カビ 取り 部屋。 おうちがカビ臭い!原因の見つけ方と簡単な取り方は?

壁紙にできたカビを徹底掃除!誰でもできる予防法も紹介

カビ 取り 部屋

部屋がカビ臭くなる原因 部屋の臭いに違和感を覚えたら、それはカビかもしれません。 部屋の中がカビ臭いということは、当然部屋の中にカビが生えているということを示しています。 細菌やカビが生えるときには臭いを発生します。 カビが繁殖するときにはカビから老廃物が出て、臭いを大量に放ちます。 カビは特に高温多湿を好むため、梅雨時や夏場のジメジメした日が続く時には特にカビが発生しやすくなります。 また、カビはホコリや食べかすなどを栄養源とし繁殖していきます。 カビ臭いなら消臭する必要があります。 見た目ではカビが生えている様子がないけれどカビ臭いという場合は、ベッドやソファー、本棚などの普段目に付かない家具の後ろなどをチェックした方がいいかもしれません。 カビが発生しやすい場所は? カビ臭いなら消臭をしなければなりませんが、発生しやすい場所を理解していないとまたすぐに臭いが気になるかもしれません。 カビは通気性が悪くホコリが溜まりやすい場所や、湿気が多い場所を好みます。 そのためカビを減らすには湿度や栄養分を減らすことが重要になってきます。 また気をつけなければいけないのが収納スペースです。 ついつい物をぎっしり詰め込みがちですが、隙間なく物が詰められていると風が全く通らないため、カビが発生しやすくなります。 他にもベッド下を収納スペースとして利用しているのであれば、非常にカビが発生しやすくなっていいます。 人は寝ている間に大量の汗をかきます。 その汗はベッド、マットレスを伝っていきどんどん下がっていきます。 そのためベッド下が収納スペースになっていると空気が溜まり、水分がとどまってしまうためカビが発生してしまいます。 他にも家具を設置している壁や水回りなどカビ臭いと感じたら、一度部屋を点検してみることをおすすめします。 部屋がカビ臭いのを消臭する方法 部屋がカビ臭いのを消臭するにはカビ除去しなければなりません。 カビの嫌な臭いは、カビを除去することでほぼ解消することができます。 カビを見つけたら、すぐに取り除くことが重要です。 カビは根深い菌糸を生やして発生していきます。 そのため、目に見える表面だけをふき取っても、カビを完全に除去したとは言えなく、カビの菌糸をしっかり消滅させることが必要です。 そうしないと、再びカビは発生してきます。 カビを除去したのに部屋がまだカビ臭いと言う場合は、まだカビの胞子が部屋のあちこちに付着している可能性があります。 そういった時は、カビを徹底的に除去することが大切です。 カーテンや壁紙はもちろん、床やカーペットなどもきれいに掃除することで除去できるかもしれません。 しかし、なかなかそこまでするのが大変です。 そういった時には空気清浄機などを利用するか業者に相談することをおすすめします。 カビ臭いのを消臭するには重曹が効果的? カビ臭いのを消臭する方法の一つに重曹があります。 重曹の消臭効果を生かし、カビの臭いを除去することがきるのです。 重曹は使用方法も簡単です。 カビが生えている場所に直接重曹を振りかけ、臭いがなくなったら掃除機などで吸い取るだけで簡単に消臭することができます。 また直接振りかけるのが難しい場合はお酢や水などとませ、スプレーにすることもできます。 どちらの方法もできない場所には重曹を少し置いておくだけでも消臭効果を発揮してくれます。 他にも、エタノールや消臭剤を使うと簡単に臭いをなくすことができます。 自分に合ったものを選び、カビ臭さを除去し、カビの再発を防ぐことが重要です。 カビの対策は予防をしっかりと カビ臭いのを消臭してもカビを再び発生させると、またカビ臭くなります。 まずは予防をしっかりしておく必要があります。 常時換気 最近のマンションなどには24時間換気が設置されていますが、それとは別に常時換気を行うことをおすすめします。 昼間は窓をすべてあけ、玄関ドアを少し開け、空気が通るようにしてみると風を流すことができます。 カビ対策として換気をすると部屋を乾燥させることができ、誰でも簡単に行うことができます。 水回り 部屋の中で水周りはとくにカビが発生しやすくなっています。 特に浴室は窓がないこともおおく、換気扇だけでの換気ではカビが発生してしまうことが多いのです。 そうならないためにもお風呂上りなどには冷水シャワーなどでカビの栄養分となる石鹸カスを洗い流すことが重要です。 最後に浴室の水分を拭いておくこととさらに効果が期待できます。 他にも押し入れや家具の裏側など家のいたるところにカビは発生します。 そういったところにも空気の流れを作ることで、カビの発生率が下がると言われています。 まずはできるところから、カビ予防をしてみてはいかがでしょうか。 まとめ カビ臭いのを消臭するには、カビの根絶からしていかないと再び発生してしまうおそれもあります。 さまざまな形で健康被害のおそれがあるカビ菌は、なるべくひどくならないうちに対処していきたいものです。 しかし、なかなか臭いは自分では気づかないかもしれません。 少しでも不安に感じるようであれば、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。 相談することで、自宅で健康で安心に過ごすことができるかもしれません。 消臭・脱臭を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

カビ取り剤で壁紙クロスの掃除方法のコツ!重曹や酢を使うと効果的?

