山本 太郎 コロナ。 新型コロナは「撲滅すべき悪」なのか 人類の歴史に学べ:朝日新聞デジタル

「致死率を下げながらコロナと共存するしかない」山本太郎・長崎大熱帯医学研教授に聞く

山本 太郎 コロナ

【みんなに毎月10万円を配り続けたら国は破綻するか?】 特別定額給付金 新型コロナウイルス 現金給付【れいわ新選組代表 山本太郎】の情報ですが、コロナウイルス 10万円をゲットしましょう。 それは【必ず】です。 なぜでしょうか、、、それはサラリーマンならリストラされる可能性がゼロでは無いからです。 10万円あれば、なんとか一時しのぎができます。 しっかりと10万円をもらえるように今から確認しておきましょう、、 **コロナウイルス 10万円給付については未確定な部分が多い情報なので、都度ネットから最新情報を自分でゲットして下さい。 何かポイントとなるキーワードがありましたでしょうか?? 知らないワードがあった場合は グーグル検索で確認しておきましょう、、、 このコロナウイルスで10万円がもらえる話。 整理しておきましょう、、 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた10万円の一律給付について、政府は、自民・公明両党の会合で、非課税とすることなどを説明しています。 非課税なので全額ゲットです。 政府は、補正予算案を組み替えて、収入が減少した世帯への30万円の現金給付に代わり、所得制限を設けずに1人当たり10万円の一律給付を、非課税で行うことに変更。 これで、ややこしいことを考えずに、全員が10万円です。 赤ちゃんも10万円、、キタ! もちろん高齢者もです。。 「公明党だけでなく自民党でも当初から一律給付の意見は多かった」として、賛同する声が相次いだほか、「補正予算案の組み替えで給付が遅れないようにすべきだ」といった指摘も、、 そんな指摘は良いからはよ10万円ですよね、、、いつ? 10万円 コロナウイルス ですよ、、、 自民・公明両党は、週明けにも与党政策責任者会議を開いて、10万円の一律給付を了承することにしています。 今の所、窓口での申請では無いみたいです、、、 一律10万円を給付する申請手続きについては案だと思いますけれども、 「スピードを重視するとともに、申請する人が殺到して感染リスクが高まることを避ける観点から 手続きについては市町村の窓口ではなく、郵送やオンラインによることにしたいと考えている」と首相からコメントありましたけど、大丈夫でしょうか?? こちらはヤフーの最新話題です。 毎回チェックしましょう、、、オンラインや銀行振り込みなどの情報もあります。 外国人も10万円給付でしょう。 めちゃめちゃドロドロのネタがあります。 コロナ ウイルスの給付金1人 10万になる見込みですが、これが決まったら30万はどうなりますか?... コロナ ウィルスの 10万給付金 大阪市の方申請書の書類は届いてますか? 申請書の発送は5月22日から開始されます。 もうしばらくお待ちください。 新型 コロナ ウイルス、 10万給付は先送りされましたがどう思う? 差別しないためにも一律にすべきです。 今現在、30万の給付の規定にも複雑で、書類が必要だとか日にちがかかるだとか無駄が多いので、 一律にすれば早く話がすみ、国民にお金が渡る。 ぎりぎりのところで受け取れるかど... コロナ ウイルスで、 今10万配られるようですが、 これって必ず申請しないと来ないのですか?... コロナ ウイルスによる国民一人につき 10万の話ですが、子供一人あたりの額も同額ですか? 知人から... 知人から子供は一人あたり5万じゃないかと聞きました。 母子家庭でラウンジのウェイトレス職で約15万くらい月収があります。 コロナ... コロナ ウイルスで株価が暴落し 10万近くの含み損です どうしてよいかわからず塩漬けになってます... コロナ ウイルス いまだに安倍マスク届かない、 10万支給されてないが政府は安倍マスク配布した効果... 効果で市販マスク需要が減り店頭に並ぶようになったと言うが確証無いのによく言うな。 ・ コロナ ウイルスの拡大によって政府から 10万が支給されますが、それは税金納めてる納めてない関係... 関係ありますか? ちなみに私は4人家族なのですが父に「お前は税金を納めてないからもらう権利 はない」と言われました。 その場... コロナ ウイルス 一律 10万の支給に対して通帳のコピーと身分証明書のコピーが必要になりました。 当方、 コンビニ店員です。 コピー機に故障中の張り紙を張りたいです。 1ヶ月のコピー機は平均で 幾ら稼いでますかね? 田舎なのでじぃ...

