レオン/完全版。 レオン〈完全版〉

中毒要注意!!傑作映画「レオン 完全版」は何度観ても新しい!

レオン/完全版

CONTENTS• 映画『レオン 完全版』の作品情報 【公開】 1994年(フランス・アメリカ合作映画) *劇場公開版の年号。 【原作・脚本・監督】 リュック・ベッソン 【キャスト】 ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、ゲイリー・オールドマン、ピーター・アベル、マイケル・バダルコ、エレン・グリーン、サミー・ナセリ、ウィリー・ワン・ブラッド、アダム・ブッシュ、ジェフリー・べイトマン、デニス・べロップ 【作品概要】 友達は「観葉植物」だけ、という愛することを忘れたプロの殺し屋と孤独な少女が心を通わせていく様子を描いた、ニューヨークを舞台にしたアクション・エンターテイメント。 リュック・ベッソン監督自らが22分間の劇場未公開部分を加えたものを「完全版」や「ディレクターズ・カット版」とも呼ばれ、追加された映像は主体性のあるマチルダやレオンの過去などで、マチルダの暗殺の練習も描かれています。 映画『レオン 完全版』のあらすじとネタバレ 殺し屋レオンは彼の世話人トニーから薬物密売人を始末する依頼を受け、超一流の殺し屋として実行します。 その後、レオンは好物であるミルクを買いこんだ後、住んでいるアパートに戻ると、部屋の前の廊下では、隣の部屋に住んでいる少女マチルダがたばこを吸っていました。 レオンが「たばこか?」と聞くと、マチルダは「ばれたら大変。 パパにお仕置きされるわ」と、父親にきちんと育てられているような言葉を発します。 しかし、レオンはマチルダの目の下にあざがあるのを見つけます。 レオンが「どうした?」と聞くと、マチルダは「転んだ」と言います。 明らかに嘘ですが、レオンはそれ以上何も言わず自室へと向かいます。 マチルダの部屋の前では、薬物組織の長であるスタンスフィールド達が「くすねたな、白状しろ」と、「くすねていない」というマチルダの父親に詰め寄っています。 レオンが自室のドアののぞき穴(ドアスコープ)からその外の様子を見ていると、スタンスフィールド達が帰った後、マチルダが父親から頬をたたかれるところを目撃します。 やはり、マチルダの目の下のあざは暴力によるものだったようです。 次の日、買い物の為にアパートを出たマチルダと入れ替わるように、スタンスフィールド達がマチルダ宅へやってきます。 スタンスフィールド達は次々とマチルダ一家を殺していきます。 父親も母親も、そしてマチルダが唯一心を開いていた弟も。 戻ってきたマチルダは、部屋の惨劇を目にするや、咄嗟に無関係を装い、部屋を素通りし、レオンの部屋へと向かいます。 マチルダが家族だとばれてしまっては、殺されてしまいます。 チャイムを鳴らしながらドア越しに「プリーズ…… プリーズ……(助けて)」と、部屋を開けてくれと懇願します。 そして、レオンはやむをえず部屋の中へマチルダを通します。 4歳の弟が殺され悲しみに暮れるマチルダを元気づけるレオン。 レオンが殺し屋だと知ったマチルダは、弟の敵を打つために「私も殺し屋になりたい」とレオンに弟子入りを志願します。 「君は子供だから無理だ。 餞別がわりにこの銃をあげるから出て行ってくれ」と突き放すレオンでしたが、突然、窓から銃を乱射するマチルダの態度に圧倒され、行動を共にすることになります。 ある日、マチルダはスタンスフィールドを見かけます。 スタンスフィールドの後をつけるマチルダ。 スタンスフィールドが入っていったのはは薬物取締局でした。 スタンスフィールドは薬物取締捜査官でありながら、薬物組織を裏で操る黒幕だったのです。 現場の経験を積みながらレオンの指導を受け、自分のテクニックにも自信がついてきたマチルダは、レオンが一人で現場に向かい一人になった隙に、銃を携え一人でスタンスフィールドがいる薬物取締局へ向かうのでした。 薬物取締局内へ入ることに成功したマチルダでしたが、スタンスフィールドに見つかり捕らえられてしまいます。 レオンはすぐにマチルダを麻薬取締局から助け出します。 そしてその日の夜、男女関係になることを求めたマチルダにレオンは過去を打ち明けます。 19歳の頃、愛する女性がいたこと。 しかし、その女性は名家の娘で、女性の父親がレオンの事を嫌い、レオンと会う度怒ったこと。 それでも、二人は会っていたが、それが気にくわない父親が娘の頭を撃って殺してしまったこと。 父親は留置場に入れられたものの、事故扱いですぐに釈放されたこと。 そして、レオンが愛する女性の敵を討つべくその父親を殺したこと。 それ以来二度と恋をしていないこと。 明くる朝、買い物から戻ってきたマチルダが部屋の前でスタンスフィールド率いる狙撃手集団に捕らわれてしまいます。 狙撃手集団はマチルダを使ってレオンをおびき出そうとしますが、異変に気付いたレオンは、次々と狙撃手を始末していきます。 そして、狙撃手集団からマチルダを奪い返します。 しかし、アパートはスタンスフィールド率いる警察組織に包囲されており、いくらレオンとはいえ脱出することはもはや絶望的です。 どうするレオン!? レオンは部屋の換気扇をくり抜くように銃を連射し穴を空けます。 排気口を使って逃げられると判断したのです。 しかし、そこは体の小さいマチルダは通ることができてもレオンが通れるところではありません。 マチルダに一人で逃げるように指示するレオンに対し「一人で行くのはいや」と、マチルダは泣きながらレオンと離れることを拒みます。 