披露宴曲。 披露宴の定番!「ケーキ入刀」で使う曲の選び方・おすすめ曲は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

【シーン別】結婚式で流したいBGMリスト(披露宴編)

披露宴曲

結婚式や披露宴での演出のひとつにシーン別の大事なBGM選びがあります。 新郎新婦入場、乾杯、生い立ちムービーなどシーン別にBGMが異なればゲストが受ける印象は変わるものです。 好きな曲、思い出の曲をBGMとして流すのもありですが、「音楽に疎い」「自分の音楽センスが変わっている」などあれば、ぜひ曲選びのポイントを学んでみてください。 新郎新婦の入場、乾杯、花嫁の手紙などのシーン別、演出ごとにふさわしいBGMを選ぶとより感動が増すことでしょう。 BGMの選び方は新郎新婦がそのシーンに対する考え方によっても変わってきます。 結婚式・披露宴BGMを選ぶポイント 結婚式や披露宴の雰囲気を盛り上げるためのBGMの役割は重要です。 曲が異なるだけで、人が感じる印象が違うわけですから。 では、質問です! どんな結婚式・披露宴にしたいですか?• カジュアルな結婚式• しっとりした結婚式• ナチュラルな結婚式• ポップで明るい結婚式• ラグジュアリーな大人結婚式 ただ単に好きな曲をBGMとして使いたい! 人によっては、それが好みでしたい披露宴なのであれば好きな曲を片っ端から流すのもいいと思います。 しかし、先に「どんな結婚式・披露宴にしたいか?」を決めることでBGMを選曲するとかなり統一感のある結婚式・披露宴になります。 新郎新婦が「どのような結婚式・披露宴にしたいか」という意向に添って曲目選びをすることが大切です。 シーン別でBGMを選択する BGM選びに迷ってしまうということであれば、披露宴の流れのシーン別にBGMを考えてみてはどうでしょうか? 迎賓シーンのBGMの選び方 披露宴会場に入場するゲストを迎えるBGMです。 当たり障りのなりBGMを選曲しましょう。 ホテルのロビーに流れているようなクラシックな曲を選択すると喜ばれます。 結婚式会場によってはこのシーンのBGMは会場で流されている曲になることも多いです。 入場シーンのBGMの選び方 入場シーンは、結婚式を楽しみにしていたゲストが1番注目するシーンでもあります。 ここで、インパクトのある曲を流すことをおすすめします。 曲の始まりから20~30秒ほどにサビがくる曲がおすすめで、もしサビがこなければ編集しましょう。 乾杯シーンのBGMの選び方 乾杯は開宴の合図です。 ここは、「結婚式が始まります」という印象を与えらえる曲を選びましょう。 職場の上司などによる乾杯の発声とともに、元気で明るい曲調のBGMが披露宴会場に響きわたるような曲が理想です。 ケーキ入刀シーンのBGMの選び方 披露宴に参列しているゲストがカメラのシャッターチャンスを狙っているシーンです。 ここでも盛り上がる元気のあるポップな曲や新郎新婦の思い出の曲などから選ぶといいでしょう。 歓談シーンのBGMの選び方 ゲスト同士の会話や食事の邪魔にならないようなしっとりと落ち着いた曲調のBGMが好ましいです。 披露宴の前半でバタバタとしてしまった時間を1度ゆっくりしてもらうために、カフェやレストランで流れるような曲を選曲してみましょう。 お色直し中座シーンのBGMの選び方 中座の退場シーンは、新郎新婦がどのように退場するかによっても選曲するBGMは異なります。 新郎・新婦が家族と退場するのであれば、家族との思い出曲を、友人と退場するのであれば友人との思い出曲を流すのがいいでしょう。 お色直し入場シーンのBGMの選び方 披露宴も後半に入りますよの合図として、最初に入場したときとは異なるBGMで演出しましょう。 お色直しを和装に着替えられて入場する場合は、琴や尺八などでアレンジされた曲はもちろん、ヴァイオリンなど弦楽器を使った曲を流しても素敵な演出です。 テーブルラウンドシーンのBGMの選び方 お色直し後にゲストのテーブルを回りながらのシーンも演出する種類によってもBGMは異なります。 