金 笛 しょうゆ パーク。 ヤマト糀パーク(ヤマト醤油味噌 本社)|【公式】金沢の観光・旅行情報サイト|金沢旅物語|グルメ・お土産|【公式】金沢の観光・旅行情報サイト|金沢旅物語

金笛 「本醸造濃口しょうゆ」

金 笛 しょうゆ パーク

97 ID:nXb7em9T0. 54 ID:dE8smbjY0. net 圏央道が通ってごじゃります。 90 ID:d5Z7ulL90. 15 ID:fKyCs77n0. net 盗みに行くニダ。 12 ID:d5Z7ulL90. 50 ID:pTQFTuzX0. 51 ID:XTGsJ2P50. 56 ID:KHh6ODiy0. 57 ID:N2n7j6HY0. 44 ID:CT9m1KTcQ どうやらNHKは変態で間違いないらしい。 裏で遊び呆けているで間違いないらしい。 NHKの受信料収入は年7000億円もある。 人件費は社員10333人で一人あたり1780万円も取っている非常識組織だ。 NHKが年間いくら受信料が必要か計算してみよう。 まず建物等全ての減価償却と固定資産税を合わせて1000億円くらいか。 人件費は10333人で1030億円。 電気水道代は25億円くらいか。 一時間番組を人件費抜きで2500万円作るとすると、1日18時間365日で1643億円。 紅白歌合戦等大きな特番を一回30億円とし、年9回分 海外放送等 計上すると270億円。 NHKは海外支社も多い為、雑かもしれないが4000人分の移動費72億円。 これらを全て合計すると、4040億円である。 年間4040億円でNHKは運営出来そうなのだが。 受信料は後2960億円も残るのだが。 私にはNHK様がどこでそんなにお金を使っているのか分からない。 69 ID:7OHWJAwA0.

