町内会。 町内会とは|仙台市

町内会・自治会|盛岡市公式ホームページ

町内会

このサイトでは町内会に入りたくないと考える人に、「入る・入らない」を判断する際の材料を整理してお伝えしたいと思います。 さらに町内会とリンクしやすいゴミ出しについても解説します。 町内会という地域の住民同士の集まりは、「任意団体」という組織です。 意味は 「任意」=その人の意思に任せる 「団体」=集まり ですから、入会は個人の裁量に任されています。 有志の集まりのサークルや同好会、〇〇協議会といった団体と同じです。 入会も途中の退会もその人の意思に任せる、つまり自由です。 ですから最初から入らないのも、途中で抜けるのも法律的には問題ないです。 裁判で最高裁まで「町内会(自治会)の退会」の可否が争われました。 参考 裁判所は、町内会は「強制加入団体」ではない、と述べています。 入りたくないのなら、最初に断ってしまうこともできます。 ただしすぐ断るのが得策ではないこともあり、周りの世帯のほぼすべて入会していると断りにくかったり 行政のサービスが行き届きにくいエリアだと、町内会が補助的な役割を担っているケースなどです。 強制ではないのですが、地域によって町内会の活動の濃さに差があります。 例えば、活動が積極的なエリアだと、長野県の小諸市では、条例化して自治会活動を積極的に行なっています。 一方、東京都の武蔵野市は、市側で町内会は「ない」と述べています。 (地域のコミュニティはあり) 地域によってこのぐらいの差があります。 慎重に入会の可否を考える必要がある方もいるので難しくしています。 理由はごみ置き場は、「任意団体」である町内会という「会」の所有物となります。 町内会員は会費を支払っていて、定期的な掃除もしているでしょう。 会員でない人が利用すれば、町内会員の人にとっては不公平で不満が出てしまいます。 賃貸マンション内のごみ置き場を住人以外が利用できないのと同じような感じでしょうか。 ですが、町内会によっては入会していない人も、ゴミ置き場の利用はできる、という地域もあるようです。 ただし厳密に考えれば、町内会への入会と、ゴミの収集をしてもらう権利は別な話です。 法律的には、ゴミを集めて処理するのは、そもそも行政が責任をもっています。 活動が盛んなエリアか(加入率) ゴミ出しは他の手段で出せるか 地域に根差して住みたいか?転勤があるか? 独身や一人暮らしか?家族がいるか 共働きで昼間は家にいないか、子供がいるか 入会せず周りからのプレッシャーに耐えられそうか 次に町内会の加入についてどんな方法を選べるか、です。 入会を拒否する あつれきを生むかもしれませんが、入らないという選択肢もあります。 活動の盛んなエリアで断れば、勇気を出すことがあるかもしれません。 都市部で多いですが活動がほぼないエリアなら影響は少ないです。 賃貸住宅が多いエリアで、アパートの住人に参加を求めたが、若い人はほとんど入らなかった、という声もあります 入会は強制ではないですからきっぱり断ることもできます。 ゴミの問題、その他、身の周りで起きるトラブルを独力で解決できそうであれば、入会しなくてもいいかもしれません。 また会とは別に、ご近所さんと仲良くしておけば住みやすくなると思います。 いったん入会は保留・時期が来て必要であれば入会する 入らないとどのくらい困るのか分からないので、最初は静観します。 引越してきた当初は、やんわりと保留します。 「どういう活動をされてますか。 前に住んでた所では、町内会に入ってませんでした。 まだ分からないのでちょっと考えさせてもらってもいいですか。 」 と質問と保留の立場をとります。 そして3か月とか半年後くらいに、周囲の状況を見て、この地域は入らないとだめそうだな、と思えたり、 やっぱり必要だな、と判断がつけば入会するようにします。 必要がなさそうであれば、そのまま入会はしないようにします。 