そんなマチルダにレオンは言います。 「一人でなら逃げる手段はある。 逃げたら貯めている金を持って二人でこの町を出よう」と。 尚も「気休めなんかよして。 死ぬ気なの?」と食い下がるマチルダにレオンは「君は俺に生きる望みをくれた。 大地に根を張って暮らしたい。 独りにはしないよ。 頼むから行ってくれ。 1時間後にトニーの店で会おう。 大丈夫、行くんだ!」と言います。 その直後、部屋の中に爆弾が投げ込まれます。 狙撃手も多く負傷するほどの爆発となり、火が出てガスが建物中充満している中、レオンは、死んだ狙撃手の服を着て、負傷した狙撃手になりきって逃げることを思いつきます。 「生存者発見!」と、他の狙撃手から介抱されるレオン。 負傷した狙撃手としてばれることなく、建物の中を進み、裏階段を降り、裏通用路へとたどりついたレオン。 目の前からは外の光が差し込んできています。 もうすぐマチルダがいる外へ出ることができる…。 しかし、レオンの背後にはスタンスフィールドが銃を持って仁王立ちしているのでした。 それに気づかず、外へと歩みを進めるレオン。 あと数メートルで外へとたどり着くところでレオンはスタンスフィールドに撃たれて倒れます。 倒れた息も絶え絶えのレオンは、近づいてきたスタンスフィールドに対し、「スタンスフィールドか?」と問うた後、「贈り物だ。 マチルダからの」と言って、スタンスフィールドの手に何かを握らせます。 スタンスフィールドが手の平を開けると、そこには爆弾の栓がありました。 レオンの体には爆弾が巻き付けられており、撃たれた直後にレオン自身が栓を抜いたのです。 スタンスフィールドの「クソ」という言葉の後、その爆弾は爆発します。 レオンがマチルダの代わりに弟の敵を討った瞬間です。 マチルダがトニーの店でどれだけ待ってもレオンは来ません。 レオンが死んだことを受け入れざるを得ないマチルダは、「もう安心よ、レオン」と学校の庭に観葉植物を埋めるのでした。 「大地に根を張って暮らしたい」そう言っていたレオンの願いを叶えるかのように。 映画『レオン 完全版』の感想と評価 本作は人に、大人に絶望した、ベテランのプロの殺し屋と少女が、心を通わせあうことで、未来に希望を見はじめる光景が自然に描かれています。 ミルクが好物だったり、観葉植物に友情を抱いていたり、ヒロイン、マチルダに殺し屋になるに至った経緯を交えて昔愛した女性のことを涙しながら話したりと、根がとても優しく不器用な男は、ジャン・レノにぴったりと言えるのではないでしょうか。 また、親を含めた大人に絶望しながらも、純粋さを失わず、ひたむきに生きていこうとするマチルダを演じた、ナタリー・ポートマンの演技は、後のアカデミー賞女優の片鱗を見せていると言ってよいでしょう。 『レオン 完全版』を見るならHuluがお得! 映画『レオン 完全版』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。 そんな時は動画配信サイト huluが公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。 Huluは映画(邦画・洋画)、海外ドラマ、アニメなど、たくさんご覧いただいても視聴制限はありません。 決められた月額933円 税抜 で、配信中のタイトルは全て何回でも観ることが可能です。 (一部を除く) しかも、なんと!契約して 最初の2週間は無料のお試し期間があります。 この 期間内に解約すれば、1円も払うことなく無料で映像コンテンツが観られるわけです。 Huluのメリットとは 自宅でじっくりHuluを視聴する 動画配信サイトHuluには、ご紹介している『レオン 完全版』のほかにも、 人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。 Huluならインターネットに接続したテレビやパソコン、またゲーム機などでHuluにある動画をお楽しみいただくことができます。 外出先など好きな場所ですぐにHuluを視聴! Huluと契約をしておくだけで、自宅のテレビで視聴していた映画の続きを、一時停止をした場面から外出先でお手持ちのスマートフォンやタブレットを使って視聴することも可能です。 まとめ この作品は 「刺激的すぎる」「不健全」といった声があり劇場用ではカットされた、マチルダがレオンから殺しの訓練をを受けるシーンや、レオンとマチルダが愛の言葉を交すシーンを加えたこの完全版ですが、 いたって自然な仕上がりです。 刺激的すぎることもなく、不健全さも感じられません。 ナタリー・ポートマンがはまりすぎてそう感じたのでしょうか。 それだけ 人の心に深く刻み込まれる映画、それが「レオン完全版」なのです。 Huluは過去の名作から話題の最新作まで、 幅広い映画やドラマの動画が安心して楽しめるサービスです。 さて、『 レオン 完全版』が観られる Huluでは現在2週間無料トライアルを実施中。 無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。 作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね! 韓国映画『レオン完全版』を見るのに、パンドラTV Pandora やデイリーモーション Dailymotion で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では 動画リンクが削除されている場合も多いのです。

