立憲 民主党 比例 順位。 比例代表 立憲民主党

政見放送(比例代表)日程のご案内

立憲 民主党 比例 順位

当選 順位 氏名 年齢 党派 重複 前元新 惜敗率• 1 75 前• 2 37 前• 3 70 前• 4 55 前• 4 45 前• 4 45 前• 4 55 前• 4 73 前• 4 38 前• 4 57 前• 4 70 前• 4 69 前• 4 49 前• 4 44 前 74. 4 59 前 93. 4 69 前 88. 4 71 前• 4 70 前• 4 48 前• 4 48 前• 4 60 前• 4 42 前• 4 57 前• 4 52 前• 4 70 前• 4 59 前• 4 72 前• 4 44 前 89. 4 52 前 69. 4 59 前 69. 4 63 前• 32 68 元• 33 62 新• 34 63 新• 35 55 新 当選 順位 氏名 年齢 党派 重複 前元新 惜敗率• 1 74 元• 2 41 新 36. 2 47 元 92. 2 42 元 78. 2 39 新 52. 2 44 前 86. 2 44 元 91. 2 48 新 52. 2 52 前• 2 53 新• 2 69 新 58. 2 54 新 42. 2 54 元 82. 2 57 前 78. 2 59 前 96. 2 41 新 60. 2 51 新 28. 2 38 新 44. 2 59 前 88. 20 56 新• 21 54 新.

次の

比例代表 立憲民主党

立憲 民主党 比例 順位

党名 [ ] 合流協議の始まった2018年4月当初、民進、希望両党の議員から新党の名称に「」を推す声が根強く存在したが 、すでに公式略称を「民主党」で届出ている立憲民主党側が不快感を示したことや、また立憲民主党の略称と重複する件について総務省が難色を示したため断念した。 4月23日に両党が開いた会合では、「国民党」、「国民民主党」、「改進党」、「共和党」 、「中道民主党」、「民生党」 、「未来民主党」、「日本民主党」、「平和民主党」、「経済民主党」 、「立憲自由党」 などの案が出たほか、希望の党の若手議員らが党名として「新党ゼロ」を提案しプロモーションビデオを製作するなどした。 翌24日には両党幹部による新党協議会で党名を「国民民主党」とすることが決定した。 英語名は、当初は National Democratic Party(略称:NDP)が検討されたが、党内から「(略称:NSDAP)を連想させる」「右派政党と誤解される」との批判が出たため、Democratic Party For the People(略称:DPFP)に落ち着いた。 略称 [ ] 結党時の略称は 国民党(こくみんとう) で、上でもこちらを用いる こととしていたが、2019年のでは 民主党を略称とした。 これに伴い党規約からも略称部分が削除された。 報道時には国民党のほか 、 国民 または 国民民主が使用される。 またでは単独会派時代のの略称を 民主としていた。 党史 [ ] 前史 [ ] が、7月に行われたで自ら率いた地域政党・が圧勝したことを受け、衆議院の解散総選挙へ向けての流れに乗り、同年9月に国政政党 「希望の党」を結成した。 この希望の党には、当時のを離党・となった、ら系議員が結党に参加しており、彼らを中心に9名の国会議員が集まり政党としてスタートを切った。 衆議院解散を前に、当時の民進党代表であったは小池代表との会談により、民進党の希望の党への合流が取り沙汰され 、解散当日の9月28日、民進党は党としてへの公認候補を擁立せず、希望の党へ公認を申請、事実上希望の党へ合流することを前原が提案し、了承された。 しかし、その後小池が党の政策と一致しない候補を排除する趣旨の発言を行った ことから、一部の民進党議員が反発。 党代表代行は系議員の新たな受け皿として「」を結成 し、元党代表、前首相のように無所属で選挙戦を戦う事を選択する候補も出て、民進党内の分裂に至った。 同年10月22日に行われたでは、党代表である小池が「都政に専念する」ことを理由に同選挙へ立候補しなかったことや、小池自身の言動の影響 もあってか、公認候補235名のうち小選挙区で18議席、比例代表で32議席の50議席の獲得に留まり、野党第一党は54議席を獲得した立憲民主党となった。 選挙の結果を受けて、小池に対する責任論が噴出し 、その後行われたでが党の共同代表に選出された が、小池は程なくして共同代表から退き、党代表は玉木に一本化された。 一方、参議院議員が残留した民進党では、党所属議員が希望の党公認として選挙戦で戦い惨敗したことや党分裂を招いた責任を取り、前原が党代表を辞任 (その後、希望の党へ入党)。 その後行われた党代表選挙ではが無投票で後任の党代表に選出された。 党代表がそれぞれ交代したことで、2017年末に民進党側が立憲民主党・希望の党との統一会派結成を求めたが、衆院選からの一連の経緯で希望の党に不快感を持つとされる立憲側の拒否 や民進党内からも異論が噴出し、元党代表など一部議員の立憲民主党への移籍を招くこととなった。 一方、希望の党側は統一会派結成に前向きな構えを見せたが、安全保障や憲法に関する見解の違いから参議院議員団代表ら保守系議員の反発を招き、希望の党側も分裂を招きかねない状況で燻り続け 、翌2018年に入ると統一会派結成を見送る状況となった。 その後、同年3月に民進党・希望の党の両党が合流したうえで新党を結成する構想が表面化 し、4月に入ると新党結成への両党の協議が本格化、同月26日に民進党・大塚代表と希望の党・玉木代表が合流による新党 「国民民主党」結成の合意書に署名した。 