プレッシャーキングプロ 口コミ。 プレッシャーキングプロの口コミレビューでの評判や評価。使い方や機能は?

クッキングプロとプレッシャーキングプロの違い

プレッシャーキングプロ 口コミ

もくじ• プレッシャーキングプロの構造はとてもシンプルで使い方は簡単 こちらが購入した が入っている箱です。 開ける前からワクワクしてきちゃいますよね。 本体の他に、鍋、しゃもじ、計量カップ、人気のレシピ集がついた取扱説明書が一緒に入っています。 「プレッシャーキングプロを買って使いこなせなかったらどうしよう・・。 」と、使う前からプレッシャーを感じる必要はありません(笑) 本体のふたに内ぶたがついており、中に入っているのは内鍋のみという、 とてもシンプルな構造をしています。 マイコン炊飯器の中に入っている釜のように軽く、焦げ付き防止加工がされてあります。 サイズは幅28. 5cm、重さは3. 6kgと割とラクに持ち運びができます。 圧力鍋と比べてみましたが、高さはややあるものの、サイズは圧力鍋と同じぐらいコンパクトなサイズです。 ふた上面には「圧力切り替えバルブ」と「圧力表示ピン」がついており、このバルブで蒸気の密閉・排出を切り替えてくれます。 ふたを開けるときも、圧力鍋と同じように本体のマークと合わせてクルッと回すことで、簡単に開けることができます。 プレッシャーキングプロは、 意外にもシンプルでとてもわかりやすい構造がポイントです。 実際に圧力鍋の定番「豚の角煮」を作って使ってみよう 構造うんぬんよりも、実際に作ったほうがわかりやすいですね(汗) 圧力鍋で作る料理と言えば、固い肉がホロホロになる「豚の角煮」が定番です。 定番料理をプレッシャーキングプロで作ってみることにしましょう。 鍋の中に、5cm幅に切った豚の角煮、長ネギの青い部分、スライスしたしょうが、水200ml、しょうゆ100ml、酒・みりん各50ml、砂糖大2を入れます。 フタをクルッと回して密閉し、圧力をかけるため、圧力切り替えバルブを指で回して「蒸気密閉」の位置にします。 本体に電源コードを奥までしっかりとさし込み、電源プラグをコンセントにさし込みます。 圧力がかかると、圧力表示ピンがピコッと出てきます。 この間、シュッシュ〜!と音を立てることはありません。 「本当に調理しているの?」と不思議に思うぐらい 音は静かです。 電子音が鳴ったら、圧力調理終了のサインです。 このときはまだ圧力表示ピンが上がったままですので、圧力が下がるまで待ちましょう。 圧力表示ピンが下がったら調理完了!ふたを開けてみると、味がしっかりと染み込んだ豚の角煮ができあがっていました。 トロトロでとても柔らかい!圧力調理って本当にスゴいですよね。 「プレッシャーキングプロ」の基本的な使い方をおさらいすると、• 鍋に食材を入れる• ふたを閉める• 圧力切り替えバルブをセットする• コンセントに接続する• メニューを選び、圧力調理時間を設定してスタート• 圧力表示ピンが下がるのを待つ ガス火の場合、3. の工程で火加減を調整したり時間を測りながら見ている必要がありますが、電気圧力鍋の場合はこの工程がありません。 しかも圧力調理が終わったあとは、 24時間自動で保温してくれちゃいますし、お肉や魚、野菜も 冷凍のまま調理できちゃう点がポイント! スタートボタンを押してしまえば、後はほったらかしでいいのです。 プレッシャーキングプロは1台6役。 他にもこんなことができる! プレッシャーキングプロは豚の角煮や煮豆づくりのように、通常の圧力調理ができるのはもちろんですが、ほかにも色んなことができます。 