スズメバチ スプレー。 スズメバチエアゾール

蜂よけ対策!ベランダや庭の駆除方法は?スプレーやグッズの効果は?

スズメバチ スプレー

忌避剤「スズメバチサラバ」は、これまで効果のある忌避・殺虫剤のなかったオオスズメバチも含め、スズメバチ類・アシナガバチ類が嫌う香り成分を活用した安全かつ画期的な忌避・攻撃本能消失剤です。 これまでのスズメバチ対策 従来のスズメバチ類予防・防除のための一般的な方法とは、以下のようなものでした。 ・防護服(白い服、白い帽子)の着用:ハチが寄ってくることを防げない ・ハチ毒吸引品、エピペン注射器を携帯:刺された後の対策でしかない ・スズメバチ用誘引トラップ(砂糖、酒等の混合液)設置:完璧には防げない ・合成ピレスロイドを用いた忌避剤・殺虫剤の使用:オオスズメバチには効かない 確実な効果を示す忌避剤はまだない。 スズメバチが嫌う香り成分を発見 そこで私たちは、スズメバチ被害を確実に防ぐ方法はないかと研究を始めました。 その中で、スズメバチが「好む樹液」と「嫌う樹液」があることに気が付きました。 「嫌う樹液」と「好む樹液」との比較研究を行ったところ、「嫌う樹液」の中から、スズメバチが嫌う成分として、「2-Phenylethanol(フェネチルアルコール)」を見出しました。 また、近縁の「Benzyl alcohol(フェニルメタノール)」にも同様の活性があることを明らかにしました。 動画解説 忌避剤「スズメバチサラバ」はアシナガバチにも効果を発揮します。 忌避剤「スズメバチサラバ」吹きかけた後、素手で巣を除去しようとしても攻撃をしてきません。 図3 捕殺トラップに誘引されるスズメバチに対する忌避剤の影響 ブドウジュースを使った捕殺トラップ(対照)には、たくさんのスズメバチ類が誘引されます。 一方、ブドウジュースに5%濃度の忌避剤を入れ(被験液A)ても、1%濃度の忌避剤を入れ(被験液B)ても、まったく、スズメバチ類は誘引されません。 ブドウジュースというとっても魅力的なエサがあっても、この忌避剤はスズメバチ類を寄せ付けません。 忌避剤「スズメバチサラバ」の優れている点 ・殺虫剤ではなく忌避剤である:生態系を壊さない ・ハチを退けるだけでなく攻撃性も奪う:刺される被害を少なくする ・オオスズメバチに対しても効果がある:スズメバチの種類を選ばない ・安全である:既に安全が証明されている成分 ・スズメバチ類による被害を 予防できる! 実は、スズメバチは単なる害虫ではなく、農林業分野では害虫を駆除してくれる益虫でもあります。 単にスズメバチを殺してしまうだけでは生態系のバランスを崩すだけでなく、私たちの生活にも影響を及ぼします。 また忌避剤「スズメバチサラバ」に使われている有効成分は、香料や食品添加物として幅広く使われているもので、人体に対して安全です。 たとえば、ミツバチ保護剤として使用する場合も農薬登録の必要はなく、巣外に設置する場合は動物薬登録の必要もありません。 従来の方法より安全性が高く、また確かな効果があり、取り扱いやすい忌避剤「スズメバチサラバ」は、様々な用途に活用が期待できます。

