九星気学 芸能人。 引越しで運気をつかむ! 吉方位の調べ方[九星気学占い]

九星気学☆運命鑑定師 優千菜 (ゆうせんな)さんのプロフィールページ

九星気学 芸能人

それほど、九星気学の歴史は古く、昔から当たると信用されてきたため、今でも信頼がかなり高いです。 九星気学には9つの運命星があり、自分がどの運命星を持っているかで運勢を占います。 今回はその9つの本命星の中の「九紫火星」に焦点を当てて、詳しくご紹介していこうと思います。 九紫火星の方や身近に九紫火星の方がいらっしゃる人は気になっている人も多いのではないでしょうか? 九紫火星の性格の特徴や、他の運命星との相性、恋愛などについてご紹介していこうと思いますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。 冒頭でもお伝えしました通り、九紫火星とは九星気学にある本命星のひとつです。 九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つの本命星があり、自分がどの本命星に当てはまるかで、運勢や性格、恋愛などを占うことができます。 <九紫火星の調べ方> 生まれ年が下記の方は九紫火星に当てはまります。 1955年(昭和30年) 1964年(昭和39年) 1973年(昭和48年) 1982年(昭和57年) 1991年(平成3年) 2000年(平成12年) 2009年(平成21年) 2018年(平成30年) 九紫火星の方は、とても才覚にあふれた方が多く、名前に入っているように火を意味するものに強いパワーと示します。 <九紫火星の象意> 名誉、先見、華美、燃焼、明かり、精神など 九紫火星は九星気学の方位軸の中でも南をさす「離(り)」という位置に存在している本命星です。 男性、女性どちらの場合であってもこの「離(り)」の位置として方位の吉方位を占います。 九紫火星にとって東はやる気をアップさせたり、自分の能力を向上させることができる方角です。 旅行にいっても効果を得られますが、とてもいい方角なので思い切って住まいの新築や転職・就職などの方位などに選んでみてもいいでしょう。 今悩みがある人に非常におすすめの方角で、東南に移動すると不思議と悩みが解消されることがありそうです。 地道な努力が実る方角でもありますので、試験などを受ける際に旅行にいってみるものいいかもしれません。 協調性が生まれ人間関係悪化の改善も図ることが出来るので、人間関係に悩まされている人にはイチオシの吉方位です。 また忍耐力などもアップさせることができますので、仕事で頑張りたい方などにもおすすめの方角です。 この方角は家族愛が深まる方角なので、新婚の方にとてもおすすめです。 家庭内の経済も安定させてくれるので貯金がしたい方は南のほうにお引越しするといいでしょう。

