センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです 英語。 Twitter 「センシティブな内容」ってなに!?

淫紋 (いんもん)とは【ピクシブ百科事典】

センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです 英語

もくじ• これは、画面上で表示されている内容から察する通り、 公序良俗に反するものや過激な表現、アダルト関連のツイートである場合が大半ですが、 これらに限りません。 「センシティブな内容」に該当する投稿 Twitterのポリシーでは 「センシティブな内容」に該当するツイートを以下のように定義づけています。 写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 参照: ツイートがこれらの定義にどのように該当するか、Twitter側がどのように察知しているかは公開されていませんが、 プログラムによる自動的な判定に加え、 ユーザーからの「報告」からも判定の材料に使用されている可能性があります。 Twitterの設定変更で閲覧できるようにする方法がある これら「センシティブな内容」は、 Twitterの設定変更によって、見れるようになります。 Twitterの「センシティブな内容」を設定解除する方法 「センシティブな内容」で隠されている内容を閲覧するには、Twitterの設定を変更する必要がありますが、実はTwitter公式アプリないでは、この設定変更を行う機能がなく、ブラウザ版のTwitter にアクセスする必要があります。 この設定によって冒頭で紹介した「センシティブな内容」で非表示になる事象を避けることができます。 ) Twitterの設定が英語で表記されている時の対処法 センシティブな内容の設定変更を行うには、ブラウザ版のTwitterにログインする必要がありますが、稀に ブラウザ版Twitterの言語設定が英語に設定されている時があります。 英語で表記されているがゆえに正しく設定変更できない時は、 一度言語表示設定を変更する必要があります。 Twitterの「センシティブ設定」が解除できない時の対処法 上記の通り設定変更を行っても、「センシティブな内容」のコンテンツを見ることができないというケースがあります。 そんな時は以下をお試しくださいませ。 Twitterアプリの再起動 ブラウザ版のTwitterで設定変更を行い、本来的にはすぐさま更新されているはずですが、 Twitterのアプリを起動しつづけていた場合、その 設定変更が反映されず、引き続きセンシティブな内容が見れない状態になることがあります。 そんな時は Twitter のアプリを1度閉じて、 再度起動することでユーザー個人の設定が更新され、「センシティブな内容」を閲覧することができるようになります。 通信環境の確認 通信環境が整っていない状況でブラウザ上で設定変更を行っても反映されていないパターンが考えられます。 またWi-Fiなどの不調によって確実に設定が更新されていない方も考えられますので、確実な通信(4Gなど)に切り替えて、 再度ブラウザ版Twitterから、設定変更を行うようにしましょう。 端末の再起動やログアウト/イン・アプリの再インストール それでも Twitter の設定変更が更新されない場合は、一度 iPhone を再起動する、もしくは、一度ログアウトしてログインし直す、アプリのインストールも試してみましょう。 Twitterには検索でも「センシティブ設定」がある あまり知られてはいませんがツイッターの検索機能でもセンシティブな内容を表示しない機能があります。 この機能をオンにしていると Twitter 側でセンシティブな内容と判断される投稿コンテンツについては、検索結果に表示されなくなります。 検索でも「センシティブな内容」を結果に表示する方法 検索結果でもセンシティブな内容を表示するには、こちらも設定変更が必要になりますが、この項目もブラウザ版の Twitterへのアクセスが必要になります。 こうすることにより、センシティブだと判断される内容も見る前から非表示にならず結果画面に表示されるようになります。 これにて、Twitterを閲覧している中で自分が不快になると思われる「センシティブな内容」を表示させずに済みます。 あまりにも「センシティブな内容」が表示される場合 できるだけ過激なコンテンツが表示されないようにしていても、どうしてもプログラムでの判別には限界があり、表示されてしまうケースもあります。 もしそんなケースが頻発するようであれば、表示されたコンテンツ 「報告」することで「センシティブな内容」の投稿をできるだけ表示させないようにすることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は Twitterの「センシティブな内容」を解除する方法について解説いたしました。 各人が様々な投稿を自由にできる反面、過激なものや不快なもののアップロードを事前に止める機能はなく、モラルはある程度ユーザー側に委ねられています。 そんな「センシティブな内容」をどうしても見る必要があれば、本記事参照してご確認下さいませ。

次の

ツイッター「センシティブな内容が含まれている」との表示が出た場合の解除設定方法

センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです 英語

Twitterセンシティブ解除の説明 Twitterセンシティブ解除はwebブラウザですることができます。 まず、画像のようにアプリのTwitterでセンシティブが表示されていますでしょうか? この画面で、「設定を変更」という部分を押すと次のように、webブラウザに移り変わり「ログイン」する画面になります。 Twitterログイン画面がwebブラウザで表示をされましたログインをします。 すると、自身のアカウントの設定が開かれた状態で 日本語または英語で表記をされているはずです。 Twitterセンシティブ解除を英語のままする方法 Twitterセンシティブ解除が英語でできないという方で、 日本語に変更するのめんどくさいという人向けに説明をしていきたいと思います。 「Settings」という場所にある「Privacy and safety」という赤い枠を押しましょう。 すると、下にスクロールすると次のような画面になると思います。 そこにある「Display media that may contain sensitve content」と表示をされます。 (日本語に翻訳すると、デリケートなコンテンツを含む可能性のあるディスプレイメディアになりますが、Twitterのアカウントを日本語にすると 「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」になります。 ) そこにチェックマークを付けると、「センシティブ解除」がされます。 Twitterセンシティブ解除を日本語のままする方法 今後も設定するという方は、Twitterセンシティブ解除を英語でするより日本語へと表示を変えてみましょう。 ログインをしましたら、設定を開き次のような画面になります。 「プライバシーとセキュリティ」という項目を押しましょう。 画面が変わりましたら、下にスクロールすると「セキュリティ」という項目があります。 そのセキュリティの下にある赤い枠の「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」という部分にチェックをしましょう。 すると、センシティブ解除になっているはずです。 Twitterの英語表記から日本語表記へと変える方法 Twitterの英語表記となっている人は、日本語表記へと変えることもできます。 赤い枠の「Account」という部分を押しましょう。 すると、次のような画面になります。 「Display language」という場所を選択しましょう。 赤枠の部分を選択すると、たくさんの言語があるので、「Japanese-日本語」と表記をされ選択します。 選択をしたら、右下にある「Save」という部分を押すと日本語表記へと変わります。 まとめ! アプリでセンシティブ解除はできないみたいですね。 なので、一度ブラウザでログインをしないといけないようですがPCは必要ないので安心ですね。 わかりやすく解説をしましたが、英語表記ではなく日本語に変えるとやりやすいのではないかと思います。

次の

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです 英語

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の