ポケカ 悪 バレット。 【ポケカ大会優勝】ブラッキー&ダークライGXのデッキレシピまとめ

自分が使うポケカのデッキを書く 悪バレット編|shiony|note

ポケカ 悪 バレット

ラランテスやフシギバナなどの特性を生かしてGX技を使って一気に勝利することも可能なデッキだ。 序盤で一気にエネ加速して、GX技を発動できれば一方的に相手を倒すことも可能。 GX技を使って、自身の火力を上げつつ、一気に盤面を展開できるのも魅力。 常にわざでこんらん状態にすることができるので、相手が技を失敗して勝てるときもある。 序盤から相手にダメージを与えて一気に勝利しよう。 GX技を使えば一気に逆転勝利を狙うことも可能なデッキだ。 カメックスの特性「パワースコール」でエネルギーを山札から付けてカメックスGXで大ダメージを与えよう。 ウルトラネクロズマGX、あかつきのつばさネクロズマGX、カラマネロ、マーイーカ、ルナアーラ ウルトラネクロズマの技「フォトンゲイザー」を使用して火力を出すデッキ。 カラマネロの特性とのコンボが非常に強力。 ズガドーンGX、ベベノム、アーゴヨン、レシラムGX エネルギーをトラッシュすることで、ダメージを出せるズガドーンの技「ビックリヘッド」をメイン火力にしたデッキ。 エネルギー管理がかなりシビアなのが難点。 ゾロア、ゾロアークGX、マグマッグ、マグカルゴ、ルガルガンGX、イワンコ、メタモン マグカルゴの特性とゾロアークGXを両方進化させることができれば、毎ターン好きなカードをサーチ可能。 進化デッキなので前半の事故にやや難はある。 エレキパワーやこだわりハチマキを使うことで高い火力を出すことも可能。 サーナイトGX、キルリア、ラルトス、アローラロコン、アローラキュウコンGX、メタモン 強力な特性をもつ2進化ポケモンがメインのデッキ。 育てるのは大変だが、育ってしまえば圧倒的な強さを誇る。 マッシブーンGX、マッシブーン、ルガルガン、イワンコ、アローラロコン、アローラキュウコンGX、ディアンシー、ニューラ、マニューラ、メタモン 1エネルギーでバトル場とベンチに30ダメージを与える強力なマッシブーンGXを使ったデッキ。 一気に展開して相手のポケモンをすばやく倒していこう! ジュカインGX、ジュカイン、ジュプトル、キモリ、ラランテス、カリキリ、メタモン 少ないエネルギーで攻撃することができるジュカインGXをメインにしたデッキ。 進化前のジュプトルの特性で安定して盤面を整えることが可能なデッキだ。 デンリュウGX、モココ、メリープ、アローラキュウコンGX、アローラロコン、メタモン デンリュウGXの技「パワーリチャージ」を使って、エレキパワーをトラッシュから回収しつつ戦うデッキ。 4枚使い続ければ、毎ターン雷エネ1枚で150ダメージを与えることが可能。 ガオガエンGX、ニャヒート、ニャビー、ゾロアーク、ゾロアークGX、ゾロア、ヤレユータン 強力な特性を持った2進化ポケモンをメインにしたデッキ。 新弾で強化された悪タイプのポケモンで戦っていくデッキだ。 シンボラーGX、カラマネロ、マーイーカ、カプ・コケコ、ネクロズマGX 特性によるダメージ反射をうまく利用したデッキ。 カラマネロを使ってできるだけ攻撃し続られるように立ち回るのがポイントだ。 フェローチェGX、パラセクト、パラス、ベベノム、アーゴヨン、メタモン フェローチェGXの技「ファストレイド」を使って序盤から攻めていくデッキ。 後半になればフェローチェのGX技威力が上がるため、相手のポケモンを1撃で倒すことも可能だ。 ルギアGX、カラマネロ、マーイーカ、ギラティナ、カプ・コケコ ルギアGXをカラマネロでエネルギー加速しつつうまく使うデッキ。 1撃で倒されないように闘うのがポイントのデッキだ。 アーゴヨンはエネルギーの加速だけでなく、途中アタッカーとしても活躍することができる シャワーズGX、イーブイ、ウパー、ヌオー、べべノム、アーゴヨン シャワーズGXの特性で回復しつつ、戦っていくデッキ。 アーゴヨンとヌオーの特性コンボを使って、シャワーズGXのハイドロポンプのダメージを上げていこう。 1撃で倒されなければ特性でデッキに戻ることで全回復することが可能なので、1撃で倒されないようにうまく戦っていこう。 ベベノム、アーゴヨン、バンギラスGX、ヨーギラス、サナギラス バンギラスGXの高耐久を活かしたデッキ。 サナギラスの特性を使うことで、2進化であるバンギラスへも安心して進化させていくことができるのが特徴だ。 