次の

九星気学☆運命鑑定師 優千菜 (ゆうせんな)さんのプロフィールページ

九星気学 芸能人

1:九星気学とは? そもそも九星気学とはどんな占いのなのでしょうか。 占い師の草薙つむぐさんにお話をうかがいました。 草薙:「九星気学」とは、基本的に占う人の生まれ年から運勢を9つに分類し、運勢・相性・方位の吉凶を見る占術になります。 自然界の変化とその人のバイオリズムに着目し、大きな運勢の流れを読みます。 その最大の特徴は開運方法を教えてくれるところでしょう。 2:九星気学の年齢別早見表 生まれ年からその人の星を9つに分類するということで、自分がどんな星を持っているのかについて見ていきましょう。 引き続き、占い師の草薙つむぐさんに解説していただきましょう。 草薙:九星気学は 「一白水星(いっぱくすいせい)」、「二黒土星(じこくどせい)」、「三碧木星(さんぺきもくせい)」、「四緑木星(しりょくもくせい)」、「五黄土星(ごおうどせい)」、「六白金星(ろっぱくきんせい)」、「七赤金星(しちせききんせい)」、「八白土星(はっぱくどせい)」、「九紫火星(きゅうしかせい)」というように、一~九までの数字と色、星の名前によって表されます。 自分が何の星を持っているかは簡単にわかります。 自分が生まれた和暦の10の桁と1の桁を1桁になるまで足し合わせていき、その数字を12から引いてみてください。 3:九星気学で相性がまるわかり!相性が良い組み合わせ一覧 ここからは、九星気学からみる、相性のいい組み合わせを見ていきましょう。 引き続き、草薙つむぐさんに解説してもらいます。 (1)一白水星 草薙:一白水星は名前に「水」の文字が入っていることからわかるとおり、水の性質を持つとされています。 水というのは、決まった形がないことから柔軟性があり、環境への適応力はかなり高いとされています。 しかし、高いところから低いところへ流れ落ちるように、周囲の人や環境に流されてしまうことも。 相性のいい相手は、木の性質を持つ「三碧木星」や「四緑木星」の人、金の性質を持つ「六白金星」や「七赤金星」の人です。 五行説(万物は木・火・土・金・水の五つの要素で説明できるとする考え方)では金属は冷えると水を生み出し、水は木を育てると考えるため、良い相性と見ます。 (2)二黒土星 草薙:二黒土星の人は土の性質を持つとされています。 「動かざること山の如し」という言葉があるとおり、土の性質を持つ人はひとつの場所にとどまって結果を出すのが得意。 そのため、真面目で地味な印象に。 また、何かを育てたり、守ることは得意でしょう。 五行説では燃え尽きた火は灰になって土に還り、土は金属を生み出すというように、日の性質を持つ「九紫火星」の人や金の性質を持つ「六白金星」、「七赤金星」の人と相性がいいとされています。 (3)三碧木星 草薙:三碧木星の人は木の性質を持つとされています。 木は森を作って生命を育むことから、人が集まるムードメーカー的な気質を持ちます。 行動力もあり社交的なタイプが多いでしょう。 しかし、燃え尽きてしまうと灰になってしまうので要注意。 五行説では水は木を育て、燃えて火を生み出すというように、水の性質を持つ「一白水星」の人や火の性質を持つ「九紫火星」の人と相性が良いとされています。 (4)四緑木星 草薙:四緑木星の人も木の性質を持ちます。 そのため、社交的で人脈が広い傾向にあります。 平和主義で、穏やかな性格の持ち主。 ただし、マイペースすぎるところがあるので要注意。 五行説では三碧木星と同じで、「一白水星」や「九紫火星」の人と相性がいいとされています。 (5)五黄土星 草薙:五黄土星の人は土の性質を持ちます。 情に厚く、親分肌の性格ですが、二黒土星よりも気が強く、プライドが高い傾向があります。 特に黒い土とは違って、黄色い土は植物を生み出す力も強いですが、腐敗させてしまうこともあるので要注意。 二黒土星と同じで「九紫火星」や「六白金星」、「七赤金星」の人と相性がいいとされています。 (6)六白金星 草薙:六白金星は金属の性質を持ちます。 金属は、土とは違って加工して使うにはしっかりとした知識と技術が必要。 そのため、プライドが高くとっつきにくい印象を与えてしまいます。 しかし、向上心が高くて負けず嫌いなため、さまざまな目標を達成していくでしょう。 五行説では金は土から生まれ、金は水を生み出すと考えるため、土の性質を持つ「二黒土星」や「五黄土星」、「八白土星」の人や水の性質を持つ「一白水星」の人と相性がいいでしょう。 (7)七赤金星 草薙:七赤金星の人は金の性質を持ちます。 六白金星と違って七赤金星のイメージは、装飾品などに使われるような金属。 華やかで社交的で若く見える人が多いとされています。 