次の

【2ch速報】新型コロナ 山本太郎「致死率を下げながらコロナと共存するしかない」

山本 太郎 コロナ

山本代表はもともと東京五輪反対論者だが、「ここまで作ったら、延期での開催も仕方ない」と柔軟な一面も 「基本的にこの国は『ドケチ』なんですよね。 今の日本に一番必要なのは、大胆な経済政策。 『猶予』や『減免』なんてケチなことは言わずに、『大胆にカネを刷れ』『みんなに配れ』って話なんです」 真新しい国立競技場の前でそう吠えるのは、れいわ新選組の山本太郎代表(45)だ。 昨年4月の結党以来、れいわ新選組は「消費税廃止」を訴えてきた。 当初は「究極のポピュリズム」などと批判もされたが、先の参議院議員選挙では2議席を獲得。 消費増税や新型コロナウイルスの影響で経済の失速が明らかになると、自民党の若手や他の野党からも「消費税ゼロ」の声が上がるようになってきた。 ひょっとして、山本代表の提案は意外と現実的なものだったのか!? そこで今、時代の「一歩先」を行く山本代表に次なる具体策を聞いた。 「もしも私が総理大臣だったら、事業者側、労働者側の両方に『給付』をします。 そして、社会保障費を『減免』ではなく『免除』します。 緊急事態ですから徴収を止め、積極的に給付です。 給付をするなら期限付き商品券は消費に回りやすいと言えますが、事業者が現金を手にするまでに1ヵ月以上かかったという前例もあります。 現金給付のほうが急迫する事態にはマッチするでしょう。 『毎月20万円分、好きに使ってくれ』と給付すれば、経済も回っていきます」 もうひとつの柱である「免除」は、どれくらいの規模になるのだろうか。 「介護保険や年金などの社会保険料を3ヵ月間免除します。 社会保険料の年間収入は約63兆円で、ひと月あたり約5兆円。 3ヵ月で15兆円を超える予算規模になりますが、中小零細企業や一般の方は大助かりでしょう。 彼らが倒れないようにしっかり支えるほうが、トータルとして国のコストは低くなります」 財源のひとつと考えているのは、新規国債の発行だ。 国の財政は一般的な家計とは違い、政府の債務はそのまま国民の資産になる。 「政府債務の上限は額ではなく、インフレ率。 過度なインフレにならない限り、新規国債発行が財源で大丈夫と考えます」と山本代表は言う。 「緊急時は水道・光熱費もなし。 1ヵ月で一兆円です。 コロナで生活が困窮する人は、住まいも保障する。 まずはみなさんに生きてもらわないと、国が崩壊してしまう。 我々の政策とかぶってもいいから、政府は今すぐやってくれよ!」 語気を強め、危機感をあらわにして訴える背景には、日本政府の中途半端な新型コロナウイルス対応がある。 「感染拡大を防ぐために人の動きを極力止めるならば、要請や自粛では意味がない。 なんの補償もなければ、生活がかかっている人は外出をやめませんよね?」 たしかに、全国の学校は安倍晋三総理の要請を受けて休校になった。 しかし、通勤の満員電車はそのままだ。 「イベントを中止にしてくれ、仕事を休んでくれ、と言うのなら、政府が補償を徹底するしかない。 