ゲストと写真撮影、キャンドルサービス、水やりラウンド、コットンキャンディラウンド、タイムカプセルラウンドなど演出方法は多岐に渡ります。 基本的には盛り上がるワクワクする曲調がおすすめですが、キャンドルサービスのような光の演出をする際は、ロマンチックでキラキラするイメージの曲がおすすめです。 両親への手紙シーンのBGMの選び方 感動的なシーンとして新婦から「両親への手紙」をプレゼントするシーン。 BGMで涙を誘うというよりは、新婦の手紙を際立てるような曲選びがおすすめです。 あまり歌詞のあるBGMよりは、オルゴールや洋楽の曲を流すのがいいでしょう。 花束贈呈シーンのBGMの選び方 新郎新婦がいよいよ「今までありがとう」「これからよろしくお願いします」となるシーンです。 新郎新婦が伝えたい感謝の気持ちが伝わる曲調を選びましょう。 退場シーンのBGMの選び方 最近の結婚式は、退場シーンとエンディングロール(動画)を流して結婚式を終了するというパターンが増えています。 結婚式を振り返る楽しくテンポのいい曲調にするかゲストのみなさんに「ありがとう」を伝える感動できるBGMにするか2人で話し合いましょう。 送賓シーンのBGMの選び方 披露宴がお開きとなる合図の曲です。 ゲストが帰り支度をしつつ、新郎新婦と最後に挨拶をするシーンです。 ゲストが結婚式の感想などを伝える最後の時間なので、意外と列ができてしまうシーンでもあります。 アップテンポの曲を選んで、できるだけゲストがスムーズに動けるように誘導しましょう。 BGM選びを失敗させてしまう理由 実際に披露宴が始まり、BGMが流れた時に、「アレ?、このシーンにこの曲は選択ミスったな」と感じたくなければ、先輩カップルの反省点から失敗理由を見ていきましょう。 BGMを選んでいる時間的余裕がなかった 結婚式は選ばなければいけないことが多く、結婚式BGM選びが最後になってしまい、時間に余裕がなく 選曲をプランナーさんに任せてしまいました。 解決策としては、結婚式場や披露宴会場が決まったらすぐにもBGMは考えておいた方がいいですね。 結婚式直前になるとBGM選びよりも優先すべきことがたくさんでてきてしまいますからね。 あの曲をBGMとして流せばよかったと後悔 「やっぱりあの曲を入れたかった」と披露宴が終わってから後悔している。 解決策としては、曲は案外忘れてしまいます。 そのため、友人の結婚式で流されていら曲などはチェックをしておくことをオススメします。 BGM選曲で譲り合いができずケンカ勃発 結婚式は選ぶことが多く、何を選ぶにもケンカになってしまった。 特にBGMはお互いの好きな曲が異なったためケンカになりなかなか選曲するのに時間がかかりました。 解決策としては、ふたりのイメージを合わせることです。 先に述べた結婚式・披露宴BGM選びのポイントを読み返してみてください。 結婚式のBGMとしてNG曲 WEDDINGPARKがインターネットで「結婚式のBGMでNG曲はどんなジャンル?」ということを100名の男女に調査した結果、結婚式のBGMとして1番NGなのは 不倫ソングでした。 失恋ソング:18 不倫ソング:60 歌手が離婚した曲:3 新郎新婦が好きなアーティストの曲ばかり:3 ハードロックなど式にはそぐわない曲:10 その他:6 2014年11月26日 WEDDINGPARKインターネット調査結果より 不倫ソングやいけない恋をしているソングとして、有名な曲を挙げておきましょう。 サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「C. 〜秋桜〜」• HY「NAO」• HY「Song for…」• JUJU「この夜をとめてよ」• JUJU「Distance」• 加藤ミリヤ「WHY」• 久保田利伸「Missing」• 宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」 BGM選びに迷った時には、オムニバスやコンピレーションアルバムを利用するのも手ですよ。

次の

披露宴に人気!ジブリのピアノ曲のおすすめを紹介します!

