パワーポイント デザイン アイデア。 PowerPoint デザイナーで本格的なスライド レイアウトを作成する

Excelテクニック and MS

パワーポイント デザイン アイデア

「明朝体」は、小説など長い文章を読ませるのに向いておりますが、プレゼンテーションでは短い文章で構成されるため向いておりません。 さらに明朝体は横線が細いので、ディスプレイに映した時に文字がかすれて見づらくなります。 「ゴシック体」は、プレゼンテーション資料に一番向いている書体です。 読ませる(明朝体)というより、見せるための書体と考えてください。 気をつける点は、ゴシック体の太さを細くしすぎると文字がかすれて見づらくなります。 「筆書体」は、筆で書いた文字を再現したような書体で、よくラーメン屋のロゴなどに利用されております。 文章を読ませる文字ではないので、プレゼンテーションで利用する機会はほとんどないでしょう。 「デザイン書体」は、上記以外の文字と捉えてください。 例えば手書き風の文字やポップ体などが含まれます。 可愛く見せたい場合などに手書き風やポップ体を利用しても問題はないですが、クセが強く、読みづらい文字を選ぶのは避けましょう。 書体を統一する 書体の種類が多すぎると、書体が変わるごとに脳を切り替えないとなりません。 余計な情報量が増えてしまうので、なるべく利用する数を減らしましょう。 ついやりがちなのが、余白が空いているから埋めてしまおうという考えです。 すると情報量が多くなってしまい、その情報にも目が行き届きません。 余白は「一呼吸おくためのもの」と考えてください。 表紙のデザイン 表紙は、プレゼンテーションが始まるまでに表示される箇所なので、参加者に印象を残しやすくします。 また、紙で出力してお渡しする際も一番上に来るのでデザインをより意識しましょう。 ビジネスの場合 ビジネスシーンではなるべく「シンプル」に表現するのがベストです。 余計な装飾は加えず、主題を伝えることを目的としてください。 さらに一歩デザインを意識するならば、先方のコーポレートカラーを利用すると印象が良いかもしれません。 社内規定で自身の会社のフォーマットを使わなくてはならないルールがなければ、先方に合わせてあげましょう。 例えばYahoo! JAPANへの架空の提案資料の表紙を作ってみました。 Yahoo! JAPANのコーポレートカラーの赤を使い、代名詞でもある検索ボックスの中に資料のタイトルを入れ込んであります。 すこし遊び心を取り入れておりますが、案件の温度感など考慮してできる範囲のところでデザインしてあげましょう。 コーポレートカラーと同じ色を抽出するためには、以下の拡張機能が便利です。 このアプリケーションでロゴの上で色をスポイトで抽出すると、RGBの数字を拾うことができます。 ぜひ試してみてください。 プレゼンテーションの目的は多種多様ですので、ここではデザインの参考になる調べ方をお教えします。 検索のコツとしては英語で検索することです。 日本よりも海外の方がデザインの品質が高いため、おしゃれでかっこいい参考画像が見つかりやすいのです。 背景のデザイン 背景は、表紙以外のすべてのスライドに共通して利用されるデザインです。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

PowerPoint 2016の新機能「デザイナー」の使い方。写真からスライドのデザインを自動作成!

パワーポイント デザイン アイデア

「いまいちしっくりくるデザインにならない」 「スタイリッシュなスライドが作れない」 「一から資料を作るのは面倒」 Microsoft PowerPoint(以下、パワポ)でよくある悩みです。 資料作りをしたことがある方なら、誰しも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。 そこで今回はそういった悩みを解決すべく、パワポの便利な機能を紹介します。 うまく活用すれば かっこいいスライドができるだけでなく、 作業時間の短縮にもつながりますので、ぜひ参考にしてみてください。 イチから作るのは大変!まずは「テンプレート」が使えないか検討する 何もない状態から資料を作るには、かなりの時間と労力が必要です。 なので、まずは 「テンプレート」が使えないかどうか検討してみましょう。 プレゼンテーション、プロジェクト、ビジネスプランなど用途別になっているので、 作成したい資料の種類に応じてイメージに近いものを選びましょう。 「テンプレート」のほとんどは、表紙から目次、本題のページまで一通りそろっているので、 あとは記載したい内容を書いていけばいいだけ。 「テンプレート」を活用すればパワポ慣れしていない人でも、簡単に資料作りができます。 「SmartArt」は、文字や図形のサイズも勝手に調整してくれるので、 記載したい内容を書き加えれば自動的におしゃれでかっこいいスライドになります。 ただし、ときどき自動調整機能が邪魔になる場合があります。 そんな時は 「グループ解除」をして作業しましょう。 図形や文字を独立して動かせるようになるので、自分なりの微調整がしやすくなります。 これで図形やテキストを自由に動かせるようになります。 写真やグラフの配置に悩んだら「デザインアイデア」 「デザインアイデア」は、写真や文字、グラフの配置、配色、装飾などを自動的にデザインしてくれる便利な機能です。 ただし、以下の条件を満たしていない場合は利用できません。 そこにチェックを入れれば「デザインアイデア」が使えるようになります。 「デザインアイデア」でどんなことができるのかは、実際にご覧いただいたほうがわかりやすいので、例を挙げて紹介したいと思います。 たとえば、以下のような写真を適当に並べたスライドの場合。 するとスライドの右側にいろいろなデザインの候補が表示されます。 一瞬にして数パターンのデザインが表示されます。 生成されたアイデアのなかに自分のイメージに合うものがなくても、そこから インスピレーションを得られることもあるので試しに使ってみるのをおすすめします。 あまり複雑なものだと「デザインアイデアがありませんでした」ということもあります。 その点はまだ新しい機能なので、発展途上といったところです。 しかし、マイクロソフトいわく 「現在進行形で新たなデザインパターンを取り入れている最中」とのことなので、今後はもっと使いやすくなっていくのではないでしょうか。 まとめ|いろいろな機能を使いこなして、短時間でかっこいい資料作りを 今回紹介したのは誰でも簡単に利用できる機能ばかり。 イチから自分で資料を作るとなると時間もかかりますし、「思い通りのデザインにならない」ということも少なくありません。 デザインに困ったらいろいろな機能を活用しながら賢くスムーズに資料作りを進めましょう。 【これだけは覚えておきたいシリーズ】.

次の

【パワーポイント2016の新機能 7選】 前編

パワーポイント デザイン アイデア

PowerPoint 2019で新規作成時に「デザインアイデア」が表示されない場合は、「ファイル」-「アカウント」を開き、右側のバージョンを確認してください。 「デザインアイデア」は、バージョン 1906 (ビルド 11727. 20244)から利用可能です。 バージョンが古い場合は、バージョン情報の上にある「更新オプション」ボタンを押して、更新プログラムをインストールしてみてください。 2019年9月23日現在は、バージョン 1908 ビルド 11929. 20300)です。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。

次の