零 ぬれ がら す のみこ。 『零 ~濡鴉ノ巫女~』は主人公3人の視点でストーリーが進行。物語の舞台・登場人物やWii U GamePadを射影機に見立てた遊び方を紹介

『零 ~濡鴉ノ巫女~』は主人公3人の視点でストーリーが進行。物語の舞台・登場人物やWii U GamePadを射影機に見立てた遊び方を紹介

零 ぬれ がら す のみこ

任天堂は,同社が9月27日に発売を予定している「」(ゼロ ぬれがらすのみこ)の,本編クリア後の 隠し要素を公開した。 気になる隠し要素はなんと, 「DEAD OR ALIVE」シリーズ(コーエーテクモゲームス)の人気キャラクターである 「あやね」を操作して進める特別ミッションが遊べるというものだ。 原作シリーズを手がけるTeam NINJAが監修するこの特別ミッションは,あやねが怨霊から隠れて行動するという 「スニーキング」にフォーカスしたものとなるらしい。 基本的には怨霊を避けるように行動し,気付かれてしまったら「霊石灯」(れいせきとう)の光で怨霊の動きを一時的に止めて,その隙にその場を切り抜ける。 本編とはまた違ったプレイフィールで楽しめるミッションとなりそうだ。 怨霊から隠れて行動する「スニーキング」の遊びとなっており、本編とは一味違った楽しみ方ができます。 原作を手掛けるTeam NINJAが監修を務め、美しさを忠実に再現しています。 あやね CV:山崎 和佳奈 霧幻天神流の闇「覇神門」の天才くノ一。 呪われた出生ゆえ、闇に生きることを定められた。 自分と境遇が似た少女「片品 紡」を救うため、日上山に入る。 片品 紡(かたしな つむぎ) CV:高森 奈津美 大切に育てられた異父姉妹の姉とは対照的に、家族から疎外され、コンプレックスを感じ続けて育った。 家庭で疎外され、人とうまく接することができない紡は、自暴自棄になり自殺未遂を繰り返すうち、日上山に誘われて神隠しにあう。 <あらすじ> 行方不明の少女、「紡」を探し出す依頼を受けた「くの一」あやね。 彼女は日上山の廃旅館に潜入するが、「隠世(かくりよ)の者」に遭遇し、深手を負った。 「あの者たちと戦うには、禁断の呪法に頼るしかない…」 かろうじて脱出したあやねは、被術者を死の世界へと繋ぎ、怨霊たちから自らの気配を絶つことのできる「隠行紋」を体に施す。 そして怨霊たちがその光を嫌う「霊石灯」を手に、再び山に足を踏み入れる。 この紫糸をたどりながら、消えた紡の行方を追います。 紫糸は、紡がいる場所の最短経路を示すので、この糸を頼りに紡のもとへと向かいます <怨霊から身を隠しながら進む> 怨霊に見つからないよう、身を隠しながら進みます。 走ったり、怨霊に近づきすぎたり すると気づかれてしまうので、状況に応じた行動が必要になります。 一旦、怨霊に気づかれてしまうと周りの霊も寄ってくるので、このメーターに注意しながら怨霊をかわしていったり、霊の背後から攻撃することで、ゲームをより有利にすすめることができます。 霊石灯の光を放つと、怨霊をひるませ、動きを一時的に止めることができるので、その隙にその場を切り抜けます。