ヌオーとアーゴヨンの特性コンボを使えば一気にハイドロポンプのダメージを上げることできる。 フリーザーGX、ベベノム、アーゴヨン フリーザーGXの特性である「でんせつのひしょう」を活かしたデッキ。 1撃で倒されなければ、アセロラを使って回復しつつ闘うことが可能だ。 カイリューGX、ミニリュウ 高HPと少ないエネルギーで攻撃ができるカイリューGXをメインにしたデッキ。 進化デッキなので、序盤に事故が起きてしまう可能性がある。 特性「じならし」のマグカルゴを使えば毎ターンエネ加速が可能。 トラッシュに炎エネルギーを送れば、バシャーモの特性「たきつける」でエネ加速が簡単に行える。 HPが低く倒されやすいが、GX技を使えば手札に戻すこともできるため、負け筋を減らすことも可能。 逃げエネ0なので盤面を操作しやすいため、ジラーチやサンダーと相性が良い。 イーブイ、リーフィアGX、カリキリ、ラランテス、メタモン、アローラベトベトン、ゾロアークGX、ゾロア GX技で2ターン目から、ベンチのポケモンを一気に進化できる特徴的な技を持つ。 早い段階で盤面を完成させて、相手を一気に倒そう。 グソクムシャGX、コソクムシ、ジラーチ、カプ・テテフ、カプ・コケコ 条件を満たせば、1エネで120ダメージを与えられる強力なカード。 グズマや逃げるを使って毎ターン条件を満たせるようにしよう。 ジュペッタGX、カゲボウズ、ダストダス、ヤブクロン、マッシブーン 特性でお互いの場にあるダメカンを好きなように動かせる。 高いHPのポケモンでも特性を使えば、打点を調整して倒すことができる。 エネ加速をして一気に相手を崩してしまおう! ハッサムGX、ハッサム、ストライク、ヤレユータン、ダダリン ハッサムGXは、技「はがねのつばさ」でダメージを与えつつ、受けるダメージを-30できる。 特性の条件を満たせば、大ダメージを与えられるのでHP調整しつつ戦おう。 ダーテングGX、タネボー、マーシャドー、コノハナ、シママ、ゼブライカ ダーテングGXは、自分と相手の手札を一緒にすればダメージを、一気に上げることが可能。 マーシャドーなどを使ってうまく調整して戦おう。 グレイシアGX、シャワーズGX、イーブイGX、イーブイ、ウパー、ヌオー グレイシアGXの特性「いてつくひとみ」は、相手のGXポケモンの特性をすべて無効にできる。 相手の行動を制限しつつ、技「フロストバレット」戦っていこう! コイル、ジバコイル、ジラーチ、ゲノセクトGX ゲノセクトGXは、特性でポケモンの道具を自身に2枚つけることができる。 一撃で倒せない相手には、防御がアップするグッズをつけて戦っていこう! ディアルガGX、コイル、ジバコイル、アローラロコン、アローラキュウコンGX、ネクロズマたそがれのたてがみ ディアルガGXは、「もう1回自分の番を始める」という驚異的なGXワザを持つポケモン。 GX技は、ほとんどのゲームに勝利することができるパワーがあるので、このワザを使うことを意識して戦おう。 ミミッキュGX、ミミッキュ、ニューラ、マニューラ、カプ・コケコ、ラティオス、マッシブーン、カプ・テテフ ミミッキュGXは、相手のバトル場のポケモンに乗っているダメカンの数が多いほどダメージが上昇するワザを持っている。 できるだけ多くのポケモンにダメカンを乗せて戦おう! マーシャドーGX、ギラティナ、カプ・コケコ、ネクロズマ、マーイーカ、カラマネロ マーシャドーGXは、「自分のトラッシュにあるたねポケモンのワザをすべて使える」ので、相手に合わせて有効なワザを選ぶことが出来るポケモン。 闘タイプとしてそのワザを使うことが出来る点も覚えておこう。 クワガノンGX、アゴジムシ、デンヂムシ、アローラロコン、アローラキュウコンGX、カプ・テテフGX クワガノンGXにエネルギーとなる特性をもつデンジムシをつけて攻撃するタイプのデッキ。 クワガノンGXはHPが高くGX技も強力なためとても強いポケモンだ。 ジュナイパーGX、モクロー、ゾロアークGX、ゾロア、ヨーギラス、イベルタルGX 特性でダメカンを毎ターン2個相手のポケモンに乗っけることができるジュナイパーGXを、ベンチのポケモンの数が多いほどダメージが上がるゾロアークGXと組み合わせたデッキだ。 ボーマンダGX、タツベイ、アチャモ、バシャーモGX、カプ・テテフGX エネルギーをトラッシュすることで200ダメージを出すことができるボーマンダGXをメインにしたデッキ。 トラッシュしたエネルギーを再度つけるために、バシャーモの特性「たきつける」を活用しよう。 