披露宴曲

結婚式や披露宴の雰囲気を盛り上げるBGMは、新郎新婦入場、乾杯、花嫁の手紙など、シーン別、演出ごとにふさわしいBGMがあります。 それぞれのシーンに沿って曲を選ぶポイントをご紹介します。 結婚式や披露宴の雰囲気を盛り上げるBGMの役割は大切です。 新郎新婦の入場、乾杯、花嫁の手紙などのシーン別、演出ごとにふさわしいBGMを選ぶとより感動が増します。 BGMの選び方は新郎新婦がそのシーンに対する考え方によっても変わってきます。 披露宴でのBGMを選ぶポイント 結婚式や披露宴の雰囲気作りに大きな役割を果たすものとしてBGMがあります。 BGMによって「重厚な雰囲気」「カジュアルな雰囲気」、また「しっとりした雰囲気」「明るい雰囲気」など、変わってくるものです。 新郎新婦が「どのような結婚式・披露宴にしたいか」という意向に添って曲目選びをすることが大切です。 BGM選びを成功させるために 結婚式・披露宴のBGMとひと言でいっても、いろいろなジャンルがあって、いざ選ぶとなると迷ってしまいますよね。 どういうポイントに気をつけてBGM選びをすればよいのでしょうか? 【選ぶ時間に余裕を持つ】 結婚式BGM選びで、先輩カップル達の「こうすればよかった!」という反省点として、• 時間に余裕がなく「適当に」決めてしまった• 選曲をプランナーさんに任せてしまった ということがあるようです。 実際のところ、結婚式直前になると曲選びよりも優先すべきことがたくさんあり、BGM選びに余裕がない状況になりがちです。 あとから「やっぱりこの曲を入れたかった」ということにならないように、早めにBGM選びをしておくことをオススメします。 【ふたりのイメージを合わせる】 BGM選びの作業は、ふたりで話し合っていくうちに、結婚式や披露宴を具体的に想像できるイメージトレーニングの効果も期待できるものです。 たとえば、• 入場シーンはこの曲で明るい感じがいいか、しっとり系がいいか• 乾杯シーンではこの曲のサビがいいか、別の曲のほうがいいか など、自分たちのイメージを摺り合わせる作業でもあるからです。 ふたりが推す曲が違うケースでは、お互いが納得できる選曲になるよう、話し合いましょう。 【会場の雰囲気やコンセプトと合わせる】 Chainon-シェノン-であれば、会場が明るく海やビーチが見えてナチュラルな雰囲気なので平井大さんの楽曲や、エド・シーランさんやコルビー・キャレイさんのような洋楽などが人気です。 ふたりの結婚式や披露宴のコンセプトに合わせたセレクションをすることもポイントです。 BGMはふたりらしさが滲 にじ み出る部分でもあります。 結婚式・披露宴をトータルでプロデュースするという視点からもBGMを考えてみてはいかがでしょうか。 BGMを選ぶ際の考え方 結婚式・披露宴のBGM選びには、• 出席ゲストの共感を得られやすい、よく知られた曲を選ぶ• ふたりらしさを演出するために、ふたりの好きなアーティストの曲を選ぶ という視点があります。 このほか、音源を• ピアノ、DJなどの生演奏にする と、演奏曲のジャンルが必ずしもクラシックでなくても、ぐっと重厚感を表現できるでしょう。 しかしながら、結婚式・披露宴はゲストをおもてなしする場であることを忘れてはいけません。 流行曲ならみんなが知っているからいいだろう• ちょっと披露宴向きではないけれど、ふたりが好きな曲ということで許してもらおう• 英語(や外国語)の曲ならば、かっこいいからいいいだろう というような基準での選曲は避けるべきでしょう。 流行曲ならいいだろう、ですとゲスト層によっては安直な印象を与える可能性がありますし、たとえふたりが好きな曲でもハードな曲調はゲストに違和感を与えてしまうでしょう。 また、言葉がわかってしまう日本語のBGMよりも英語など外国曲を選曲する傾向があるものの、知られた名曲の歌詞の内容が実は「別れ」であることも。 そして、こだわりの選曲が「すべて同じ感じの曲」であると、メリハリがなく、聴く側は飽きてしまいます。 そこで、おさえるべきBGM選曲ポイントとしては、• ゲスト層を考慮すること• メリハリのある選曲をすること をした上で• ふたりの好きな曲を加える• BGMの内容は必ずチェック するようにして、• 困った場合には式場側のコンピレーション版を利用する という段階を追いながら選曲していくとよいかもしれませんね。 2.BGMの選び方・考え方 では、それぞれのシーン別にふさわしいBGMの選び方や考え方にはどのようなものがあるのでしょうか? シーン1 迎賓 会場に入場するゲストを迎えるBGMは、さりげない感じの曲調が選ばれることが多いようです。 イメージとしてはロビーで流れているような曲です。 静か過ぎず、クラシックやクラシックをカジュアルにアレンジした曲で、新郎新婦の入場をワクワクしながら待つゲストを盛り上げましょう。 シーン2 入場 入場シーはBGMとしての一番の見せ場になるでしょう。 