これを受けて、希望の党側は玉木代表ら新党参加組と松沢ら保守系メンバーの分党を決定。 松沢ら5名は別の新党を結成して「希望の党」の名称を引き継ぐこととなった。 一方で、両党の一部議員から「立憲民主党を軸とする野党再編を目指す」立場から、2党のみでの性急な新党結成に対する反発が強く、新党結成発表に前後して特に民進党側からはら複数の参議院議員や、民進党籍を持つの大半が新党への不参加を表明し民進党を離党、一部議員は立憲民主党へ入党した。 希望の党側も分党した松沢ら5名のほか、細野、長島ら結党メンバーの多くは新党に参加せず、立憲民主党との連携を重視するらも不参加となった。 新党結成の手続きとしては、まず「希望の党」を解党し、玉木ら新党合流組が「 国民党」、松沢らが(新)「 」をそれぞれ結党する形で分党し、このうち玉木らの「国民党」が結党間もなく民進党に合流の上、民進党側が「国民民主党」へ党名を変更する方式を取ることとなった。 従って、国民民主党は(いわゆる「(旧)民主党」)、、と同一政党の流れを汲むこととなる(ただし、の元は、形式上同一政党でない旧の流れを汲んでいると主張している。 結党 [ ] 、党設立大会を東京都のホテルで開催。 また、民進党代表の、希望の党代表のが共同で代表に就任することが承認された。 代表任期は9月末までで、9月に代表選挙を実施する予定。 幹事長に希望の党幹事長のが就くなどの役員人事も決定。 民進党、希望の党との相違点としての設置が決まり、総務会長はが務める。 同日、衆参各院事務局に会派変更も届け出た。 衆議院では民進党系会派が「」、希望の党の会派が「希望の党・」であったが、「 国民民主党・無所属クラブ」に変更。 参議院では、民進党会派だった「民進党・」から「 国民民主党・新緑風会」に改称した。 さらに同日、民進党は 国民民主党への党名変更を総務大臣に届け出た。 は自党の立場を 「自民党に代わる国民政党だ」と述べている。 大塚耕平・玉木雄一郎共同代表時代 [ ] 、結党後の最初の世論調査 JNN で支持率が0. 選挙を経験していない政党だから、本当の意味での信任を得ていないと思う」と述べた。 、玉木共同代表が党会合で、国民民主党を中心とした政権交代を、をめどに実現したいとの目標を発表した。 「5年ほどのスパンで地道に力を付け、政権を担える固まりをつくる」と述べ、同時に「これからの日本を見据えた堂々たる政策集団として、党を育てたい」と強調した。 「 対決より解決」を掲げており、政府与党に徹底抗戦の姿勢のと路線対立があるとに報じられた。 、が告示され、共同代表と衆議院議員の2名が立候補を届け出た。 同日、衆議院議員が「党が掲げる対決より解決路線によって野党の分断がますます加速した」と野党共闘に対する党のスタンスに異議を唱え届を提出したが、党執行部は「告示、立候補受付開始の直前に行われた行為は党の名誉、信頼を傷つけ、党の結束を乱す背信行為」として離党届を受理せず、柚木を除籍()処分とした。 同党から除籍(離党)した国会議員は結党以来初となった。 、中央省庁のについて、同党が雇用義務に反して1人も障害者を雇用しておらず、ハローワークへの報告も怠っていたことが、発覚した。 代表の玉木は、それまで安倍政権の隠蔽体質の現れであり、障害者に対する裏切り行為であると批判していた。 、が、投開票され、玉木共同代表が津村衆院議員を204-74で下し、代表続投が決定。 玉木雄一郎代表時代 [ ] 新執行部の発足 [ ] 、新執行部の人事が発表され、焦点となっていた幹事長人事では、玉木新代表の側近である古川元久前幹事長の続投を見送り、平野博文元官房長官を新しい幹事長に起用。 古川は代表代行として処遇し、代表選で玉木と争い敗戦した津村啓介元内閣府政務官を副代表に抜擢。 には、参院議員会長選挙が告示。 現職の党代表代行の他に立候補の届け出がなく無投票で再選が決まった。 に衆議院議員が、同19日には参議院議員が離党届を提出。 党は同22日に長浜の会派退会を承認したことから参議院でも野党第2会派に転落した。 なお、両名は11月21日付で除籍処分とした。 同日、の「」党首と国際情勢に纏わる意見交換が行われた。 明けてになると、1月15日に衆議院議員が離党届を提出(同月23日付で受理 )、立憲民主党会派「立憲民主党・無所属フォーラム」への入会を届け出ており 、さらにから13人中9人が立憲民主党会派に入会したことで、立憲民主党との勢力差が広がりつつある状況となった。 自由党の合併、統一地方選 [ ] 同月22日夕方、玉木代表との小沢一郎共同代表が東京都内のホテルで会談し、両党の合流へ向けての方針に合意したことが伝えられた。 これを受けて、翌23日に行われた総務会では合流に向けての具体的な交渉を玉木に一任した。 同月24日、玉木、小沢両代表の会談で衆参両院での統一会派結成に向けて、合意した。 一時は参院での第一会派に躍り出るも、同日24日に立憲側がとの統一会派結成に合意。 さらに、同日には参議院議員が国民民主党に離党届を、立憲民主党に入党届をそれぞれ提出した。 2月25日に、参議院議員が会派入りし28人となり、一時的に参院第一会派に返り咲く が、3月6日に藤田を除籍し、翌7日に会派の移動を届け出たため再び野党第2会派となった。 4月のでは、前半戦においては立憲民主党が改選前を約3割上回る議席を獲得したのに対し、国民民主党は伸び悩んだ。 