次の

高知大学 スズメバチにシュッとひと吹き 殺さず攻撃性を抑えるスプレー

スズメバチ スプレー

スズメバチの巣作りの時期 スズメバチは、春から秋にかけて活動します。 巣作りが進んで巣が大きくなると、巣を守るためにスズメバチの攻撃性も上がって危険な状態になります。 巣作りの時期を知っておくことで、適切に巣の予防をしたり、駆除の可否を判断できることがあります。 そこでまずは、スズメバチの巣作りの時期をご説明したいと思います。 スズメバチが巣作りを始めるのは4月~6月上旬 スズメバチの巣作りは、だいたい4月~6月の上旬ごろに始まります。 蜂の巣は、最初は冬眠を終えた女王蜂が1匹だけで作っています。 ある程度巣穴ができたら中に卵を産んで働き蜂を増やし、2ヶ月~3ヵ月ほどかけてだんだんと巣を大きくしていきます。 そのため、スズメバチの巣の予防は4月より前が最も理想的な時期となります。 また、この時期の女王蜂は冬眠から覚めたばかりで弱っているので、駆除も比較的安全に行うことができます。 6月下旬以降の巣は危険 6月下旬以降になると、女王蜂だけで行っていた巣作りに、女王蜂から産まれた働き蜂も加わってきます。 働き蜂が巣作りに参加し始めると、女王蜂は巣作りをやめて産卵に専念するので、働き蜂の数は急激に増加します。 巣の規模も短期間で大きくなり、春先の巣とは比べ物にならないほど危険性が増します。 この時期の巣を自力で駆除するのは非常に危険なので、業者による駆除を行うようにしましょう。 スズメバチに巣を作らせないための予防策 ここまで、スズメバチがいつ巣作りを始めるのかについてご説明させていただきました。 予防に適した時期をおさえたら、次は具体的にどのような予防策があるのかをご紹介したいと思います。 巣の予防策1. 忌避剤を散布する スズメバチに巣を作られそうな場所、過去に作られたことのある場所に、忌避剤を使用しましょう。 忌避剤にはさまざまな種類がありますが、市販の蜂よけスプレーや、殺虫剤でも効果があります。 スプレータイプの忌避剤は、2週間に1回程度の間隔で散布しましょう。 スズメバチに巣を作られやすい場所 忌避剤は、スズメバチが巣を作りそうな場所に散布すると効果的です。 ・軒下• ・ベランダ• ・庭木や植え込み• ・戸袋• ・床下• ・屋根裏• ・物置(内側も含む)• ・土の中 上記のような場所を中心に、対策を行ってみましょう。 こまめに様子を見たり、庭木の場合は剪定をして風通しをよくしましょう。 巣の予防策2. 木酢液・ハッカ油をまく 忌避剤には薬剤が含まれているため、庭木などの植物やペットに影響が出る可能性があります。 薬剤を使わず、自然由来の虫よけを使いたいときは、木酢液やハッカ油を作ってみましょう。 忌避剤と同じように予防したい場所に散布することで、蜂を寄せ付けにくくする効果があります。 木酢液の作り方 木酢液は、ホームセンターやインターネットショップで購入することができます。 木酢液と水を1:1の割合で混ぜ合わせて、スプレーの容器に入れれば完成です。 また、同じ液体をペットボトルに入れて設置しても、蜂よけの効果があります。 スプレーは2週間に1回程度散布し、ペットボトルは1ヶ月ごとに新しく取り換えましょう。 スズメバチに巣を作られたときの対処法 スズメバチは、種類によっては巣の場所に強い執着を示すものもいます。 巣の予防策を行っていたけれど、巣を作りにスズメバチが来てしまうというケースもあります。 