曲の始まりから20-30秒ほどにサビがくるもの、またサビがくるように編集し、扉が開いた瞬間と曲を合わせて、ボリュームを上げる演出がよく行われています。 曲調は衣装の雰囲気にも合わせられると、より演出が増します。 和装の場合は、和の雰囲気を感じられる曲がマッチします。 琴や尺八などのアレンジ曲はもちろん、ヴァイオリンなど弦楽器で演奏されたアレンジ曲もステキです。 シーン3 乾杯 乾杯は開宴の合図でもあります。 ゲストによる乾杯の発声のあとに、華やかな曲調が会場内に響きわたるようなイメージです。 ボーカル曲ならば、歌い出しに盛り上がりがくるもの、クラシックならばオペラやオーケストラなど、ボリュームがあって重厚な雰囲気が合うでしょう。 「乾杯」をテーマにした曲は、クラシックからポップスまで幅広くあるので、ふたりのテイストに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。 シーン4 ケーキ入刀 披露宴の一番のシャッターチャンスでもあるケーキ入刀シーン。 司会者の「ケーキ入刀です!」の合図の直後にBGMが入るパターンが一般的でしょう。 乾杯シーン同様に、初めから盛り上がる曲でもよいですし、ふたりの好きな曲、ノリのよい曲から自由に選ばれているようです。 シーン5 歓談 出席ゲストが料理に舌鼓を打っている歓談シーン。 ゲスト同士の会話の邪魔をせず、しっとりと落ち着いた曲調がよいでしょう。 料理と会話を楽しんでもらえるように、カフェミュージックやレストランで流れるような曲のイメージで選曲してみましょう。 シーン6 お色直し中座 中座の退場シーンは、どのような演出にするかによっても選曲が変わるでしょう。 新郎新婦ふたりで退場する場合は、ふたりの思い出の曲。 新婦が花嫁と退場する場合は、家族の思い出の曲。 新婦が友人たちと退場する場合は、学生時代の思い出の曲など。 司会者のアナウンスとともにBGMが流れると、より感動的です。 シーン7 お色直し入場 基本的には、初めの入場シーンと同様、扉の開くタイミングにあわせて曲の盛り上がりが来るようにBGM選びをしましょう。 お色直しなので、衣裳の雰囲気が変わることをBGMでアピールしてもよいですね。 シーン8 テーブルラウンド ゲストテーブルを回りながら、写真を撮ったり、飲み物をサーブする演出を予定する場合は、基本的には会話の妨げとならないような曲調がオススメです。 光の演出をする際は、ロマンチックでキラキラするイメージの曲でもよいでしょう。 ただし、この演出では全体的な時間が長くなり、新郎新婦が登場していないテーブルでは、ちょっとダレた雰囲気になりがちです。 テンポのよい曲調のものがよいでしょう。 シーン9 両親への手紙 感動的な演出である「両親への手紙」。 手紙を「読む」ため、歌詞のないBGMを選ぶことが原則でしょう。 おそらく「涙」必須のシーンになるので、しっとりしすぎる曲だと、それにつられて新婦が手紙を読めなくなってしまうかも。 このシーンの選曲は、ふたりでしっかり考えておいたほうがよいでしょう。 もし、ボーカル付きBGMをどうしても選曲したい、という場合には、日本語をさけて洋楽に。 できればインストゥルメンタルがオススメです。 シーン11 花束贈呈 新郎新婦と両家両親の感動的なシーンです。 ふたりが伝えたい「ありがとう」のイメージをよく考えて、曲調を選びましょう。 ボーカル入りでもよいですし、クラシックでもよいですね。 ただし、手紙のシーン同様、「涙」必須のシーンでもあります。 しんみりしすぎないような曲調のほうがよいかもしれません。 シーン11 退場 手紙のシーンと花束贈呈のあと、退場シーンは雰囲気を変えて明るめでいきましょう。 楽しくテンポよく、お開きのシーンに向かう曲調を選びましょう。 シーン12 送賓 披露宴がお開きになり、ゲストたちが帰り支度をしつつ、新郎新婦、両家両親との挨拶に向かうシーンです。 ここでは、ゲストがサクサク帰り支度を済ませられるように、また、新郎新婦と話したいゲストで列が滞って宴会が長引かないように、アップテンポの曲が選ばれているようです。 番外編 余興 BGM全体をシックでオシャレな曲調にまとめても、ゲストの余興はカラオケ、というパターンは珍しくありません。 もしかすると、ふたりのイメージから離れた余興になるかもしれませんが、その際は司会者に機転の利いたアナウンスを入れてもらうなど、対策を練っておいたほうがよいかもしれませんね。 3.まとめ BGMは結婚式・披露宴のイメージをつくる大事な要素のひとつです。 歓談シーンでさりげなく流していたBGMを心に留めるゲストもいます。 気を抜かずにしっかりと選曲しましょう。 最近は、結婚式向けの曲をセレクトしたWebサイトが充実しているようです。 選曲の際に参考になるかもしれません。 なお、選曲の際は「著作権」についても、意識しておいたほうがよさそうです。 詳しいことはChainon-シェノン-のプランナーなどスタッフにたずねてみるとよいでしょう。