次の

映画『レオン 完全版』ネタバレ感想・考察・解説!裏社会での復讐、歳の差恋愛の末に残る報われないラスト

レオン/完全版

『ブラック・スワン』の ナタリー・ポートマンのデビュー作 としても知られ、彼女は『レオン』で主演女優賞を受賞しています。 また、主演 ジャン・レノの代表作 となり、 ゲイリー・オールドマンの渋すぎる悪役っぷり は今でも新たなファンを生み出しているほど! しかし公開されたときの『レオン』は完全版ではありませんでした。 刺激的すぎてカットされた部分が22分間 もあったのです。 『レオン』完全版では、主人公レオンとマチルダの関係性がより濃く描かれているため、オリジナル版とはかなり印象が違います。 完全版の『レオン』は、倫理観が崩壊していますのでちょっと注意が必要。 とはいえ時代を超えて愛されている作品であることも事実です。 観る人によって多種多様な視点が生まれるの が、愛され続けるひとつの理由。 観るたびに、ふたりの愛に大きく心揺さぶられる一作です! 10秒でわかる『レオン』の簡単なあらすじ ざっくりあらすじレノ)。 ある日、となりに住む 少女・マチルダ(ナタリー・ポートマン)の一家が惨殺される事件 が起きた。 殺された弟の仇を取るべくマチルダはレオンに殺し屋の特訓を受ける。 奇妙な生活を続けるなかで深まるレオンとマチルダの交流。 しかし映画『レオン』の魅力は、殺し屋であることやアクションよりも、 レオンとマチルダの心理描写。 初老の殺し屋に淡い恋心を抱くマチルダ、人生で愛を得ることが出来なかったレオン。 このふたりに関しては、 さまざまな考察が生まれています。 本作がハリウッド初作品となったリュック・ベッソン監督の描く繊細な世界観に、人間観察ならぬ 「レオンとマチルダ観察」 で思考力をくすぐってくれる作品です! 完全版『レオン』ネタバレあらすじ ここからは、映画『レオン』のあらすじを詳しく紹介していきます。 完全版の方をネタバレしていますので、ご注意ください。 その腕前は束になったマフィアをものの数分で片してしまうほど。 その日、レオンが仕事を終えアパートに帰ると、 となりに住む少女が踊り場に腰をかけ、タバコを吸っていた。 レオンに気づいた少女はタバコを隠し、「パパにばれたら面倒なことになるの」と言う。 その顔には、殴られたようなアザあった。 レオンがアザについて問うと少女は「自転車で転んだの」とだけ答えた。 そして、「タバコのこと、パパには言わないで」と念を押す。 自宅でのレオンは植物を愛で、ていねいにアイロンをかけ、映画を 楽しむ。 そんな孤独な初老の男だった。 そんなある日、少女が買い物にでかけている間に、彼女の 家族全員が殺されてしまう事件 が起きる。 父親が麻薬密売の組織からドラッグを盗んでいたことが原因だ。 帰宅した少女はレオンを頼ろうと、レオンの部屋をノックした。 面倒にまきこまれたくないと言わんばかりに、のぞき穴から様子を伺っていたレオンだが、泣きながら懇願する少女に根負けし、ドアを明けた。 しかし、 レオンのさりげない優しさに笑顔を見せた。 それはマチルダにとって、人生で初めて触れる「大人からのやさしさ」でもあった。 レオンが殺し屋であることを知っても臆することなく、それどころか「すてき」と言うマチルダ。 弟の復讐を懇願するも、レオンは「女子供は殺らない」と拒否をした。 翌朝、自分が殺し屋になると宣言するマチルダに、レオンは「だれとも組むつもりはない」と突き放す。 しかしマチルダはその場で銃を手に取り、窓の外に向かって乱射して見せた。 このできごとがきっかけで、レオンとマチルダは師弟関係に。 マチルダは年齢を訊かれ、「18才」と自称した。 