玉木は4月10日に記者会見を行い、国民民主党の党籍を持つ無所属候補も含めると道府県議選では177人の立候補者に対し135人が当選したと明らかにし、「当選率は2015年の民主党よりも高い比率となった。 厳しい中で、なんとか踏ん張ったのかなという気がする」とコメントした一方、立憲、国民両党の合計議席が前回の旧民主党の獲得議席を下回っていることから、「旧民主(系の勢力)で足して減っていることが本質的問題だ」と指摘した。 4月26日未明に両院議員総会を開き、採決の結果、賛成多数で自由党との合併を了承した。 なお、この採決では・・・の4名の衆参両院議員が合併に反対した。 自由党が解党し、国民民主党に合流する形をとり、党名や政策は国民民主党のものを継承する。 同日、合併手続きを行い、を除く6人の自由党衆参両院議員は国民民主党に入党し、自由党はに解散を届け出た。 5月11日、自由党との合流に反対していた階が党岩手県連の会合で離党する意向を表明。 同党岩手県連代表の前衆議院議員と県連副幹事長の高橋但馬県議も離党を表明した。 その後も離党の動きは続き、同20日には大野が離党の意向を表明。 26日までに岩手県連では階ら3名に加え、新たに5名の地方議員が離党届を提出し、同日受理された。 29日には党総務会で階の離党届が受理され、また、国対委員長代行も離党を検討していることが明らかとなった。 大野、山井はその後離党届を提出。 大野の届け出は6月25日に受理された が、山井は参院選後の7月24日に除籍処分となった。 第25回参議院議員通常選挙 [ ] 7月21日に投開票が行われたでは、公認候補の当選者は改選8議席を2議席下回る6議席の獲得となった。 玉木は同月24日に行われた党総務会で、から無所属で出馬し当選したの入党を了承したと発表し、国民民主党の党籍を持ちながら無所属で出馬、当選した、()と合わせると現有議席を維持できたとの認識を示した。 同選挙では自公両党にを加えた議席数がに必要な国会発議要件を満たす3分の2を割りこみ、国民民主党が憲法改正のを握る形となった。 また、参院側では幹事長代行らが「参院で野党第1会派を取りにいく」として、日本維新の会との統一会派を主張した が、次期衆院選に向け立憲民主党との共闘を目指したい衆院側が自重を求める事態となった。 8月2日に行われた両院議員懇談会では参院選での立憲民主党への強い不満が示されたほか、衆院議員は「いずれ政権を取るという思いで、と連立政権を組んで政権運営のノウハウを勉強させてもらうべきだ」と述べ、野党共闘路線からの脱却を求めたが、玉木は「立民も含めた政権をつくっていきたい。 大きな固まりを作るという方針は変わっていない」と述べ、立憲民主党に対し統一会派結成や次期衆院選に向けた「共同選挙対策本部」の設置を提案する考えを示した。 また、この頃水面下では憲法改正に向けた多数派工作として、安倍政権幹部が玉木に対し、複数のルートで自民、公明両党に国民を加えた「 大連立政権」の樹立を打診していた。 この(かつての的な)において、国民側は政権内での埋没を恐れ、野党として活動する方針を決めたことが、立憲との統一会派結成(後述)後の10月にらにより明かされている。 旧民進系勢力の統一会派結成 [ ] 一方、従来は旧民進党勢力の再結集に否定的な立場を取っていた立憲民主党も、参院選では比例の得票が2017年の衆院選から300万票以上減らすなど伸び悩んだことから方針転換し 、8月5日には国民民主党や旧民進系の衆院会派「」などに対し、立憲民主党のエネルギー政策や選択的制度などの法案に協力することを条件に衆議院での立憲会派への加入を呼びかけた。 これに対し国民民主党は対等な立場での結集を重視し、衆参両院での統一会派結成を要求するなどし、同月20日には立憲・国民両党首間で「それぞれが異なる政党であることを踏まえ、それぞれの立場に配慮しあうことを確認する」などとした上で衆参両院での会派合流に合意した。 両党首間での合意後も、会派名や人事、政策などを巡り、「立憲会派に国民が加わる」との認識の立憲側と、対等な合流を主張する国民側で調整が難航した が、9月19日に立憲・国民両党及び「社会保障を立て直す国民会議」の代表間で統一会派結成を合意した。 衆院117人、参院61人が参加し、衆院では発足以降最大規模の野党会派となる見通しとなった。 会派名は立憲が国民や社保に譲歩する形で衆院は「立憲民主・国民・・」、参院が「立憲・国民.・社民」となり、衆院は現憲法下の以降では最長の会派名となった。 一方、会派人事を巡っては衆参両院で立憲が国会対策委員長のポストを確保するなど、立憲主導の陣容となった。 9月30日、衆参両院の事務局に新会派の結成が届け出られた。 新会派には立憲・国民両勢力と社保のほか、社民党 や、・階猛両衆議院議員も加わり、衆院120人、参院61人の勢力となった。 一方で、同日には参議院議員が統一会派結成に不満があるとして国民民主党に離党届を提出した。 立憲民主党との合流構想 [ ] 10月30日には、小沢一郎が立憲民主党の枝野と会談し、将来的な党の合流について意見交換を行った。 この会談は枝野から呼び掛けたとされる。 さらに、国民佐賀県連が11月24日に「年内合流」を党本部に求める決議を採択すると、立憲民主党幹事長のは「立憲民主党を評価し、『一緒にやりたい』と言われたことはありがたい」と述べ、合流への期待感をにじませた。 