インターンシップ お礼 メール。 インターンシップ参加時の企業へのメール返信はどう書く?|インターンシップガイド

インターンシップのお礼メールの正しい書き方【例文あり】

インターンシップ お礼 メール

お礼メールはインターンの翌日中に送る インターン後のお礼メールのタイミングは、当日夜もしくは翌日の午前中には送りましょう お礼メールの送付が遅い場合、優先度が高くないと企業側にに思われかねません。 その時感じたことを、記載するためにも、お礼メールは早めに早めに作成し、送るべきです。 手紙でもいいがメールの方がより早くお礼を伝えられる 企業に感謝の気持ちを伝えるには、メール以外には手紙を送る方法もあります。 手紙であれば直筆で、より感謝の気持ちを伝えられますし、丁寧な印象も与えられます。 しかしインターンシップ後のお礼は丁寧に伝えるだけではなく、スピード感も大切です。 手紙でも間違いではありませんが、メールでのお礼状も一般的になっており、相手企業にお礼の気持ちを素早く伝えることができるメールが好まれることも多いです。 お礼メールの宛先は人事が一般的 お礼メールを送りたいときは、その企業の人事宛への送信が一般的です。 インターンを受けた身としては、企業全体にお礼を述べたいと感じるかもしれませんが、インターンの業務セグメントは人事であるため、人事宛が適切と言えます。 当日直接お世話になった担当者がいれば別に送る インターンは人事の管轄内の業務です。 ただし、インターン期間中に直接お世話になった担当者がいる場合は、人事宛のお礼メールとは別に、その担当者に面倒を見てもらったことへの感謝の思いをメールで伝えてもよいでしょう。 例えば、就業体験として実際に部署に配属され、配属先の先輩社員に直接指導を受けた場合などは、その先輩社員にお礼メールを送信してもよいでしょう。 自分のために指導してくれたことへの感謝の気持ちをぜひ伝えてください。 ですが、あまりにも担当者と接点がなかった場合は無理して送信せず、人事宛だけに送るようにしてください。 インターン後のお礼エールを作成するポイント お礼メールを送る際は、内容にも気を付けなければいけません。 せっかくお礼メールを送ったのにマナーがなっておらず、印象を下げては意味がありません。 インターンシップ参加に対するお礼メールを送る前に、しっかりと書き方をマスターしておきましょう。 件名は一目見てわかるように お礼メールを作成する際には、本文だけではなく件名にも注意が必要です。 企業側は、日々何十通とメールのチェックをしているので、件名だけですぐに誰からのメールで、どういった内容なのかわかるような簡潔な件名にするのがポイントです。 参加した日程や内容を自己紹介で記載する インターンの種類が複数ある企業や、1回の参加者数が多い企業では、インターン生を判別しづらいという現状もあります。 特に、1ヵ月に複数回のインターンを開催している企業では、インターン生一人一人の顔と名前を一致させることは難しいのです。 まして、インターン1回の参加者が数十名を超えてしまうと、より一層人物の把握が難しくなります。 そのため、お礼メールには参加した日程や内容を記載するようにしてください。 こんにちは。 上記のように、出だしの自己紹介の部分を使って、いつ・どのようなインターンに参加したのかを明示しましょう。 それによりメールを受け取った側は、送り主であるあなたをどのような人物だったのか思い出しやすくなります。 インターンで印象に残ったことや学んだことを伝える お礼メールには、インターンで印象に残ったことや学びを一緒に伝えてください。 お礼メールで伝えることで、1日1日をしっかり学び充実したインターンを過ごせたと考えられます。 ただ、ありがとうございましたと伝えるよりも、学びを伝えることで具体性が増し、インターンを考える企業側の来年の取り組みへの参考にもなりますし、具体的であれば具体的であるほど、真剣に取り組んでくれたことが伝わります。 今回のインターンシップでは色々とお世話になりました。 大きな成長をすることができたと感じております。 貴重な体験をさせていただき本当に感謝しております。 取り急ぎ、メールでも感謝したくご連絡いたしました。 引き続き、何卒よろしくお願い致します。 この度は、ご指導ご鞭撻いただき、本当にありがとうございました。 件名 インターンシップ参加のお礼【大学名・名前】• 先日はお忙しい中インターンシップのご指導いただきまして、誠にありがとうございました。 仕事のノウハウだけではなく、社会人の先輩としてさまざまなアドバイスをしてくださったことに大変感謝しております。 今後の就職活動において、このインターンシップで培った経験を活かせるよう、精一杯取り組んでいきたいと思います。 末筆ながら、貴社のなお一層のご繁栄と、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 ———————————————————— -署名 ———————————————————— お礼メールに返信が来たら簡潔な文書で返信する お礼メールを送ると、忙しい中でも丁寧に返事をしてくれる人事担当者がいます。 その場合、先方からの返事に対して、簡潔な文書で返信をするようにしてください。 いわば、この簡潔な文書を送ることで、インターンに関するお礼のやり取りは終了となります。 いつも大変お世話になっております。 これから始まる就職活動でさらに自分を成長させ、 社会に相応しい人材になれるよう努力して参ります。 末筆ながら貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。 ———————————————————— -署名 ———————————————————— インターン後には人事と担当者宛にお礼メールで感謝と意気込みを伝える ここでは、インターンの参加後に送るお礼メールの書き方について解説しました。 インターンが終わったら、翌日中には人事と担当者宛にぜひお礼メールを送ってください。 お礼メールは選考には関係しないといわれていますが、感謝の気持ちを伝えることは大切です。 特に、入社志望度が高い企業には、選考への意気込みを添えると、印象アップができるかもしれません。 いずれにせよ、インターンに参加した後には必ずお礼を伝え、自己の成長のためにもインターンで学んだ内容を振り返るようにしましょう。