白米はもちろん、玄米や雑穀米も炊けちゃう 炊飯器じゃなく圧力鍋でお米?と思ってしまいますが、実はご飯も簡単に炊くことができます。 白米に玄米、おかゆに赤飯、リゾットにパエリアなど お米に関するあらゆるメニューを炊くことが可能です。 今回は大好きな雑穀米を炊いてみましたが、豆までしっかり柔らかく炊くことができました。 食材が持つ水分だけで調理する無水調理もできちゃう ガス火を使っていたときは必ず水を入れないといけませんでしたが、プレッシャーキングプロは 食材が持つ水分だけで調理することが可能です。 今回はトマト缶を使って無水カレーを作ってみました。 「こんなに水分少なくて大丈夫なの?」とフタを閉める前に不安になってしまいますが、きちんと水分たっぷりのうまみがギュッと濃縮されたカレーが完成しました。 ヘルシーな蒸し料理もできちゃう キャベツやじゃがいもなどのヘルシーな蒸し料理も、圧力鍋でふかせば簡単に作ることができます。 別売の蒸しプレートを置いてMINの線まで水を入れて圧力をかければOK! 甘くてホクホクのふかし芋ができあがっておりました。 野菜の蒸し料理のほかにも、栄養たっぷりの離乳食も作ることができます。 赤ちゃんから目を離すことなく、安心して使うことができます。 加圧せずにじっくり煮込める 圧力鍋でも加圧せずにじっくりと煮込むことができます。 今回は手羽元でトマト煮を作り、もう少し煮込んでみたら、トロトロのトマトスープに。 本格的な煮込み料理も簡単に作ることができちゃいます。 冷めたら温め直すこともできる 作った料理を温め直したいと思ったとき、加圧しながら温めることができます。 今回はポトフを大量に作り、再度加圧して温め直したところ、さらにキャベツがトロトロになってうまみたっぷりに。 加圧して温めるので、効率よくいつでもおいしい料理が作れちゃいます! このように、材料を入れてボタンを押すだけで 「圧力」「炊飯」「無水」「煮込み」「温め直し」ができる1台6役ができちゃう点がプレッシャーキングプロのスゴいところ! 圧力調理以外にも、1台でいろんな調理ができる点がうれしいですね。 プレッシャーキングプロのここがいまいちだと思う5点 圧力調理のほかにも色んなことができるプレッシャーキングプロですが、使ってみてわかったイマイチだなと思ったデメリットは以下の5点です。 1.操作を連続して行わないとすぐに決定してしまう 調理したいメニューを選択したあとに圧力調理時間をするのですが、4〜5秒もたもたしていると初期設定の圧力調理時間で加圧が始まってしまいます。 キャンセルボタンを押して、再びボタンを押して設定しなければならないのです(泣) もう少し待ってくれたらいいのですが、設定するときは集中して操作を行うようにしましょう。 2.下ごしらえの調理時間が3分しか持たない プレッシャーキングプロの便利機能として、作った料理が冷めてしまったときに、ふたを開けたまま炒めたり煮たりすることができます。 圧力調理でせっかくほったらかしにできるものの、ふたを開けたままの調理は手間がとてもかかります。 3.フタがないので冷蔵庫に保存できない 鍋は炊飯器の釜と同じ作りで、鍋のようにフタが付属しておりません。 「ちょっと作りすぎてしまったかな?」と思ったときに、冷蔵庫で保存しておくことができません。 ぴったり合うフタがあればいいのですが、1度鍋から別の鍋に移し替える手間がかかります。 