立憲が水面下で合流への働きかけを強めるのに合わせ、早期の衆院解散を警戒する国民の衆院議員の間では合流に積極的な意見が渦巻くようになり、12月3日の党会合では中堅・若手議員17名が立憲民主党との早期合流に向けた交渉入りを玉木に要請した。 一方で参院選でのしこりが残る国民参院側は合流に慎重な議員が多く、玉木は「丁寧な話し合いを積み重ねたい」と述べるにとどめた。 12月6日の野党党首懇談会で立憲民主党の枝野は国民民主党、社民党と野田佳彦ら無所属議員に対し、「立憲民主党と共に行動してほしい。 政権を担いうる政党を築き、次期衆院選で政権交代を現実のものにしたい」と述べ、事実上の合流を呼び掛けた。 これに対し玉木らは提案を持ち帰り、党内などで検討する考えを示した。 国民・立憲両党の幹事長は12月19日から27日までの間7回にわたり合流協議を行い、「衆参両院一体で党合流を目指す」「立憲にない代表選規定を合流後速やかに策定する」「衆院選比例代表での名簿登載順位を(いずれの党出身者も)同一順位とする」とした方針で合意し、党首会談で党名や人事を含めて最終合意を目指すこととなった。 玉木・枝野両党首は1月7日から10日にかけて、非公式、公式含め10時間以上会談し詰めの協議を続けたが、立憲民主党の党名を維持したまま人事や政策含めた吸収合併を想定する立憲側と、対等合併を主張する国民側で議論は平行線となり、合意に至らなかった。 これを受け国民の津村副代表や小沢一郎に近い議員らで構成される合流推進派議員21名は15日の両院議員懇談会で「合流協議推進」を議題に両院議員総会を開くよう要求 し、枝野は翌16日に国民が両院議員総会で合流方針を決めない場合は協議を打ち切る可能性に言及した。 20日に両院議員総会が開かれ、津村が「立民と合流について基本合意を行う」ことなどを求める決議案を提出したが、賛成19、反対28、棄権6で反対多数となり、対等な合流を目指す玉木の交渉方針が信任された。 翌21日に平野・福山両幹事長が会談し、平野は引き続き合流協議に応じるよう要請したが、福山はこれ以上の譲歩は難しいとの考えを示し、協議は当面見送られることになった。 また、22日には津村が、両院議員総会の際に決議案の提出に先立ち自身のツイッターに決議案を掲載した事が問題視されたことを受け、「議事を混乱させた」などとして進退伺いを提出。 29日の総務会で受理され、副代表の職を解かれた。 1月30日の参議院本会議での令和元年度補正予算の採択の際、とが党の方針に造反して賛成票を投じた。 28日の衆議院本会議での採決でも羽田と同じ長野県内選出の、が党の方針に反して棄権している。 いずれの議員もの被災地の選出議員であり、予算案に災害からの復旧・復興費が含まれていることを理由に造反した。 、党は増子を役職停止、羽田を厳重注意とする処分を決定し、これを受け増子は幹事長代行を辞任した。 立憲などとの統一会派を巡っては、参議院では会派結成から合同議員総会すら開くことができないなど信頼醸成が進んでおらず、2月下旬から参議院での統一会派解消論が持ち上がった。 3月9日の立憲民主党の役員会で参院国民幹部と会派解消を協議していることが報告され、会派解消の動きが公に報じられるようになった。 3月25日の国民民主党の参議院議員による会合では大塚参議院議員会長が「いったん会派を解消することも念頭に両党の参議院幹部が信頼の醸成に向けて対等に協議する場を設けることを立憲民主党側と検討している」と報告し、立憲民主党側との調整を引き続き大塚に一任することが確認された。 政策 [ ] 現実的な安全保障の立場と日米同盟重視からアジア重視へのシフトを標榜する外交・防衛政策、革新的イノベーションによる経済成長の実現、地域主権改革、政府の再配分機能の充実を訴える。 理念として「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党」を綱領に掲げるが、『』によればの分裂時に党内リベラル派がに移ったため、同党はの色合いが濃い。 玉木代表はの最大の弱点として消費が盛り上がらないことを挙げ 、の公約で子育て支援の拡充と家賃負担の軽減を柱とする「家計第一」を訴えた。 2020年度定期党大会では、大企業・大都市優先で社会分断・格差を拡大している安倍政権の経済政策から家計・地域優先の「家計第一」の経済政策へ舵を切り、家計・教育・科学技術を中心とした新しい経済発展モデルを示すと説いた。 改革中道政党 [ ] 前述の通り「改革中道政党」を綱領に謳っている。 中道について大塚代表(当時)は、自分の考え方や価値観だけで物事を裁かず異なる意見も認め、熟議を尽くし結論を見い出す議論の方法論であり、民主主義そのものと言っても過言ではないとした。 そして、様々な課題を現実的に改革・解決していくうえで、民主主義的な手法を徹底して守り前進していく姿勢と精神を「改革中道政党」という言葉で表現したという。 なお、東京新聞 ・AbemaTIMES ・日本経済新聞 は「中道改革政党」と報道した。 綱領 [ ] 綱領に以下の内容を掲げた。 基本理念• 私たちは、「」「」「未来への責任」を基本理念とします。 「公正・公平・透明なルールのもと、多様な価値観や生き方、が尊重される自由な社会」「誰もが排除されることなく、互いに認めあえる共生社会」「未来を生きる次世代への責任を果たす社会」を理想とします。 この理念の下、からまでを包摂する国民が主役の改革中道政党を創ります。 私たちは、を守り、現在と未来の課題を着実に解決し、国民全世代の生活を向上させます。 国を守り、の平和と繁栄に貢献します。 