コピー アンド マーケティング。 ピークエンドの法則とは!ビジネス行動経済学マーケティング・コピーライティングの心理学

コピーライティングとは?【基礎と稼ぎ方を現役のプロが解説!】

コピー アンド マーケティング

コトラー,フィリップ ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院インターナショナル・マーケティングのS・C・ジョンソン・アンド・サン・ディスティンギッシュト・プロフェッサー。 「近代マーケティングの父」と広くみなされている。 ウォールストリート・ジャーナル紙の最も影響力のある経営思想家ランキングで、上位6人の一角を占めている。 シカゴ大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学 MIT で博士号を、どちらも経済学で取得しているほか、世界各地の大学から多くの賞や名誉学位を授与されている カルタジャヤ,ヘルマワン マークプラス社の創業者で、執行役会長。 イギリスの公認マーケティング協会から、「マーケティングの未来を形づくった50人のリーダー」の1人に選ばれている。 ネブラスカ大学リンカーン校汎太平洋ビジネス連合からディスティンギッシュト・グローバル・リーダーシップ賞も受賞している。 講演・執筆活動をたびたび行っており、オンライン・マガジン、Marketeersの編集長も務めている。 博士 商学。 1982年早稲田大学商学部卒業後、同大学大学院商学研究科を経て、1996年より教授。 1988年より翻訳に従事 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。 フィリップ・コトラー Philip Kotler ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院インターナショナル・マーケティングのS・C・ジョンソン・アンド・サン・ディスティンギッシュト・プロフェッサー。 「近代マーケティングの父」と広くみなされている。 ウォールストリート・ジャーナル紙の最も影響力のある経営思想家ランキングで、上位6人の一角を占めている。 シカゴ大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学 MIT で博士号を、どちらも経済学で取得しているほか、世界各地の大学から多くの賞や名誉学位を授与されている。 きわめて大きな国際的プレゼンスを誇っている 世界各地でたびたび講演しており、彼の著書はおよそ25の言語で翻訳されている。 ヘルマワン・カルタジャヤ Hermawan Kartajaya マークプラス社の創業者で、執行役会長。 イギリスの公認マーケティング協会から、「マーケティングの未来を形づくった50人のリーダー」の1人に選ばれている。 ネブラスカ大学リンカーン校汎太平洋ビジネス連合からディスティンギッシュト・グローバル・リーダーシップ賞も受賞している。 イワン・セティアワン Iwan Setiawan マークプラス社 www. markplusinc. com のCOO 最高執行責任者 として、企業のマーケティング戦略の設計を支援している。 講演・執筆活動をたびたび行っており、オンライン・マガジン、Marketeers www. marketeers. com の編集長も務めている。 ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院で経営学修士号 MBA を、インドネシア大学で工学の学士号を取得している。 恩藏直人 おんぞう・なおと 早稲田大学商学学術院教授。 博士 商学。 1982年早稲田大学商学部卒業後、同大学大学院商学研究科を経て、1996年より教授。 専門はマーケティング戦略。 藤井清美 ふじい・きよみ 京都大学文学部卒業。 1988年より翻訳に従事。 訳書には『スティグリッツ教授の経済教室』 ダイヤモンド社 、『コトラーのマーケティング3・0』『いますぐ金を買いなさい』 共に朝日新聞出版 などがある。 --このテキストは、版に関連付けられています。 本書では、カスタマー・ジャーニー(顧客が、購入から商品、サービスの推奨に達までの道筋)が、デジタル時代(接続性の時代)に変化していることを指摘している。 そして、カスタマー・ジャーニーの過程において、ワオ(顧客の言葉にできないほどの喜び)を引き出せるかが、ブランドを差別化させる要素であると指摘している。 接続性の時代において、顧客の判断要素が、モノからコトに、ますますシフトしており、マーケターは、顧客が驚きをもてる体験を提供することが、必要なのだと理解した。 コトラーがデジタルマーケティングに言及しているだけで価値のありそうな本。 今の生活に当たり前のように存在し、必需品の1つとして存在するモバイルについて、その「接続性」と「移動性」によって顧客の購買スタイルを劇的に変化させ、伝統的マーケティングからデジタル・マーケティングへの移行を余儀なくされていることを再認識させられる。 ただ、正直デジタルマーケティングの業務を第一線で行ってきた人間にとってこの本に目新しさはあまりない。 個人的にこのまま隠居しても十分なコトラーが、わざわざ4. 0とまで銘打ってデジタルマーケティングに言及していることに驚くとともに、下記の言葉通り、市場が大きく変化して行く中で、今までの自分のマーケティング論を常に更新し続けようとする姿勢に強く感銘を受ける。 「marketing」という言葉は「market-ing」と表記すべきだと、われわれはずっと思ってきた。 こう表記することで、マーケティングとは変化しつづける市場を相手にするものであり、最先端のマーケティングを理解するためには、市場が近年どのように進化してきたかを理解する必要があるという点を、あらためて肝に銘じることができる。 理解するための手がかりやトレンドははっきり見て取れる。 新しいタイプの顧客 、つまり近い将来 、多数派になると思われる顧客が世界中で登場している。 この新タイプの市場とこれまでの市場の大きな違いは 、彼らにはモバイルという傾向があることだ。 物やサービスが売れない時代。 その要因を作っているのはその物やそのサービスそのものだけではないのかもしれない。 「良い商品」とは、これまで企業の誇大広告によって消費者が判断するのではなく、消費者同士の「コミュニケーション(本書内ではカンバセーション)」によって判断される。 消費者同士のコミュニケーションを可能にするものはスマートフォンと、これに紐づくSNSや口コミサイトである。 今の消費者は賢い。 ある商品が自分にどのような価値を与えてくれるのか。 もしくは自分のライフスタイルにどのようにフィットするのか。 SNSや口コミサイトで他の消費者とコミュニケーションをとり、瞬時に判断する。 そのとき、企業は彼らとどうコミュニケーションをとればいいのか。 マーケティングにおいてどのようなスタンスをとるべきなのか。 そのあるべき姿を描いた良著である。 マーケティングは「製品中心のマーケティング1. 0」「顧客中心のマーケティング2. 0」「人間中心のマーケティング3. 0」という進化の歴史がある。 本書は「人間中心のマーケティング3. 0」を受けてージョンアップさせ、ビジネスに取り入れるための戦術を徹底解説している書籍だ。 「マーケティング4. 0」と銘打ってはいるが、中身は「マーケティング3. 0の戦術編」であることから「コトラーのマーケティング3. 0」と合わせて読むのがおすすめだ。 本書では、デジタル時代のマーケティング手法として「カスタマージャーニー」「コンテンツマーケティング」「ゲーミフィケーション」「オムニチャネル」「ソーシャルCRM」などが解説されている。