クワガノンでエネ加速をして戦うのが強力。 専用グッズで様々なタイプに変化するため、弱点を突きやすい。 ネクロズマGX、マーイーカ、カラマネロ、カプ・テテフ、カプ・コケコ ネクロズマGXのワザ「は自身に付いている超エネの数だけダメージが上昇。 相手のポケモンのHPが高くても1撃で倒せる可能性がある。 耐久性能の高さを活かして戦おう。 序盤から相手のポケモンを倒しやすいので、速攻をしかけていける。 他にはない強力なGX技が1番の特徴。 GXポケモンからの攻撃を受けなくなるため、うまく使えば一方的に展開できるのも魅力。 キョウの罠とアンズをうまく使って有利に戦おう。 ヨワシGX、ヨワシ、バリヤード ヨワシGX専用の特製をもったヨワシを複数ベンチに並べて戦うデッキ。 1エネルギーで最大100ダメージをだすことができる強力なポケモンだ。 メタモン カミツルギの技をうまく使ったデッキ。 戒めの祠とのコンボを決めればどんなに相手のHPが高くてもGXポケモンであれば一撃で倒すことが可能なデッキだ。 ネイティ、ハネッコ、ポポッコ、ワタッコ、ケララッパ、カプ・コケコ、ヤレユータン、マグマッグ、マグカルゴ 非GXながら、GXポケモンを一撃で倒すことができる火力を持ったデッキ。 ただし、ワタッコがサイドカードにいってしまうと、ポポッコの特性を生かせなくなってしまう。 グランブル、ブルー、マグカルゴ、マグマッグ、ヤレユータン、メタモン 手札が0枚の時に使えば1エネで160ダメージ与えられる、グランブルの「すっからかん」を火力としたデッキ。 非常に強力ではあるものの、手札を管理するプレイングスキルが求められる。 カプ・コケコ、マニューラ、ニューラ、ドンカラス、ヤミカラス、カプ・テテフ かいてんひこうを使ってダメカンを相手にばらまいて戦うデッキ。 うまく使えばGXポケモンを倒したり、終盤に一気にサイドカードを取れるカウンター型のデッキだ。 ホワイトキュレム、カプ・コケコ、フェローチェ、アルセウス 非GXのホワイトキュレムを主軸に攻撃していくポケモン。 非GXながらGXポケモンも一撃で倒すことが可能だ。 アローラナッシー、タマタマ、ラランテス、カリキリ、ジュカインGX、ジュカイン、ジュプトル、キモリ、メタモン、ツボツボ 非GXながら1進化で160と高HPのアローラナッシーをメインに戦っていくデッキ。 1エネで120以上のダメージを与えることも可能な強力なデッキだ。 ヒトツキ、ニダンギル、ジラーチ、マギアナ、ゲノセクトGX、アローラキュウコンGX、アローラロコン、メタモン お互いの場のポケモンについている、どうぐの数だけダメージが上がる技「どうぐおとし」を使ったデッキ。 山からグッズをサーチできるアローラキュウコンGXとの相性がいい。 ゾロアークGX、ゾロアーク、ゾロア、ダークライGX、マニューラ、ニューラ、マグカルゴ、マグマッグ、メタモン 非GXながら、GXポケモンを一撃で倒すことができる火力を備えたデッキ。 ただし、ポケモンの枚数が多く手札事故が起きやすい上に、プレイング難易度も高め。 特性で山札からポケモンを持ってくることも可能なため、安定シて攻撃を続けることが可能だ。 リザードン、ヒトカゲ、アローラキュウコン、アローラロコン 非GXながら青天井のダメージを出すことができるリザードンをメインにしたデッキ。 ダメージを出すためのエネルギーを自身の特性で山札から自分につけることができる居力なポケモンだ。 クワガノン、クワガノンGX、アゴジムシ、デンヂムシ、チコリータ、メガニウム、ミズゴロウ、ラグラージ エネルギーをすべてトラッシュすることで、220ダメージを与えられるクワガノンをメインとしたデッキ。 メガニウムの特性で倒されてもすぐにクワガノンを出すことが可能となっている。 エレキパワーなどを組み合わせればGXポケモンも倒すことができる。 カプ・コケコのかいてんひこうも合わせてGXポケモンを倒していこう。 フカマル、ガバイト、ガブリアス、リオル、ルカリオ、イワンコ、ルガルガンGX、メタモン 非GXながらサポートのシロナを使うことで200ダメージを当たられるポケモンガブリアスをメインにしたデッキ。 ルカリオの特性を使うことで毎ターンすきなカードをサーチすることが可能なのが特徴だ。 プテラ、マーイーカ、カラマネロ、ジラーチ、イワーク 非GXのプテラをメインにしたデッキ。 カラマネロの特性と合わせて毎ターン180ダメージ以上を出すこと目的としたデッキだ。