私たちの立場• 私たちは、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立ちます。 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様な価値観や生き方を認め合いながら、共に生きていく国を育んでいきます。 私たちのめざすもの• 私たちは、「人への投資」を重視し、公正なによって理不尽なをなくし、持続可能な経済を確立します。 私たちは、やを克服し、安心の社会保障を実現します。 私たちは、子どもと若者、孤立して生きざるを得ない人々、、障がいのある人々、非正規雇用で働く人々等、声の届きにくい人々に寄り添います。 私たちは、改革を進め、豊かさが実感できる、自立した活力ある地方にします。 私たちは、政官財のしがらみをなくし、政治と行財政の改革を誠実に実行します。 私たちは、と・・を断固として守り、国民と共に未来志向の憲法を構想します。 私たちは、を堅持し、現実的な安全保障を築きます。 私たちは、開かれた国益と広範な人間の安全保障、恒久平和とをめざします。 組織 [ ] 地方組織 [ ] 政党助成法上では民進党が党名変更する形で設立されているため、同党の地方組織を引き継いでいる。 旧希望の党で事実上唯一の地方組織であった希望の党愛知県連は、2018年5月12日に国民民主党に合流する方針を決めた。 一方で新党への移行を巡り、無所属での活動や立憲民主党への入党を希望する地方議員の離党が相次ぎ 、一部の県では旧民進党系地方議員の受け皿として「」()、「三重新政の会」()、「千葉民主連合」()などの地方政治団体が設立された。 大塚共同代表は7月5日の記者会見で、旧民進党の地方議員約1500人のうち、約半数にあたる約800人が国民民主党に参加したと発表した。 党員・サポーター [ ] ・(的な)制度は民進党のものをほぼそのまま引き継いでいる が、党員の党費は民進党時代の6,000円から4,000円へと値下げされた。 2018年7月31日時点での党員・サポーター数は7万6596人であり、旧民進党時代の23万6131人から3分の1の数となった事が報じられた。 党員は18歳以上のに限定されている。 サポーターは18歳以上であれば在留外国人も登録可能であるが、を有しないサポーターはへの投票権は付与されない。 においては、二重党籍を禁じる項目は存在しない。 青年・女性の政治参加促進 [ ] かつて1992年5月結党され1994年12月解散した率いるは自民党・日本社会党によるもたれ合いのやの打破、持ち合わせていない普通の青年に選挙に出馬し政治を志すシステムの構築にの議員候補を公募で選んだり、女性の政治参加を促すために(党役員構成のうち、女性枠が20パーセントを下回らないという制度)を導入したり、を開設するなど、既成政党には無い斬新なシステムを取り入れた運営でもあった。 政治スクール初代事務局長のが2019年5月入党で、このポリシーを継承している。 役職 [ ] 歴代代表一覧 [ ] 「」も参照 役員一覧 役職 氏名 衆参別 出身政党 希望の党 代表代行 民進党 衆議院 希望の党 副代表 衆議院 希望の党 衆議院 希望の党 参議院 民進党 衆議院 民進党 幹事長代理 衆議院 希望の党 参議院 民進党 参議院 民進党 参議院 民進党 衆議院 民進党 国会対策委員長代行 衆議院 希望の党 選挙対策委員長 衆議院 希望の党 総合選対本部長相談役 衆議院 自由党 組織委員長 参議院 民進党 衆議院 希望の党 政務調査会長代行 衆議院 希望の党 男女共同参画推進本部長 参議院 民進党 政治改革推進本部長 古川元久 衆議院 希望の党 行政改革推進本部長 大島敦 衆議院 希望の党 常任監査 参議院 民進党 会計監査 衆議院 希望の党 役員室長 衆議院 希望の党 大塚耕平 参議院 民進党 参議院幹事長 榛葉賀津也 民進党 参議院国会対策委員長 無所属 参議院政審会長 徳永エリ 民進党 備考 希望の党(国民党)出身者は一部を除きに際して、当時の民進党代表の方針に従って民進党から希望の党に移籍したメンバーである。 原口、平野およびの3名は民進党籍を有しながら同選挙では「無所属」として候補・当選し、民進党系会派「」に所属していた。 舟山は会派「国民民主党・」所属の無所属議員である。 地方議員:306人• 都道府県議会:103人• 市区町村議会:203人 派閥 [ ] (旧グループ)、(前原グループ)と(旧細野グループ が存在し、前者の2グループは民進党・旧希望の党の流れを汲み、後者の旧高木グループは民進党の流れを汲んでいる。 民社協会は時代から結束を誇り出身議員や系労組出身議員が中心である(政治団体関係者も在籍している)。 前原グループはや出身者が中心であり、旧細野グループは人脈的にやの流れをくむ議員が多く在籍。 また(野田グループ)とが立憲民主党との超党派グループとして活動している。 野田グループは新進党や日本新党などの出身議員を中心とし、直諫の会はや出身の議員が中心である。 「」も参照 支援団体 [ ] 労働組合 [ ] 旧民進党を支援してきた(連合)傘下の労働組合のうち、や、、など、を容認する旧同盟系のは改憲に前向きな国民民主党を支持している。 市民連合 [ ] のを前にが分裂しへの合流を進める中、民進党、、、と連携していた(以降、市民連合)は、「を容認する希望の党と共闘することはない」と共闘を否定。 