劇団 ひとり 西野。 東野幸治、『アメトーーク』でキンコン西野の企画を提案するのは『ゴッドタン』の「西野vs劇団ひとり」へのジェラシーだと告白「劇団ひとりめ…」

佐久間宣行P、劇団ひとりがキングコング西野の近畿大学でのスピーチに感動して「5回見た」と明かす

劇団 ひとり 西野

5人の女性が出てきて、この中で本当に西野さんの事を嫌いな人1人を当てるというコーナーです。 『ゴッドタン』、キングコング西野さんマジギライ。 開始2分半でもう面白いもんな。 — hidaka hidaka3 マジ嫌いの西野VS 素人の 二瓶さん 水口 は俺の中でゴッドタン最高回 — Aki KeonSTflag この中の1組、「水口さん」とのバトルは後日仲直り企画ができるほどの壮絶バトルでした。 「彼氏がいるアイドル・二瓶さん」の彼氏。 マジ嫌いの西野VS 素人の 二瓶さん 水口 は俺の中でゴッドタン最高回 — Aki KeonSTflag 西野さんはこの日、水口さんが夢に出てくるほど怒りが収まらなかったそうです。 最近のゴッドタンで一番好きだったキンコン西野のマジギライを見てる!この場面何回見てもくっっっっそ笑えるwwwwwwwwwwww — ゆ BKKO 西野の夢を叶えてあげよう 2017年6月5日放送 最近元気がないキングコング西野を元気づけてあげようという緊急企画。 後にこのセレモニーは恒例行事になるのです。 西野と劇団ひとり 西野さんと劇団ひとりさんは、今までの流れから分かるように言わば「天敵」。 この関係に終止符を打とうと、こんな企画が登場します。 劇団ひとりとキンコン西野の仲直りフレンドパーク 2016年7月2日 数々のアトラクションに2人で協力して挑戦し、仲直りさせよう!という企画。 恒例の「私服破き合い」でスタート。 劇団ひとりさんと西野さんの仲直り回面白い〜😆!! 激まずドリンク 飲ませ合い対決と キス対決は ほぼ同じやろ。。。 😅😂 後、髪切り対決は 前回やってましたが 西野さんの男気で ガッツリいってたのは、本当に 流石でした。。。 Sippo. 相手よりも多く切った方の勝ち、という心理戦です。 西野をもう一度嫌いになろう 前回までの企画で、西野さんとひとりさんは仲良くなれました。 しかし!ひとりさんは「それではだめだ。 やっぱり西野の事を嫌いになりたい」と半ば言いがかりのような企画が開催されました。 近づいてくる相手のお尻を、ギリギリのところでストップをかけ、どちらがより近距離で止められるかを競います。 尻ベーターを撮れる日のため、今頑張ろう。 — 佐久間宣行 nobrock 劇団ひとりvs西野毎回お腹痛い😂 — 山田 yamabiko3ta ポイントは、 西野さんはめっちゃ嫌がっているけど、ひとりさんはめっちゃ喜んでいるってとこですね。 そして、もっと嬉しそうなのが矢作さん。 エッフェル塔で個展した後、公共の電波で尻ベーターを世に送り出すという「落差」を体現しているキンコン西野はやっぱり凄い — コウエン番長 doumoJohnnyDepp.