そこで予防策に加えて、巣を作られたときの対処法もチェックしておくとより安心できると思います。 ここからは、スズメバチに巣を作られたときの対処法についてご紹介いたします。 巣を作られたときの対処法1. 安全を確保する まずは、自分や家族の身の安全を確保しましょう。 スズメバチの巣は、近づくだけでも非常に危険です。 たとえ数mの距離でも、スズメバチは敵の存在に敏感に反応して警戒や威嚇をしてきます。 極力刺激をしないように注意して、そばを通らないように行動しましょう。 可能であれば巣の状態を確認することが望ましいですが、巣を観察するときはできるだけ遠くから行いましょう。 双眼鏡などがあれば、より安全に確認できます。 巣の大きさや場所などが判明したら、対処に移りましょう。 巣を作られたときの対処法2. 役所・自治体に連絡する 作られた巣がスズメバチの巣だったときは、役所や自治体に相談しておきましょう。 自治体によっては、駆除を代行(委託業者によるもの)してくれたり、駆除費用に対して補助金が出ることがあります。 自分で駆除することになった場合でも、防護服などの駆除道具を貸し出してくれることがあるので、駆除する前に一度問い合わせてみましょう。 賃貸住宅の場合は、大家さんや管理会社にも連絡する 賃貸住宅に住んでいるときは、大家さんや管理会社にも連絡しましょう。 巣を作られた場所が占有部分や借家の場合は自己負担となることが多いですが、ケースによっては費用を一部負担してくれる可能性もあります。 また、マンションのエントランスなど共用部分の場合は管理側で駆除をする必要があります。 巣を作られたときの対処法3. 巣の駆除を行う 巣がさらに大きくなったり、家族や近隣の人を刺したりする前に、できるだけ早く巣の駆除を行いましょう。 女王蜂だけ、もしくは働き蜂が数匹程度の作り始めの巣であれば自力で駆除できる可能性もあります。 しかし、巣作りが進んだ状態の巣にいるスズメバチは攻撃性が高く、巣の駆除は危険を伴います。 このような巣の駆除は、なるべく専門の業者に依頼するようにしましょう。 駆除の後は、再び巣を作られないための対策を行う スズメバチに巣を作られたということは、その場所がスズメバチにとって快適な場所であるということでもあります。 巣作り時期が終わっていない場合は再び巣を作られることも考えられるため、駆除の後は巣の予防策を行っておきましょう。 また、蜂は毎年同じ場所に巣を作りやすい傾向にあります。 そのため来年の巣作り時期にも、同じように予防策をしておくことをおすすめします。 スズメバチの巣作りの時期はいつ?予防策と対処法まとめ 今回は、スズメバチの巣作り時期と予防策、作られたときの対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 スズメバチは4月~6月上旬にかけて巣作りを始めるため、予防策はそれより前のタイミングで行うのがおすすめです。 もしスズメバチに巣を作られてしまったら、できるだけ危険の少ない方法で対処しましょう。 自治体によっては連絡すれば駆除を代行してくれますが、自分で駆除を手配することになる場合もあります。 生活救急車では蜂や蜂の巣の駆除を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。 まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。

