退職代行 利用してみた。 退職代行とは何をしてくれる?利用前に知りたいメリット&デメリット

退職代行を利用する時に退職届はどうするの?書類作成まで任せられる業者を紹介!

退職代行 利用してみた

昨今、退職代行サービスを提供する業者は増え、価格の安さや24時間対応・即日退職可能をアピールする業者も少なく無い。 だがその中には、退職の意思や対応の希望などを依頼人に代わって伝え、退職手続きを依頼するといった業務しか行えない業者がある。 大きなトラブルを抱えているわけでもなく、未払いの賃金や残業代などがなければそのような業者で事足りるかもしれないが、セクハラやパワハラまた先に述べたようなお金の問題が絡んでいる場合、会社との揉め事にも対応してくれるのが弁護士が代行業務を行う業者である。 退職代行サービスNEXTもそのような業者の一つ。 実際の評判・評価・口コミ、利用者の感想や体験談を紹介する。 【怪しい?詐欺ではない?】退職代行サービスのNEXTとは? 退職代行サービスのNEXTの提供内容と運営元となる企業情報を掲載する。 「頼れる相談役」を目指し依頼者と同目線に立った対応を掲げており、事前予約しておけば時間外でも対応してくれる良心的な法人である。 退職代行業務を行うのは法律のプロである弁護士であるため、適法適正な退職に導いてくれると期待できる。 退職したいがどうしたら良いかわからない• 上司が怖くて退職を言い出せない• ブラック企業で働いている• 退職を伝えたがうやむやにされた• 残業が多すぎて体力的にも限界 代行サービスを利用して退職するのは気が進まないと言う人もいるかもしれないが、退職の意思を伝えても怒鳴られたり、強引な引き止めや脅迫まがいの対応を受けた場合は退職代行サービスを利用するメリットがある。 明らかに悪質な対応にあっている場合、一般的な退職代行業者よりも弁護士が代行業務を行う業者の方ができることも多い。 相談は無料でLINEやメールでの受付もあるため気軽に連絡できる。 今抱えている問題を整理しておく(パワハラ、セクハラ等のトラブルや給与・残業の未払いなど)• 私物の持ち帰りや会社からの貸与品の返却• 希望の対応について決めておく 退職代行サービスNEXTは、弁護士が代行業務を行うため、様々なトラブルにも別途対応が可能である。 既にトラブルを抱えているのであれば、記録に残しておいたり、リストアップしておき、相談する際に依頼漏れが無いようにしておこう。 また、有給消化や退職日の希望なども決めておくと望み通りの退職がしやすい。 私物の持ち帰りや会社からの貸与品についても、後々面倒なことにならないように整理しておくことをおすすめするが、退職代行サービスNEXTは私物の引き取りや貸与品の返却に関する連絡も代行してくれる。 退職できない場合は全額返金。 退職代行サービスのNEXTの対象エリア・地域 退職代行サービスのNEXTも他の退職代行事業者同様に、電話やLINEやメール連絡を主として、退職志願者や企業へ連絡を行うため、全国対応となる。 退職代行サービスのNEXTのメリットとデメリット 【特徴や強み】退職代行サービスのNEXTのメリットとおすすめな理由 1. 弁護士が代行業務を行うので対応可能範囲が広い 一般の代行業者では、依頼者の退職の意思や希望を会社に伝えることはできるが、会社側から拒絶されたり依頼者にとってマイナスな事態が起こった場合の対処は難しい場合がほとんどであるのに対し、退職代行サービスNEXTは弁護士が直接代行業務を行うので、会社との揉め事にも法律のプロとして対応してもらえる。 LINEなら24時間、またメールや電話で無料相談ができる 弁護士へ何かを相談しようと思えば、電話で事前予約を取り実際に出向き対面で話さなければならない場合が多いが、退職代行サービスNEXTなら気軽に無料で相談できる。 対面で話をする必要はなく、契約もメールやLINEで行える。 退職できなければ全額返金 もし退職できなかった場合には全額返金される。 相談も無料な上に着手金も掛からないので安心して利用できそうだ。 【注意点】退職代行サービスのNEXTのデメリット 弁護士を雇うという意味では破格の安さではあるが、有休消化・給料の未払い・退職金の支払い・未払い残業代の計算および請求・慰謝料等の権利の請求などは別途対応となるため、実際に掛かる費用が高額になる可能性がある。 また、多くの退職代行サービス業者で即日退職が可能なのに対し、LINEも時間外に関しては受付のみであるため最短で対応してもらったとしても数日掛かる可能性が高い。 退職代行サービスのNEXTは、弁護士がやってくれて、社宅住まいでも使えて、なおかつ後払いOKというのは最高すぎる。 退職代行サービスのNEXTを利用する上で事前に知っておくべきこと 退職代行サービスのNEXTに限らず、退職代行を利用する上で予め認識しておいた方が良い事であったり、懸念されるリスクや注意点が存在する。 そこで退職代行に関して、よくいただく質問や不透明な事項について、見解を記した記事を以下でまとめているので事前にチェックすることを推奨する。 これらをお読みいただき、不明点を解消・払拭した上で退職代行への依頼をご検討いただきたい。 退職代行を利用することへの不安• こんなケースでも退職代行は使える??• どこに依頼する?退職代行業者の選び方• 退職代行サービス業者、退職代行サービスのNEXTのまとめ・結論 弁護士が代行業務を行う業者の中でも、着手金が無く価格設定もリーズナブルな退職代行サービスのNEXT。 一度も出向くことなく契約から退職完了まで対応してくれる。 トラブルを抱えていたり、揉め事が起こりそうで不安な人は、初めから弁護士が代行業務を行う退職代行サービスのNEXTをおすすめしたい。 別途費用が掛かる可能性があるが、万が一裁判になった場合でも対応してもらえて安心だ。 しかし、裁判は費用や時間が掛かるため、多くの場合は和解に終わるという。 退職代行サービスのNEXTは、会社に与えた損害に応じて最大限の交渉をしてくれる。