シャープの無水調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の場合は専用のフタがついているため、よく冷蔵庫に保存される方はこちらを検討してみてください。 4.調理時間が意外とかかってしまう レシピに圧力調理時間5分と書いてあると「5分で完成してしまうなんてスゴい!」と思ってしまいますが、実はこれは圧力をかけている時間だけです。 つまり、 レシピに載っている時間+最大40分程度の時間を確保しておく必要があるのです。 調理時間が意外とかかってしまい、超時短にはなりません。 5.ご飯を保温しっぱなしにすると、カチカチになってしまう ご飯が電気圧力鍋で炊けることは非常にうれしいのですが、ご飯を炊いたあとに保温しっぱなしにしておくと、ご飯がカチカチになってしまいます。 なんかもっといい方法はあるのではないかと、ショップジャパンのカスタマーセンターに問い合わせてみたところ、「ご飯は私もカチカチになります」ということでした(汗) ご飯に対する保温能力に関しては、 炊飯器の方が優れていると言えます。 ご飯を炊いたあとはすぐにラップにくるんで、ジップロックなどの保存容器に入れて冷凍保存するのが望ましいでしょう。 私自身が雑穀米が大好きですので、常に冷凍庫にストックしてありますよ! 使った後でも返品OK!安心の39日間返品保証あり 「買ったあとに、気に入らなかったらどうしましょう?」 購入したあとに、やっぱり使いこなせなかった。 合わなかったという方でもご安心ください。 「ショップジャパン」では、 39日間無料で試すことができ、もし満足できなかった場合は、何回使ったあとでも商品代金が 全額返ってきます。 普通は1週間ぐらいが限度だと思いますが、39日間も無料で使えるなんて、ショップジャパンさんってなんて太っ腹な対応なのでしょう! 返金保証があるだけではなく、ショップジャパンの商品は一部を除いて 1年間の修理保証がついています。 通常使用の範囲内では 修理を無償で行っていただけます。 カスタマーセンターも24時間対応してくれますので、ちょっとしたわからないことがあったときに自分が問い合わせたい時間に聞くことができるのがうれしいですね。 ちなみに、カスタマーセンターの方の話によると、午前中は電話回線が激混みがで午後のほうが比較的つながりやすいようです。 プレッシャーキングプロを買うならセットがお得。 まずは試してみよう 電気圧力鍋「プレッシャーキングプロ」を使ってみて、プシューッ!という恐怖の音からも開放されるようになり、煮込み料理が楽しくなってきました。 ガス火をずっと見ている必要がなく、キッチンで立っていた時間は自分の時間に当てることができます。 かと言って時間が大幅に短縮されるわけではありませんが、火を使わないことで小さいお子さんが周りでウロチョロしていても、安心して使うことができます。 もう、普通の圧力鍋には戻れないかも?! プレッシャーキングプロは単体で購入すると結構なお値段がしますが、「ショップジャパン」でセットで購入すると、 激安価格で購入することができます。 私もセットで購入したところ、おまかせレシピにハンディーブレンダー、蒸しプレート、スムージーメーカーと、盛りだくさんの商品がついておりました。 ガス火で使う圧力鍋をお持ちの方はもちろん、これから圧力鍋レシピに挑戦したいなと思われた方は、「プレッシャーキングプロ」をぜひ試してみてくださいね。 電気圧力鍋があれば、あなたの料理のレパートリーがグッと増えますよ! プレッシャーキングプロとホットクックの調理時間を比べてみた.