次の

【ポケカ】ムゲンダイナVMAXデッキ|スタンダード【通販で買える】 / オンラインショップの店舗ブログ

ポケカ 悪 バレット

こんにちは。 月2~3回くらいポケカをやるShionyです。 先日非公認(コロナの影響)のジムバトル大会に出た時、 対戦相手に「 このご時世に悪バレですか…」と言われるような、 環境取れるわけでもない悪バレットデッキを紹介する。 ただし、 反逆クラッシュのカードを入れてないものとしている。 まだ買ってないので… 1.デッキレシピ ポケモン ブラッキー&ダークライGX:2 ゲッコウガ&ゾロアークGX:2 ニューラ(こっそりこわす):2 マニューラGX:2 ベベノム:3 アーゴヨン:3 ミミッキュ(シャドーボックス):1 ミミッキュ(まねっこ):1 グッズ クイックボール:4 ポケモンいれかえ:2 プレシャスボール:2 タッグコール:2 カスタムキャッチャー:4 Uターンボード:1 ビーストリング:2 サポート シロナ:2 マリィ:2 シロナ&カトレア:2 レッド&グリーン:2 マオ&スイレン:1 グズマ&ハラ:1 スタジアム トキワの森:2 ウルトラスペース:2 エネルギー 基本悪エネルギー:11 ユニットエネルギー闘・悪・妖:2 2.採用理由 ブラッキー&ダークライGX:2 メインアタッカーの 貫通する方。 場に6エネあれば デッドムーンGXで サイドを一方的に取れる為、 基本的にはこのGXワザを撃てるように立ち回る。 ワザ「 ブラックランス」でベンチのGX・EXに60ダメ与えられるので、 ベンチでぼんやりしてるを追い込めたり、 適当にばらまいた後にシャドーボックスで特性を封じられる。 ただし通常ポケやVポケモンには通らない。 ゲッコウガ&ゾロアークGX:2 メインアタッカーの 高火力を出す方。 ベンチに貫通できないし、 ブラダクよりHPが20低いが、 上限のない火力を出せるワザ「 あくのはどう」が魅力。 場に悪エネ(ユニエネも含む)が8枚(VMAXなら12枚)前後あれば、 大体のポケモンをワンパンすることができる。 GXワザはあまり使わない。 デッドムーンGXでよさそう。 ニューラ(こっそりこわす):2 ワザ「 こっそりこわす」を後1で撃って1ターン優勢を取りたいだけ。 を1枚採用してでまとめて出してもいいかも。 マニューラGX:2 このデッキの要。 絶対いる。 特性「シャドーコネクション」でアーゴヨンが拾ってきたエネを ブラダクやゲコゾロに分散させる。 手出しで進化してもいいが、 できる限り追加ありレッド&グリーンで進化したい。 シャドーコネクションの巻き添えには注意。 ユニットエネルギーは動かせない。 ベベノム:3 全部HPに差がないので別にどのベベノムでもいいのだが、 ベベノムで始まってしまった場合にので、 どちらかというとの方がおすすめ。 アーゴヨン:3 エネ加速カード。 トラッシュから悪エネを拾って火力を増強させる。 マニューラGXを立たせられたら ウルトラスペースやクイックボールでベンチに2~3体並べておきたい。 ワザは対ぐらいしか使わない。 シャドーボックスの巻き添えは注意。 ミミッキュ(シャドーボックス):1 特性を封じる方のミミッキュ。 お互いの場のダメカンが乗ってるポケモンの特性を封じる。 ブラダクのワザでとかとかとかに ダメカンを載せて、こいつを出して動きを止めたい。 