次の

スズメバチ駆除作戦④【100均で高所スプレー器を自作/ダイソー】

スズメバチ スプレー

蜂駆除はスプレー式の殺虫剤がおすすめ 害虫を駆除するための殺虫剤には、虫の種類によってさまざまなものがあります。 その中でも、スプレー式殺虫剤や燻煙剤などは、一般的によく使われます。 スプレー式殺虫剤 蜂は薬剤が効きやすい昆虫のため、ゴキブリやハエなどに使う市販のスプレー式殺虫剤でも効果があります。 スプレー式の殺虫剤なら噴射距離が長いものも多く、巣から離れた場所からでも吹きかけることができるため、安全に作業をしやすいです。 また、離れたところから作業ができるため、蜂の攻撃を回避しやすいところも大きな利点といえるでしょう。 しかし、ゴキブリやハエ用の殺虫スプレーが、すべての蜂に効果があるというわけではありません。 スズメバチは表皮が厚くできており薬剤が効きにくいことがあるため、確実に駆除をするには蜂専用のスプレー式殺虫剤の使用をおすすめします。 燻煙剤 殺虫成分のある煙によって、蜂などを駆除するのが燻煙剤です。 蜂の巣がどこに作られているかわからない場合や手の届かない屋根裏など、閉鎖的な空間で駆除するのには便利です。 しかし、速効性がないものが多く屋外で使用した場合には、煙が空気にまぎれてしまい本来の効果を発揮できないこともあります。 また、蜂の駆除に燻煙剤を使用した場合、殺傷効果が出る前に逃げられてしまうこともあり、一時的に巣からいなくなったとしても再び戻ってきてしまうでしょう。 蜂専用の燻煙剤もほとんどないため、蜂の駆除に使用するのは向いていないかもしれません。 大切なのは速効性のある成分 蜂は移動速度が速く攻撃を受ける前に駆除しなければならないため、大切なのは薬剤の即効性になります。 ピレスロイドという成分は、神経を麻痺させる効果があり即効性もあるため、蜂の駆除スプレーを選ぶときには覚えておくとよいでしょう。 また、ほ乳類には害が少ないこともあり、子どもやペットがいる環境では使いやすいという点でもおすすめです。 このため、蜂の駆除にはピレスロイドが含まれた即効性のあるスプレー式殺虫剤が適しているといえるでしょう。 おすすめのスプレー式殺虫剤4選 蜂専用のスプレー式殺虫剤は配合されている成分や容量、薬剤を噴射できる距離などさまざまです。 見つけた巣の大きさや蜂の種類を確認して、最適な殺虫剤を選んでみましょう。 スーパースズメバチジェット 480ml イカリ消毒 駆除のあと巣を落とした場所に吹きかけておけば、再び巣作りされるのを防止することができ効果は1か月ほど持続します。 薬剤が大容量で12メートル近く離れた場所からも吹きかけることができるのが特徴です。 巣を作らせない忌避効果があるため、ほかの強力な殺虫スプレーとあわせて利用するのもいいでしょう。 スプレー式の殺虫剤以外に蜂駆除に必要なもの 蜂の持つ毒針には強力な毒性があり、刺されないようにするには身を守る装備をしなければなりません。 蜂の駆除スプレー以外にも準備するべきものを確認しておきましょう。 防護服 蜂の毒針から身を守るための装備は、巣を駆除するときに最も重要となるものです。 蜂専用の防護服であれば、全身を保護することができるので安全に駆除作業がおこなえます。 しかし、防護服を自宅に常備していることは、ほとんどないかもしれません。 地域によっては、防護服の貸し出しをおこなっている自治体もあるので、確認してみることをおすすめします。 防護服がない場合は、肌の露出をできるだけ避けて手袋を着用したり、首周りにタオルを巻いたりなどの工夫が必要です。 また、蜂は刺すだけでなく毒液を飛ばすこともあるため、目を守れるようにゴーグルなどを着用することも大切です。 蜂は黒色や色の濃いものに攻撃する習性があるため、頭髪には帽子をかぶるなどして保護しましょう。 着用するものは、蜂を刺激しないよう白色かうすい色をおすすめします。 ただ、夜間の駆除には暗い色を選んで、目立たないようにしなければならないことも覚えておきましょう。 そのほかに必要なもの 蜂の駆除は夕方以降がおすすめなので、懐中電灯を使用します。 ただ、直接光を当てれば蜂を刺激してしまうため、赤など色のついたフィルムなどを貼って光を弱めておきましょう。 駆除したあとに、巣を切り落とすためにはハサミを使います。 巣作りをされた場所が手の届かない場所であれば、巣に届く長さの竿状の棒などでたたき落とすのもよいでしょう。 落とした蜂の巣を入れるときは、ゴミ袋を使用します。 巣が入る大きさであれば、とくに問題ありません。 巣や蜂の死がいをつかむためのトングなどもあれば、安全に回収して処分することができます。 蜂の巣を安全に駆除するための手順 蜂の駆除スプレーや身を守るための装備など入念に準備できても、正しい手順で作業をおこなわなければ、自分の身を危険にさらすこともあります。 