次の

【ゴッドタン感想】『第2回西野をもう一度嫌いになろう』がテレビ史上に残る最低な傑作で腹が捩れるほど笑ってしまった。西野の関西弁について

劇団 ひとり 西野

東野幸治さんが2020年2月20日放送のに出演。 佐久間宣行さんと『ゴッドタン』のキングコング西野さんと劇団ひとりさんの対決について話していました。 🗼佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント🗼 2組目のゲスト、東野幸治さん()でした! 【radiko】 — 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 SakumaANN0 (佐久間宣行)メールが来ています。 「東野さん、『ラジオをやりたい』とおっしゃってますが、どんな雰囲気のラジオをやりたいというのはありますか? お一人ですか? 誰かと組んでですか? ぜひ教えて下さい」。 (東野幸治)いや、一番いいのは1人でやる。 佐久間さんみたいに1人でやるのがいちばんいいですよ。 アイドルみたいなのとやるの嫌やし。 もう話も合わへんし(笑)。 (佐久間宣行)フフフ、今のアイドルと東野さんが組んでやるラジオって怖いですけどちょっと聞いてみたいですね(笑)。 (東野幸治)いやいや、昔やったらちょっときつめな感じでやりますけども。 もうエエ歳してきつめにもできへんし。 それでレーティングやとかなったら興味ないゲストが来るとかいうのも嫌じゃないですか(笑)。 いや、わがままばっかり言うから仕事が来得へんのでしょうね。 たぶんそのラジオに関しては。 (佐久間宣行)まあ、ラジオに関してはですね。 「テレビはプロとしてやるから、ラジオは好きなことをしゃべりたい」っていうことですよね? (東野幸治)そうです、そうです。 だって俺、あれを「面白かった」って言おうと思ったんですよ。 去年のフジテレビの27時間テレビ、あったでしょ? あの裏のゴッドタン。 あれが俺、もうめちゃくちゃおもろうて。 家に帰って見て。 あの西野のやつ。 西野と劇団ひとりの……。 (佐久間宣行)尻ベーター対決でしょう?(笑)。 (東野幸治)そうです。 戦いが。 西野 vs 劇団ひとり 尻ベーター対決 昨夜のゴッドタンまた見直したけど、尻ベーター対決はお笑い史に残る面白さ。 (東野幸治)でしょう? 俺、もう腹を抱えていたんですよ。 で、あれは世の中の人が27時間テレビでガーッて行っているのか、どうなんやろうって。 視聴率的にね。 若い層はさんまさんとか今田さんとか岡村のおじさんのなんか独身のどうでもエエ話。 『ラブメイト』。 誰が好きやとかっていう話と、西野と劇団ひとりのあのケツの穴の戦い、どっちが……やっぱりフジテレビの方がみんな見ているの? (佐久間宣行)もちろん、そうですけども。 でもいつもより数字が悪かったっていうわけでもないですし。 見逃し配信とかもバコーンって上がりましたね。 (東野幸治)でしょう? だから俺、アメトーークで西野のやつ、なんでやるかわかります? 俺、あれは劇団ひとりへのジェラシーなんです(笑)。 (佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! あの対決? (東野幸治)劇団ひとりと西野の絡みがもうめちゃめちゃ好きすぎて、もう悔しくなってきて。 「劇団ひとりめ!」って思って(笑)。 (佐久間宣行)「西野とあんな面白い試合、しやがって!」って(笑)。 (東野幸治)「西野の服をビリビリに破って……劇団ひとりめ!」って思って、なんかアメトーークで加地さんから「なにかないですか?」「ああ、西野でやりたいです」言うたんですよ。 あれが好きで好きで。 西野と劇団ひとりの対決が。 (佐久間宣行)僕らも西野と劇団ひとりの対決の2週間ぐらい前から緊張するんですよ(笑)。 (東野幸治)フハハハハハハハハッ! (佐久間宣行)もちろん、どうなるかわからないのもあるけども。 毎回面白いから、面白くなるようにしないとな……っていう。 (東野幸治)ああ、あれはどこまで劇団ひとりがアドリブ? もうほぼほぼアドリブなんですか? ほぼほぼ劇団ひとりのアドリブ (佐久間宣行)ほぼほぼアドリブなんですけど、一応いくつかは用意しておいて。 「ここで詰まったら、こっちに行こう」とかっていう。 だからあの尻ベーターっていう企画は僕が考えて。 僕が考えたんだけど、これはやるとは思わなかったんですよ。 他でオチがつくかなと思ったら最初に選んじゃったから(笑)。 