カンが鋭くて頭もいいようですが、少し神経質なところがあるので気をつけましょう。 七赤金星は六白金星と同じで「一白水星」、「二黒土星」、「五黄土星」、「八白土星」の人と相性がいいようです。 (8)八白土星 草薙:八白土星の人は土の性質を持ちます。 何事にも一生懸命ですが、頑固で融通がきかないところがあるので要注意。 正義感が強くて誠実な性格のため信頼がおける人物ですが、動かない土の性質と相まって、人付き合いは苦手な傾向に。 土は金と火の性質の人と相性がいいので、「六白金星」、「七赤金星」、「九紫火星」の人と相性がいいでしょう。 (9)九紫火星 草薙:九紫火星の人は火の性質を持ちます。 火の星を持つのはこの人だけです。 火は周りを照らすため、明るくアクティブで活動的。 しかし、負けず嫌いなところがあり、勝負ごとで火がつくと、周囲がうんざりしてしまうくらい熱くなってしまいます。 短気なところもあるので気をつけましょう。 また、芸術方面での才能も。 五行説では木が燃えると灰になって土に還ると考えるため、木の性質を持つ「三碧木星」や「四緑木星」の人、土の性質を持つ「二黒土星」、「五黄土星」、「八白土星」の人と相性がいいでしょう。 4:九星気学で相性が悪い星5つ 続いては、相性の悪い組み合わせをご紹介します。 (1)水の性質の人 草薙:各星の人が金・水・木・火・土の五つのどの性質を持っているかは説明しました。 五行説では土は水を濁らせ、水は火を消してしまうと考えるため、水の人は土や水の人と相性が悪いとされます。 土の性質を持つ人からは自分の長所や勢いなどを打ち消されてしまいそう。 逆に水は火の性質の人の勢いを消してしまうため、嫌われてしまうかもしれません。 (2)木の性質の人 草薙:五行説では金物は木を伐り、木は土の養分を吸い取ってしまうと考えるため、金の性質の人や土の性質の人とは相性が悪いと考えます。 金の性質を持つ人と一緒にいると、なぜか実力が発揮できないと感じたり、逆に土の性質の人と一緒にいると最初はうまくいくのですが、相手の影響を受けてしまうために、相手の機嫌が悪かったり、疲れていたりすると、八つ当たりされることもあるでしょう。 (3)火の性質の人 草薙:五行説では水は火を消し、火は金属を溶かしてしまうと考えるため、水の性質の人や金の性質の人とは相性があまり良くありません。 水の性質の人からは、邪魔されてうまく実力を発揮できないかもしれません。 逆に自分が熱くなりすぎると金の性質の人を溶かしてしまうため、鬱陶しがられてしまうかも。 (4)土の性質の人 草薙:五行説では木は土の養分を吸い取ってしまい、土は水を汚すと考えるため、木の性質の人や水の性質の人とは相性が悪いとされています。 木の性質の人に成果を持っていかれてしまったり、水の性質の人のやっていることを邪魔してしまいイライラさせてしまうかもしれません。 (5)金の性質の人 草薙:五行説では火は金属を溶かし、金属は木を伐ると考えるため、火の性質の人や金の性質の人とは相性が悪いとされています。 火の声質の人があまりに熱く接してくると鬱陶しく感じてしまいそう。 逆に木の性質の人が近くにいると、金の性質の人の冷めたひと言でやる気を折ってしまったり、勢いを打ち消してしまうかもしれません。 5:九星気学で体の相性はわかる? 九星気学で相性が良い関係を「相生」といい、相性が悪い関係を「相克」といいます。 基本的に、相生の人とは性格的な相性がいいだけではなく、肉体関係の相性もいいとされています。 なので、この関係性を覚えておくといいかもしれません。 6:九星気学の傾斜とは? 草薙:九星気学には「傾斜」という考え方がありますが、深く説明すると難しくなってしまうので、簡単に説明します。 九星気学では生まれた年から本命星を導き出し、生まれた月から月命星を導き出します。 このふたつがわかると、その人の内面や性格を導き出す「傾斜宮」がわかるとされています。 インターネットで調べるともっと詳しく解説されている専門サイトがすぐ見つかるので、気になる人は占ってみることをおすすめします。 7:まとめ 九星気学は生まれた年ごとに運勢を見るのが特徴的で、団塊世代やゆとり世代など、世代ごとの特徴を見るのに優れた占術のようです。 ちなみに、中国発祥の占いなので、旧正月を一年の区切りと見るようです。 1月生まれの人は、その点も気をつけてくださいね。 【取材協力】 草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。 またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。 手相占い師としても活躍中。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の

