グラブル 水 ラン スロット。 【グラブル】ランスロット(SR)の評価【グランブルーファンタジー】

【グラブル】水ランスロット(SSR)の評価/最終解放後の性能【グランブルーファンタジー】

グラブル 水 ラン スロット

次は水属性。 強キャラが多く編成的にも色々組めるため、よく考えたい。 ・ビギナー(キャラ数も上限解放もまだまだ。 属性を超えた出張も頻繁に行う) ・初心者(ある程度キャラの上限開放が出来、属性染めを意識し始める) ・中級者(ストーリーEXボスがソロ可能。 キャラも揃い始めて種族染めについて意識し始める) ・上級者(全マグナソロ可能。 1アビと3アビが場を選ばない上非常に強力で、この2アビだけで初心者から上級者までお世話になれる。 特に 3アビの偃月に関してはオンリーワンとも呼べる性能で、 ダークフェンサーを多用するプレイヤーにとってはいるといないとで戦闘にかかる時間が大きく変わりかねないため、キャラが揃わないうちは属性を無視してでもPTに組む選択肢さえある。 またグランデパに組み込みアタッカーの奥義を加速する使い方もある。 2アビに関しては流石に火以外の相手に安定する性能ではないものの、両面デバフというだけで価値が非常に高い。 ソシエのデバフには負けるものの、種族でアドバンテージがある。 至れり尽くせりのサポーターである。 とにもかくにも1アビが特徴的。 火属性の敵は火力が高いものが多いためその有用性は高い。 同じ水属性にカタリナがいるためホワイトヒールのクリア性能は腐りがちになるが、それでも敵の火力の高さのため需要は高い。 戦力の低いうちは彼女の有無で対火属性にどれだけ戦えるかは確実に変わる。 HLクエ実装によって再びその防御性能の需要も上がっている。 最近は水ハーヴィンが立て続けに実装され新たな種族パの可能性が開かれたことや、もともと1アビがエルーンの十天衆たるカトルのバフ延長と非常に相性がいいこともあり、活躍の場はまだまだ広がるだろう。 ただし攻撃性能に関してはからきしなのはご愛嬌。 サポアビの神鳥討伐の策はフェニックスや一部の共闘の敵に対して特攻が付くが、あまり気にすることはない。 どのアビリティも使い勝手が良いキャラだが、地味に1アビのブルームーンがかなりの強アビ。 2アビは同系統のアビの中ではCTとカット率のバランスが良くやはり便利。 3アビはドライブバースト系。 レベル100になるまではヒューマンパの中にいると威力面には若干物足りなさを感じるかもしれないが、 デュレーション効果がついており相手がODした直後に撃つと目に見えて効果がある。 5倍固定になり種族差を感じさせない威力を拝める。 全体的に隙のない性能ではあるものの、バハ武器実装後は種族の壁が大きく立ちはだかっていた。 しかしここ最近ウラムヌランの最終解放や水ハーヴィンSSRの追加など、水ハーヴィンPTに強い追い風が吹いているため、さらなる活躍が見込める。 未所持。 それまで何かと不遇の扱いを受けてきた印象が強いが、 最終解放前でも高火力な1アビや確定DAの3アビにDA率上昇のサポアビとアタッカーとしては十分な性能だった。 しかし最終解放されたことにより更に強化。 目玉は 次の1アビが2連続になる奥義の追加効果だろう。 4-5倍のアビが2連射になる恩恵は凄まじい。 また既存のサポアビとは別に PTメンバー全体のDA率上昇、サザンクロスにTA率大幅上昇の効果が付くなど全体的に攻撃面の強化が著しい。 不安があると言われた2アビも効果量は15%あるため、その命中率強化も地味に嬉しい。 SSRキャラの最終解放はかなり大変だが、ランスロットの場合解放前でも十分な性能があり、解放後は他の水ヒューマンアタッカーと比べても十分な性能を手に入れた。 水アタッカーを求めているならオススメのキャラと言えるだろう。 未所持。 アビリティはどれも強力で、 単体回復、ミスト互換の両面デバフ、ディレイと守りに関してはリリィやカタリナとは別方向で強い。 特に単体回復は回復量こそ少ないものの、1キャラがダメージを受けた時点で使える気軽さ故にプレイヤーの性格によっては全体回復以上に便利に感じるかもしれない。 なにより ミストと同性能の両面デバフが特徴的で、ソシエを使う場合はアルタイル以上にダークフェンサー以外のジョブを考えたい。 勿論ディレイを2枚積みする編成もいい。 ただ火力が出せるキャラではなく、その上まだ水エルーンPTが難しいため他の水SSRに比べると上級者が他のSSRほど活躍させるのは難しい。 水SSRには防御面に強いキャラが他にも多いのも辛いところではある。 ただ防御面の強さは他キャラにない強さなので、守りに徹する場ではそういったキャラと一緒に投入を考えよう。 ウェポンバーストと奥義強化の2つのアビがとにかく目立つ。 