蜂の巣を駆除する前に、正しい手順を身につけておきましょう。 駆除をおこなう前に 働き蜂は昼間に巣を離れて活動しているため、駆除を始めるのは活動を休止する夜におこないましょう。 また、蜂は匂いに敏感で甘いものに寄ってくる習性があるため、巣に近づくときには必ず風上からにします。 駆除の前には、香水などの強い匂いが発生するものは避けておきましょう。 殺虫剤の散布 巣の確認ができたら、1~3メートルほど離れたところから20秒ほど殺虫剤を散布し続けます。 蜂は驚いて巣から羽ばたき離れますが、即効性の高い殺虫剤が少しでもかかれば、すぐに飛べなくなり地面に落ちるでしょう。 このとき、薬剤をかけられ刺激された蜂に攻撃を受けうおそれもあるので、その場はいったん離れるようにしてください。 翌朝かしばらく時間をおいて巣の様子を見にいき、蜂がいないことを確認できたらハサミなどで巣を切り落とします。 巣と死がいの撤去 落とした巣は蜂蜜でベタついていることもあるので、ゴミ袋の口をしっかり閉じて可燃ゴミとして処分しましょう。 地面に落ちた蜂は、直接手で触れるようなことをしてはいけません。 反射的に出された蜂の毒針に刺される危険があるため、割りばしやトングなどでつまんでゴミ袋に入れていきましょう。 蜂の巣を自分で駆除できるか判断するための3つの基準 巣の成長段階や蜂の種類によっては危険性も高く、自分で駆除せず業者に依頼したほうがよい場合があるのです。 蜂の巣を自分で駆除できるかを判断するには、基準となるポイントを確認しておきましょう。 蜂の種類 民家などに巣を作るおもな蜂は、ミツバチやアシナガバチそしてスズメバチです。 より安全に巣を駆除するには、蜂の種類を見分ける必要があります。 どの種類の蜂も腹部には猛毒のある針を持っているため、軽視は禁物です。 駆除の作業中に刺された人が命を落とすという被害が、毎年のように発生しています。 もし駆除しようとしているのがミツバチであれば、自分で駆除することはできるかもしれません。 しかし、アシナガバチやスズメバチは、蜂専用のスプレー式殺虫剤で効果があったとしても凶暴性や毒性の危険度から、自分で駆除することはおすすめできません。 蜂の巣の大きさ ミツバチの巣は自ら分泌した蜜ろうを素材に、厚さ3センチほどの育房が詰まった平たい巣板が作られます。 大きく成長した巣では1メートルにもなり、蜂の数も多く駆除に失敗すれば、刺される危険も高まります。 自分で駆除をするのは6月ごろの巣までとし、10センチ以上の大きさがある場合は避けておきましょう。 また、アシナガバチの巣は、ハスの実をひっくり返したような形でむき出しになっているため、蜂の数も目で確認ができます。 初期段階の作られたばかりならば、自分で駆除することは可能かもしれません。 しかし、巣が15センチ前後まで大きくなったときには、業者に依頼をしたほうがよいでしょう。 見つけた蜂の巣が茶色を帯びた丸形で、表面にウロコ状の模様あれば、スズメバチの可能性があります。 非常に凶暴で危険性の高いスズメバチは、大きく成長した巣で50センチ前後になるようです。 マーブル状の模様がくっきりあるときは、巣の中に数百頭のスズメバチがいるおそれがあるため、自分で駆除するのは直径10センチほどまでにしておきましょう。 蜂の巣の位置 庭木の生垣などに巣作りされている場合は、手の届く範囲のことが多いでしょう。 このような場合なら、巣の大きさによっては自分で駆除できるかもしれません。 軒先など手の届かない場所でも、殺虫剤の薬剤が届く範囲であれば駆除は可能でしょう。 しかし、スズメバチの種類によっては土の中や家屋のすき間など、閉鎖的な場所に巣を作ることが多く、位置が特定できても規模まではわかりません。 むやみに手を出すと大量の蜂に一斉攻撃を受けるおそれがあるため、業者へ駆除を依頼するのがおすすめです。 蜂の巣全体が見えている場合以外は、自分で駆除するのは避けておきましょう。 まとめ 自宅の庭先などで見つけた蜂の巣を自分で駆除する場合は、ゴキブリなどに使用する殺虫剤でも効果を発揮することがあります。 ピレスロイドという成分が含まれていれば即効性もあり、より効果的に蜂の巣を駆除できるでしょう。 もし巣を作ったのが凶暴なスズメバチであれば、命にかかわる被害を受けるおそれがあるので注意が必要です。 スズメバチには、蜂専用のスプレー殺虫剤を使い自分で駆除するのは、初期段階の巣までにとどめておきましょう。 巣の大きさや蜂の種類を観察して、自分では処理ができないと思ったら業者へ依頼をして駆除してもらうことをおすすめします。 業者なら、大きな蜂の巣も確実に駆除してくれるので、刺傷被害を気にする不安もなくなるでしょう。 (この記事は2019年6月5日に加筆・修正しています).

次の