次の

【損害賠償?】退職代行を利用する前に知っておきたいリスクを解説|退職王

退職代行 利用してみた

最近よく耳にしたり、広告を見るようになった方も多いであろう「退職代行サービス」。 今の仕事を辞めたいけれど言い出しにくい、辞めたい理由を直接会社に言えない…そんな人たちの代わりに、会社に退職の意思を伝えたり、会社との交渉を行ってくれるサービスです。 そんな退職代行サービスはここ数年で利用者が増加し、市場も拡大傾向にあります。 その背景には現代社会における「ブラック企業」と呼ばれる存在や、「パワハラ」「いじめ」と言った問題も大きく関わっています。 今回は、今話題の退職サービスの内容や利用する人が増えている理由、加えて世間の退職代行サービスへの評判についてまとめてみました。 労働組合なので有給や退職金の交渉もでき、激安・格安27,000円 税込 で依頼可能!! 退職を言い出せないあなたの代わりに仕事を辞める手続きを実施【退職代行サービスがやってくれること】 退職代行サービスは、簡単に言うと何か理由があって会社に直接辞めたいことを言えない人に代わって、辞職する意思を会社側に伝えてくれたり、会社との間を仲介してくれるサービスです。 「普通に会社をやめる時の手順」と「退職代行を使って会社を辞める手順」2つを比較してみてみましょう。 一般的な会社や辞める時の退職手順 通常、会社を辞める際には、以下の1-5のようなフローを踏む必要がございます。 会社を辞める!と決めて会社側に伝えてから少なくとも2ヶ月はほど在職が必要で、退職日までにも色々と済まさねばならないことがたくさんあり、 もうすぐにでも辞めたい仕事であっても、その期間は会社や関連した取引先とも付き合わなければならず苦痛が続きます。 上司に退職したい意思を伝える およそ2ヶ月前• 退職日を調整して決める• 残った仕事の引き継ぎをする• 関連部署や取引先への挨拶• 貸与品の受け渡し、私物の整理 退職代行を使って会社を辞める時の手順 退職代行サービスを利用した場合、どの程度会社を辞める際の自分の負担が減るかというと 答えは「上記の1〜5まで全て、自分ではやらなくていい」です。 退職する意思を伝えることや、退職日の希望、そして会社に返すものや自分の私物の引き上げなども退職代行サービスが間に入って全て行ってくれます。 引き継ぎや挨拶回りについてはもう対応する必要もありません。 退職代行業者への無料相談• 申し込み• 業者へ依頼料のお支払• 業者と依頼者間で詳しい状況確認• 退職代行業者があなたのお勤め先に電話連絡にて退職の旨をお伝え あなたは退職代行業務の遂行・完了報告待ち• 退職代行業者からの完了報告 このように、退職に際して辛い思いをしたり苦痛な時間を過ごすことなく会社を辞められるようにしてくれるのが退職代行サービスなのです。 また、退職代行サービスの一連の流れや使い方などのフローをより詳細に知りたい方は以下の記事を参照ください。 退職代行業者の実態はどうなっているか【やっていること自体はとても簡単で至ってシンプル】 退職代行業者の存在は2018年の夏頃に炎上し、その存在を世の中に広め始めました。 当初は業者数もそこまで多くなく、や という事業者が人気でそこまで多くは存在しませんでした。 しかし、話題性と現代社会のトレンドも相まってか、当時から数ヶ月も立たないうちに数十社の退職代行業者が誕生し、 今となっては弁護士事務所の本格参入もあり、国内で50社以上の退職代行業者あるいはそれらに類似する業務を専門的に行う組織が存在します。 なぜここまで加速的に業者が増えたかというと、退職代行という事業自体がとても手離れ良く、工数もかからないため、事業者としてもとても稼げるビジネスであるからです。 