入会をする 会費だけおさめるだけでも大丈夫か 会費の負担が大きくなく、活動も盛んでなければ、本意ではないですが会費だけ納めておく、というのも選択肢です。 ゴミの廃棄代と考える、地域で平穏に暮らすための交際費ととらえて入ってしまうという考えもあります。 例えば、年会費が5千円だとして、入らない・入ってしまうの両方を考えてみます。 5千円払ってつつがなく生活するための交際費と考えて払うか、5千円出すのはやっぱりもったいない、 払うより最初にちょっとぎくしゃくしてもいいから入らない、と思えるかです。 どちらが正しいともいえないので、自分の考え方に沿って決めます。 やり方は、まずは町内会に「町内会には入れないですが、ゴミ置き場を使わせてもらえませんか。 代わりに、いくらかのお金は納めますし、清掃はやりますしきれいにゴミを出します。 」と頼んでみます。 もし了承されれば使わせてもらう、ダメだと言われれば戸別回収に切り替えます。 役所に「こういったが断られた。 ゴミを出す手段がないので、戸別回収してもらえますか。 町内会の入会と、ゴミの収集は別な問題ですよね。 」とお願いするやり方もあります。 役所のどこの部署が、ゴミ置き場の管理や利用する人の指定などを行なっているか、 そして役所に対して、その自治体の市民なら、誰もが自治会に加入していなくともゴミを持って行く責任がある旨を、明らかにしてもらうのが重要です。 自治会が委託を受けてゴミ集積所を運営している場合 こちらも交渉が必要となりますが、自治会が、市町村から委託を受けてゴミ集積所を運営。 その市町村で戸別回収はせずに、それ以外にごみを出す手段がないのなら、入ってないから利用はしないでください というのは問題になります。 市民税を納める住民なら等しく、ゴミを収集してもらう権利があるからです。 ただしこちらもゴミ集積所を維持する分の会費と、清掃の当番は受け持つ必要は出てくるでしょう。 スポンサーリンク 戸別回収を依頼 戸別に回収を依頼する方法です。 市町村によって対応がことなりますが、自宅の前に自分の家のごみを出しておくと収集車が持って行ってくれるエリアもあります。 調べた限りでは、京都市、世田谷区、台東区、品川区の一部エリアではやっているようです。 まったくやっていないエリアもあります。 例えば、大阪府の忠岡町では、一戸建ては集積所ではなく、原則は戸別回収で、各家庭の自宅敷地内の道路に面した側に置いておく 最初からこのような仕組みだとやりやすいです。 やっておらず町内会に頼らずに持って行ってもらうには 役所と交渉・相談する必要 も出てきます。 ゴミを収集してもらう権利は法的にありますから 交渉してあいまいな回答なら、下の専門家の方が作成された、役所に法律に基づいた依頼書を送って回答を文書で求めると効果があるかもしれません。 参考 新たなゴミ集積所の設置を依頼 新しくゴミの集積所を作る、というやり方もあるかもしれません。 4,5軒分をまとめてくれれば自宅前にそのまま出してください、というエリアもあれば 条件が定められている。 例えば ・設置場所がゴミ置き場に適した場所か(安全な場所か、交通量やごみ収集車が停まれる場所かなど) ・定められた集積所の構造物をつくる(カラスよけや囲いなど、地域によって違う) ・世帯数の確保 といった審査があるエリアもあります。 参考 所沢市はかなり細かく基準を設けていますね。 清掃センターに直接ごみを持ち込む 大変ですが、収集車で集めたごみを燃やす施設、清掃センターに自分で出向いて持ち込む方法もあります。 燃えるゴミ・燃やせないゴミとも、家庭で出るくらいの量であれば無料になるようです。 例えば低い地域では 阪南市 66% 「7割を超える」 横浜市 約75% このように地域によって加入率の幅に差があります。 町内会費 「安めな例」 年間1500円 「高めな例」 月会費 3千円=年間3. 