次の

川島町の金笛しょうゆパークへ行ってきた!しょうゆ蔵の工場見学やレストラン・売店がオープン

金 笛 しょうゆ パーク

金笛しょうゆパークとは? 川島町に本社を置く 笛木醤油は、寛政元年(1789年)創業。 木桶で醤油を仕込み、伝統の味を伝え続けている老舗の醤油蔵です。 現在は十二代目の笛木吉五郎さんが社長を務められています。 そんな、笛木醤油の創業230周年記念事業としてオープンしたのが「 金笛しょうゆパーク」。 「しょうゆでつなぐみんなの笑顔」をコンセプトに「食べる」「学ぶ」「買う」「遊ぶ」の4つが体験できる複合施設です。 金笛しょうゆパークへのアクセス 金笛しょうゆパークの住所は「埼玉県川島町上伊草660」。 車の場合は圏央道川島ICから約5分です。 金笛しょうゆパークの外観 趣のある瓦屋根の事務所をリノベーションし、金笛しょうゆパークとしてオープンしています。 かつて、川島町には数多くの醤油蔵がありましたが、現在は笛木醤油1件のみ。 創業230年という、歴史の重みを感じる建物にも注目です。 金笛しょうゆパークの駐車場 駐車場は金笛しょうゆパークのすぐ裏にあり、全部で27台分。 こちらは第1駐車場で、8台停められます。 第2駐車場(9台)と第3駐車場(10台)も用意されています。 しょうゆ蔵のレストラン前には、車イス専用の駐車場が用意されています。 さらに、奥には大型バスの駐車も可能です。 金笛しょうゆパーク案内図 金笛しょうゆパークでは、しょうゆ蔵の工場見学、しょうゆ蔵レストラン、売店、子どもが遊べる広場など、充実した施設を備えています。 それぞれの施設を見学してきました! 金笛しょうゆ楽校(工場見学) まずは、メインとなるしょうゆ蔵の工場見学。 しょうゆはどのようにつくられるのか?実際に原料の大豆、小麦、麹菌などを見たり、もろみの香りを確かめながら見学することができます。 受付でもらったのは「金笛しょうゆ楽校(がっこう)」の冊子。 「しょうゆを楽しく学べる」金笛しょうゆパークオリジナルの教科書です。 「しょうゆが何から、どうやってつくられるのか?」しょうゆの不思議を国語、算数、理科、社会、図工、家庭科に見立て、授業形式で伝えてくれます。 そして、この教科書がとても分かりやすいんです! しょうゆの歴史、原料の産地、しょうゆを仕込む木桶の作り方、微生物の発酵・・・など。 大人が読んでも、新しい発見がたくさん。 しょうゆ造りを全く知らない人でも分かるように、イラストや写真を使って丁寧に教えてくれます。 自分の子どもにもぜひ読ませたいと思いましたよ。 金笛しょうゆパークでは、実際に使用されているしょうゆ蔵が見学できます。 正門には「金笛しょうゆ楽校」の看板も。 「前蔵」「麹蔵」「仕込み蔵」を見学してきました。 特に印象的だったのが38本の木桶が並んでいた仕込み蔵。 木桶の深さは約2メートルもあるそうです! かつて川島町にあった別のしょうゆ蔵から、引き継いだ木桶も並んでいるとの説明でした。 なので、微妙に大きさが違っているそうです。 金笛しょうゆパーク工場見学の予約方法 しょうゆ蔵の見学は、所要時間45分、1日3回(10:30~、13:30~、15:30~)、見学費用は無料で開催されています。 見学は予約をしなくてもできます。 ですが、各回の見学人数が20名と決まっているそうなので、大人数で行く場合は予約して行くのがおすすめです。 予約は、電話・FAX・メール・公式サイトのお問合せフォームから申込みしてみてください。 申し込みの際に、以下の必要事項を伝えてくださいね。 参加希望日時• 参加人数• 代表者連絡先 無料で見学できますので、ぜひ訪れてみましょう! レストランのメニューはうどんが中心でした。 うどんは自家製麺というこだわりです。 小麦や卵など、一部の食材は川島町や川越市など、地元産を多く取り入れています。 (記載している値段は税込です) 【小江戸醤油屋の名物メニュー】• 醤油屋の木桶うどん2種のおつゆ〜胡麻味噌すったて汁と葱ぶた汁〜 「金笛のおばんざいセット」:1480円• 木桶うどん単品:880円• 蔵出し醤油の食べ比べうどん〜食べる醤油麹付きから 「金笛のおばんざいセット」:1280円• 食べ比べうどん単品:680円 【うどん】• 川島町の養鶏場こだわりの生卵黄と半熟卵のダブル釜玉うどん:980円• すだちうどん〜とろろ昆布添え〜:980円• 土鍋角煮カレーうどん:1380円• 土鍋呉汁めん:1280円• トッピング・辛味噌玉:プラス100円• 鶏肉あなご天うどん:1280円• かき揚げめん:1280円• 角煮めん:980円• 小江戸どんセット〜うどん、ミニかき揚げ丼、サラダ〜:1380円• お子様うどんセット〜小学生以下のみご注文〜:580円 【ごはんもの】• 絶品卵かけごはん〜おばんざいセット、薬味添え〜:550円• もち麦入り雑穀米ごはん:250円• 金笛焼きおにぎり2個(おかか、肉味噌):550円 【サイドメニュー】• つけもの たまり漬け:レギュラー580円/ハーフ380円• 自家製胡麻豆腐:350円• 豆腐とアボガドの酒粕醤油味噌漬け:450円• 野菜天ぷら盛り:650円• 海老アナゴ野菜天ぷら盛り:1150円• 皮付きフライドポテト:レギュラー650円/ハーフ450円• 炙りベーコンと自家製揚げ豆腐のグリーンサラダ:780円• 海老とアボカドの和風シーザーサラダ:880円• さつま芋とかぼちゃのサラダ:500円• やわらか角煮:650円• 絶品金笛醤油麹の鶏肉の天ぷら:780円 【スイーツ】• 豆乳ぷりん:400円• スイートポテトの醤油ソフトクリーム:550円• クラシックチョコレートケーキ:700円• ダブルチーズケーキ:750円• 金笛ソフトクリーム(バニラ・醤油・ミックス):300円• 牡丹団子:200円 【ドリンク】 コーヒー、紅茶、スイーツ系のソフトドリンクやビールや日本酒なども用意されています。 金笛の日本酒サングリア:750円• リンゴ酢とストロベリーのジンジャーサワー:550円• 甘酒スムージー:650円• 珈琲(ホット/アイス):400円• 紅茶(ホット/アイス):400円• ノンアルコールビール:450円• エビスビール:650円• COEDOビール:650円• 金笛の日本酒サングリア:750円 ツアーや宴会用に、御膳料理が用意されています。 こちらは予約制です。 金笛御膳 羽衣:1500円• 金笛御膳 竹取:2500円• 金笛御膳 福寿:3500円 しょうゆ蔵のレストランメニューを試食! 金笛のおばんざいセット 木桶うどん、2種類のおつゆ(胡麻味噌すったて汁と葱ぶた汁)、日替わりのおばんざい付いたセット。 おばんざいの試食をいただきました。 おばんざいは、醤油酒粕の煮卵、南瓜と薩摩芋のポテサラいぶりがっこ入り、出汁醤油の鯛の昆布締め、大根の肉味噌。 特に南瓜と薩摩芋のポテサラのポテサラが気に入りました!いぶりがっこのカリカリとした食感がいいアクセントになっています。 醤油がしっかりと染みこんだ煮卵もおいしかった・・・! うどんもいただいてきました。 数種類の醤油がテーブルに置かれているので、うどんにかけて、食べ比べてみると楽しいです。 各テーブルには笛木醤油の人気商品、金笛シリーズが置いてあります。 左から、唐辛子しょうゆ、再仕込生醤油、減塩醤油、濃口醤油、パウダー醤油。 しょうゆは売店で販売されていますので、購入することもできますよ。 金笛のソフトクリーム3種類 こちらは、金笛のソフトクリーム。 バニラ、醤油ソフト、バニラ・醤油のミックスソフトの3種類があります。 店員さんからは「ソフトクリームには、ぜひしょうゆをかけて食べてみてください〜!」とのこと。 スイーツにしょうゆ! ソフトクリームにしょうゆ!?と思ったのですが、なんと、スイーツ専用のしょうゆが! スイーツしょうゆを味見してみると、黒蜜とみたらし団子のタレを組み合わせたような味わい。 そのままでも十分おいしいです。 これはお餅にかけても合いそう・・・! クラシックチョコレートケーキにかけてみました。 しょうゆと、チョコレートの甘塩っぱさがクセになります。 ケーキのチョコレートは、べルギー産のクーベルチュールを使用しているとのこと。 なめらかな口溶けで、カカオの風味を十分堪能できます。 チョコ好きにはたまらない一品でした。 金笛しょうゆパークの遊び場 金笛しょうゆパークには、子どもが楽しめる遊び場があります。 子連れで行った際には、ぜひ寄ってみてください。 こちらは何かと思ったら、木桶を使ったフォトスポット!木桶の中に入ることができます。 しょうゆ蔵ならではの面白さがありますね。 ハンモックとツリーテントが設置された「のんびり広場」は、まるで森の中にいるような空間。 こういうの子どもは好きですよね〜。 地面にはウッドチップが敷かれているので、ハンモックからうっかり落ちてしまってもそれほど痛くないはず。 安全にも配慮されています。 「わんぱく広場」にはブランコや平均台、木桶のトンネルがあります。 これは楽しそう・・・!子どもが帰りたがらないかも。