カビ 取り 部屋

実は部屋の壁には、あまりおすすめはしません。 界面活性剤が入っているため、 壁が変色したり、臭いが残ることがあるからです。 また、拭き残しがあると、 まだらに漂白されたり黄ばんでしまうこともあります。 これは、壁の材質によって試してみるのがいいです。 部屋の壁に使用する時は、 綿棒などで少しつけてみて効果を確認してからにした方がいいです。 カビキラーを吹き付けた後は、 しっかりと水拭きで薬を取るようにした方がいいです。 ただ、カビの残骸や色素は分解できないので、 カビの色がとれなかったり不十分な場合があります。 殺菌作用があるので、台所にあるものを使うならお酢がいいですね。 これも、部屋に残る臭いや壁の黄ばみになったりするので、 注意が必要です。 これを水に薄めて(100倍~200倍に薄める)使用します。 ウェットティッシュにも使われる消毒剤です。 良い所は 比較的安全で、臭いも少ないです。 カビを殺菌することはできますが、 漂白することはできないです。 ・カビキラー(布につけて、壁に塗る) ・エタノール ・オスバンS ・お酢 これらにも除菌作用があります。 使用しやすいのは、 エタノールやオスバンSを壁に吹きつけておくことで予防になります。 部屋にカビがはえると病気になる? 部屋にカビがはえると病気になるか心配になりますよね。 病気になる可能性はあります。 肺炎や喘息、アレルギーなどと言われています。 ただし、過敏になる必要はありません。 普通に健康な人なら、 ほとんど病気になることはありません。 でも、あんまり気分のいいものではないので、 掃除をしたり、防止対策はしておきたいですね。 まとめ カビをとるには、 漂白剤やカビキラーが一番いいとは思います。 私の場合ですが、 臭いがきついのと黄ばんだりするので、 少量のカビキラーか漂白剤を布に含ませて カビの汚れを歯ブラシで取り除きます。 そのあとに、 ミョウバン水、お酢やエタノール、オスバンSを 壁に塗って予防するというやり方をしています。

次の

部屋の天井や壁のカビの掃除の方法!

カビ 取り 部屋

「レジャーシート」カビの取り方は? 「オキシクリーン」と「キッチンハイター」を試した結果 久しぶりに取り出した レジャーシートに、黒カビがびっしり… カビがレジャーシート全面にありましたが、捨てるのはもったいないのでカビの取り方を調べました。 カビは、オキシクリーンやキッチンハイター、カビ取りハイターなどのカビ取り剤(漂白剤)で除去するのが一般的ですよね。 普段から使用しているカビ取り剤は、3つあります。 オキシクリーン:お風呂掃除、タオルのカビ、洗濯機のカビ防止• キッチンハイター:主に漂白・除菌• カビ取りハイター:お風呂タイルのカビ取り カビ取りハイターは使い切っていたので、家にあった「オキシクリーン」と「キッチンハイター」の二つのカビ取り剤を試してみました。 水でシートが濡れていたので、原液をかけても薄まってるかな?と思いますが。 すると、レジャーシートにキッチンハイター原液そのままが一番、効果ありでした! きれいに黒カビが取れました。 キッチンハイターというより、 塩素系漂白剤の効果がカビに強いようです。 カビ取りハイター・キッチンハイターは、塩素系漂白剤と呼ばれるもので強い漂白剤。 あまりカビが落ちなかったオキシクリーンは、酸素系漂白剤と言って塩素系よりは穏やかな効き目なんですよね。 (オキシクリーンは、ツンとした臭いがしない、色柄物でも色落ちしない等メリットは多い)• レジャーシートのカビ取りは、塩素系漂白剤の濃度が濃い方が効く! キッチンハイターがない場合は、カビ取りハイターでもカビは落ちると思います。 裏地に関しては、時間が経過してから確認するとボロボロと一部分が破れてしまっていました! 表部分は小さな変化なので、使う分には問題はありません。 しかし、 裏は一部破れているので…耐久性が落ちてしまったと思います。 私の場合、カビが取れなかったらレジャーシートごと捨てる覚悟で漂白剤を使いました。 そのため、表の生地がふやけ、裏地が破れたことは許せる範囲内。 しかし、 レジャーシートを劣化させたくない場合は強い漂白剤を原液のまま使用するのはおすすめしません! 原液に浸けて放置せず、すぐに拭き取れば劣化しない可能性もあったのかな??と考えますが…分かりません。 また、レジャーシートの素材により異なる場合があるのでご注意下さい。 レジャーシートは、洗濯機で洗えるタイプがおすすめ! カビが取れた後は、シャワーで漂白剤を流し、洗濯機で丸洗いしました! (使っているレジャーシートが洗濯機で丸洗い可能なタイプなんです。 ) レジャーシートはすぐ汚れるし、今回のようにカビが生える可能性があるので洗濯機で洗えるタイプがおすすめです。 レジャーシートを使用した後は、干して湿気をなくしてから収納することをおすすめします! 我が家では、 家に持ち帰った後にベランダに干して雑巾で拭いて乾燥させています。 干すことで湿気をなくすことができるのでカビの心配をしなくて済みます。 また、土汚れを拭いてあげると、次回使用する時に汚れていないので気持ちが良いんです。 手間はかかりますが、レジャーシートをカビらせずに長く使うなら必要なお手入れだと思います。 感想 レジャーシートに生えた黒カビを、無事きれいに取ることができました! 少ないカビ・汚れなら酸素系漂白剤のオキシクリーンでも落ちますが、頑固なカビには塩素系漂白剤が効果があるようです。 キッチンハイターやカビ取りハイターなどを使用すると、レジャーシートのカビが取れます! ただ、レジャーシートの布によっては変化・劣化する可能性があるので注意が必要です。 今回は、レジャーシートがきれいになって一安心でした。 ありがとうございます。

次の