次の

終ノ雫 夜泉ノ花嫁

零 ぬれ がら す のみこ

零~濡鴉ノ巫女~ 『零~濡鴉ノ巫女~』とは、に・から『』で発売されたである。 が題材の『 』の第7作。 「」をにした作品であり、表現(描画)には同より発売された『』の技術が一部されている。 あらすじ 「日」はかつて霊場として崇められ、 その周辺には特殊な信仰が伝えられていた。 この山では、「」をも御体とし、 「人はから生まれ、へ還る」という、 の教えがあった。 その為、この山には「死を迎える者」が訪れ、 この山のに触れて最期を迎えることで、 正しく命を終えることができると信じられていた。 また、特異なや習が残っているとされ、 陰惨な事件や不思議な出来事があった事も 多数報告されている。 は、霊山と呼ばれる「日」をに 不来方 夕莉、放生 、咲 深羽の 3人によって織り成される 譚である。 (より) 登場人物 不来方 夕莉(こずかた ゆうり) CV:種田梨沙 の一人。 董屋「くろさわ」にし、店で働く。 生面だが内向的で、他人との触れ合いが苦手。 ある事件をきっかけに、死者の姿(霊)や他人の記憶が視えるようになった。 元の生活に戻ろうとしたが周囲からはによる一時的な症状としか理解されず、孤立して失踪。 しようとしていたところを、捜索依頼を受けた密に保護され、となる。 いつからかを流す事が出来なくなったが、の最後で、ある人物を前にしてしく慟する。 黒澤 密花(くろさわ ひそか) CV:田中敦子 「董・喫くろさわ」の店。 夕莉の先にして保護者。 董屋を営む傍ら、でを行っており、それ当てのがよく来店していた。 副業で失せ物探しを行っていた。 ある老婆が遺した「射機」を介し、老婆の口伝や文献から失せ物を探す「見」のを持つに到る。 ただしそのは夕莉ほど強くなく、うすぼんやりと霊や他人の記憶を感じられる程度。 や貌から、作に登場したある人物を想起させるが……? 放生 蓮(ほうじょう れん) CV:鈴木達央 の一人。。 日周辺にまつわる「弔(とむらいしゃしん)」を次の作品のにしていた。 「幼い頃、の最中にを殺し、それを別のに見られた」という記憶があり、が苦手。 生活はで、事・・掃除全般が駄。 助手がいなければどうなることやら…… 旧知の密から受け取った「弔」のを見るうちに、彼もまた「弔」とそれにまつわるを追い、日に入る。 鏡宮 累(かがみや るい) CV:坂本真綾 の助手で、彼のにをしている。 な容貌で、性別はで不詳。 く「いつの間にかにいた」。 彼にとっては同様の存在。 資料の作成・整理が得意で、身の回りの世話も含めて担当している。。 雛咲 深羽(ひなさき みう) CV:内田真礼 の一人。 3歳の時に失踪したを捜している。 として芸に所属、芸活動を行っている。 自らのに苦しんでになっており、活動内容もきわどいものになっている。 触った人の心が見えるを持っており、強い孤独を感じている。 他人の心が解ってしまう為、相手には冷たく接してしまう。 日でを見かけたという噂を聞いて、自らも山に向かうが…… 雛咲 深紅(ひなさき みく) CV:わくさわりか 深羽の。 「」の、「」の登場人物。 昔から霊感が強く、「ありえないもの」を見続けてきた。 氷室邸事件の後は、・の知り合いであるのにをしながら、の助手をしていた。 その後、を期に助手を辞め、の深羽を。 だが3年後、を置いての失踪を遂げる。 氷見野 冬陽(ひみの ふゆひ) CV:今井麻夏 失踪した友人「々瀬 河」の捜索依頼を密に依頼した。 しかし「依頼を引き受けるかどうかは慎重に決めたい」と返事された為、待れなくなり自ら日へと向かってしまう。 百々瀬 春河(ももせ はるか) CV:戸松遥 気が弱く優しい性格の。 陽と同じので、密のを当てに店に通っていた。 人の意見に流されやすい性格をしている。 日へ入り、知れずになる。 白菊(しらぎく) CV:高森 奈津美 形代に現れる、いの。 のと強く関係があるようだが……? 顔のない「見(ひとがたみ)」というを持っている。 黒澤 逢世(くろさわ おうせ) CV:桑島法子 が見つけた「弔」に映っていた、を着た姿の。 その正体は…… あやね CV:山崎和佳奈 「」からの出演。 幻流「覇」を操る。 後に解禁される特別に登場。 ただし正面から戦うのではなく、霊を避けるように行動、見つかった時には「霊石」で足止めして場を切り抜けなければならない。 舞台 日上山(ひかみやま) 集落や施設を含む山ひとつ丸ごとが今作のになっている。 日は霊場としてあがめられ、を御体としていた霊山。 「人はから生まれ、へ還る」というの教えがあり、特異なや習が残っているとされている。 また凄惨な事件や不思議な出来事があったことも多数報告されている。 以下の項は全て日に属している。 形代神社(かたしろじんじゃ) 日の中、不知ノの中央にある、多くのが祭られている。 長らく人となっており、を祭る由来などははっきりしていない。 の霊を見た、からがした、を持ったいのがいたなど、不思議な報告が後を絶たない。 胎内洞窟(たいないどうくつ) 日全域に広がっている溶岩。 多数の入り口を持ち、内部で全てが繋がっているといわれる。 が御体とされているため、山を体に見立てて体内にを宿すという意味で、胎内と名づけられたと伝えられている。 日上トンネル(ひかみとんねる) 日を地化する際に作られていた。 に胎内と繋がってしまい、が大量に流れ込んで多数の死者が出た。 その後工事は再開されたが、結局日の開発の中止と共に工事も再度中断、は封鎖された。 日上山ケーブルカー(ひかみやまけーぶるかー) 日の開発の際に敷設されたが、開通なく大きなが起きてになった。 人に人を見た、線路に人が立っていたなどの撃が流れ、になった今もとして訪れる者がいる。 渡会邸(わたらいてい) 日を調べていた民俗学者、渡会啓示(わたらい けいじ)が住んでいた。 渡会は日信仰を調べていたが消息不明になり、渡会邸も山から消えてしまった。 しかしの中に、消えたはずの渡会邸を見たという噂がある。 関連動画 関連商品 外部リンク 関連項目•