上手に嘘をつき、機転を利かせることもできるマチルダ。 ニューヨークの街並みがよく見えるビルの屋上、レオンはマチルダに殺しの基本レッスンを開始した。 ターゲットを一発でしとめたマチルダの腕前 にレオンは驚きを隠せない。 字が読めないレオンはマチルダに習い、レオンは殺し屋としてのトレーニングを教えた。 時にふたりは、ふざけあうことさえもあった。 そんな奇妙な暮らしのなかで、ふたりの距離は確実に縮まっていった。 そこに マチルダの家族を殺した張本人・スタンフィールド(ゲイリーオールドマン) が現場検証に現れる。 マチルダは弟を殺された復讐心を胸に、スタンフィールドをおいかけた。 彼が入っていったビル、それは麻薬取締局。 初仕事を終えたレオンとマチルダはシャンパンで祝杯をあげた。 「お祝いにキスして」「あなたを愛してる」と迫るマチルダに、レオンは戸惑いながらも拒絶。 マチルダはレオンにとって立派な相棒へと成長していた。 ある日レオンに子供扱いされ、ひとり残されたマチルダ。 自分が十分な大人であることを示すかのように、 彼女はたったひとりでスタンフィールドを仕留めに向かった。 しかし、スタンフィールドはマチルダの存在に気づき、復讐は失敗。 マチルダはスタンフィールドに拉致されてしまう。 その頃、仕事を終えて帰宅したレオン。 マチルダが残した置手紙によって、彼女がひとり復讐に向かったことに気づき、マチルダのもとへと走った。 ぎりぎりのタイミングで、レオンはスタンフィールドの部下2名を殺し、マチルダを救出。 その夜、マチルダはレオンにもらったドレスを身に付け、 「良い初体験をしたい。 相手になって欲しい」 と迫る。 「出来ない」と断るレオン。 そこで彼は、自身の体験をふりかえった。 アメリカに来る前、愛する女性がいたレオン。 身分の違いによって彼女の両親は猛反対。 そして彼女は実の父親に銃殺されてしまう。 レオンは復讐のため、父親をライフルで殺した。 その夜、レオンとマチルダは同じベッドで眠りについた。 何十人という束で突撃してきた特殊部隊の警官たちを、レオンは次々に殺害。 しかし多勢に無勢、レオンのダメージも大きくなっていく。 レオンはアパートに穴を開け、マチルダを逃がした。 しかしその瞬間、スタンフィールドに撃たれてしまう。 死を悟ったレオンは、手榴弾のピンを抜いた。 「スタンフィールド、あんたに贈りものだ。 マチルダからの……。 」そう言ってレオンはスタンフィールドにピンを渡し、スタンフィールドを道連れに最期を迎えた。 レオンの死後、マチルダは学校へ戻った。 そしてその庭に、レオンの形見となった植物を植えたのだった。 レオン・モンタナ/ジャン・レノ 出典: 本作『レオン』が代表作となったジャン・レノ。 2018年に70才を迎えましたが、いまも精力的に活躍している大物俳優です。 出演作のなかでも特に話題となったのは『ミッション・インポッシブル』や『GODZILLA』など。 2001年には『WASABI』で広末涼子さんとも共演しています。 また、最近では2018年に公開された『グレート・アドベンチャー』でアンディ・ラウと共演したことが話題になりました。 そして何より、いまでは『レオン』よりも 「トヨタ自動車のCMで演じたドラえもん」 のイメージが強いかもしれませんね!コメディ好きというジャン・レノですが、本作のなかでもチャーミングな表情を多く見せてくれています。 当時のオーディションには2000人以上がいたらしいですが、『レオン』を観れば彼女がマチルダ役を勝ち取ったことに納得ですよね。 レオンを熱っぽく見つめたかと思えば、13才らしいおどけた表情も見せるマチルダ。 目線の使い方がすばらしく繊細で、大人顔負けの存在感を放っています。 