6万 入会金 3万 年会費 1万 町内会に入るメリット 反対に入ることのメリットを考えてみると 「ごみを町内会管理の集積所に捨てられる」 問題なくゴミを捨てられるのは、案外大きいかもしれません。 入らないと、個別回収のお願いを出したり、設置場所を新たに設けるなどは、交渉が必要なので大変です。 「見えない所での助け合い」 自治体がやり切れない細かいサービスを、町内会が担っていることもあります。 スムーズに地域で過ごせるのも誰かのサポートのおかげかもしれません。 子供が遊ぶ公園や、水路がきれいに維持されているのは、町内会の仕事であったとしたら、町内会の人が掃除を掃除をしてくれているからかもしれません。 自宅近くの街灯は、町内会費の一部で電気代をまかなうエリアもあります。 ポジティブに、地域のボランティアをするんだと、とらえることもできるかもしれません。。 新潟県で行われた裁判では、退会したところ、「村八分になるよ」と言われ、ごみ置き場の利用を断られた例もあったようです。 (裁判で、ごみ置き場の利用の制限は違法) 非加入の家庭の非難をする人がいたり、勧誘の誘いを断った方に、「仲間はずれになるよ」と言われた、という声もあります。 一方で、仲間はずれまではない、という地域も案外あると思われます。 村八分はないが「あのご家庭はあまりご近所と関わり合いたくないのかな」ぐらいです。 普段の生活で接していなければ、案外他人には無関心なもので 「あのご家庭は入ってない家だった」くらいの程度で、町内会の活動で会わないから、顔を知っているくらいです、という声もあります。 災害や地震の時に不利になるか? 普段からしっかり防災への取り組みをする自治会なら、効果はあるだろうとも思いますが、僕の経験でしかありませんが、一概には言えないかもしれません。 僕の家は、東日本大震災の被災地で、被害がありました。 家は壊れ、建て替えを余儀なくされました。 僕の地域での話でしかありませんが、震災の時に町内会がどういう役割を果たしたかというと、特に何も機能はしていませんでした。 僕の住むエリアの町内会の持ち回りの仕事は、ごみの清掃の当番と、回覧板の配布くらいです。 普段からあまり積極的に町内会が活動しているエリアではないので、災害時にもまとまった動きはありませんでした。 これが積極的な自治会で、避難訓練や、避難場所の倉庫を管理しているなどをしたら、また違ったのかもしれません。 むしろ顔見知りのご近所同士での助け合いが役立ちました。 コンビニやスーパーが閉まった時に、家に残った食料を融通しあったり、ガソリンを物々交換したりしました。 電気ガス水道が止まった時は、近所で励まし合いながら過ごしました。 町内会に入ってない人もいましたが、生き死にがかかっていましたから、特に関係なく近所のみんなで助け合ってました。 もちろん大きな役割を果たした所もあり、一概に言えないと思います 阪神大震災の救助のデータが、「防災白書」が内閣府から出ています。 家に閉じ込められた人が、どうやって脱出したかの統計です。 自力・家族についで「友人・隣人」が28%、3割です。 「友人・隣人=町内会」につながるかどうか、だと思われます。 他にも、鬼怒川の決壊では、「近隣の声かけなどが立ち退き避難のきっかけ」だったという人もいます。 もし入会しないと決めた場合は、ご近所と良好な関係を作っておくことがいいかもしれません。 町内会の役割・仕事 なぜ町内会があるかといえば、 行政の補助的な役割 のためです。 行政だけではなかなかできない細かな地域のサポートを行なう組織です。 またどんなことをやらないといけないか列挙します。 なおこれはひとつの例で回数やどれをやるかにも幅があり、他にもあるでしょう。 ゴミの清掃しかないところもあります。 町内会長・自治会長の役職に就くかでも、その役割の重さは違ってきます。