『今から2ヵ月は完全に休んでくれ。 収入のマイナス分は補償する』として予算措置をすれば、一定の状況でウイルスは抑えられるはずです」 国の検査方針も不十分だと指摘した。 「海外のようにPCR検査もどんどん行うべきです。 隔離が必要なら自衛隊の基地などにコンテナハウスを設置すればいい。 要するに、やる気の問題ですよ」 「コロナ解散」の可能性も 神宮外苑の日本オリンピックミュージアムにあるオリンピックシンボルの前で。 撮影時には延期はまだ発表されておらず、観光客で賑わっていた 3月24日、安倍総理は1年程度の東京五輪・パラリンピック延期を容認した。 山本代表はこれをどう見たのか。 「嘘と利権のオリンピックですから、私はそもそも必要ないと発言してきました。 ただ、国立競技場がここまで形になったのなら、延期での開催も仕方がない。 それでも来年にコロナウイルスが収まる保障がない以上、今、中止したほうが余計なコストがかかりませんけどね」 海外諸国の政治判断のスピードと比べると、政府の対応が後手に回っている印象は否めない。 それでも政権支持率はそれほど下がらない。 むしろ上昇傾向を示す調査もある。 この現実は、野党のふがいなさと同義かもしれない。 「安倍政権は『やっている感』を出すエキスパートですからね。 新型コロナも政治利用するはずです。 たとえば『消費税5%減税で信を問う』と言って火事場泥棒的に都知事選とのダブル選挙をしかけられたら、与党がボロ勝ちでしょう。 その可能性は十分あると警戒しています」 今のところ、単独で対抗できる勢力は見当たらない。 そうなると野党共闘が選択肢になるが、実現するのだろうか。 「与党が攻めの経済対策『消費税5%』をやりそうだとなったら、野党共闘は一気に進むと思っています。 そのときに野党も同じ『5%』なら意味がないですよね。 5%までいけるなら、消費税廃止まであとちょっと。 力を合わせましょうよ」 きわめて楽観的な見方だが、最近は以前のように「私を総理にして」と言わなくなった。 ついに諦めたのだろうか? 「諦めたわけじゃないですよ(笑)。 野党共闘がうまくいって、1年以内に野党が衆議院で多数派になれば消費税は最低でも8%にできます。 このときに私がどのようなポジションにいるか。 最短で3~5年の間に『時空の歪み』が生じて、時の政権が『軽い神輿を担ごう』となったら、そういう形(総理)になるんじゃないですか?」 さて、それまで日本はもつだろうか。 昨年12月、東京・池袋で街頭演説をする山本代表。 現在はコロナウイルスの影響で演説ができず、「手探りの状態」だという 本誌未掲載カット 山本太郎が警鐘「安倍政権はコロナウイルスを政治利用するな 本誌未掲載カット 山本太郎が警鐘「安倍政権はコロナウイルスを政治利用するな 本誌未掲載カット 山本太郎が警鐘「安倍政権はコロナウイルスを政治利用するな」 『FRIDAY』2020年4月10日号より• 取材・文:畠山理仁 撮影:鬼怒川 毅.