少し想像をふくらませるとおわかりかと思いますが、退職代行業者の業務内容は あなたに代わって、勤め先の企業に電話で退職の意志を伝える伝言ゲームをやっているだけなのです。 また、日本ではブラック企業や勤務状況や環境がずさんな会社がはびこっていること重なったことでここまで業者数が増えました。 退職代行業者がやっていること• 依頼者から相談を受ける• 依頼者をヒアリングし必要な情報を整理する• 入金を待つ• 入金が確認できたらご依頼者の勤め先に電話して、退職の旨を伝える• 退職手続きが完了したらご依頼者へ無事完了したことを連絡• ご依頼者に諸々のアフターフォローややるべき書類の手続きのご案内 退職代行サービス利用者の退職理由のほとんどは会社が原因 直属上司からのパワハラと会社に失望して退職。 毎日イライラして毎日辞めたいと悩んで日々から解放され穏やかな生活を満喫中 次の職場も決まりどんな未来が待っているのか不安と期待で朝目覚めた瞬間から動悸がする 輝く未来にする為に前を向いて出来る事を精一杯やってみよう! でも無理はしない — あっこ NamiBery 会社の都合による理由【社内の状態・環境が悪すぎる】 退職代行サービスを利用した人は、どういった事情を抱えていたのでしょうか。 利用者の声をまとめてみるとわかるのは、退職の理由のほとんどは会社側に原因があるということでした。 サービス利用者の利用理由は、主に以下のようなものです。 飲み会が多いが馴染めない上司や同僚からのいじめ・パワハラ• 退職の意思を示したのに、会社側が受理してくれない• 社内での人間関係の悪化から出社が困難• 執拗なセクハラ• サービス残業が当たり前のブラックすぎる労働環境• 面接時に説明を受けた内容と入社後の待遇が異なる• 周りに迷惑がかかることが怖く言い出せない 業務負荷による圧迫・引き継ぎ都合• 社内規則的に通常の手順だと数週間から数ヶ月会社に在職が必要ですぐ辞められないのが嫌 長時間に及ぶ拘束時間や、いじめやパワハラといった嫌がらせ、必要以上の罵倒や叱責によって精神的にも身体的にも限界をむかえ、自ら会社に退職を言い出すことができない人が利用することが多いようです。 その他、待遇面への不満や人間関係による会社内の空気に耐えられないといった言い出しにくい理由も挙げられています。 自己都合による理由 中には、会社の人には不満はないばかりに、迷惑をかけてしまうのが怖く言い出せないという理由も見受けられますが、多くは会社側に何かしらの原因があるものです。 GWや年末年始などの長期休暇あるいは三連休後など突如会社に行きたくなくなった• 辞めることは言い出せるが退職時の挨拶がだるい、面倒• 自分の失敗で取引先と気まずくなり、面倒が増えたので全部忘れてまっさらにして他の人に責任を押し付けたい• 期待されて入ったものの、能力を発揮できず、社内に居づらい 退職代行サービスの市場拡大に関わる現代ならではの時代背景とは 近年になって退職代行サービスという事業が注目され、市場を拡大しているのには時代的な背景が関わってきます。 終身雇用が当たり前、入社したら定年まで同じ会社で働くというのが普通だった時代が終わり、最近は一社に骨を埋めるという考え方が古いと言われるようになりました。 また、のデータによると、新卒3年以内の離職率は32%と3人に1人は4年を待たずに退職・転職をしていることになります。 「どんなに嫌な仕事でも、まず3年は頑張れ」なんていう言葉がありますが、その美学ももはや昔の感覚になってきていることがわかります。 仕事や会社が自分に合わないと感じたら辞めるという風潮が強まり、昔に比べて転職や退職に対するイメージがネガティブなものではなくなってきているのも事実です。 そういった会社や仕事に対する考え方の大きな変化が、退職代行サービスの市場拡大に繋がっていると考えられます。 