次の

コピーライティングとは?コピーライティングの10の基礎についてまとめてみた

コピー アンド マーケティング

ショッピングセンターの企画書やリリースを見ると「キャッチコピー」と「コンセプト」が混同されることが多い。 コンセプトとは、「誰に」「何を」「どうやって」提供するのか。 これを決めること。 要するに自分がどうありたいかだ。 「誰に」「何を」「どうやって」提供するのか。 でも、これを長々と説明されてもなかなかピンとこないし、理解するのも時間がかかる。 だからキャッチコピーをコンセプトと表現することにもなる。 長い文章も記号化(ワーディングなど)することで媒体に載せやすくなるし、人々の気をひくことが出来る。 忙しい今の時代、ワンワードでコンセプトを理解させたいもの。 」という表現が悪いわけではないし、否定するつもりもない。 でも、コンセプトとは、すべての商品、製品、サービスの根底に流れるものだし、それを具現化することで商品や製品やサービスができあがるもの。 コンセプトありき。 そんなことを思っていたら、ニトリの新聞広告を目にした。 (新聞を写真に撮ったのであまり綺麗で無くごめんなさい 完成された商品と広告だと感心した。 まずデザイン。 シンプルでカジュアル。 万人受けするだろう。 天板も広めで使いやすそう。 そんなことを感じながら見たキャッチコピーは、 「丸みのある、やさしいカタチ。 ひろびろデザインでくつろぎを。 」 もうすでにこのキャッチコピーに 「何を」=くつろぎを 「どうやって」=丸みのある優しいカタチと広々デザインで の2つが書き込まれている。 最近、コンセプトです!と言いながら横文字の意味不明なキャッチコピーを書かれることが多い中、このキャッチコピーは完成度が高い。 そして、下に目を移すと、もう一つのサブキャッチ。 「天板も座面もひろびろ。 お部屋が広く感じるロータイプデザイン」 と来た。 ここでは、「商品の特徴」と「機能性」をメッセージに載せている。 天板と座面の広さ。 そして、部屋を広く感じさせるために高さを65cmにしたという。 高さを抑えて部屋を広く見せる。 これを見て、「なるほどー」、と納得する。 そして、残りの「誰に」 それがキャッチコピーの下に書いてある。 「家族や友人が集まる空間をもっと快適にしませんか」 そう、「誰に」は、「家族と友人」だ。 あくまでかしこまった来客でもなければ、1人でもない。 家族と友人。 ここで「快適な空間」=何を が表現されている。 まとめると 「誰に」=家族と友人 「何を」=快適に。 部屋を広く。 ゆったりと。 くつろぐ。 「どうやって」=低い仕上がり。 ゆったりとした天板と座面で。 商品は、コンセプトを具現化するもの。 ただ、今回、この商品開発において、ニトリ社内でコンセプトメイクと製品開発のプロセスがどうあったのか、実際は分からない。 ひょっとしたら商品ありきで広告代理店のクリエイターが考えた広告かもしれない。 でも、この写真を見るとキャッチからコンセプトまですっきりと腹に落ちる。 そして、価格は79,900円 マーケティング4Pで言えばPRICE、4Cで言えばCOST これを高いと感じるか安いと感じるか、人それぞれだが、マーケティングの教科書のような完成された広告だ。 決して、私はニトリの回し者でもフィーをもらっているわけでは無い。 あくまで「キャッチコピー」と「コンセプト」と「商品」が明確に整理されている好事例を伝えたかっただけだ。 )と思うことが多い。 あくまでコンセプトは、「誰に」「何を」「どうやって」提供するのか。 キャッチコピーを造ることがコンセプトではない。 ここを理解しないとチームの皆がバラバラの方向を向くことになる。