次の

山本太郎氏が都知事選へ出馬検討 れいわ新選組代表

山本 太郎 コロナ

戦争にもたとえられてきた、ウイルスとの闘い。 猛威を振るう新型コロナウイルスは、世界中の政治や経済を混乱に陥れています。 私たちは、この脅威とどう向き合えばよいのでしょうか。 医師として、感染症が流行する世界各地の最前線で活動してきた長崎大学教授の山本太郎さんです。 (ニュースウオッチ9 和久田麻由子 西山泰史) これほどまでの「世界的大流行」をどう見るか 和久田 すごく率直に伺いたいんですが、私自身はこんな事態になるって思ってもみなかったんですね。 今回、新型コロナウイルスが、世界でここまで大流行しているこの状況をどうご覧になっていますか。 山本教授 ある種の感染症のパンデミックが起こる可能性というのは、ずっと言われていて、危機感はありました。 2009年には、メキシコから始まった新型のインフルエンザもありました。 けれども、 実際に起きてみると、その危機感を超えたさまざまな問題が出てきているというのが今の状況です。 普通は起きないことに関して、ずっと強い緊張感を持ち続けられるわけでもないんですよね。 もしかすると、私を含めた専門家が、一般の人が危機感を持てるように発信するべきだったのかもしれないという反省もあります。 和久田 日本でも日に日に感染者が増えていますが、日本での感染拡大のフェーズは、いまどの辺りにあると見ていますか? 山本教授 すでに根絶(ができる)というフェーズは超えていると思います。 いまは、流行の速度を遅らせることが最も重要なフェーズに入っています。 流行の速度を遅らせるということは、すごく大切な意味があって、1つは、 社会インフラの破綻を防ぐということです。 2つめは、流行のピークを遅らせることによって、 ワクチンの開発や治療薬の開発を進められるということです。 いま我々ができることは、自分が感染しないこと。 そして、人に感染させないこと。 人っておそらく、人とのコミュニケーションが最も楽しいことなんですけど、最も楽しくて、人らしい部分を犠牲にしてでも、流行の速度を遅くしようと決めて、実践しているわけです。 1つの万能薬のような解決策はなくて、小さなことの積み重ねでしか、もうパンデミックとは向き合えないと思います。 人類と「感染症」との歴史は 山本さんは、医師として25年にわたって、アフリカやアジア、中南米など、50を超える国々でエイズの対策や研究に取り組んできました。 その一方で、感染症と人類の関わりについても研究してきた第一人者です。 その山本さんに聞いてみたかったのが…。 和久田 歴史上、人類って数々の感染症に直面してきて、そのたびに薬やワクチンを開発してきましたよね。 ウイルスには人類はもう打ち勝ったと思ってしまっていたんですけれども、そうではなかったということですか。 山本教授 1970年代の後半ぐらいに、人類が感染症を征服したという考え方が実はあったのだけれども、現状を見るとそうではなかった。 そもそも、人間が自然の一部である以上、こうしたウイルス感染というのは必ず起こってくるものです。 人間に感染するコロナウイルスは4つあるんですけれども、そのコロナウイルスは風邪の症状を起こすだけで重篤な症状を起こすことはほとんどありません。 かつて、そうしたコロナウイルスはパンデミックを起こし、人社会が免疫を獲得することによって、いまのような状況になってきていると思うんですね。 ただし、そうは言いつつも、過去の20年間を見てみると、SARS、MERS、そして今回の新型コロナウイルスのように3回も出てきているんですね。 これは、少し度を超えた頻度です。 和久田 そもそも、ウイルスというのは自然界からもたらされるものですよね。 山本教授 そうです。 生態系への人間の無秩序な進出であるとか、地球温暖化による熱帯雨林の縮小、それによる野生動物の生息域の縮小によって、人と野生動物の距離が縮まってきた。 それによって、野生動物が本来持っていたウイルスが、人に感染するようになってきた。 それが、ウイルスが人間の社会に出て来た原因だろうと思います。 生態系と人間のつきあい方というか、開発という名の下に生態系に人が足を踏み入れ、野生動物が本来住むべき生態系を温暖化なんかによって狭めている。 そうしたことが合わさって、人と野生動物の距離がすごく近くなって、ウイルスを野生動物から人に持ち込む大きな原因になっているということなんだと思います。 そしてもう1つ、そうしたウイルスが出てきたところに、グローバル化があって、人口の増加、都市の出現で、人の移動が加わって、世界同時パンデミックに至ったと考えています。 和久田 開発に伴って、新型コロナウイルス以外にも、新たなウイルスというのは見つかっているものなのでしょうか。 山本教授 過去100年で見ると、エボラウイルスもそうですね。 エイズも野生動物から人に入ってきて、パンデミックを引き起こしたウイルスとして知られています。 