九星気学LAB

九星気学 芸能人

九星気学とは 九星気学は、日本に古くからある占術の事を言います。 一白水星や二黒土星と言った九星気学の専門用語を聞いた事があるという方は多いでしょう。 ここでは、そんな九星気学の概要 起源理論など についてご紹介します。 九星気学の起源理論 九星気学で使われている九星術は、古くから中国にある占術です。 この九星術は、古代から中国にある占術で一白、二黒、三碧等があります。 そしてこの九星は、さらに縦横斜めの3つの数字の合計が15になる魔法陣が起源だと言われており、これらの数字に白や黒といった7色や五行思想の木火土金水に十二支や易を加えて作られました。 この九星術そのものは飛鳥時代の552年に日本にも伝えられていましたが、さらにこの九星術を元に気学宗家として有名な園田真次郎が始めた気学を合わせて作られたのが九星気学です。 さらに、日本史史上最も謎の多い人物とされる天台宗の僧、天海が徳川家の覇権のために行っていた占術も元になっている説もあります。 江戸時代にはこの天海が考えた占術を元に政治が行われていた事はほぼ確実だと言われており、いかにこの九星術が日本で馴染みがあるかが分かります。 九星気学は上記の通り様々な占術の要素があるので、九星気学を元に行動をしているスポーツ選手や芸能人、実業家等は多いです。 また、書店でも様々な九星気学に関する本が出ているので、今の日本で最も知られている上に使われていると言われています。 九星気学でどんな事が分かるのか 九星気学は、まずは生まれた年で自分がどの本命星に当たるのかを調べます。 これで性格や自分の相性のいい本命星や相性の悪い本命星も分かります。 そして自分の本命星から方位吉凶早見表や年盤や月盤を使い、自分がどの方角と相性が悪いのか、どの方角と相性が悪いのかを調べます。 この方角は九星気学ではとても大事な事だと言われています。 この九星気学で性格や才能、恋愛等様々な事が分かりますが、特に家相を調べるのに使われる事が多いです。 家相メインの占い師の方もおり、多くの方の家相を占っています。 家を建てたいけど、せっかくだから運気のいい場所に建てたいという方は、是非一度占ってもらう事をオススメします。 家は、一生に一度の大切な買い物です。 家相が悪いと生活そのものに悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまいます。 ここで一番気をつけなければならないのは六大凶殺です。 この六大凶殺はトラブルを招きやすい方角で、暗剣殺や五黄殺、本命殺等があります。 この方向に家を建ててしまったり旅行にいくと良くない事がおこると言われています。 この位置には家を建てないようにしましょう。 九星気学で分かる性格 九星気学で自分の本命星を調べる事で、その人の性格を占う事ができます。 自分の性格を九星気学で知る事で、いいところはさらに伸ばす事ができ、弱点は克服する事ができます。 自分がどの本命星に当てはまるかはインターネット等で簡単に分かるので是非一度見てみましょう。 まずは一白水星の人ですが、水のように流れる性質を持っているので、一つのところにとどまる事を良しとしません。 頭が良く温和ですが、反面とてもデリケートで傷つきやすい一面もあります。 二黒土星の人は、とても慎重な性格です。 何事もしっかりと分析して、安全を確かめてから動くので失敗をする事はありません。 反面、チャレンジ精神に欠けるところがあります。 三碧木星の人は、とてもポジティブで明るい性格です。 この人が周りにいるとその場が明るくなるので、グループには欠かせません。 欠点は、少し子どものようにムキになりやすい面がある事です。 四緑木星の人は、とても社交性に長けた人です。 人と接するのが好きで、色々な場所に出かけます。 パーティ等も好きな人が多いです。 欠点は、少々お金の使い方が大胆すぎてあまり貯金ができない事です。 五黄土星の人は、リーダーシップがあり、とてもパワフルな性格です。 カリスマがあるタイプで、多くの人から注目される事も多いです。 欠点は、少々自己中心的な面が見られる事です。 六白金星の人は、繊細で、あまり人と関わる事が得意ではありません。 そして努力家ですので一人で黙々と何かをするのに向いています。 独創性があるので芸術家にも向いています。 欠点は少々短気なところです。 七赤金星の人は、とても人懐っこくて人のいいところを見つけるのがとても上手です、欠点は、意外と人に心を開く事ができない事です。 八白土星の人は、非常に大らかで何事に対してもどっしりと構えています。 また、大器晩成タイプで小さな事を積み重ねるのが得意です。 欠点は、少々優柔不断なところがある事です。 九紫火星の人は、行動力がありしかも明るくポジティブなので、とても華やかな人だと思われている事が多いです。 欠点は、気分屋でなかなか気持ちが安定しない事です。 九星気学で診断しよう 九星気学の概要 起源理論など についてご紹介しました。 九星気学は、日本では昔から伝わる一番ポピュラーな占いと言ってもいいでしょう。 自分がどの本命星に当てはまるか程度なら生年月日が分かればインターネットや本ですぐに占う事ができます。 また、家を建てたいと考えている方はこの九星気学を参考にする事でいい場所が分かりますので、一度調べてもらう事をオススメします。

次の