令和時代は昭和や平成とは異なり、退職代行事業者の後押しも有り、「手軽に辞めて、手軽に転職」というトレンドが出来上がるかもしれません。 退職代行サービスを使うことのメリットとデメリットはどんなものがある? 退職代行サービスを使うメリット 退職代行サービスの市場拡大は時代的背景もありますが、年々利用者が増えているのはもちろんメリットがあるからこそ。 仕事を辞めることを考えている人にとって、「この手間を省きたい!」という部分をカバーしてくれます。 退職代行サービスを利用することのメリットとしてはこんなポイントが挙げられます。 会社に連絡や出社をしなくて良い 退職代行サービスが中に入って退職の意思の伝達から諸々の連絡も全て行ってくれるため、利用者から連絡をする必要がありません。 また私物の引き上げや会社備品の返却も対応してくれるので嫌な上司や同僚にも2度と顔を合わせずに仕事を辞められます。 すぐに辞められる 普通だと実際の退社日まで数ヶ月かかってしまいますが、退職代行サービスを使えばもうその日から行く必要はありません。 確実に退職できる 退職を上司に渋られたり、長く引き止められるのも大きなストレスですが、退職代行サービスを間に挟むことで会社からごねられることなくすっきりと辞められます。 退職代行サービスを使うデメリット あくまで可能性レベルの話ですが退職代行サービスを利用したことで失うことやデメリットは以下です。 円満退社はできない可能性が高い• 自分自身の忍耐力の低下、逃げ癖や辞め癖の定着• その会社で築き上げた人間関係を失う可能性• 同業界には噂が流れる可能性があるので転職時注意 退職を代行してもらうことに対する世間の反応・評判 会社との関係はさっぱりと終わらせられる退職代行サービス。 しかし、世間はそんなサービスを利用する人にどんなイメージを持っているのでしょうか? きょう会社に来て見たら、上司から小言をもらうどころか大番狂わせ。 昨日辞めた奴は、退職代行業者が関与。 退職の手続きを進めてくれと業者から電話連絡があり、本人抜きで手続きが進められているという。 上記のTwitterからも察してわかるように退職代行を使われた側の企業や同僚の反応は、怒りそのもので退職代行を利用すること自体に理解を得られていない様子です。 上記に限らず、「お金を払ってやってもらうことではない」や「考え方が甘い」といった厳しい意見を持つ人もいます。 しかしブラック企業の存在が認知され、働き方が変わってきた現代において退職代行サービスは生まれるべくして生まれたというポジティブなものとして捉える人も多くなってきているのも事実です。 誰しも一度や二度は仕事で大変な思いをし、「もう辞めたい」と追い詰められたことがあると思います。 そういった感情に対しての世間の反応が、「甘え」「根気がない」といった厳しいものから「会社のために自分を潰してしまう必要はない」という考え方に変化してきているこそ、退職代行サービスという業種が一つの市場として確立されてきているとも言えます。 まとめ:仕事の辞め方も多様化。 退職代行サービスの利用は選択肢の一つ! 退職代行サービスの概要やメリット、そして世間からの印象についてご紹介しました。 昔はどんなに言い出しづらくても自ら動くしかなかった退職も、業者にお任せできる時代になりました。 働き方や職業も多様化してきている現代、仕事の辞め方にも選択肢ができたのは自然な流れとも言えます。 ブラック企業による拘束や、社内でのいじめやパワハラといった壮絶な環境の中で身も心もすり減らしていても退職は言い出せない… そんな状況を耐え続けて体を壊してしまうよりは、退職代行サービスを利用して賢く自分の身を守ることも必要です。 当記事をみて、実際に退職代行を申し込み依頼をしてみたいと感じた方は以下の記事もおすすめです。