なんで最初に……(笑)。 (東野幸治)そうですよね? 結局、尻の話をずっと……顔に肛門が近づくだけの30分。 「テレビってエエな、楽しいな」って。 フハハハハハハハハッ! いやー、あれは面白かったなって思って。 (佐久間宣行)いや、だから矢作さんが「本当に今年で一番楽しかった」って。 奥さんに言ったらしいですよ。 帰って。 「今日の収録がね……」って。 フハハハハハハハハッ! (東野幸治)あれ、個人的に観覧の客とか集めていないじゃないですか。 西野とひとりの戦い、もしもあるんやったら個人的にスケジュールがなくて休みやったら見に行きたいもん(笑)。 パイプ椅子に座って(笑)。 (佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! (東野幸治)もう延々続けてほしい。 ずーっと、1年に1回。 10年ぐらいできるんちゃうかなって思って。 (佐久間宣行)もうジジイになっても面白いですからね。 なんでなんでしょうね。 西野って悲壮感がないから。 あのビリビリにするのってもしかしたら芸人さんによってはいじめに見えちゃうじゃないですか。 でも西野って全部、毎回1年かけてヘイトを集めてきてくれて(笑)。 ちゃんとヘイトを集めてきてくれるんで、正々堂々とやりあえるんですよね。 1年間かけてヘイトを集めてくるキングコング西野 (東野幸治)そうです、そうです。 で、西野が好きなやつもおれば、嫌いなやつもいてるし。 でも全員が西野のコートが千切れるのを待っているっていう(笑)。 (佐久間宣行)西野ファンもアンチ西野も西野のコートが破れるのを待っているんで。 (東野幸治)それでこの間、あいつとメシ食った時に言っていたけど、「もうテレビはほぼほぼあんまり出なくていいんです。 でもゴッドタンは1年に1回、呼ばれたら行くようにしている」っていう。 (佐久間宣行)そうなんですよ(笑)。 (東野幸治)だから変なゴッドタンへの求心力ってあるでしょう? (佐久間宣行)なぜか出てくれる。 それだけ出てくれるみたいなの、ありますね。 (東野幸治)ありますよね。 だから俺もキス我慢もあれ、だから最初にテレビでたまたま見た時に「なんや、この企画?」って思って。 (佐久間宣行)劇団ひとりとみひろのやつですね。 (東野幸治)芸人ひとりがずっとキスしないっていう。 あれをスタッフ側があの手この手でキスさせようとするっていう、もうどうでもいい物語でしょう? (佐久間宣行)本当に。 最初、企画をおぎやはぎに説明した時にちょっと意味をわかってくれなくて。 「キス、我慢できるじゃん」みたいな。 「いや、そういうことじゃなくて……とりあえず、やらせてください」みたいな(笑)。 (東野幸治)フハハハハハハハハッ! いやいや、ホンマにようできた企画ですよね。 (佐久間宣行)ありがとうございます。 そうですね。 (東野幸治)だから、そんな毎週見ているわけじゃないですけども。 そういう面白いやつがあって。 噂を聞けば家が全録ですから、それで見るようにしているんですけども。 呼んでください。 全然呼ばれませんけども。 ゴッドタン。 (佐久間宣行)フフフ、いや、呼びますけど(笑)。 東野さんを呼ぶ時はこれ、西野と一緒で。 「この企画じゃないと呼べない」っていう人、いるじゃないですか。 それは加地さんとも話したことあるんですよ。 東野さんのことを。 「東野さんに声をかける時、この企画じゃな……」みたいなの、僕らちょっとあるんですよ。 (東野幸治)いえいえ、全然ないし。 本当に頼みますよ。 俺、最近テレビ東京に行くのって『主治医が見つかる診療所』っていう病気の番組と1年に1回、わけのわからん若手ディレクターの海外の刑務所に捕まっている日本人に会いに行くというVを見させられるっていう……(笑)。 (佐久間宣行)『ジャパニーズinプリズン』(笑)。 (東野幸治)「えっ、こんなこと、地上波でエエの?」みたいな。 (佐久間宣行)そうそう(笑)。 海外にいる日本人の囚人を見る番組。 1年に1回、テレビ東京で(笑)。 (東野幸治)それを見て。 なんか「ええーっ!」とか「なんや、これ?」みたいなのとか。 それしかやってませんから。 いつでもスタンバイを。 (佐久間宣行)あとは『やりすぎ』だけですもんね? (東野幸治)そうですね。 『都市伝説』をやっていますから。 それだけですから。 もうちょっと、お願いしますね。 本当に。 (佐久間宣行)それはもちろんです。 <書き起こしおわり>.

