チューリップ ネタ。 【レビュー】チューリップローズって美味しいの?まずいの?お土産にあり?

昭和記念公園のチューリップの2020年の見頃(開花状況)と駐車場情報、見どころは?和と洋のお花のコラボは圧巻です!

チューリップ ネタ

チューリップの雑学 チューリップの原産国 チューリップといえば、オランダをイメージする事から、オランダが原産国だと思われています。 実際に世界でもオランダは、チューリップ大国と呼ばれているくらいですから無理もないでしょう。 日本にも様々な球根が輸入されていて、その大半はオランダ産です。 しかしチューリップの原産国は、トルコなのです。 トルコのアナトリア地方が正式な原産国であり、1500年以上前に、トルコの壁画にもチューリップが描かれていた事が確認されています。 当時のトルコでは、オスマン民族がチューリップを愛し、ターバンの飾りや生花など生活の一部に取り入れていたとされています。 チューリップの語源がターバンを意味する、チューリバムというのも、トルコがチューリップの原産国である事の裏付けになるとされています。 チューリップの歴史 原産国がトルコでも、オランダでは国花にも指定されているくらいですから、どうしてもオランダのイメージが強いのは否めません。 今でこそポピュラーなイメージが定着していますが、その昔オランダではチューリップをめぐって大事件が起きた事があります。 日本でもバブル期などと呼ばれた時代がありましたが、オランダではチューリップバブル、チューリップ狂時代といって、1637年にチューリップの球根が高騰し、その後大暴落したため経済をも巻き込む大事件となってしまいました。 チューリップは球根から育てますが、球根を作るまでには長い時間がかかります。 他の花のように短期間で数を増やすのが難しい事から、品薄になってしまいます。 しかし品薄になるという事が、皮肉にも先物取引として注目されるようになったのです。 その結果チューリップの本質を無視し、お金目的しか考えない投資家が増えます。 チューリップの球根1個と工場を丸ごと交換したり、食糧や家畜と交換したりするなどという無謀な取引もあったといいます。 この調子でチューリップの球根はどんどん高騰していきます。 価格が高騰していた時は良かったのですが、そんな無茶な状況がいつまでも続くはずもなく、やがて球根の価格は大暴落します。 借金をした人も多く、暴落により3,000人もの人々が借金を抱える状況に陥ります。 しかし実際に現金でやり取りをしていたのではなく、手形での契約が多かったため、手形が無効になる事が多かったので、それほど影響はありませんでした。 チューリップの不思議 チューリップは曇りの時に花が閉じるのをご存知でしょうか。 これはチューリップが持つ傾熱性から起こる事です。 曇りの時は気温が下がりますから、チューリップは気温が下がると外側の花びらを伸ばし花を閉じます。 温かくなると花が開くのですが、曇った時にチューリップに手を当てていと肌に温めると、天気に関係なく花が開きます。 これも全てはチューリップが持っている傾熱性から起こる現象です。

