雨前線の北上がやや遅くなります(図2)。 7月にかけてフィリピンの東海上で対流活動が活発になり、太平洋高気圧が本州付近への張り出しを強めるため、太平洋高気圧に押し上げられて梅雨前線が北上します(図3)。 沖縄では6月下旬に梅雨明けし本格的な夏が到来する一方で、前線が停滞しやすくなる九州から東北では、7月中旬にかけて大雨に警戒が必要です。 ~西日本や東日本は6月下旬から7月中旬に雨のピーク、太平洋側を中心に大雨災害に警戒~ 図4 梅雨の雨量傾向 今年の梅雨期間の雨量は、東北、北陸で平年並となるものの、その他の地方では平年並か多い予想です(図4)。 6月は梅雨前線を押し上げる太平洋高気圧の北への張り出しが平年より弱く、前線は南西諸島付近に停滞します。 このため、沖縄や奄美では6月前半を中心に暖かく湿った空気が流れ込みやすく、前線の活動が活発化する日があり、5月末から6月中旬にかけて大雨や豪雨に警戒が必要です。 また、九州南部でも梅雨入り早々大雨となる恐れがあります。 今のうちに、河川の増水や家屋への浸水、土砂災害などに対する備えをしっかり行ってください。 7月は太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線が本州付近に停滞します。 九州、四国、近畿、東海、関東甲信は梅雨明けする7月中旬にかけて強雨や大雨の危険性が高まります。 北陸や東北でも中旬にかけて曇りや雨の日が多く、梅雨末期の大雨に注意が必要です。 予測が大きく変わる可能性もありますので、最新見解は、スマホアプリ「ウェザーニュース」または、ウェザーニュースウェブサイト「梅雨情報」()にてご確認ください。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けも北部、南部ともに平年並になる見込みです。 6月は梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、前半は天気が周期変化します。 後半は曇りや雨の日が多くなりますが、梅雨の中休みがありそうです。 降水量は平年並になる見込みです。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、曇りや雨の日が多くなります。 梅雨末期は豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 北陸 7月中旬 平年並 北陸の梅雨入りは平年並の予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、前半は天気が周期変化し、後半に曇りや雨の日が多くなります。 降水量は平年並になる見込みです。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、中旬にかけて曇りや雨の日が多くなります。 梅雨末期にあたる中旬は、豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 関東 甲信 6月中旬〜 7月中旬 平年並か多い 関東甲信の梅雨入りは平年より遅い予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、月の前半は曇りや雨の日が多くなります。 6月は関東南部を中心に、7月は甲信を中心に大雨や強雨に警戒が必要です。 東海 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 東海の梅雨入りは平年より遅い予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、月の前半は曇りや雨の日が多くなります。 6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 近畿 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 近畿の梅雨入りは平年より遅い予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、月の前半は曇りや雨の日が多くなります。 6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 中国 ・ 四国 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 中国の梅雨入りは平年より遅く、四国では平年よりかなり遅くなる予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、月の前半は曇りや雨の日が多くなります。 6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 九州 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 北部の梅雨入りは平年より遅く、南部では平年よりかなり遅くなる予想です。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 梅雨明けは平年並になる見込みです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、月の前半は曇りや雨の日が多くなります。 6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 奄美では平年並、沖縄では平年より遅い梅雨入りとなりました。 梅雨明けは7月にずれこんだ昨年よりかなり早く、平年並の予想です。 今年の梅雨の期間は平年並ですが、太平洋高気圧の縁にあたる期間が長く、平年より雨の降る日が多い見込みです。 また、5月末から6月中旬にかけて、梅雨前線の活動が活発化し、豪雨や大雨の可能性があります。 河川の増水、浸水被害、土砂災害に警戒が必要です。

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

今年の梅雨入り

これから梅雨の季節となりますが 、 2020年の東海地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はいつくらいになるでしょうか? ジメジメした梅雨は誰もがいや~な時期ですから、 できれば短いにこしたことはありませんよね! 今回は過去の気象庁の68年分のデータから 今年、2020年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介します! ちなみに、東海地方は、 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し 太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。 三重県などは、秋になると 「台風銀座」と呼ばれるくらい、 台風の通過場所となっています。 梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの? 気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測しますが、 実はそのデータでさえも 何月何日と特定できるものではありません。 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、 公表されている日付も実は明確な確定日ではないのです。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その 真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入り。 また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2020年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみます。 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1951 年の6月28日頃でした。 梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが 、 193年の5月4日は、群を抜いて早いです。 またグラフを見るとわかる通り 東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向が確認できます。 1951年から2019年の69年間の梅雨入りの平年時期は6月8日頃。 また、昨年 2019年 の梅雨入りは6月7日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは6月5日頃でした。 これらのデータから予想すると 2020年の東海地方の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月15日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早まり 梅雨明けの時期が遅くなっていることから 東海地方の梅雨は年々長期化しているようですね。 また、69年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 昨年 2019年 の梅雨明けは7月24日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは7月9日頃でした。 以上のデータを元にして予想してみると 2020年の東海地方の梅雨明け時期は 7月13日頃から7月28日頃の間くらいになりそうです。 東海の梅雨の特徴は? 東海の梅雨は、 1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようです。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようです。 ここ3年間の梅雨時期は、 平年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、 多い時は、全国平均の1. 5倍以上雨が降りますので注意が必要です。

次の