次の

加入率減少、不要論も…「町内会」は変われるか : 深読み : 読売新聞オンライン

町内会

任意の組織ではありますが、 地域を代表する組織であることのそもそもの意義が 加入率が下がるほど薄れてしまい、問題になります。 役員のなり手が減ってきている 少子高齢化と過疎化に伴い、二世帯住宅は減少し、 若い人は都市部に流れ、役員をそれまで務めていた 地域の有力者も、一人また一人と退陣していきます。 すると、役員のなり手が減って、任される周期が増える、 様々な役割を兼務することが増えていきます。 単純に、一人あたりの負担が増えますし、 会長や役員を含めて少人数で構成される組織においては、 町の重要な決定が、少人数の意志によって 左右されるような歪な状態になります。 負担軽減の為、活動を減少せざるを得ない 役員や会員が減り、なり手の候補である若い人も 居なくなると、町内会の会員全体が減っていき、 ・定例会が月に一度から隔月に変更される ・地域の祭りの規模や回数が減少する などの減少が起こります。 私の両親も共に還暦を超えましたが、先日も 町内会から、65歳を超えた父親に平気で 深夜0時の神前行事の呼び出しがありました。 この年代のメンバーに、体力が必要な行事や 活動の参加を頼まざるを得ないことを垣間見ると、 相当深刻な未来が待つことを感じてしまいます。 町内会で起きている問題の原因 町内会に行政が求める仕事が増え、多様化している 元々町内会は、清掃やごみ収集、街灯や掲示物管理、 イベント運営や回覧板を回す仕事が中心の団体でした。 ですが、少子高齢化に伴い、高齢者対策や 地域の見守りやパトロールが求められてきました。 恐らく今後も、世の中の課題が増えるにつれて、 町内会が新たな役割を担うことを期待され、 負荷を多方面で求められるのは確実だと思います。 世帯数が減少し、個人化が進んでいる 昔は二世帯住宅や、長男が実家を継いで 代々町内会に携わる伝統ある家庭が多かったですが、 最近は住む場所を変える単世帯の家族が当たり前になり 町内会への帰属意識が薄い人も増えてきています。 一世帯あたりの生活負担が上がっている 今や、社会人の半数近くが非正規雇用です。 昔のように、誰もが結婚して家庭を持つのが 当たり前ではなくなり、仮に結婚して家庭を持っても 共働きを前提に考えるなど、家計は厳しい世帯も多い。 必然的に、僕らには町内会に積極的に関わる 金銭的・肉体的・精神的余裕の全てがありません。 町内会を盛り上げて協力するための余力があるなら、 自分たちの生活をそれ以上に守りたいのが本音です。 町内会の繋がりに頼らなくても情報が取れる 今は昔と違い、インターネットで地域の情報や 子育てに関する情報などを自分で探すことができ、 町内会に頼らなくても生活に支障は出ないことが 町内会に入らないという選択の後押しになっています。 町内会のこれからの在り方 町内会や地域の枠を超えたコミュニティを作る 町内会の班長や役員の負荷が大きい一番の原因は、 交通安全、美化、保険、高齢者問題、地域の祭りなど あらゆる分野毎に組織を作って役員を配置して、 組織や仕組み的に活動をしている点です。 こうなると、一組織毎に予算が割り振られ、 どんなに些細な仕事でもそれぞれ出席をしたり 細かい人的負荷が積み重なるので、地方にいる人は どうしても負担が重くなってしまいます。 なので、町内会同士を単に合併するのではなく、 地域のあらゆる課題を世代や立場を超えて協力し合える 大きな地域コミュニティを作ることが理想です。 その中から、予防医学や音楽のサークル活動に 協力できる人を募ったり、普段地域の活動に 参加できない会社員の人達を巻き込む団体に 育てていくことが求められます。 そうすれば、負荷を軽減し、地域に山積みになっている さまざまな課題を、縦割りではなく、何かのイベントの 副次的効果によって解決していくアプローチが取れます。 まとめ 私は、町内会は一度入ってみることをお勧めします。 インターネット上の情報は、あくまでも他人の意見であり、 自分で入らないと、問題を本当の意味で知る事や 自分の意見を持つことには繋がらないからです。 どうしても最初はデメリットばかりが目に付きますが、 当然、町内会に入っている事によるメリットもあり、 それを踏まえた上で、継続を判断した方がいいです。 ただ、役員…特に会長だけは安易に引き受けると 確実に後悔するレベルの仕事量なので、最初の段階で ここだけは軽々しく引かないよう、保険はかけましょう。