次の

うつ病でも退職代行は使える!サービスを利用する方法を徹底解説!【2020最新】

退職代行 利用してみた

利用者が急速に増えている退職代行サービス。 退職希望者に代わって業者が会社へ退職の意向を伝えてくれるサービスです。 「退職届を出すだけなのに、わざわざ代行サービスなんて使うの?」と思う人もいるかもしれない。 日本の企業では、まだまだブラックな体質が残っているところも多く、退職を言い出せなかったり、ひどい仕打ちをされるところもあります。 そのような職場環境に身を置いていると、徐々に精神的に追い込まれ、まともな判断ができなくなってしまうことがあります。 こうした人たちにとって、 退職代行サービスは余計なストレスを抱えることなく退職することができるのです。 今回、退職代行サービスについて詳しく解説してまいります。 退職代行サービスとは 退職代行サービスとは、労働者が会社を退職したいと考えた時に、労働者に代わって退職の意向を伝えてくれるサービスです。 2018年頃からサービスを行う業者が急増し、多くのメディアにも取り上げられたことで急速に利用者が増えてきました。 通常、労働者は退職の自由が保障されていますので、いつでも会社に退職の意思を伝えて退職することができます。 民法第627条1(期間の定めのない雇用の解約の申入れ) 1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 しかし、一部の企業では、退職を伝えた労働者に対して引き留めを行ったり、脅しや嫌がらせをして退職を撤回させようとするケースが発生しています。 労働者が退職したくても、退職できない問題が発生しているのです。 このような状況に陥った労働者に、スムーズな退職を実現できるのが退職代行サービスです。 利用する際は注意しなければならない点もあります。 退職代行サービスのメリットとデメリットをそれぞれ見てまいりましょう。 退職代行を利用するメリット fa-thumbs-up 早く辞められる 退職までの無駄な時間をなくすことができます。 自分で会社へ退職の意思を伝えると、たいてい説得させられます。 「あと1ヶ月だけ残ってくれ」など何かと理由をつけられて退職まで引き延ばされてしまうものです。 fa-thumbs-up 精神的ダメージを抑えることができる 「なんで辞めるんだ!」や「最後まで責任を持て!」と詰められることがなくなります。 真面目な人ほど真に受けて、辞めずらくなります。 こうした精神的な負担を抱えることなく辞めることができます。 退職代行を利用するデメリット fa-thumbs-down費用がかかる 退職代行サービスの相場は3万~5万円です。 自分で辞めることができる人にとっては高すぎると感じますが、深刻な悩みとなっている人にとっては、その位の金額なら安いものと感じる人もいます。 fa-thumbs-down悪質な業者もある 弁護士資格を持たない業者は交渉を行うことができません。 しかし、違法で交渉を行っている業者もあり、立場が不利になると依頼者と音信不通になってしまうなどの問題も発生しています。 無責任な業者もありますので、業者選びは安心して任せられるところにお願いしましょう。 下記の記事では、退職成功率100%の業者を厳選して紹介していますので、業者を探す際はこちらからご覧ください。 >> 退職代行は失敗することもあるのか? 失敗することはほぼありません。 理由は、 退職希望者本人が退職届を送付したら、法律上、企業側で引き止めることはできないからです。 民法では退職の意思を伝えれば2週間後に辞められることになっています。 民法627条1項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 退職の意思は本人に書面で伝えてもらい、事務連絡を退職代行業者が代行するのです。 例えば、退職時に会社へ返却しなければならない社員証や会社マニュアルなどの返却先を確認したり、業務の引き継ぎの指示などがあります。 退職となると細かいことで会社と連絡を取り合わなければなりません。 退職代行サービスの利用者にとって、会社側と話をしたくないので、書面で送ったり電話するよりは、間に誰か入ってもらって伝達してもらいたい意向があるのです。 退職代行サービスはどんな人が利用してるのか 日本企業で退職者数は年間約700万人。 そのなかで退職代行業者への依頼は月に数百件に及びます。 これだけの利用者が多いということは、自分で伝えられない理由を抱えている人が多いわけです。 退職代行サービスを利用している人の特徴 退職代行サービスを利用している人は優しい人や責任感の強い人が多い傾向にあります。 