感染症が変えてきた社会 私たちの人間の営みが、未知のウイルスを人間界にもたらしてきたと指摘する山本さん。 パンデミックのあと、社会が一変した過去の例についても語ってくれました。 山本教授 中世のペストの流行は、中世ヨーロッパ社会を大きく変えていきました。 ペストはヨーロッパの人口を3分の1ぐらいに減少させたんですね。 そして、流行を抑えることができなかった教会の権威が失墜して、一方で、国民国家というのが出てくるきっかけになった。 ヨーロッパの中世は終えんを迎えて、近代が始まるということが起こったのだと思います。 今回の新型コロナも、コロナ終息後の世界をおそらく変えるというか、いまと違う世界が恐らく現れてくるのではないかと個人的には思っています。 和久田 開発を進めてきた人類は、方針転換を迫られているということにもなるのでしょうか。 山本教授 どう変わっていくかは別として、 個人的には、発展を至上とした価値観というのは、変わる時期に来ていたのかなという気がしています。 必ずしも発展ということではなくて、 環境の中において、我々が変わりながら常にそこに適応するというか、その中で生きていく、生き方を模索する。 経済的な拡大とは違う価値観であるべきなんだろうという気がしています。 持続可能な開発がおそらく必要なんだろうと思うんですね。 人間が地球の中で、こんなに多様な環境の中に進出できたのも、我々が感染症に対する免疫を失わずに獲得してきた結果である。 そういう意味では、今回のコロナウイルスについても人的被害を最小にしつつ、集団としての免疫を獲得していくっていうのが、目指すべき方向だと思っています。 ウイルスとの「共生」 山本さんは、著書などでたびたび「ウイルスとの共生が必要」としてきました。 その真意を聞きました。 和久田 世界や日本で、日々苦しんでいる人がいる状況を見ると、なかなか「よし、共生しよう」という気持ちにはなれないんですけれども、山本さんの真意を、私たちはどう理解したらいいでしょうか。 山本教授 私たちが自然の中の一員である限り、感染症は必ず存在する。 まず、第1の論点は、感染症は撲滅できない。 撲滅できないところで感染症とつきあうにはどうすればよいか、それは 全面的な戦争をすることではなくて、ウイルスの感染に対して、人的被害を最小化しつつ、ウイルスと共生していくことなんだろうと考えています。 ウイルスが打ち勝つ相手かどうか、たぶんそこが一番重要な点かも知れないと思います。 我々はウイルスの被害を最小化したいんですけども、ウイルスを我々の社会の中に取り込んで社会全体が免疫を持つことによって、社会自体が強固になっていく。 そんな視点が必要なのかなと思います。 目指すべきはウイルスに打ち勝つことではなくて、被害を最小化しつつ、ウイルスと早く共生関係に入っていくということではないかなと思います。 和久田 撲滅ではだめなんですね。 山本教授 回避しなくてはならないことというのは人的被害をもたらすこと、あるいは、社会機能の破綻をもたらすことであって、感染症そのものが存在することではない。 社会機能を破綻させなければ、我々はうまくつきあっていける可能性があるわけです。 そのために、いまある知識あるいは技術を使っていくことが大切だろうと思っています。 希望をどこに見い出すか 和久田 最後に、いま感染症の流行で混とんとしていますけども、私たちの社会に明るい未来とか希望をこれから見い出すとしたら、どういうところに見い出しますか。 山本教授 すごく難しい質問で、答えがないのかもしれないんですけれども、たぶん、 1人1人が希望を持っているっていうことが、将来に対する希望になる。 1人1人が明るい未来を思い描くことによってしかたぶんできなくて、未来が暗いものであると考えている中では、明るい未来は絶対来ないと思うんですよね。 未来への希望ってすごく大切で、昔、アフリカでエイズ対策をやってたんですけれども、なかなかうまくいかない。 それは(患者が)10年後の自分が想像できないから。 10年後には、エイズじゃなくても飢餓とか暴力とか、戦争とかで亡くなっているとすれば、「10年後にあなたが生きていくために、今エイズの予防しましょう」という言葉が、むなしくしか響かなかったんですね。 社会がどうあるか、どう変わっていくか、どういう希望のもとにあるべきかっていうのは、1人1人の心の中にあるような気が個人的にはします。 そういう意味では、今、大変な状況なんだけれども、その次の社会をどういうふうな社会にしていけばいいかっていうことを考えることによって、それが未来への希望につながると思います。 科学者である山本さんが、「希望が大切」とおっしゃったのがとても印象的でした。 新型ウイルスのあとの社会を、希望を持って想像することで、あすからの行動につなげていくという、非常に大切なメッセージだと感じました。

次の