日本でも大きな話題を呼んだ 映画『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。 プライベートではハーバード大学を卒業するほど優秀で、短期間ではありますが日本への留学経験もあるそうですよ! ノーマン・スタンフィールド/ゲイリー・オールドマン 天才俳優と呼ばれ、あのブラッド・ピッドやジョニー・デップもファンを公言する ゲイリー・オールドマン。 本作でのスタンフィールド役も、多くの『レオン』ファンにとって欠かせない存在です。 悪役を演じる俳優は多く存在しますが、あそこまで渋さと狂気を併せ持った魅力は、ゲイリー・オールドマンにしか出せなかったのではないでしょうか。 ナイスミドルで悪役が得意という印象が強い俳優ですが、じつは 演劇の博士号を持つ 一面も!演技に対する真摯な姿勢が、 ハリウッドでも一目置かれる存在 の理由かもしれませんね。 『レオン』通常版と完全版の3つの違い 1994年に公開された通常版の『レオン』は、 完全版から22分間のシーンがカットされて上映 となりました。 しかし一般公開前の試写会では、完全版『レオン』が発表されていたのです。 これは 主人公マチルダの年齢が12才 であることから、倫理的な問題があると判断された ため。 そして一般公開にあたってカットされたのは、3つのシーンでした。 とはいえ完全版で見ると、緊張感あるこのシーンは、映画にとって重要なスパイスということが分かります。 12才のマチルダが飲酒することはもちろんNG。 といっても、作中でマチルダは18才と自称しているので、問題なさそうな気もしますよね。 ちなみにマチルダ、かなりの量を飲んで酔っぱらいます。 12才の少女と初老男性の恋をダイレクトにあらわしたシーン です。 このシーンは、レオンが殺し屋へとなったことにつながる過去のできごとが語られる重要なポイントでもあります。 マチルダからレオンへの気持ちは映画でも比較的ダイレクトに描かれています。 「あたし、あなたに恋しているみたい」というセリフだけではなく、演じたナタリー・ポートマンが醸し出す色気からも読み取れること。 では、レオンは?おそらく、ひと言では表すことの出来ない感情を持っていたのではないでしょうか。 しかし実際に映画『レオン』で、その点についての答えが明確に描写されることはありませんでした。 ふたりがそれぞれ享受したかった愛情の種類は違いますが、孤独という共通点を持って惹かれあいます。 ロリータコンプレックスの正当化? ここまでは『レオン』をファンタジーとして、 倫理観を持った上で鑑賞した場合の考察 を書いてきました。 しかし監督であるリュック・ベッソンの過去を知ると、じつはもっと単純で、 極めて個人的な感情をぶつけただけの映画ではないのか? とも思えます。 というのも、リュック・ベッソン監督は32才のときに15才の女優と肉体関係を結んだと言われています。 そのうえ2018年には、9人の女性から性的な問題で訴えられているのです。 マチルダを演じ圧倒的な支持を得たナタリー・ポートマンでさえ、「不適切な映画、子供にどう見せたらいいのか分からない」と言及。 そう考えると、 監督が自身の行為や思想を正当化 するために、あえて美しさを際立たせた映画を作ったような印象が生まれます。 とは言え、多くの人が『レオン』を観て嫌悪感以上に魅力を感じているのも事実。 これは監督の手腕と俳優陣の演技力に尽きることでしょう。 常識を蹴り飛ばすような映画を描こうとし、常識に救われるとはなんだか少し皮肉な感じもしますね。 まとめ 世界中に多くのファンを作った『レオン』。 愛とは何か孤独とは何か……、レオンとマチルダの短くも愛に溢れた奇妙な生活。