次の

企業とのやりとりに役立つ! インターンシップに関するメールの書き方とマナー【例文あり】

インターンシップ お礼 メール

目次 []• インターンシップのお礼状は誰に出す? インターンシップのお礼状を誰に書けばいいのかわからないときは、期間中にお世話になった人のことを思い出しましょう。 まず、最初に面倒を見てもらったのはインターンシップの担当者です。 募集から採用面接にいたるまで、インターンシップに自分を選んでくれたからこそ貴重な体験ができたのです。 担当者は宛先から外せない存在です。 次にお世話になったのは、インターンシップ中に配属された部署の社員です。 何もわからないインターンシップ生に仕事を教えてくれた人々には、ぜひともお礼を伝えたいところです。 その他にもお世話になった人は複数いるでしょうが、インターンシップに関する相手に限定すると、「担当者」と「配属先」がお礼状を書くべき相手でしょう。 インターンシップのお礼状:どうしても複数の宛先にする必要があるか考えよう お礼状の宛先を複数にして、多くの人に感謝を伝えたいのはわかります。 しかし、宛先が複数になると、書類としての見栄えが悪いという考え方もあります。 お礼状を出す前に、どうしても宛先を複数にする必要があるのか考え直してみましょう。 たとえば、「インターンシップ関係者各位様」という書き方があります。 「関係者」という言葉は、担当者から配属先、インターンシップ中に関わった全ての人を意味する便利な表現です。 「関係者」を使えば複数の宛先をひとつにまとめることも可能です。 また、宛先はひとりに絞っておいて、お礼状の文中で「お世話になった皆様にもよろしくお伝えください」とお礼を述べれば、複数の人へ感謝を伝えられます。 それでも複数の宛先を書きたいのなら、無理してひとつにまとめる必要はないでしょう。 インターンシップのお礼状:失礼にならない複数の宛先の書き方 宛先を複数にする場合は、受け取った側が気分を損なわないような配慮を行いましょう。 たとえば、「田中様」と「山田様」という担当者がいたとして、「田中・山田様」というくくり方はおすすめできません。 しっかりと「田中様・山田様」と二人とも「様」をつけるのが肝心です。 複数の部署を宛先に設定するならば、インターンシップ担当の部署を先に書くようにしましょう。 インターンシップ期間中、長く関わったのは配属先の部署なので、そちらを先に書きたくなりがちです。 しかし、会社の事情を考えればもっともインターンシップに時間を割いてくれていたのは担当部署の人々なのです。 人事部、あるいは総務部などの担当部署を宛先の頭に登場させましょう。 インターンシップのお礼状:こんな宛先の書き方はNG! 宛先があるにもかかわらず、会社名の後に「御中」とつけてしまうのは、よくある間違いです。 社会人さえも誤って使い続けている人がいますが、「御中」は「この会社の人なら誰が見てもいい」書類に記載する言葉です。 そのため、宛先がはっきりしているお礼状のような書類には使用しません。 就活生で多いのは、役職を省略してしまう間違いです。 社会において、役職がついている人は基本、役職名をつけて呼びかけるのがマナーです。 複数の宛先で役職を省略してしまうと、役職のある社員を部下と同列に扱っているととらえられかねません。 こうしたミスを犯してもインターンシップなら許してもらえる可能性はありますが、最後まで印象を下げないためには迂闊な間違いは避けましょう。 お礼状には細かいマナーがあると理解する お礼状をはじめ、会社に関係する文書には細かいルールがあります。 完成度の高いお礼状は、会社から高く評価されることにもつながります。