自分のマニューラ・アーゴヨンにダメカンを載せられると 特性が止まってしまうので注意。 ミミッキュ(まねっこ):1 相手の通常ワザをそのまま返す方のミミッキュ。 相手が撃ったとかとかを ユニット・悪エネでそっくりそのまま返すことができる。 意表を突きたいのでギリギリまで見せずに残しておきたいが、 必要な時になかなか手札に触れる札が揃わないのが難点。 クイックボール:4 いる。 ポケモンいれかえ:2 要調整。 3枚要るかも。 プレシャスボール:2 メインアタッカーをサーチする為に必要。 2枚でちょうどいい。 タッグコール:2 「TAGTEAM」を10枚入れてるのでいる。 カスタムキャッチャー:4 呼び出し札。 結構手札がなくなるので、ドローソースとしても使える。 2枚+2枚と入れ替えてもいいかも。 ビーストリング:2 エネ加速札。 なるべく手札に抱え込んでおきたい。 ワンサイドゲームになるとただ邪魔なだけなのが難点。 Uターンボード:1対策でなんとなくこちらにしているが、でも有り。 ウルトラスペース:2 ベベノム・アーゴヨンサーチ用。 事が済んだらトキワに張り替えてもいいかも。 トキワの森:2 悪エネを捨てて悪エネをサーチすると、アーゴヨンが拾ってきてくれて、 1ターンで2エネ加速できるつよつよの森。 シロナ:2 いつもの。 悪エネをトラッシュにある程度貯めておきたいのと、 山札に戻す効果はマリィで間に合ってるので、 を1,2枚入れる方が強いかも? マリィ:2 スパイクから出てすぐの道路で一緒にキャンプ建ててカレー作らない? 1枚増やしてもいいかも。 シロナ&カトレア:2 ドローソース兼サポート回収。 レッド&グリーン:2 マニューラGXに進化できる上に(2枚捨てたら) 2エネ加速できる。 先2/後1で発動できれば すぐにブラックランスが撃てる。 2枚採用しているが、マニューラが2ペアしかないので、 1ゲームで1回撃てたらヨシとしている。 マオ&スイレン:1 入れ替えできる上に(2枚捨てたら)回復できる。 たまにもう1枚欲しくなるけど邪魔になりそう。 グズマ&ハラ:1 スタジアムサーチ。 ボードとユニエネは状況による。 基本悪エネルギー:11 ユニットエネルギー闘・悪・妖:2 3.不採用・入替候補 メガヤミラミ&バンギラスGX 要求が重すぎるが、安定して高火力を出せるポケモン。 これを採用するならとも一緒に入れた方が安定しそう。 サメハダー(ごうよくしんか) 進化した時、山上6枚の中の悪エネを付けて加速できるポケモン。 1進化・ 運ゲー・ 出したら終わりなどマイナスが重いので不採用。 アーゴヨンに拾わせるために悪エネを捨てがちなので、 手札に悪エネが1~2枚とこいつがいる状況がなかなかない。 でも今考えたらでめちゃくちゃ悪さできそう… ガオガエンGX 使ったことはないけど、こいつを採用するなら、 おそらくウルトラビースト系を全部抜くか、 ゲコゾロのGXワザを使う前提のデッキにする必要がある。 ヤミラミV ブラックランスのベンチ貫通による60ダメで大抵のポケモンを倒せる。 1匹いたら活躍しそうだけど、この構築だと非GXデッキ相手に弱い。 このデメリットを差し引いても入れるべきではあるかも。 ミステリートレジャー ベベノム・アーゴヨン・シャドーボックスに触る為の札。 アーゴヨンのサーチをスタジアムでやるかかグッズでやるかの2択。 ナイトシティ 悪のたねポケモンの逃げエネが0になる。 マニューラ・UB組は対象外。