自分の為に退職を考えたとしても、「この人たちに迷惑かけたくない!」という気持ちが強くなって、「辞めます」のひと言が言い出せなくなってしまうのです。 自分が抜けたら会社が回らないと考えている人が多いのですが、残念ながら勘違いであることが多いのです。 どんなに優秀で、責任あるポジションの人であっても、会社は回るのです。 いざいなくなると、周囲も最初は困るかもしれませんが、最終的にはなんとかなるものです。 会社側は「お前がいなくなったら困る」と表向きで言っていても、裏では社員が退職した場合のリスクをそれなりに想定しています。 経営者はあらゆるリスクを想定しているから会社を経営できているのであって、社員がそこまで心配する必要はないのです。 逆に、気が強い人や無責任な人は、退職代行を使わなくても、簡単に辞めます。 真面目で優しくて責任感の強い人ほど、辞められずに残ってしまうのです。 こうした人たちが損をしてしまうのはとても歯がゆい気持ちになります。 辞めたくても「辞める」のひとことが言い出せないままになると、徐々に心が病んできます。 残念なことに、日本の企業では、こうした人たちが自殺をしてしまう事件も後を絶ちません。 今まで、追い詰められると、倒れてしまうか、連絡を途絶えてしまうしかないなかで、退職代行という選択肢が加わったことは社会的にも意義があります。 退職代行サービスを利用している人の理由 退職代行を利用する人の多くのは会社へ伝える理由と本当の理由が違います。 ささいなことでも構いません。 利用するべきかどうかは相談してからでもOKです。 連絡方法は電話、メール、LINEのいずれかで相談できます。 もちろん無料で相談できます。 申込みをしたら、退職代行業者から現在の状況についての質問に答えていきながらに情報を共有していきます。 相談は入金前ですが、本格的な打ち合わせをするには入金を済ませる必要があります。 支払いの手段は銀行振込とクレジットカード決済が一般的となります。 業者によっては、クレジットカードの使用が不可のところもありますので、事前に確認しておきましょう。 退職代行業者から質問メール(ヒアリングシート)が届きましたらシート沿って回答していきます。 打ち合わせで取り決めるポイントは以下の通りです。 ・退職を決行する日時 ・希望退職日 ・退職理由 ・会社からの貸与品の返却 ・処分を求める私物 ・発行を求める書類 ・連絡拒否希望の有無 ・転職サポートの有無 ・有給休暇や退職金について 辞めると決めたら、まず会社に置いてる私物は持ち帰ったほうがいいでしょう。 例え要らないものだとしても、企業側としては捨てていいのか分からないので、本人へ連絡を取らざるを得ません。 また、最低限の引き継ぎはやっておくことも、余計なやりとりをしなくてすみます。 直接伝えずらい場合は、メモに書いて残しておくなどしておきましょう。 退職代行を利用する人は、周りに迷惑をかけたくないと思う人が多いので、なるべく心配ごとをなくすことはメンタル的にも良いはずです。 自分の責任は最低限は果たしたと思えたほうが気が楽になります。 一回で退職を認めてもらえることや、複数回連絡が必要になることがありますが、どの場合も逐一状況の共有をしてもらえます。 実際に退職代行を利用すると、結果待ちの時間は精神的に大きな負担となります。 退職できるかどうか待っている時間はとても長く感じますし、他のことが手をつけられなくなるほど気になるものです。 失敗しないためにも退職成功率100%の業者を使うようにしましょう。 下記の記事では、退職成功率100%の業者に絞って紹介していますので、退職代行サービスを検討したい方はご覧ください。 【まとめ】退職代行を利用して新たなスタートを切る 個人的には退職代行サービスの利用を考えている時点で、その会社に残る必要性は全くないと思っています。 今の時代、1つの会社に固執していること自体、リスクとなってきていますし、転職することもスタンダードとなっています。 辞めることでどんな仕打ちをされるか分からないような会社であれば、さっさと転職するべきです。 その会社がよくなることを待っていても、会社の文化はそう簡単には変わりませんし、待っている時間がもったいないです。 退職代行サービスを検討してる人というのは、真面目であったり、優しさがあったり、責任感があったりする人です。 そんな人こそ、他で活躍できる場があったり、必要としているところがたくさんあります。 退職代行サービスを利用して新たなスタートを切ることが自分のためでもあり、世の中のためにもなると確信しています。 人気記事 人気記事 関連記事.

次の