次の

朝礼ネタ 4月といえば?初桜の行事、雑学スピーチネタ例文まとめ

チューリップ ネタ

和名について [ ] の鬱金香は、この花の香りがまたは食品を黄色く染めるのに使われるのような、臭いことに由来する。 チューリップの花の香りは概してあまり良くないが、最近は香りの良いも増えている。 1970年頃までは、に「ぼたんゆり」という和名が載っていた。 園芸 [ ] チューリップには後述のに代表されるように多様な園芸品種が存在する。 外観は、花弁の先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもある。 咲き方は一重から八重で、一つの球根から複数の花がつくもの、すぼまった状態で開花するものや花弁が外側へ反り返り全開して開花するものなど。 花色も青以外の赤・黄・オレンジ・白・緑・紫などの単色や複数の色のものなど、数百品種のチューリップが存在する。 青と同様に多くの育種家によって青いチューリップの開発が進められているが、花弁全体が青い品種は発表されていない。 チューリップの花を上から覗くと、花弁の根元に青い部分が存在する。 その部分には青い色素が見られ、その青い部分を増やすことで青いチューリップを作る研究がされている。 大きな球根を採取する場合は開花から約2日後に花部を切断する。 また、深く植えつけると分球が少なくなるがその分、肥大は良くなる(植えつけた年は変化がなく、その次の年に影響する)。 繁殖は主に分球で、実生(タネ)からは開花までに5年以上かかる。 他のユリ科の植物と同様、であり、雌雄異熟によってを防いでいる。 実生は品種改良の際に行われる。 人気のある花だけに花形・花色、草姿、葉の模様、ブルームの有無、香り、早晩性、耐暑性・耐湿性、多花性、繁殖力、切花では切花寿命や無花粉化、花茎の硬さなど改良されるべき性質が多く、特に日本の高温多湿に強い品種が望まれる。 ただし、野生種をはじめに使える素材も多いため、時間は掛かるが品種改良は比較的容易である。 開花前にに用いる等を用いてチューリップの花の根元部分を貫通させ傷つけるとが発生し、開花期間を長引かせることができ、開花後に同様のことを行うと開花期間が短縮することがチューリップのみで確認されている。 チューリップの園芸品種群 主に栽培されているのはゲスネリアナ種 T. gesneriana である。 これはに持ち込まれた改良種に名づけられた学名で、野生のゲスネリアナ種は無いとされている(元になった原種についてもよく分かっていない) 早生種 一重早咲き系 Single Early デュク・ファン・トールなど、いくつかの系統がある。 現在は統一された。 丈は低い傾向がある。 有名品種は杏色のアプリコットビューティー、ピンクのクリスマスドリームなど。 八重早咲き系 Double Early 八重でも早く咲くもの。 花弁は晩生よりやや少なく、丈は低い。 草姿は華奢。 ムリロという白い品種からで生まれた品種が多く、こうしたムリロの子供は120種を超える。 有名品種はピンク色のピーチブロッサム(ムリロの子供)、黄色のモンテカルロがある。 中生種 トライアンフ系 Triumph 最も品種数が多い品種群。 以前はダーウィン系(ダーウィンハイブリッドとは別)、メンデル系やコッテージ系などに分かれていたが統一された。 有名品種は紫のネグリタ、赤と黄色のキースネリス、白のホワイトドリーム、赤いプロミネンスなどがある。 特殊な花色の品種も最近はから多く輸入され、茶色っぽい色の「カイロ」、白に紫の絞りの「ズレル」、黒紫に黄覆輪の「ガボタ」などがある。 ダーウィン・ハイブリッド系 Darwin Hybrids 戦後に生まれたばかりの新しい品種群。 ダーウィンとフォステリアナの雑種である。 ダーウィンより大型でフォステリアナの耐ウイルス性を受け継ぐ。 花色がやや乏しい。 有名品種は桃色のピンクインプレッション、赤のアペルドーンとオックスフォードなど。 晩生種 一重遅咲き系 Single Late 品種数は少ないが有名な品種が多い。 ただ品種の寄せ集めとよく言われるように、この系統でも早生より早く咲く「イルデフランス」のようにさまざまな品種が存在する。 有名品種は淡いピンクのピンクダイヤモンド、黒っぽい紫のクイーンオブナイトなどがある。 八重遅咲き系 Double Late 背が高く、茎が早生より強い。 花弁は早生より多くなりやすい。 有名品種はピンク色のアンジェリケ、白のマウントタコマなどがある。 最近、花色が上下で紫と白の二段に分かれ、花弁の重ねの多い「アイスクリーム」という品種が注目を集めている。 ユリ咲き系 Lily-flowered 古代のチューリップはこの形が主流だったようだ。 花弁の先が細く尖っているのが特徴である。 多くはアクミナータと言う原種から出たもので、新旧で茎の強さが違う。 有名品種は黄色のウエストポイント、オレンジのバレリーナ、白に赤の絞りのマリリンなどがある。 フリンジ咲き系 Fringed Group 花弁の縁がフリンジ状になっている品種。 