次の

【結婚式の準備に】披露宴で使用するのにおすすめな曲をシーン別にご紹介!

披露宴曲

【Still Dreaming】  アレンジでお馴染みのQ;indiviのオリジナル楽曲です。 あらゆる場面で使える万能曲! ピアノからゆっくり静かにはじまり、徐々に盛り上がる感じが入場と当時に会場が湧く空気にピッタリです。 本当に本当に好き!両想いの結婚式にふさわしい歌詞です。 【LOVE】 Nat King Cole  L・O・V・E「愛」をシンプルに語る名曲です。 テンポもいいので明るく登場ができます。 愛を誓う結婚式にピッタリ カッコいい!!ノリの良い曲でキメる! 【Alrigit! ヴァイオリンや琴等の音が和服の優雅さを引き立てます。 中島さん達のオリジナルがなかったので曲が分かりやすい物をのせてます。 【アシタカとサン】久石譲 こちらもジブリ映画「もののけ姫」の音楽です。 ピアノで穏やかにメロディーが奏でられます。 ほのぼのと優しい雰囲気を出すにはピッタリの曲です。 憧れのDisney Princess song ~アリエル~【Part of Your World 】Q;indivi アリエルで知られるリトルマーメードの曲をQ;indiviがアレンジしています。 ~白雪姫~【Someday My Prince Will come】Q;indivi 白雪姫の曲をQ;indiviがアレンジしています。 オルゴールのような綺麗なメロディーが特徴です。 ガラスの靴の着用は難しいかもしれませんが、階段で入場すれば、新婦がシンデレラ!? と思わず連想してしまうシーンを作り上げれます! ~ベル~【Beauty and the Beast】Q;indivi Strring Rin Oikawa 美女と野獣の曲をQ;indiviがアレンジしています。

次の