千尋 お父さん 食べ物。 『千と千尋の神隠し』でお父さんの食べてる物が疑問だったからジブリに手紙を送った。こんなにも丁寧な返信がくるとは思ってもみなかった。感激!

[1]千尋はなぜ豚が両親ではないと見抜けたのか?

千尋 お父さん 食べ物

世界中で大ヒットを飛ばしたジブリ映画『千と千尋の神隠し』。 あのプニプニは「台湾グルメの肉圓(バーワン)」だというのである。 だがしかし! 私・沢井メグは思った。 「あのプニプニは私の知ってる肉圓じゃない」と! 気になって調べたところ、衝撃の事実が判明。 結論からいうと、 プニプニは肉圓ではなかった。 繰り返す、プニプニは肉圓ではない!! 詳細は以下のとおりである。 ・お父さんが食べているのは『肉圓』? そもそも『肉圓(バーワン)』とは何なのか? 肉圓とは、台湾のB級グルメで、サツマイモ粉などで作られた皮の中に、豚肉をメインとした餡(あん)が入っているものだ。 調理方法はいくつかあるが、蒸したものは、葛餅みたいに半透明でプルンプルン。 謎のプニプニっぽいと言えなくもない。 だがしかし! 肉圓の皮にはそれなりに厚みがあり、お箸で持ったところであんなにテロ~ンと伸びたりはしない。 千尋パパみたいに「じゅるッ」とすすって食べるものでもない。 私も年に何度も台湾に行くが、あんな肉圓は見たことない。 念のため、台北出身や台湾通の友人に聞いてみたところ、「(肉圓とは)まったく思わない!」「バーワンってこんなにデローンとならんでしょ」とのことであった。 ……やっぱり怪しい。 ・台湾メディアも疑問視 「謎のプニプニ=肉圓説」が、広く拡散したのは2014年頃だ。 しかし、拡散元となったと思われる日本の記事には根拠が示されていなかった。 その点について、台湾メディア『ET Today』は、このように指摘を入れている。 「九份が日本人観光客に人気なのは、『千と千尋』の舞台だと言われているからだ。 しかし2013年に宮崎監督がインタビューで(九份が舞台であることを)ハッキリと否定している」 「このことから、プニプニが肉圓であるかどうかも、いまだ証明されていないと言えるのだ」 つまり、信憑性が薄いということ。 また、日本の記事では、日本で肉圓が提供されている店が紹介されていたため、「店の宣伝だと疑わない方が難しい」とさえ言っているのだ。 これは手厳しい。 けど……ますます怪しい。 ということで、スタジオジブリの広報に問い合わせてみたぞ! ジブリサイドも、肉圓説がネットで拡散しているのも把握されているそう。 それも踏まえて、とても丁寧な答えが返って来た。 「特定のものではないんですね」 つまり、「特別に肉圓をモデルにしたわけではない」というのだ。 ……違った。 公式の回答は、「謎のプニプニ=肉圓」ではなかったのだ。 では、肉圓説は一体どこから来たのだろう。 また、 宮崎駿監督は台湾に行ったこともないという。 ……そうなのか! 好きな作品なら、「ここが聖地かも!」「これがモデルかも!! 」と想像するのは楽しいもの。 今回の件はそんなワクワクが、一人歩きしてしまった結果だと言えるかもしれない。 参考リンク: 執筆: Photo:Rocketnews24..