次の

クッキングプロとプレッシャーキングプロ違いは?悪い口コミある?最安値はここ!

プレッシャーキングプロ 口コミ

料理初心者の方(簡単で失敗が少ない)• 高齢の方(軽い、火を使わないので安全)• 小さなお子さんがいる方(時短、簡単調理)• 圧力鍋を使うのが怖くて躊躇している(火力調整が不要で静か)• 魚の骨まで食べたい(骨まで柔らかくなる) レビューをみるとご両親へプレゼントしている方が結構いらっしゃいました。 火を使わないので、火の消し忘れの心配がないのは高齢者家庭にとっては安心ですね。 また、普通の圧力鍋のような激しい蒸気もでず、軽くて、お手入れ簡単なので、使うのが億劫でありません。 >> クッキングプロで料理をしたレビュー レシピブックに載っている料理を中心に実際にクッキングプロで料理してみました。 内釜に水量メモリがついているので、炊飯器で炊くのと同じ感覚です。 とても簡単に ふっくらつやつやの美味しいご飯が炊きあがりました! ごはん2合を調理した場合の電気代はわずか約3円。 圧力調理は電気代がかかるのではないか心配でしたが、これなら電気代を気にする必要もありませんね。 ふっくらとかなり美味しく出来上がりました! 下ごしらえは不要なので、だれでも簡単に美味しいお赤飯が作れます。 これはかなりおすすめです! 無水カレー トマトの水煮缶で無水カレーを作ってみました。 人参は中まで柔らかくて、濃厚なカレーで美味しかったです。 釜がコーティングされていて、それほどくっつかないので、後片付けも楽でした。 さんま・いわしの甘露煮 さんまとイワシで甘露煮を作ってみました。 鍋に材料を入れて加圧30分、その後約10分煮込んで完成です。 加圧は30分ですが、予熱調理や煮詰めたりする時間も含めると、所要時間は全部で約1時間でした。 自宅でこんなに簡単にできるものだとは思いませんでした。 3分炒め+1分加圧調理で美味しいパスタができました。 トータルで約30分かかりましたが、お湯を沸かす鍋が不要で材料を入れたらほったらかしでよいので、普通にパスタを作るより簡単です! 筑前煮 人参やレンコンなどの根菜類も圧力調理で簡単に柔らかくなりました。 里芋の煮っころがし 加圧時間3分で柔らかくなりました。 今回は生の里芋を使いましたが、冷凍里芋でもできるようです(冷凍のまま入れてOK)。 普通の鍋で作るのに比べると断然楽でした。 普通の鍋で煮込むより圧力鍋のほうが断然美味しいです! クッキングプロで何人分まで作れる? 料理の種類によりますが、2~4人家族に適している大きさだと思います。 レシピブックは2人分が掲載されています。 我が家はいつも2人分で作っていますが、2人分だとなべにまだ余裕があるので、倍量の4人分は作れると思いますが、食べ盛りのお子さんがいる4人家族だと量が足りないかもしれません。 クッキングプロのメリットとデメリット クッキングプロを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 自動調理で火力調整が不要なので簡単!• 圧力調理中も音がしなくて静か(怖くない!)