次の

町内会(ちょうないかい)とは

町内会

この疑問の目次• 【関連記事】部屋探しが上手くなるおすすめ記事5選!! 家賃が安い物件や初期費用を抑える物件探しのヒントが集まった人気記事5本! 「」 「」 「」 「」 「」 地域ごとに存在する町内会・自治会 町内会・自治会は市町村内の各地域に置かれており、その地域の住民によって自発的に組織され、運営している団体です。 住民による自発的な活動組織ですので、町内会や自治会を置かない地域もありますが、どこの地域でもだいたい町内会や自治会といった団体が存在しています。 そもそも町内会・自治会とは 町内会や自治会がどういったものか、良く分かっていない人も多いのではないでしょうか。 町内会・自治会とは、地域に住まう住民の人たちが互いに手を取り、住民たちによる、住民たちのための、地域生活をより良いものにするために活動を行っている任意団体のことを言います。 また、その活動の中には地域住民に様々なメリットを与えてくれるものもあり、多くの方が参加しています。 町内会と自治会の違い 町内会や自治会と聞くと呼び名が違うため、何か違う団体なのかと思われがちですが、実は両者とも同じ団体のことを指しています。 特に名称に関して決まった原則は無く「~町会」や「~会」などと呼称される地域もあります。 また、町内会の名称は戸建て住宅の密集する地域に多く、自治会はマンションやアパートなどで「~マンション自治会」や「~アパート自治会」と呼称されることが多いように思います。 町内会や自治会の活動内容はその地域ごとに多種多様 町内会や自治会はその地域特有のスタイルで運営されていることが多く、地域によって様々な活動があります。 基本的には地域の防災訓練や清掃活動、納涼大会などの町内のお祭りの運営などがあり、この他にも老人会やこども会、また行政や警察などの関係各所と連携を取り、地域の環境整備や治安維持に努めていたりと、その活動は多岐にわたります。 町内会や自治会の参加は必須ではない 町内会や自治会って、正直言うと面倒くさい……と言う人は結構いますよね。 実際に仕事をしている人にとっては、活動方針を決めるための会議や、活動準備などの集まりにはなかなか出られないということがあると思います。 では、町内会や自治会はその地域に住むためには参加必須な団体なのでしょうか? 答えは「NO」です。 前述したとおり、この団体は住民による任意団体ですので、町内会を発足するのも運営するのもそこの住民の意思です。 行政などによる強制力はなく、参加・不参加はその人それぞれが自由に決めることが可能ですので、それほど不安に思うことはないでしょう。 とは言っても、他の住民から無言の圧力が……なんてこともあると思いますが、そこはその町内会や自治会の活動が自分にどれだけメリットがあるか、もしくはデメリットがあるかで参加・不参加を決めて良いのではないでしょうか。 町内会や自治会に参加するメリット では参加・不参加を決めるためにも、町内会や自治会の活動で見えてくるメリットとデメリットを説明していきましょう。 全ての活動が自分のメリットに繋がるとは限りません。 内容をしっかりと把握し、自分が参加するに値するものなのかどうかを見極めていきましょう。 地域住民との交流の場が持てる! 運動会や夏祭りなどのリクリエーション活動や、防災訓練、清掃活動といった様々な地域活動において、近隣住民の方との親睦やコミュニケーションの場を持つことができます。 普段会話の無い人たちとも顔を合わせて話しができ、そうすることで自分の周りにどういった人たちが住んでいるのかを確認することもメリットのひとつになります。 将来的な災害時や、子供の学校のことなどで助け合いができる! 実際に災害や不測の事態が起きた場合などでは、親睦を深めておくことでスムーズに地域連携が取れるといったメリットがあります。 