次の

知らなきゃマズい!コピーライティングとセールスライティングの違い

コピー アンド マーケティング

ある日、Facebookのタイムラインを眺めていたところ、本文の一部が太字になっている投稿を発見しました。 The Straits Timesはシンガポール最大手の英字新聞で日本で例えると日経新聞のような存在です。 Facebookは投稿全体に背景画像を設定することはできますが、通常投稿で本文中の文字を装飾した投稿を初めて見ました。 企業のFacebookページ以外にも個人の投稿でもよく活用されている The Straits Timesの投稿をきっかけに、Facebookの文字を装飾する方法を調べて見たところ、文字の装飾はFacebookの標準機能ではなく、外部のWebサービスと組み合わせることで可能になります。 本記事では、Facebook投稿の文字を装飾するために使えるWebサービスを3つご紹介します。 Facebook投稿の文字を装飾する仕組み Facebookの投稿画面では、投稿に背景を追加する、写真をアップロードする等の設定はできますが、Wordのように文字を太字にしたり、斜体にすることはできません。 文字を装飾するボタンは存在しない Facebook投稿の文字を装飾するためには、Facebook投稿画面に加えて、それを実現するための外部サイトを利用する必要があります。 具体的には「外部サイトで装飾したテキストを、投稿本文にコピーアンドペーストする」ことで、装飾された文字をFacebook投稿で使うことができます。 例えるなら、WebページをWordにそのままコピーアンドペーストすると、元々のWebページの状態で貼り付けられる現象と似ています。 次に実際にどういうWebサイトを使うのかを見ていきましょう。 Facebook投稿を装飾できるWebサイト 調査したところ、Facebook投稿を装飾できるWebサイトは幾つかありましたが、実際に試してみると文字化けするものもあり、本記事では使いやすかったものに絞ってご紹介します。 日本で同様のサービスを提供しているWebサイトがないため、全て英語のサイトですが、直感的に利用することができるため、ご安心ください。 FBFormat Bookmarklet 1つ目に紹介するWebサービスはFBFormat Bookmarkletです。 FBFormat Bookmarkletは今回ご紹介する3サービスの中で使い方が最もシンプルです。 まずはこれを使って頂き、どのように装飾するのかを試して頂くと全体の流れがつかみやすいです。 使い方は簡単でFBFormat Bookmarkletに装飾したい文字を入力し、メニューバーを使って装飾し、Facebookの投稿に貼り付けるだけです。 Wordで文字を装飾する作業に似ています。 サンプルとして下記原稿を装飾してみます。 We specialized in inbound marketing and digital advertising towards the world! 次に、メニューバーのそれぞれの装飾ボタンを使って装飾していきます。 装飾が終わった後に、文章全体をコピーアンドペーストをして、Facebookの投稿画面に貼り付けます。 投稿画面でも本文が装飾されていることが確認できます。 最後に通常通り投稿ボタンを押せば完了です。 実際の投稿内容は下記のとおりです。 以上がFBFormat Bookmarkletを使った方法です。 ご覧のとおり、Facebook外のWebサービスで装飾したテキストをコピーし、投稿本文に貼り付けるだけですので操作は簡単です。 これからご紹介する2サービスを使えば、より多彩な装飾を行うことができます。 Symbol Stuff For Facebook Symbol Stuff For FacebookはFBFormat Bookmarkletと異なり、文字に特定のフォントを適用することに特化した装飾サイトです。 本サービスを使えば個性豊かな様々なフォントをFacebook投稿で利用することができます。 FBFormat Bookmarkletと利用法が少し異なり、FBFormat Bookmarkletでは投稿全文をWebサイトに入力して装飾をしましたが、Symbol Stuff For Facebookは装飾したい文字だけを入力して装飾し、コピーアンドペーストして使います。 