希望の党から分党した「国民党」が民進党とともに国民民主党を結党した3日後に発表した表明「『あたりまえの政治』を求めて」の中でも、に加え、2017年の民進党の希望の党合流の経緯に対して改めて批判的に言及するとともに、「これからも立憲民主党、日本共産党、社会民主党、自由党とさらに意見交換や政策協議を重ねるとともに(後略)」 と、共闘対象の筆頭には立憲民主党の名を挙げる一方で、国民民主党については連携政党から除外していた。 2018年9月13日、国民民主党は、市民連合の新宿街頭演説会に参加し、「国民民主党の幹事長は、安倍政権が解釈改憲を行いの限定行使を可能にしたことを取り上げ、「私はこの点は絶対に許すわけにはいかない。 憲法とは国民の皆さんの守り神。 宝だ」と強く訴えた。 」 9月24日、党本部で開かれた新執行部発足後初となる全国幹事会で執行部側は、幅広い野党の結集を目指す考えとしてに向けたとの選挙協力について市民連合を仲介役とする方針を示した。 11月16日、野党5党1会派と市民連合との意見交換会に平野が出席し、「安倍政権を倒すだけが共通認識ではなく、倒せば次の日本がこう変わるというわくわく感を出さないといけない」として、市民連合との連携をつくるために必要な考えを示した。 2019年2月14日の意見交換会も同様に出席した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 新「」(代表:)の分党による暫定的な新党。 民進党がこれをする形をとる。 「国民党」は合流までの「中継ぎ」としてわずか1日で消滅するが 、そのまま国民民主党の略称として使用される。 2019年4月26日に合流。 正確には「希望の党」を解党した上で、民進党と合流するメンバーが暫定的に「国民党」を結成し、その後に国民党が民進党に合流した。 例えば、に際し、、両党が支持したの当選を伝える新聞記事では、対立候補の池田千賀子について「、 国民、、、推薦」と表記するもの と、「立憲民主、 国民民主、共産、自由、社民推薦」と表記するもの があった。 その他の記事の題名または文中でも、 国民と表記した例 、 国民民主と表記した例 が確認される。 出典 [ ]• 2019年2月22日閲覧。 JCASTニュース 2018年5月8日18:12配信• 東京新聞. 2018年4月25日. の2018年4月25日時点におけるアーカイブ。 2019年4月27日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年4月26日閲覧。 国民民主党公式サイト. 2018年5月7日 2019年2月22日閲覧。 2018年8月1日 2018年8月31日閲覧。 2018年05月07日 2018年8月31日閲覧。 2018年5月9日 2018年8月31日閲覧。 国民民主党公式サイト. 2019年2月14日 2019年2月18日閲覧。 2018年5月18日閲覧。 産経新聞. 2018年4月16日. 2018年10月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月20日. 2018年10月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月24日. 2018年10月9日閲覧。 産経新聞. 2018年4月24日. 2018年10月9日閲覧。 時事通信. 2018年4月23日. 2018年10月9日閲覧。 テレビ朝日. 2018年4月23日. 2018年10月9日閲覧。 朝日新聞. 2018年4月24日. 2018年10月9日閲覧。 日本経済新聞. 2018年4月24日. 2018年10月9日閲覧。 時事ドットコム 2019年04月17日22時32分配信• 毎日新聞 2019年4月29日 15時5分配信• 2018年5月15日10:58配信• 東洋経済オンライン. 2018年5月8日, 6:00配信. の2018年5月8日時点におけるアーカイブ。 2019年4月27日閲覧。 2018年6月13日5:00配信• 2018年6月11日22:38配信• 2018年6月10日22:41配信• 2018年6月8日11:48配信• 2018年6月10日20:52配信• 2018年6月15日0:16配信• 2018年6月14日18:26配信• 2018年5月11日閲覧。 - 日本経済新聞 2017年9月27日• - 毎日新聞 2017年9月30日• - 日本経済新聞 2017年10月2日• - 産経新聞 2017年10月13日• - 産経新聞 2017年10月25日• - 産経ニュース 2017年11月10日• - 時事通信 2017年11月14日• - ハフポスト 2017年10月27日• - 日本経済新聞 2017年12月26日• - 東洋経済オンライン 2017年12月27日• - 産経ニュース 2018年1月11日• - 産経ニュース 2018年2月7日• - 産経ニュース 2018年1月11日• - 讀賣新聞 2018年3月5日• 時事通信. 2018年4月26日. 2018年4月26日閲覧。 - 産経ニュース 2018年5月7日• - 産経ニュース 2018年5月7日• - 佐賀新聞ニュース 2018年5月8日• - ニフティニュース 2019年4月4日• 毎日新聞. 2018年5月7日. 