普通の系統の品種からもフリンジ化することもあり、赤花のクリスタルビューティーはアペルドーンのフリンジ化品種であるのがよい例。 フリンジの強い赤花のバルバドスは蕾の時からサボテンのようだが、フリンジの弱いクリーム色のロイヤルスフィンクスは少し見ただけではフリンジかどうか判らないほど品種間でフリンジの強さが違う。 有名品種はピンクのファンシーフリル、黄色のハミルトンなどがある。 ビリディフローラ系 Viridiflora 昔は一重遅咲に分類されていたが品種数が増え、独立した。 この品種群は花弁中央に緑のラインが入るのが特徴。 丈が低いアーティストを変異親とするグループと丈の高いスプリンググリーンの系統が多い。 有名品種は白地に緑のスプリンググリーン、桃地に緑のグリーンランドがある。 パーロット系 Parrot かなり古くからある品種群である。 花弁のふちに荒い切れ込みが入る。 一説では花の分化不良が原因という。 古い品種は茎が弱いものが多いが、新しいものでは茎は丈夫である。 有名な品種は黄色に赤い絞りのフレーミングパーロット、白地に赤の絞りのエステララインベルト、紫のブルーパーロットなどがある。 レンブラント系 Rembrandt ダーウィン系に羽状の斑が入ったもの。 レンブラントを代表する画家たちが描いた、ブロークンチューリップに因む。 が斑入り模様の原因である品種は日本への輸入が禁止されているが、現在では品種改良の結果、健康でもレンブラント模様を持った品種も出来ている。 似たものにビザール、バイブルーム(ビブロメン)、ローズといった品種群がかつて存在したが、現在はほとんど残っていない。 ブロークンチューリップ に罹ったチューリップのことで、現在では品種として認められていない。 の原因になったチューリップである。 白地に赤のラインが入るセンペル・アウグストゥスなどがあった。 その他 Other Species 現在ゲスネリアナ種以外の原種やそれらの改良種も日本では栽培されるようになっている。 ゲスネリアナ種よりも小ぶりで、早咲きのものが多い。 また、イスタンブールチューリップもこちらに含めておく。 早生種 カウフマニアナ系 Kaufmaniana カウフマン氏の名に因む。 フォステリアナ系 Fosteriana フォスター氏の名に因む。 有名品種は白花のピューリッシマ、その子供で黄色と白のスイートハートがある。 ウイルス病に強い。 ダーウィンハイブリッド系の片親になる。 サクサティリス saxatilis プラエスタンス praestans 一つの茎から複数の花をつける。 フミリス プルケラ 中生種 グレイギー系 Greigii グレイギー種の園芸品種群。 グレイグ氏の名にちなむ。 葉に紫の斑が入るものが多い。 リニフォリア linifolia その他 アクミナータ 原種の一つだが野生種は見つかっていない。 花弁が細長いのが特徴。 この品種を花粉親にして交配することでユリ咲きの品種が得られることがある。 イスタンブールチューリップ かつてイスタンブールなど、トルコで栽培されていたチューリップ。 現在見られるチューリップよりも花弁が細長い。 原産地・生産地 [ ] 原産地はのとされ、トルコ国内の宮殿(等)や(等)に貼られたに描かれている。 生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。 トルコからオランダにチューリップが伝わったのは頃。 日本のや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。 日本では、やで大規模な栽培が行われている。 象徴 [ ] ・(2006年5月) チューリップは国家や地方公共団体等を象徴するや県花として制定されており、花の栽培や球根の生産は元より観光の主力として注力していることが多い。 国花 [ ]• 、、オランダ、トルコ、• トルコを原産とするチューリップは、獲得のために主力輸出品として活用しており、オランダでは代表的な風景の一部として、とともに紹介される。 古くよりに影響を与えた、重要な花の品種である。 県花 [ ]• 、富山県• 両県は日本でのチューリップの大規模な栽培拠点である。 富山県にはも存在する。 市花 [ ]• 、新潟県、、・、、富山県、• 日本においては、数多くので市町村花等に制定されており、開花の季節には公園やイベント会場に数千から数百万本のチューリップが観光客を集めている。 来歴 [ ] 古くはでもてはやされ 、の大使によって初めてヨーロッパに伝わる。 後、ブスベックの友人がオランダのに移り、そこでチューリップを栽培したところ評判となった。 盗難が何度も起きたためクルシウスは栽培を止めてしまったが、その後、オランダではチューリップ狂時代をはじめ、幾度と歴史上にチューリップが登場することとなる。 16世紀末にはでも栽培が始まり、や と共に早くから育種が進んだ。 19世紀には多数の品種が生まれ、現在でもいくつかが栽培されている。 日本への伝来と栽培 [ ] 日本には、後期に伝来したが普及するに至らず、に入って、ようやく(現:)で本格的な球根栽培が始まった。 