それでは、サンプルとして先程装飾した文章を本サービスを使ってさらに装飾していきます。 We specialized in inbound marketing and digital advertising towards the world! そうすると、自動的に様々なフォントが適用されたパターンが表示されます。 あとは使いたいフォントのCopyボタンをクリックし、Facebook投稿に貼り付けるだけです。 最後に投稿ボタンを押します。 実際に投稿されたものは下記です。 通常Facebookのタイムラインに表示される投稿はフォントが全て同じですが、投稿を目立たせるためにブランドや投稿内容に応じて一部の文字のフォントを装飾すると、よりFacebookユーザーの目を引くことができます。 今回のサンプルではFBFormat Bookmarkletで使った装飾を残しています。 こうして複数のWebサービスを組み合わせることもできます。 Yay Text 最後にご紹介するのはYay Textです。 Yay Textの特徴は装飾できるパターンが多いことです。 FBFormat Bookmarkletのようにシンプルに文字を太字にすることに加えて、フォントの適用、文字サイズの変更、その他特殊な装飾で文字を加工することができます。 使い方はSymbol Stuff For Facebookと同様に、装飾したい文字だけを本サイトに入力して装飾し、投稿本文に貼り付ける形になります。 今回はサンプルとして、これまで加工した文章のうち、「specialized in」と「towards the world」を装飾してみます。 We specialized in inbound marketing and digital advertising towards the world! Symbol Stuff For Facebook以上に数多くの装飾パターンが表示されます。 次に気に入った装飾パターンの「Copy」ボタンをクリックしてテキストをコピーし、Facebook投稿本文に貼り付けます。 「specialized in」と「towards the world」に下記の装飾を加えてみます。 それぞれCopyボタンを押してコピーし、投稿本文に貼り付けます。 投稿すると下記のように表示されます。 いかがでしょうか。 FBFormat Bookmarklet、Symbol Stuff For Facebook、Yay Textの3サービスをご紹介しましたが、それぞれ特徴が異なるため、用途に応じてご利用ください。 利用の注意点 今回の記事でご紹介したサイトを利用するに当たり、注意点が2つあります。 1点目は「日本語に対応していない」ということです。 試しにSymbol Stuff For Facebookで日本語を入力したところ、表示される文字は文字化けをしていました。 日本語がベースの投稿の場合、本文内の一部の英語を目立たせるために装飾するという使い方になります。 2点目は、ご紹介したサービスで表示される装飾の中には、Facebookでそのとおりに表示されないものがあることです。 一部の装飾はコピーアンドペーストしてもうまく表示されず、文字化けが起こりました。 例えばYay Textで下記を装飾を使おうとしたところ、投稿画面に貼り付けると文字化けが発生しました。 この状態でも投稿はできますが、実際の投稿を見ると文字化けや文字の重なりが生じ、全体のレイアウトが崩れます。 外部のWebサービスで装飾した文字を実際に使われる際は、投稿画面できちんと装飾が表示されているかを確認し、投稿後は実際の投稿をご確認ください。 まとめ 外部サービスで装飾したテキストをFacebookの投稿画面にコピーアンドペーストすることで、Facebookの投稿本文の文字を装飾することができます。 英語しか対応していないという制限はありますが、Happy BirthdayやPromotion等、投稿本文の一部に英語が入っている場合は、ぜひ目立たせるためにぜひご活用ください。 また、海外向けに英語で投稿する場合は問題なく全文にも適用できます。 また、Facebook広告の運用の際にアピールしたい文字を装飾すると、クリック率が向上する場合もあります。 ぜひ、本記事でご紹介した方法をご活用頂き、他社の投稿と差別化するための取り組みをお試しください。

次の