主人公のウェポンバーストは低戦力でも使うことができるため、対火に限らず他属性でもチェインバーストでダメージを稼ぐことができるだろう。 地味だが2アビも強力で、クリティカル率アップ系の効果は他のキャラのアビや召喚効果にもあるが、 中でも飛び抜けて発動率、効果量共に高く、1アビと重なった日には奥義が通常攻撃の23倍以上のダメージになる。 ウェポンバーストを持っているため、彼女がいる場合はポンマスパという選択肢がある。 1アビにはチェインバーストのダメージアップもあるため、フルチェインに合わせるとチェインバーストが上限に引っかかる場合 はその後主人公と2チェインする際に1アビを使うなど工夫をすることで上級者もよりダメージを伸ばせる。 これまで水はポンマスの装備できる剣や斧の入手性があまり良くなかったが、四象武器やフェンリル武器の最終解放などで実用性の高い斧が実装されたため、間口が広くなった。 ランスロットが強化されアタッカーとして絶対の性能と言えるかは難しくなったが、 レベル55の時点でほぼ性能的に完成のため、初心者にもポテンシャルが発揮しやすいのはこちらだろう。 未所持。 三幕という特殊なバフによって立ちまわるトリッキーなキャラ。 奥義使用時に三幕が3枚とも残っていれば奥義後に999,999の追加ダメージダメージというとんでもない性能をしている。 これはつまりAT時ならばハードのティアマト、ユグドラシルを一撃で倒せるということである。 中級者クラスのプレイヤーでも使い方さえ分かっていれば別属性のPTに入れた上で短期決戦をしかけることができるなど有用。 三幕はアビリティ使用や通常攻撃でも消費されてしまうため管理が難しいが、ゲームを初めて間もないプレイヤーから初心者にはそれを補ってあまりある性能であり、 積み重ねが重要なこのゲームで初心者がその時間を大きく短縮できるのとそうでないのとではあまりに大きな差がある。 各島のハードボスを倒していけば方陣武器のSRが早いうちから手に入り、また AT時ならマグナボスの救援で奥義を撃つだけで貢献度が1万得られるため、やはり方陣武器を入手できる可能性が大きく上がる。 また討滅ボスもVH程度なら体力が100万もないことが多いので、なんとかボスまでたどり着けば勝ち確定になる。 VHが倒せればSSR武器を1回交換するくらいのアイテムを集めることは難しくないため、戦力強化に繋がる。 三幕周りに関してはデメリットも存在するが、初心者にとってはこの奥義の追加ダメージだけであまりに大きな存在価値があるため、入手する機会があれば是非狙って欲しい。 一方で上級者が強敵相手に扱う場合には非常に難解なキャラである。 まず 三幕は通常攻撃で自動的に減ってしまう上に、0になってしまうと攻撃半減被ダメ2倍に自分に敵対心付与ととてつもないデメリットがある。 一応百承など防御手段はあるものの、 三幕が最大3枚なのに対し回復するのが4ターンに1度なので必ず三幕切れのタイミングがあることや、千転のリキャストが15なので使い所を誤ると後が続かないなど、長期戦ではとにかく頭を使うことになる。 たとえば百承は三幕を使用するとかばう効果がつくが、三幕切れでも敵対心付与があり攻撃が集中する可能性があるため、百承が使いたいが三幕が余っている場合はいっそのこと十起に使ってしまうなど、プレイヤーの判断次第で活躍度合いがまるで変わってしまいかねない。 未所持。 またHLクエなどでも有用。 1アビはレイジ系などの片面バフやアルタイルの方円などの両面バフとは別枠に乗算されるバフのため数値以上に強力。 2アビもアルタイルの偃月の補助になるなど、同系統のキャラながらアルタイルと同じPTにいても腐らない。 ただし 男性に対してバフの効果が大きく上がるというサポアビを持つため、手持ちのキャラが多い場合はよく考えてPTを編成したい。 アルタイルとの最大の違いは種族であり、ヒューマンパでは自身の火力が劣りがちになる。 幸い既に水ハーヴィンにはSSRも多く、リリィの種族変更や最終上限解放済みのウラムヌランもいるため、その気になれば種族染めは十分可能。 ヨダルラーハやシャルロッテ、十天衆のウーノなど強力なキャラが多いので、そういったキャラを活かすならば是非欲しいキャラである。 水SSRに弱キャラ無しと言われて久しいが、未だにどのSSRキャラもそれぞれの使い道がある上、新たに種族的にも充実してきた。 PT編成によって重要なキャラが変わるため、水属性に絶対というキャラはいない。 たとえばアルタイルは非常に強力なキャラだが、水属性でスパスタPTを組む際にシルヴァを4番手に置けば、ゲージ回転的に偃月が必要ない可能性も出てくる。 また更にそれが他人にデバフを任せられるマルチなどの場合はデバフも必要なくなってしまう。 仮想敵次第でどのキャラが活躍するかは大きく変わるため、手持ちが潤沢なプレイヤーもしっかり考えてPTを構成したい。