毎日新聞. 2018年5月7日. - 2018年5月14日 ()• - 日本経済新聞 2018年5月27日• - 産経新聞 2018年7月26日• ANNNEWS(テレビ朝日) 2018年7月18日• 讀賣新聞 2018年8月22日• - 国民民主党 2018年8月21日• - 産経ニュース 2018年8月22日• 産経新聞 2018年9月2日• 日テレNEWS24 2018年9月4日• 産経新聞 2018年9月11日• 産経新聞 2018年10月9日 2018年10月13日閲覧。 朝日新聞 2018年10月11日• 産経新聞 2018年10月22日. 2018年10月22日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2018年11月21日. 2018年11月21日閲覧。 2018年10月15日• - 時事ドットコム 2019年1月15日• 産経新聞. 2019年1月15日. 2019年1月15日閲覧。 - 朝日新聞デジタル 2019年1月22日• - 時事ドットコム 2019年1月24日• 朝日新聞 2019年1月25日• 茨城新聞社. 2019年1月25日. 2019年1月25日閲覧。 日本経済新聞• 読売新聞. 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 産経新聞 2019年4月8日. 2019年4月18日閲覧。 朝日新聞 2019年4月10日. 2019年4月18日閲覧。 国民民主党. 2019年4月18日閲覧。 日本経済新聞 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 毎日新聞 2019年4月26日. 2019年4月27日閲覧。 朝日新聞 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 共同通信 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 時事通信. 2019年5月11日. 2019年5月11日閲覧。 日テレNEWS 2019年5月11日. 2019年5月11日閲覧。 産経新聞. 2019年5月20日. 2019年5月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月27日. 2019年5月29日閲覧。 NNNニュース. 2019年5月27日. 2019年5月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 産経新聞. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年6月19日. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月26日. 2019年6月27日閲覧。 毎日新聞. 2019年7月24日. 2019年7月30日閲覧。 毎日新聞. 2019年7月24日. 2019年7月26日閲覧。 産経新聞. 2019年7月22日. 2019年7月30日閲覧。 時事ドットコム. 2019年7月29日. 2019年7月30日閲覧。 日本経済新聞. 2019年7月27日. 2019年7月30日閲覧。 産経新聞. 2019年8月2日. 2019年8月3日閲覧。 時事ドットコム. 2019年8月3日. 2019年8月3日閲覧。 産経新聞. 2019年10月9日. 2019年10月26日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月25日. 2019年10月26日閲覧。 時事ドットコム. 2019年8月6日. 2019年8月22日閲覧。 時事ドットコム. 2019年8月20日. 2019年8月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年8月20日. 2019年8月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月6日. 2019年9月21日閲覧。 朝日新聞. 2019年9月19日. 2019年9月21日閲覧。 朝日新聞. 2019年9月20日. 2019年9月21日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月20日. 2019年9月21日閲覧。 日本経済新聞. 2019年9月19日. 2019年9月21日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月27日. 2019年10月1日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月30日. 2019年10月1日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月30日. 2019年10月1日閲覧。 毎日新聞. 2019年11月26日. 2019年12月9日閲覧。 毎日新聞. 2019年11月27日. 2019年12月9日閲覧。 産経新聞. 2019年12月3日. 2019年12月9日閲覧。 毎日新聞. 2019年12月3日. 2019年12月9日閲覧。 毎日新聞. 2019年12月6日. 2019年12月9日閲覧。 産経新聞. 2019年12月6日. 2019年12月9日閲覧。 毎日新聞. 2019年12月27日. 2020年1月21日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月10日. 2020年1月21日閲覧。 