• 後片付けが簡単(内釜を洗うだけ)• 周囲が熱くならない(特に夏場は重宝する)• 時短(特に煮込み料理) 以前はガスで使う普通の圧力鍋を使っていたのですが、『重い、調理中の音がシューシューとうるさい、後片付けが面倒…』などの理由で結局使わなくなってしまいました。 今回、クッキングプロを手に入れて、数年ぶりに圧力調理をしましたが、以前使っていた圧力鍋とは比べ物にならないほど使いやすい商品だと感じました。 電気圧力鍋は初めて使いましたが、圧力調理中も蒸気がでないため、とても静かなことに驚きました。 また、軽くてコンパクトな内釜を洗うだけなので後片付けが楽なのも継続できる理由です(以前の圧力鍋は重くて、こびりついたりで洗うのが大変でした)。 デメリットと注意点 大きなデメリットは感じていませんが、いくつか気になる点を書いておきます。 「時短」という謳い文句について 例えば、『炊飯6分!』と紹介されていますが、実際にはすべてトータルで約30分かかりました。 6分というのは加圧調理時間であって、 予熱や料理後の減圧時間がそれぞれ10~20分かかります(急ぐ場合には、バルブで強制的に減圧することもできます)。 なので、予熱や減圧を含めた全体の時間としては、 調理時間+30分程度と考えておくのがよいでしょう。 また、『材料を入れてボタンを押すだけで出来上がり!』みたいな謳い文句で宣伝していますが、ちょっと大げさかなぁと思います。 炊飯などは材料を入れてボタンを押すだけで出来上がるのですが、自動調理が終わった後に10分程度煮込みが必要になる料理もあります。 煮込みと言っても、フタを開けてボタンを押すだけなので、作業自体はほとんどありませんが…。 1回ボタンを押したら出来上がり…ではなく、何度かボタンを押す必要があります。 「煮込み・炒め」モードは3分固定&火力調整できない 使っていて不可解なことが一つあります。 それは「煮込み・炒め」の調理時間が3分に設定されていて変更できないこと。 そのため、レシピに『煮込み9分』とある場合、「煮込み・炒め」を3回押す必要があります(3分経つと自動で切れるため)。 「煮込み・炒め」は火加減の調整ができなくて、2分位すると火力が結構強くなります(コンロだと中~やや強火に相当すると思います)。 あえて3分と短い時間に設定してあるのは、長時間煮込みすぎて焦げ付いたりするのを防止する目的なのかもしれません…。 スロー調理の温度が変更できない スロー調理とは沸騰するよりも低い温度で加熱することで煮崩れをおこさずに食材を柔らかく煮込むことができます。 クッキングプロの口コミ・評判 インターネットでレビュー評価を調べたところ、5点満点中の5をつけている人が多く、満足度が高いことがわかります。 「時短で美味しい料理が作れる!」といった感想が多いです。 購入者レビューは公式サイトで確認できます。 >> まとめ クッキングプロがあれば、短時間で煮込み料理ができたり、ほったらかし調理ができます。 シャープのホットクックのような撹拌機能はないので、最後に自分で混ぜたりする必要はありますが、コンロで調理するのに比べると非常に便利です。 クッキングプロの本体の色は シルバーと レッド(赤)があり、レシピ本、蒸しプレートなどがついたお得なセットもあります! 公式サイトでは< 39日間返品保証>があるので、使用後でも満足できなかった場合は、39日以内であれば、返品することができます。