次の

ゴッドタン『西野VS劇団ひとり』バトル総集編‼尻ベーター対決とは?|若手お笑い芸人面白ランキング

劇団 ひとり 西野

『第二回西野をもう一度嫌いになろう』 とにかくゴッドタンがずっとクリエイター西野をいじめてて最高でした。 出てる奴全員が笑いすぎて立てなくなってた神回。 西野のこと嫌いな人もとりあえず一回この西野を見て欲しい。 劇団ひとりが西野を好きになって困っている まず、この企画の主旨。 キングコングの西野さんといえば嫌われ者でお馴染みのクリエイター絵本作家様。 悪ふざけ番組と名高いゴッドタンでも、勿論その嫌われっぷりやここ数年イジりにイジり倒してきました。 ゴッドタンはイキリ倒すクリエイター文化人気取りの西野先生が大嫌い。 MCの一人である劇団ひとりも勿論大嫌い。 ところが、最近の西野さんといえばフィリピンの子供達に絵本を寄贈したり、ラオスに小学校を建設したり、近畿大学卒業式での例のスピーチが話題になったり…という良い人エピソード祭り。 劇団ひとりは、まんまと西野さんを大好きに。 キンコン西野の近畿大学卒業式の スピーチ凄いわ・・・— 笑いで日本を明るくする社長 9onepiece25 例のスピーチ 劇団ひとり「あれ以降もこいつはどんどん俺が好きになるようなことをして…!」 ゴッドタンが西野さんのことを好きになってしまったら、面白くなくなってしまう…. このままではどんどん西野を好きになってしまう…. ということで、無理やり西野さんのことを嫌いになる為の様々な企画を用意。 その内容は「小木と情熱的なキス対決」とか「尻ベーター対決」とか。 この時点でだいぶトチ狂った企画です。 もはや嫌いになるとかの話は体裁に過ぎず、とにかく西野さんを無茶苦茶にイジメ倒すだけの企画。 小木と情熱的なキス対決 小木さんとキスをして、小木さんを気持ちよくさせた方が勝ちという「小木と情熱的なキス対決」 最初からトチ狂ってますが、小木さんを口説き落としながらキスする姿はほぼおっさんずラブ 大嘘。 昨夜のゴッドタンまた見直したけど、尻ベーター対決はお笑い史に残る面白さ。 共感性羞恥みたいな。 なんか、「芸人のくせにビジネス語るから」とか「ドヤ顔がウザい」とか、西野をディスる時によく言うやつも共感はするんですけど、その一方でそれとは違う「恥ずかしい」みたいな感覚があって、分かる人いますかね…。 でもドヤ顔で語っているビジネス論はすごく的を得ているなと思うし、学校建設とかハレノヒとかとっても立派だし、凄いなぁって思うんですけど、なんでこんな見てて恥ずかしくなるんだろうって思い続けていました。 で、今回の放送を見て分かったことが、たぶん今まで私は「関西弁じゃない西野」を見てると恥ずかしくなってしまうんだろうなということ。 思い返してみれば、西野も梶原もゴリゴリの関西弁で喋ってたし、キングコングって関西のコンビって感じあったのに、今メディアに出てる西野ってずっと標準語ですよね。 西野のことそんなに詳しくないんで知らないんですけど、多分東京の経営者たちと夜な夜なBARで「次面白いこと、何する?」みたいな話しだしたあたりからなんだと思います。 なんか、ああいう界隈の話し方のイントネーションってありますよね。 西野はたぶん、無理やり標準語に寄せたのではなく、そういう界隈の人たちとずっと「面白いこと、何する?」って話してるうちに、そういう話し方になったんだろうな。 それを見るこっち側 視聴者 の感覚、「田舎から出て都会の大学入って周りが標準語だから標準語になった友達と久しぶりに喋った時の感覚」みたいな。 ちょっと恥ずかしい。 なんなんそれ、何その喋り方、気持ち悪いねんけど、っていう。 ただ、今回のこのゴッドタン。 最初登場してきた時はいつもの西野さんって感じで標準語喋りだったんですけど、企画がギリギリになればなるほど、劇団ひとりの丸出しのケツが西野の顔面に近づく程、関西弁が強くなってきて爆笑しました。 やっぱ人間焦ると原点に戻る。

次の