朝日新聞. 2020年1月10日. 2020年1月21日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月15日. 2020年1月21日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月16日. 2020年1月21日閲覧。 産経新聞. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 国民民主党. 2020年2月2日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月22日. 2020年3月28日閲覧。 日本経済新聞 2020年1月30日 2020年1月30日閲覧。 毎日新聞 2020年1月30日• 産経新聞 2020年2月5日• 毎日新聞. 2020年3月27日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2020年3月27日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2019年7月3日. 2020年2月29日閲覧。 日テレNEWS24 日本テレビ放送網. 2019年6月13日. 2020年2月29日閲覧。 神戸新聞NEXT 神戸新聞社. 2019年6月13日. 2020年2月29日閲覧。 プレスリリース , 国民民主党, 2020年2月22日 , 2020年2月29日閲覧。 2018年5月7日 2018年8月31日閲覧。 産経新聞 2018年4月26日. 2018年7月7日閲覧。 毎日新聞 2018年5月13日. 2018年7月7日閲覧。 河北新報 2018年7月14日. 2018年7月16日閲覧。 産経新聞 2018年6月30日. 2018年7月16日閲覧。 毎日新聞 2018年5月8日. 2018年7月7日閲覧。 産経新聞 2018年6月11日. 2018年7月7日閲覧。 毎日新聞 2018年7月6日. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 国民民主党, 2018年5月7日 , 2018年8月31日閲覧。 プレスリリース , 民進党, 2016年3月27日 , 2016年3月27日閲覧。 国民民主党(dpfp)公式WEBサイト 2018年9月11日. 2018年9月12日閲覧。 「連合『憲法』新たな火種 ゼンセン 改憲推進見解で」. 2018年9月23日付朝刊、13版、4面。 2017年9月30日 2018年9月26日閲覧。 2018年5月11日 2018年9月26日閲覧。 国民民主党. 2019年10月23日閲覧。 「国民、共産との協力 『市民連合』仲介役に」. 2018年9月25日付朝刊、13版、4面。 国民民主党. 2019年10月23日閲覧。 国民民主党. 2019年10月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 DPFPnews -• dpfp2018 -• - チャンネル•

次の

比例代表 立憲民主党

立憲 民主党 比例 順位

地域 [ ] のみ。 ・も含まれる。 選出議員 [ ] による議席割り当て順に表示。 第48回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 98. 若狭勝の立候補(当選)に伴う失職のため、田畑毅が(2016年10月19日)。 第46回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 84. 17議席目は、本来であれば自由民主党に議席が割り当てられるはずであったが、すでに名簿登載者30名全員の当選が確定しており、次順位の社会民主党に1議席が割り当てられた。 なお社会民主党は、名簿登載順位1位のが重複立候補していた東京9区で供託金没収点未満のため当選資格を失い、名簿登載順位2位で比例単独候補の保坂展人が当選。 日本共産党は、名簿登載順位1位のが重複立候補していた東京22区で供託金没収点未満のため当選資格を失い、名簿登載順位2位で比例単独候補の笠井亮が当選。 第43回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 98. この選挙より定数2名削減。 第41回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 - 前 2 1 1 なし - 新 3 1 2 なし - 新 4 1 1 なし - 前 5 自由民主党 2 2 なし - 前 6 新進党 2 2 なし - 前 7 民主党 2 3 91. 社会民主党の当選者である保坂展人は、小選挙区において供託金没収点未満の得票数であるが、当時は供託金没収点未満の小選挙区重複候補に対する比例での当選制限がなかったため、議席を得ている。 山花貞夫の死去により、が繰り上げ当選(1999年7月)。 注1:注1:-は立候補しなかった場合(政党等が存在しない場合も含む)、0は立候補したが当選者がいなかった場合をさす。 注2:第44回は上記の通り、本来であれば自民党8、社民党0であるが、自民党の比例名簿者全員当選のため、社民党に1議席割り振られた。

次の