次の

『グラブル』迎春スキンキャラPUガチャで天井するなら誰を選ぶ?【ガチャピンムック最終日】

グラブル 水 ラン スロット

0 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 5 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 そのため進化・神化の点数を削除。 0点を維持。 SSでアルカディア適正になれる期待を込めて9. 0とした。 1段階目は4ターンでSSが使えるため、1巡目以降はアンチブロックだけでなく、アンチ魔法陣として使える。 また2段階目は強化倍率がかかるため、弱点往復で200万以上のダメージを出せる。 ヒット数の高い2つの友情コンボ 獣神化の友情コンボは、メインがと同じスパークバレットで、サブに超強貫通ホーミングを持つ。 広範囲に敵を攻撃できる上、ヒット数が高いため、サソリ処理にも役立つ。 特にでは、広範囲の友情でHWの展開がしやすい。 また4ターンSSでひよこ床回避をできるため、適正度はアラジンと同等に高い。 ランスロット(獣神化)の弱い点 ダメージ源として物足りない友情 獣神化の友情はヒット数が高いものの、元の威力が低いため、十分な火力を出せない。 艦隊編成でも雑魚を一掃できるほどのダメージを与えられず、サソリや討ち漏らした雑魚の処理に役立つ程度。 ランスロット(獣神化)の総合評価と使い道 ランスロット獣神化はWアビリティに加え、1段階目のSSを使うことで、4つのギミックに対応できる。 友情コンボもヒット数が高く、サブの超強貫通ホーミングで神化以上の火力を出せる。 獣神化したことで、活躍の幅はいっそう広がった。 3 タス後限界値 25075 23405 401. 3 ゲージショット 成功時 - 28086 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 21580 21418 369. 1 タス後Lv120 26480 24343 418. 30 タス後限界値 24355 22853 377. 16 タス後限界値 21864 26260 377. 96 タス後限界値 13314 18585 341.

次の

【グラブル】ランスロット&ヴェインの評価|白竜の双騎士【グランブルーファンタジー】

グラブル 水 ラン スロット

引用元: ランスロット&ヴェインのプロフィール情報 ランスロット 年齢:27歳 身長:179cm 種族:ヒューマン 趣味:武器の収集、兵法の勉強 好き:鍛錬 苦手:部屋の片づけ ヴェイン 年齢:25歳 身長:182cm 種族:ヒューマン 趣味:掃除洗濯、家事全般 好き:肉料理 苦手:論理立てた議論 昨日のアプデでフラグの立った既存キャラのコンビ化が早くも実装。 LBClassはドロシーorクラウディア同様、ランスロットかヴェインのどちらから引き継ぎが可能。 幼馴染だけどヴェインくんのが2つ下。 たぶん重要。 アルベール、プリキュアに続く、攻撃力ステは低いものの必ずDA以上が発生するタイプ。 3アビはHPの発動条件は存在しないが、開幕3ターンの使用制限が存在 ヴェインの代名詞でもあった3アビは健在。 流石に発動条件の緩さが考慮されたか 発動条件からはHP状態がなくなったものの、代わりに開幕から3ターンの使用制限が存在。 開幕の瞬発力こそありませんが、サン、シヴァだけではなくバフなど諸々条件揃えてから発動できるのは水ヴェインより使い勝手はよさそう。 特に古戦場のLv95以降などでは活躍する可能性はありそう。 白竜の双騎士 ランスロット&ヴェイン、リミットボーナス情報 TA2つに奥義ダメ上限持ち。 奥義ダメージ上限は3アビの性能と立ち回り次第では猛威を振るう可能性あり。 キャラ解放武器「フェードラッヘフラッグ」 実装時の最終上限解放などはなし。 火武器はこの手のなんとも微妙な複合スキル多い気がする。

次の