絢香 あいことば 映画。 絢香 「あいことば」ミュージックビデオ解禁!!

あいことば / 絢香

絢香 あいことば 映画

涙もろい方はハンカチをご用意の上、ご覧ください。 同楽曲は、篠原涼子 主演の 映画『人魚の眠る家』の主題歌になっており、 至極のバラードソングです。 それでは、さっそく見ていきましょう。 動画が終わったあと 関連動画は再生されないようにしています。 動画配信元が広告を設定している場合等は 広告が流れます。 お待たせしました。 それではゆっくりお楽しみください。 絢香「あいことば」歌詞 あいことば 作詞 絢香 作曲 絢香 透明な あいことば 今宵は 旅支度を確かめる 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて離さない 私はあなたと ずっとずっと 未来を見ながら 永遠に愛します たとえ何があっても もう一度 あの声が もう一度 あの笑顔に会いたい どうしてなの 幾千の生きる意味 神様に祈るたび 繋がってく 私はあなたと ずっとずっと 明日の希望を 願い続けます たとえ何があっても 私はあなたと ずっとずっと 未来を見ながら 永遠に愛します たとえ何があっても ずっとずっと きっと希望を ずっとずっと きっと未来を ずっとずっと きっと明日を 透明な あいことば 絢香「あいことば」Twitter等 関連情報 Twitterは、 絢香さんの公式Tweetのものです。 簡単に絢香さんのプロフィールをご紹介します。 生年月日は1987年12月18日で、シンガーソングライターです。 出身は、大阪府守口市出身です。 ツアー日程も発表に🙌🏻 今から楽しみすぎるよーーー!! ちなみに、写真はFC版のジャケ写😆 絢香スタッフ、ファンクラブチームから熱望されて決まったのですが…Room Ayakaの皆さん的に大丈夫だった?😅笑 さすがに笑いすぎじゃないか。 夫は俳優の水嶋ヒロさんですね。 Twitterは、 たくさんのツイートで賑わっていますよ。

次の

絢香「あいことば」歌詞の意味とは?[映画『人魚の眠る家』主題歌]

絢香 あいことば 映画

涙もろい方はハンカチをご用意の上、ご覧ください。 同楽曲は、篠原涼子 主演の 映画『人魚の眠る家』の主題歌になっており、 至極のバラードソングです。 それでは、さっそく見ていきましょう。 動画が終わったあと 関連動画は再生されないようにしています。 動画配信元が広告を設定している場合等は 広告が流れます。 お待たせしました。 それではゆっくりお楽しみください。 絢香「あいことば」歌詞 あいことば 作詞 絢香 作曲 絢香 透明な あいことば 今宵は 旅支度を確かめる 諦めない 一人でも大丈夫 エピローグ 抱き寄せて離さない 私はあなたと ずっとずっと 未来を見ながら 永遠に愛します たとえ何があっても もう一度 あの声が もう一度 あの笑顔に会いたい どうしてなの 幾千の生きる意味 神様に祈るたび 繋がってく 私はあなたと ずっとずっと 明日の希望を 願い続けます たとえ何があっても 私はあなたと ずっとずっと 未来を見ながら 永遠に愛します たとえ何があっても ずっとずっと きっと希望を ずっとずっと きっと未来を ずっとずっと きっと明日を 透明な あいことば 絢香「あいことば」Twitter等 関連情報 Twitterは、 絢香さんの公式Tweetのものです。 簡単に絢香さんのプロフィールをご紹介します。 生年月日は1987年12月18日で、シンガーソングライターです。 出身は、大阪府守口市出身です。 ツアー日程も発表に🙌🏻 今から楽しみすぎるよーーー!! ちなみに、写真はFC版のジャケ写😆 絢香スタッフ、ファンクラブチームから熱望されて決まったのですが…Room Ayakaの皆さん的に大丈夫だった?😅笑 さすがに笑いすぎじゃないか。 夫は俳優の水嶋ヒロさんですね。 Twitterは、 たくさんのツイートで賑わっていますよ。

次の

絢香『あいことば』歌詞考察・残忍な希望を未来を明日を愛し

絢香 あいことば 映画

本映画は稀代のベストセラー作家 東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を「TRICK」シリーズ、『明日の記憶』、『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。 主演の篠原涼子と西島秀俊が、映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマン・ミステリー作品になっている。 主題歌は、映画側の「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香であれば最も美しく表現してくれる」という確信に近い強い想いから絢香へのオファーにより実現したとのこと。 絢香は楽曲制作の過程で「原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していた」と語っている。 また、同楽曲が使用された最新予告映像も公開された。 絢香の楽曲がよりストーリーに深みを持たせており、公開までがさらに待ち遠しくなるような予告映像になっている。 さらに、12月から開催する全27公演の全国ツアーの詳細も発表されたので、併せてチェックしてほしい。 なお今回の発表に寄せて絢香、篠原涼子、堤幸彦監督、新垣弘隆プロデューサーからコメントが届いている。 不思議なことが。 原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが私の中で止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していました。 映画に携わる方々の熱意を感じながら仕上げていくことで、より研ぎ澄ませながら世界観を創り込めた気がします。 曲をお渡ししてしばらくした後に試写を初めて観て、何度も涙しました。 本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています。 「あいことば」は私の作曲家としてのキャリアの中で、特別に誇れる一曲となりました。 物語の結末を優しく見守り、送り出してくれるような「あいことば」。 映画をご覧になる方は本編で泣いて、最後にこの曲でもう一回泣けると思います。 本当にありがたい!感動です。 大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香さんなら最も美しく表現できるという確信がありました。 そして母親でもある絢香さんに今、どうしても歌って欲しいと思いました。 「あいことば」を聴いたとき、ただ涙、涙、涙で完全に言葉を失いました。 主題歌として書き下ろしてくれた絢香さんに深く感謝します。 堤ワールドのラストを飾る絢香さんの歌声をハンカチ持参の上、劇場でご堪能ください。

次の