次の

プレッシャーキングプロ|ショップジャパン公式 通販|圧力鍋

プレッシャーキングプロ 口コミ

ココロにお届け 電気圧力鍋の悪い口コミ評判 ショップジャパンの電気圧力鍋(プレッシャーキングプロ)デメリットや悪い口コミってないの?購入前に知っておきたい口コミをまとめてみました。 プレッシャーキングプロ【故障】 まずは故障に関する口コミです。 圧力がかからない 圧力調理に入らないことがあります。 延々と余熱状態で、ピンは上がって圧力調理が進んでいるのですが、コントローラが圧力調理の状態にならないことがあります。 毎回ではなく時々なので、対応してもらったほうがいいのかわかりません。 焦げる スイッチが切れないです。 故障でしょうか? ご飯が炊けても焦がれてしまう。 他のものを煮ても同じでした。 不良品でしょうか。 電話したけどつながりにくいです。 故障に関しては、時々不良品も起こるようです。 電気圧力鍋【プレッシャーキングプロ】は1年保証付き! ショップジャパンのプレッシャーキングプロは公式サイトによると 1年保証をつけているようなので、早急に返品交換をしてもらいましょう。 また、コレって故障かも?と思ったら相談・電話するほうがよさそうですよ。 ショップジャパンの電話がつながりにくい対応は「すぐにつながった」という口コミもありましたので、タイミングをみて再度かけなおすなどの対応をしましょう。 すぐに調理したい。 時短にしたいという方には向きませんが、仕事に行く前にセットするというような方にオススメだと思います。 初めて圧力鍋を購入したのですが、思ったよりも調理時間がかかりました。 特に 加圧と減圧に時間がかかりすぎるので、一度に家族分をつくることができません。 大人数の家族で一度にたくさん作るときは、ガス圧力鍋のほうがよさそうです。 一度に家族分作れず、結局は 食材を柔らかくしたい分だけを加圧調理で使用しています。 だた、肉や芋、根菜などはすごく柔らかくなるので、 歯の悪い高齢者でも美味しく食べられます。 余熱の時間が長い。 タイマー表示が減らないので あと何分かわからない。 でも 鍋に材料を入れて放置するだけで出来るため手間がかからなくて助かってます! 調理時間に関して、CMやテレビで放送する時間は• カレー:28分(加圧・減圧の時間を含める)• ご飯:32分(加圧・減圧の時間を含める) となりますね。 調理時間の設定が少しやりにくい事・ 圧力調理の弁の表示が分かり難いと思います。 ついでに 圧力を逃がすやり方が危ないので、小さい子がいる・ペットがいるところで使用することができません。 費用対効果、コストに見合った製品と言うことで納得しなければなりませんと言うことですね!もう少し使い慣れるように致しますが取り敢えず満足です。 性能は良いが 蓋の開閉する度にいちいち外すのがめんどくさいです。 文字の設定・見えずらさ・わかりにくいという面でははじめて使う方は少し戸惑いを思えるかもしれません。 ただ、使い慣れることで、ずっと便利に調理することもできるし、料理の幅がぐんと広がるので、慣れればすごくよい商品なのだと思いました。 ココロにお届け 電気圧力鍋の良い口コミ評判 ココロにお届け!ショップジャパンは良い口コミが圧倒的に多いのでその中でも口コミの多かったものはなんでしょう?厳選した良い口コミです。 外側はあまり熱くならないので、食卓におけるところがいいですね。 白米をプレッシャーズプロで炊いてみました。 他のかたの口コミにもあるとおり 柔らかめになりました、柔らかいからかちょっと内釜につきますね、でも普通に美 味しくいただきました。 お米炊くのはほんとに早いです。 時間が遅くなったときに便利です! 子供がいるのでとにかく便利です。 今まで鍋で作っていたのがバカバカしくなるくらい 美味しく柔らかく出来上がり、とても満足しています。 電気ということもあって 火力が弱いからか、想像していたより 調理時間が長くかかります。 しかし電気調理ということで 放っておけば出来上がっているので、他の用事をする前にセットして気がついたら終わってた、という具合に調理できて楽です。 最初のビニール臭は結構強いですが何度か料理したら消えました。 それで もほったらかしにできるのと、 音が静かなのでとても重宝しています。 お手入れも楽チンで、 容量も3人家族なので丁度良いです。 良い口コミに関しては数が多かったので、 もっと読みたい方はコチラをクリックしてくださいね! 高齢の父から頼まれてプレッシャーキングプロを購入しました。 カレーを作ってみたらしく、「楽やわ~」と言ってました。 イワシの煮物は骨がなくなるし、 固い肉は柔らかくなって食べやすくなって良いとご満悦です。 慣れるまで時間がかかりましたが、 慣れてくるととても便利な商品でした。 高齢の母にプレゼントしたのですが、火をつかわないので、 安心して使えると喜んでいます。 子育て中のママです。 材料をポンっと入れてタイマーをセットしたら、あとはゆっくりと授乳したり、そのまま上の子供のお迎えまで行けちゃいます。 ご飯が美味しく炊けます。 プレッシャーキングプロで避けがちだった、煮込み料理もこれから楽しめそうです。 肉じゃがやポトフ、ぶり大根など煮込み料理が 美味しくできて感動!毎日使っています。 時間は少々かかりますが、その間 他のことができるのでとても楽です。 母がTVで紹介された電気圧力鍋が欲しいと言っておりましたので、プレゼントとして購入しました。 蒸気も出ず、時間は少し長くかかりますが、 タイマーは予想以上の便利さで、白米も圧力鍋の味と変わらずとても美味しく炊くことができます。 豚の角煮の出来も最高でした。 購入してよかったです! プレッシャーキングプロ 電気代 ココロにお届け電気圧力鍋(プレッシャーキングプロ)は電気をずっと使っている状態が続くので、気になるのが電気代ですね。 ガスを多く使う一般の家庭で使われている圧力鍋よりは、電気圧力鍋の中でも断然電気代が安いプレッシャープロがオススメのようです。 口コミを調査するとこのような意見がでました。 お米2合を炊飯するときの運用コストを比べてみると、• プレッシャーキングプロ: 1時間あたり 約19円 電気代• 一般的な圧力鍋で炊飯: 1時間あたり 中火で約21円 ガス代 圧力鍋としてみると、経済的なことが分かりました。

次の