自然災害が多い日本ですから、こう言った場合の地域住民との連携は大変心強いものでしょう。 また、こども会や交通安全活動などに力を入れておけば、将来子供ができた時に学校のことや地域での見守りなどで住民同士、手を取り合って助け合うことが可能になります。 子供の事故や事件の抑止力として、町内会や自治会の活動は重要と言えます。 「」や「」の記事もありますので、あわせてご覧ください。 町内会に参加するデメリット メリットも多い町内会・自治会ですが、もちろんデメリットも存在します。 どんな団体の活動でもメリットだけということはありませんので、デメリットの部分もしっかりと理解しておくことをおすすめします。 会費や寄付が必要 町内会や自治会ではその活動を続けていくための「町内会費」や「自治会費」というものを徴収しています。 その地域で金額は異なりますが、年間で約6000円~7000円の町内会費・自治会費を支払わなければいけないということは覚えておきましょう。 月々に換算すれば500円程度ですが、町内会費や自治会費は基本的に年会費として一括で支払う場合がほとんどです。 町内会や自治会ではこの会費と市町村から出る助成金や補助金を使用して、外灯の交換やリクリエーション活動を行っています。 また、住んでいる地域において自営などで開業している場合は、夏祭りや運動会などのリクリエーション活動の際に寄付を求められることもあります。 もし開業して仕事をしている場合は、その開業場所の地域の活動には寄付をしておくことをおすすめします。 余分な出費だと躊躇することもあるかと思いますが、地域住民の声は思っているよりも密に交わされているものです。 寄付をするだけで集客などの効果にもつながるメリットがありますので、検討しても良いでしょう。 この寄付に関しては開業している方たちだけでなく、ただ住んでいる住民の方にもお声が掛かる場合があります。 ですが既に町内会費、自治会費を収めているのであれば、特に気にせず寄付をしないという選択をしても問題はありません。 人付き合いや会議に出席しなければならない 任意団体の活動ですが、活動するには必ず計画を立てる必要があります。 そのため町内会や自治会では会長・副会長・書記・会計などの役割を分担し、定期的に会議を開いて活動方針や活動内容、また会計報告などを行っています。 この役割はだいたいが輪番制となっていて、どの世帯も必ず一度は経験するよう順番が設定されています。 夫婦共働きなど、仕事をしている人たちが多いため町内会や自治会の会議は夜に開かれる地域が多く見られます。 また、昼に会議を行う場合は、土曜日や日曜日といった休みの日が当てられることも多いので、貴重な休日を潰されてしまうかもしれないデメリットも、考慮しておきましょう。 会議や地域活動では必然的に人付き合いをする必要性が出てきますが、人付き合いが苦手な方にとっては、町内会や自治会の活動は苦痛に感じてしまうかもしれません。 町内会や自治会の活動は思っているよりも人と人との交流が濃いものになりますので、そのこともしっかりと頭に入れて参加・不参加を決めることをおすすめします。 活動の内容に関しても、メリットの多い活動を行っている地域もあれば、自分にはそれほど必要のない活動を行っている地域もあるでしょう。 その地域によって暮らし方は様々ですが、だからこそ新しく生活する場所には不安や心配がつきものなのです。 町内会や自治会のことなんて相談できるのかな?と考える前に、どんな疑問や相談でもお気軽にエイブルAGENTにお問い合わせください。 ご登録をしていただくことで、来店せずともLINEにてご相談の対応からご希望のエリアや物件のご提案までを無料で行っております! より良い生活は物件探しから!私たちエイブルAGENTは小さな疑問にも丁寧にお答えし、お客様ひとり一人に合わせたご対応と、お客様の目線で最適なご提案をさせていただきます。

次の