次の

「千尋のお父さんが食べていた物は何ですか?」 手紙出したらジブリから返事が来た!: J

千尋 お父さん 食べ物

花蓮に到着 台東から花蓮にやってきました! 着いたのはすでに夜だったのに超賑やか! 花蓮と言えば、昨年震度7の大地震があった場所。 日本でも大々的にニュースになったので、 記憶に新しい方も多いと思います。 実際に行ってみてどうだったかというと、 地震の影響は全く見受けられませんでした。 道も普通に綺麗だし 建物の倒壊も見かけませんでした。 花蓮は観光の街にもかかわらず、 地震を心配して相次ぐキャンセルで 大打撃を受けたんだとか。 花蓮の人々も遊びに来てくれることを 願っているそうです。 行かれる方は安心して遊びに行ってください。 自強夜市 夜のお楽しみと言えば夜市! 花蓮には何個か夜市があるのですが、 今回は自強夜市に行ってきました。 自強夜市は街の一角が塀で区切られていて、 ちょっとしたテーマパークのようになっていました。 中の道も広いしかなり綺麗です。 観光客向けの夜市という感じがしました。 嬉しいよ!嬉しいんだけど!もどかしい!笑 — 2016年11月月26日午前3時28分PST 切る前はこんな感じです。 バーワンとは片栗粉や上新粉を合わせて作った皮で、 豚肉・筍・葱などで作った餡を包み、 油で揚げるか蒸して、 タレとパクチーをかけたものです。 めちゃくちゃ美味しい タレはお店によって違うのでしょうが、 このお店は甘めの醤油ベースのタレに チリソースをかけた甘辛い感じ。 皮もプルップル、モッチモチで 触感がかなりいいです! 日本には無い味ですが、私は大好きでした! また食べたい! 前にも書きましたが大事なことなのでもう1度。 パクチー苦手な方は 『 プーヤウ シャンツァイ(不要香菜) =パクチー要りません』をお忘れなく! 鶏排(チーパイ) 続いてはチーパイ! 夜市の食べ物の中で1番好きです。 チーパイは鶏の胸肉を広げて揚げた、 フライドチキンなのですが 特筆すべきはその大きさ とにかくでかい 顔より大きいなんてザラにあります! 日本の唐揚げやとり天、 ケンタのフライドチキンなどとは 全然違った味わいで 日本ではこの味を食べたことがありません。 肉がとてもジューシーで、衣はパリパリ、 お好みでスパイスをかけていただきます。 肉も甘めの味付けがされていて、 口に入れると溢れる肉汁と合わさって 食べる手が止まりません! 臭豆腐(シュウドウフ) 台湾で『臭っ?!』って思ったなら、 それは99. 数百メートル先でも漂ってくる 強烈な匂い。 正直、納豆の臭さなんて比にならないです。 思わず顔をしかめてしまうような、 例えを書くのも気が引けるほどの 強烈な臭いを放っています。 しかし、台湾も3回目。 これは経験として1度食べておかなければ という変な使命感にかられオーダーしたのでした。 (今思えば本当に変だったと思う) 見た目はまんま厚揚げ!普通に美味しそう。 臭いけど。 タレもかかって、揚げ出し豆腐みたい! 臭いけど。 なんで頼んだんだ自分・・・と 若干後悔しつつ、 いざ実食!! ん? あれ? 意外といける! 口に入れると臭さが変わるというか、 臭いと味が一致しません。 外は香ばしくてカリカリで、 中の豆腐からは溢れるダシ。 食感は寧ろ好きです。 しかし飲み込んだ後・・・臭っ!! 誰かに会う予定があったら 絶対食べれないやつです。 ニンニクなんて可愛いものです。 でも、臭いの割には 食べられる食べ物でした。 食べたこと無い方は話のネタに トライしてみるのもいいかも。 もう1度食べたいかと聞かれると もういいかな かき氷 臭豆腐を食べて口の中がえらいことに なっていたので、お口直し。 なにやら珍しいカキ氷やさんを見つけたので オーダーしてみました。 ショーケースに並ぶのは色とりどりの・・・棒? 棒の中心にはフルーツのアイス、 周りはミルクアイスで囲っていました。 ブログ更新の励みです! いつも本当にありがとうございます 自強夜市の場所・営業時間・駐車場などの情報 名称:自強夜市 住所:970花蓮縣花蓮市.

次の

『千と千尋の神隠し』お父さんが豚になったあげく元に戻った理由

千尋 お父さん 食べ物

冒頭、登場するヒロイン、10歳の少女千尋は、それまでずっと宮崎駿監督のアニメを特徴づけてきた『風の谷のナウシカ』のナウシカ、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリスのような、きりっと引き締まった爽やかな美少女ではない。 むろんこれは宮崎監督の、きわめて意図的な造形だ。 当時、監督が観客へ送った公式メッセージにはこうある。 「千尋のヒョロヒョロの手足や、簡単には面白がりませんよゥというブチャムクレの表情」と。 そして千尋が、そうしたいつも不機嫌そうなわがまま娘なのは「かこわれ、守られ、遠ざけられて、生きることがうすぼんやりにしか感じられない日常の中で、子供達はひよわな自我を肥大化させるしかない」結果なのだ。 「かこわれ、守られ、遠ざけられて、生きることがうすぼんやりにしか感じられない」のは、すなわち豊かさの帰結である。 高度成長完成後、バブル以降、生まれ育った世代の宿命だといってよい。 ようするに、この『千と千尋の神隠し』で、宮崎駿監督は、「同時代」を清算するためのガチンコ勝負を試みようとしている。 むろん宮崎監督は、70年代、「ルパン三世」のTVシリーズを製作していた頃から、常に同時代と四つに組んできた。 しかし、アニメで描かれる物語の時空が、『千と千尋の神隠し』ほどはっきりと、上映されている今の日本だと示された例があっただろうか? 『未来少年コナン』や『風の谷のナウシカ』は、遠い未来を舞台としたSFだ。 『魔女の宅急便』は、ヨーロッパと思しきどこかの国の、さほど現在とかわらない時代としかわからない。 『ルパン三世 カリオストロの城』は、公開時の70年代末でも、80年代でもかまわないだろう(新聞記事などから、60年代とする解釈もあるようだが、60年代にカップラーメンはない)。 『となりのトトロ』は、昭和30年くらいの日本の農村が舞台。 『紅の豚』は第一次大戦後のイタリアで、『ハウルの動く城』はもうすこし以前の南欧のどこか。 『耳をすませば』(監督は近藤喜文)は、公開時の90年代半ばでもいいが、70、80年代でも、21世紀でもおかしくはない。 しかし『千と千尋の神隠し』は、違う。 物語の大部分が、現世とはいちおう無関係な異世界で進行するにもかかわらず、その時代は、バブルが崩壊したものの、豊かさはいまだ消えていない現代の日本でなくてはならない。 一家3人が異世界へ迷いこみ、奇妙な建物が散在する野原へ到った時、千尋の父が吐く「テーマパークの残骸だよ。 90年頃にあっちこっちでたくさん計画されてさ、バブルがはじけて皆つぶれちゃったんだ」という、宮崎アニメには珍しい時事的なセリフもある。 宮崎駿は、本人の自覚の有無と関わりなく、この作品で同時代を描いてみせた。 そして、その同時代が、バブルとその崩壊という転形期であった以上、その作品は、「経済」のドラマとならざるを得なかった。 ・・・ (残り:約5800文字/本文:約7004文字).

次の