次の

金笛しょうゆパーク

金 笛 しょうゆ パーク

金笛しょうゆパークとは? 金笛しょうゆパークは、川島町に本社を持つ笛木醤油(ふえきしょうゆ)が運営するしょうゆのテーマパークです。 笛木醤油の創業は、江戸時代の1789年(寛政元年)。 川に囲まれた自然豊かな、川島の地でしょうゆ作りを始めたそうです。 笛木醤油公式サイトより 金笛しょうゆパークは、笛木醤油の創業230周年記念事業として「みんながしょうゆで笑顔になれるしょうゆのパーク」として、オープンが決定。 どのようにしょうゆが造られているのか、しょうゆ蔵の工場見学もありますよ。 しょうゆ蔵のレストラン 笛木醤油公式サイトより 気になるのは、金笛しょうゆパークの中身!しょうゆ蔵のレストランでは、自家製うどんを中心にしたメニューを提供されます。 しょうゆソフトクリームもあるようです。 しょうゆ蔵の工場見学 笛木醤油公式サイトより 笛木醤油のしょうゆは、伝統ある醸造方法に基づき、厳選された丸大豆、小麦、天日塩が原材料とのこと。 大きな杉の桶で発酵熟成されたしょうゆ造りの様子を見学できます!生活に身近なしょうゆですから、子どもにも人気の工場見学となりそうです。 限定商品が買える売店 笛木醤油公式サイトより 売店には、しょうゆパークでしか買えない限定の商品や笛木醤油のしょうゆを販売するそうです。 実際にしょうゆを味わいたくなりますね! 金笛しょうゆパークの見学・予約方法は? では、金笛しょうゆパークで、しょうゆの蔵元を見学する際には、どのようにすればいいのか?気になりますよね。 詳しい方法を以下に記載します。 金笛しょうゆパーク見学の受付開始日• 11月16日(土)〜 現在は改装に伴い、オープン前の11月16日(土)以前は、予約することができません。 金笛しょうゆパーク見学の申込み方法 見学希望日の1週間前までに、電話・FAX・メール、または、問合せフォーム()から申込みができます。 申込みの際は、見学希望日時と、参加人数を伝えてください。 また、「じゃらん」サイトからも予約可能です。 () 金笛しょうゆパーク見学の費用は? 見学費用は無料です。 ただし、レストランでの飲食や、売店では費用が発生します。 金笛しょうゆパーク見学の所要時間は? 公式サイトによると、見学にかかる時間は、約60分〜80分とされています。 混雑具合にもよりますので、時間に余裕を持って訪れるのがいいですね。 金笛しょうゆパーク見学の受け入れ人数は? 公式サイトによると、1回の見学での受け入れ人数は10人〜20人です。 土日や連休、夏休み・春休みなど学校の長期休みには、混雑が予想されます。 見学の希望日が決定したら、早めに見学の予約をするのがよさそうですね。 私も、オープンしたら行ってみたいと思います。 詳しい見学の様子は、こちらのサイトでまたレポートしますので、楽しみにしていてください! 金笛しょうゆパークの施設情報 住所 埼玉県比企郡川島町上伊草660 予約 見学希望日の1週間前までに電話・FAX・メール・問合せフォーム申込み 料金 無料 営業時間 9:30〜16:00 休館日 不明 駐車場 20台(大型バス1台) 電話番号 049-297-0041 Webサイト 金笛しょうゆパークへのアクセス• 車の場合:圏央道「川島IC」から約5分• 電車の場合:「川越駅」「本川越駅」から東武バスで約20分 「伊草学校前」下車、徒歩約5分•

次の