次の

インターンシップ参加後のお礼メールはどう書く?

インターンシップ お礼 メール

何故、お礼メールを送るのか? 開催してくれたことへの感謝を伝えるため インターンシップは、人事や関係部署の人たちの大切な時間をかけないと行うことができません。 確かに、企業側にもインターン実施のメリットはありますが、社会人になると 「何かに参加」した場合は、主催者にお礼をすることがビジネスマナーです。 また、インターンのプログラムには、通常「 費用」が発生するので、手間とお金を使ってくれて実施してくれた人たちに対して、お礼ができないようだと「 非礼な学生」と言われてしまいます。 良い印象を与えるため インターンシップに参加すると 選考で優遇されたり、 内々定がでたりと嬉しい参加特典があるのはご存知だと思います。 ただし、参加すればもれなく特典が貰えるものではなく、「 よい学生」との印象を持たれることが前提なので、逆に「マナーが無い学生」との印象を与えてしまったら、書類選考で落とされるのが目に見えています。 選考で有利になるためのお礼メールというと、露骨かもしれませんが、就活でライバルに勝つには「活用できるものは何でも利用する」くらいの気持ちが必要です。 1dayインターンシップでも送るべき 上記の説明でお分かりの通り、最終目標が「選考で有利になる」ためなので、1dayインターンであっても、お礼メールを送るべきです。 なお、インターンシップ参加時の服装やマナーは、以下関連記事で解説しています。 メールを送る時間帯 5時~23時頃がベスト (寝ている時間に送ると夜更かしを疑われるため) 遅れてしまったらお詫びをする お礼メールは翌日までに送るべきなので、それ以上遅れないように気を付けましょう。 もし、遅くなってしまったら、メールの初めに お詫びを入れることで遅れを帳消しにできるかもしれません。 ただし、インターンには多くの学生が参加するので、最後に到着したら良い印象を与えることができませんし、本気度が疑われてしまうデメリットまであります。 なお、遅れてしまったから、「お礼メール無し」はありえません。 誰宛に送るのがいいか? お礼メールの送信先を悩む人がいますが、 人事(主催者)宛に送ります。 どんなにお世話になったとしても、インターンの窓口である人事を飛び越えて、「直接」参加部門に送ることは、マナーが疑われてしまいます。 人事が関係者に転送してくれる 通常、人事はインターンのお礼メールを受け取ると、 関係部門に転送しますので、宛先で悩むことはありません。 逆を言えば、人事だけに送りたくても「勝手に参加部門に転送される」ものと思って書きましょう。 お忙しいところ、12月1日から5日までインターンシップに参加させていただきましてありがとうございました。 また、社員の皆様にご指導や仕事への姿勢に接し、貴社への入社意欲がますます高まって参りました。 今回は、大変貴重で有意義な経験をありがとうございました。 末筆ながら貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 com.

次の