次の

デッキレシピ

ポケカ 悪 バレット

カクレオンで一撃必殺!「こうかはばつぐんだ!」 こんにちは! ルビー・サファイアで、「デボンスコープ」を使わないと見えないカクレオンに「 ドゥン……ドゥン……」とぶつかって遊んだことがあるのは僕だけじゃないはず。 筆者のインゲンです。 特性「ひみつのテリトリー」は、自分の場にエムリット、アグノムがいれば、 お互いの弱点がなんと4倍になるというなんとも派手な効果です! それと組み合わせるのが「カクレオン」。 特性「ユニットカラー」で、ついている ユニットエネルギーの3タイプを併せ持つようになるという、これまた珍しい効果。 3種類のカクレオンで9タイプを制覇できるので、 すべての弱点をつけるというワケです! これでどんな相手も4倍弱点! オラオラ! カクレオン様のお通りじゃい! そして重要なのが、それぞれのカクレオンのワザ。 草炎水のカクレオンは、1エネで撃てるかわりに、 進化ポケモンにだけ大ダメージが出るというトリッキーなワザを持っています。 覚悟しろタッグチーム! そして一番使いやすいのが 闘悪フェアリーのカクレオン。 せっかく色々なタイプになれるので、 特定のタイプだけ恩恵をうけられる強力スタジアムをいっぱい採用してみました! それぞれ必須カードではありませんが、決まればとちょっとドヤ顔できちゃうかも。 雷、超のカクレオンは3エネを要求するのでちょっと使いづらい……という時などにどうぞ! 今回採用した2体は少ないエネルギーで攻撃できつつ、高いパワーを繰り出せます! カスタマイズするなら? カクレオンは合計4枚しかデッキに入れることができないので、1体倒されてしまうとテンポが崩れがちです。 サブプランのポケモンは多いほど頼もしい! なるべく デッキの枠を割かずに採用できるポケモン、かつなるべく低エネルギーで高火力が出せるポケモンを採用するといい感じ! 特に「炎、水、草」は、カクレオンが進化ポケモンにしか大ダメージを出せないという性質上、「レシリザ」「モクナシ」などの人気ポケモンに対抗するならサブプランが欲しいところですね! このデッキで使うエネルギーは 全て特殊エネルギーなので、「ポリゴンZ」を入れるとよりスピード感が出て、奇襲戦法をとりやすくなります。 そのぶんデッキの枠を圧迫しますが、それを補って余りあるパフォーマンスをしてくれるはず! タブンネ! 編集後談「このデッキは最強でなくてもいいんだ」 ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。 僕が小学生の頃、夢中になったカードゲームの漫画があります。 「 DUEL JACK」という漫画で、デュエルマスターズの コンボデッキを色々教えてくれるものだったのですが、それを読むたび、カードゲームってこんなに面白いことができるんだ、とワクワクが止まらなくて、小学生なのに、休日に1日8時間ぶっ続けでカードと向き合っていたりもしました。 そして最近、もうすっかり記憶の彼方だったDUEL JACK の1コマを、Twitter で見かけることになったのです。 その1コマには、こう書いてありました。 「 このデッキは最強でなくてもいいんだ。 夢のコンボやプレイの楽しさ優先で、自分のアイデアを試してみようよ!」 それを読んだとき、なぜか少し涙しました。 というのも、カードゲームを14年もやっていると、だんだん周りの年齢層が上がってきます。 すると、周囲からは「優勝」「成績」あるいは「売り時」「当たり箱」のような単語が飛び交うようになります。 つまり、 「強さ」と「お金」がメインの話題になってくる。 もちろん、これはカードゲームの大事な要素のひとつです。 でも、その割合が膨れ上がっていることに違和感を感じざるを得ませんでした。 そんなときに、ショー(DUEL JACKでデッキを紹介してくれるマスター)の、先ほどご紹介したセリフが胸に突き刺さったのです。 嬉しかった。 話は少し変わりますが、先日、僕は 子どもの頃以来カードゲームをしていない年上の友人にポケカを勧め、一緒にパックを買って開封しました。 その時に彼が言った言葉は 「 パックを開けるのって本当に楽しいな! この時間幸せ過ぎない!?」 僕は目が覚めたような気がしました。 自分自身も、パックを開けるということをいつの間にか作業のように捉えていたのだと、その一言で気づかされました。 そうだ。 パックを開けるのは楽しい。 それを誰かと共有できるのは幸せなことです。 同時に、 大人になってもカードゲームを続けていたいということを、小学生の僕が夢見ていたことを思い出しました。 当たり前すぎて夢だったことすら忘れていたけど、いつの間にか僕は夢を叶えていました。 ほんとうに幸せなことです。 カードゲームが好きなあなたにこそ、もう一度 当たり前になったことの楽しさを思い出してほしい。 そういう編集後談でした。

次の