次の

『零 ~濡鴉ノ巫女~』は主人公が濡れるほど射影機の攻撃が強くなる! “水”が関わる怨霊とのバトル要素や雛咲深紅ら登場人物などを紹介

零 ぬれ がら す のみこ

任天堂は,同社が9月27日に発売を予定している「」(ゼロ ぬれがらすのみこ)の,本編クリア後の 隠し要素を公開した。 気になる隠し要素はなんと, 「DEAD OR ALIVE」シリーズ(コーエーテクモゲームス)の人気キャラクターである 「あやね」を操作して進める特別ミッションが遊べるというものだ。 原作シリーズを手がけるTeam NINJAが監修するこの特別ミッションは,あやねが怨霊から隠れて行動するという 「スニーキング」にフォーカスしたものとなるらしい。 基本的には怨霊を避けるように行動し,気付かれてしまったら「霊石灯」(れいせきとう)の光で怨霊の動きを一時的に止めて,その隙にその場を切り抜ける。 本編とはまた違ったプレイフィールで楽しめるミッションとなりそうだ。 怨霊から隠れて行動する「スニーキング」の遊びとなっており、本編とは一味違った楽しみ方ができます。 原作を手掛けるTeam NINJAが監修を務め、美しさを忠実に再現しています。 あやね CV:山崎 和佳奈 霧幻天神流の闇「覇神門」の天才くノ一。 呪われた出生ゆえ、闇に生きることを定められた。 自分と境遇が似た少女「片品 紡」を救うため、日上山に入る。 片品 紡(かたしな つむぎ) CV:高森 奈津美 大切に育てられた異父姉妹の姉とは対照的に、家族から疎外され、コンプレックスを感じ続けて育った。 家庭で疎外され、人とうまく接することができない紡は、自暴自棄になり自殺未遂を繰り返すうち、日上山に誘われて神隠しにあう。 <あらすじ> 行方不明の少女、「紡」を探し出す依頼を受けた「くの一」あやね。 彼女は日上山の廃旅館に潜入するが、「隠世(かくりよ)の者」に遭遇し、深手を負った。 「あの者たちと戦うには、禁断の呪法に頼るしかない…」 かろうじて脱出したあやねは、被術者を死の世界へと繋ぎ、怨霊たちから自らの気配を絶つことのできる「隠行紋」を体に施す。 そして怨霊たちがその光を嫌う「霊石灯」を手に、再び山に足を踏み入れる。 この紫糸をたどりながら、消えた紡の行方を追います。 紫糸は、紡がいる場所の最短経路を示すので、この糸を頼りに紡のもとへと向かいます <怨霊から身を隠しながら進む> 怨霊に見つからないよう、身を隠しながら進みます。 走ったり、怨霊に近づきすぎたり すると気づかれてしまうので、状況に応じた行動が必要になります。 一旦、怨霊に気づかれてしまうと周りの霊も寄ってくるので、このメーターに注意しながら怨霊をかわしていったり、霊の背後から攻撃することで、ゲームをより有利にすすめることができます。 霊石灯の光を放つと、怨霊をひるませ、動きを一時的に止めることができるので、その隙にその場を切り抜けます。

次の