次の

swpregional.cccco.edu: レオン 完全版 (字幕版): ジャン・レノ, ゲイリー・オールドマン, ナタリー・ポートマン, ダニー・アイエロ: generic

レオン/完全版

解説 リュック・ベッソン監督作品「レオン」に、22分の未公開映像を加えた完全版。 舞台はニューヨーク。 家族を殺され、隣室に住む殺し屋レオンのもとに転がり込んだ12才の少女マチルダは、家族を殺した相手への復讐を決心する。 少女マチルダを演じるのは、オーディションで選ばれ、本作が映画初出演となったナタリー・ポートマン。 また、寡黙な凄腕の殺し屋レオンをベッソン作品おなじみのジャン・レノが演じている。 1994年製作/136分/PG12/フランス・アメリカ合作 原題:Leon The Professional: Uncut International Version 配給:日本ヘラルド映画 スタッフ・キャスト 久しぶりの鑑賞。 もう何度目かわからない。 何度観ても飽きないし、定期的に観たくなる。 今まで観た映画の中でNO. クールな殺し屋なのに、少しお茶目なところもなるレオン、かなり背伸びしているマチルダ、2人ともなんて愛おしいんだ😊そしてスタンスフィールドのクズっぷり。 バイオレンス、純愛、哀愁、、、もうたまらない👍 ただトニーはレオンのお金、使いこんでるのか、マチルダに少しずつでも渡してくれるのかがいつも気になってしまう。 ナタリーポートマンの出演映画はついつい観てしまうし、観るたびレオンを思い出す。 ゲイリーオールドマンを観てもあのクズっぷりを思い出す。 ジャンレノももちろんだけど、ドラえもんになった時には驚いた💦きっとしばらくしたらまた観るんだろうな😄.

次の