このことから、新潟地域の栽培農家は新潟が「日本チューリップ発祥の地」と自負しており、にはが建てられている。 には新潟県の県花にも指定されている。 しかし、新潟県は8年()なのに対し、富山県では大正7年()に(現:)の水野豊造により栽培されていたことから、少なくとも本格的な栽培は富山県が日本初となる(それ以前より栽培はされていたが、球根状態での保存が確立したのがこの時期である)。 伝説・民話 [ ] に登場する岸辺のユリ、のバラはチューリップだといわれている。 トルコ、 ある村にファルハドという青年がいた、彼は村長の娘シーリーンと恋をしていた。 村のが枯れたときにファルハドは水を得るために穴を掘った。 掘ることだけに必死になり、水を得ることができたが、その頃にはシーリーンは亡き人となっていた。 恋人の死を悲しんだファルハドは崖から飛び降りて命を散らす。 その砕けた体から出た血からやがて真っ赤な花が咲いた。 それがチューリップである。 オランダ ある美しい少女に3人のが求婚をした。 一人は黄金の、もう一人は、最後の一人は財宝をもって愛を囁いた。 しかし、三人の騎士から求婚されたものの、誰とも選べぬ少女は悩んだ末に、花のに願い、自分を花の姿に変えてもらった。 結納であった王冠は花に、剣は葉に、財宝は球根になった。 そして、花の姿に変えられた少女の名から、その花はチューリップと名付けられた。 チューリップ相場 [ ] 取引の一つである商品取引は、17世紀初頭にオランダで行われたチューリップ取引が起源であるといわれている。 当初は、植物愛好家間の取引であったが、的な資金が流入し、珍しい品種のチューリップの球根が高値で取引された。 これを、チューリップ・マニアまたは と呼ぶことがある。 ハーレム、等での常設現物市場や、相対取引での先渡取引等、一般庶民を巻き込んで盛んに取引が行われたが、1637年の球根価格の暴落により、チューリップ・マニアまたはチューリップ・バブルは終焉した。 日本のチューリップ [ ] 日本には、という植物が分布しており、チューリップと姿が似ている。 かつてはチューリップ属に含まれていたが、形態の違いから、現在はに分類されている。 「甘菜」の意であり、食用とされた。 別名ムギクワイ。 のなどの水分の多い場所を好む(チューリップと違い球根は乾燥に弱い)。 日本での名所 [ ]• 東京都 千代田区• 神奈川県 横浜市• 東京都 羽村市• 千葉県 柏市• 千葉県 佐倉市• 群馬県 勢多郡宮城村 食用と毒性 [ ] 球根のが極めて高くに富むため、オランダでは食用としての栽培も盛んで、主に製菓材料として用いられる。 日本でも漬にした球根を使ったやが富山県砺波市で販売されている。 その他、花をやの添え物として生食することもあり、特にオランダでは花を食用に用いる料理が盛んとなっている。 日本でも近年、生産量が増えており、主になどで一般にも入手可能である。 食用に適するものは専用の品種で、一般の園芸品種はが強く、またなどの問題もあり食用は避けるべきである。 また、多くの品種で全草に心臓毒であるを含みがある。 また球根は傷付くとアレルギー性物質のを生成する。 化粧品の原料 [ ] いくつかの種類のチューリップ(ピンクダイヤモンドなど)は、抗作用や産生増強作用が明らかにされ、の原料として応用されている。 色々なチューリップ [ ]• 2014年10月2日閲覧。 当時の・チューリップは現存していないが、などに当時の面影を見ることができる。 2016年6月4日閲覧。 『』2019年12月25日(16面)同日閲覧 参考文献 [ ]• 『 作業12ヶ月・35 チューリップ』著:国重正昭 出版社:• 原題『The Tulip』日本語題『チューリップ ヨーロッパを狂わせた花の歴史』著:アンナ・パヴォード 訳:白幡節子 出版社:• 『』: 原作: 、出版社: 西村書店、 (1991年)• 『』:原作:• 『とやまのチューリップ』: 関連項目 [ ]• - オランダの公園で、大規模なチューリップのが見られる。 - の。 毎年5月に開かれる世界最大規模のチューリップ・フェスティバルとそこで咲くチューリップから、「チューリップ・シティ」と呼ばれる。 - に位置する。 が行われる。 - に位置する公園。 毎年4月下旬より5月上旬にが行われる。 - 富山県に位置する生産農地。 砺波地方と並びチューリップの生産が盛んな地区であり、約8の畑に日本最大級の約300万本のチューリップが咲誇り、毎年4月初旬より4月末までフェスティバルが行われる。 - (に接する場所)に位置し、毎年4月中旬にチューリップ祭りが行われる。 初回は、オランダから専門家を呼んだ。 - 三重県に位置し、春夏秋冬四季の花が咲く花をテーマにした。 大規模なチューリップのが見られる。 - に位置する公園。 が行われる。 - 旧の。 市の中心を流れるに、8年「直方市花の都市宣言」の際、20万球を定植。 そして、翌平成9年4月に、第1回を開催。 その後、毎年恒例の20万人以上の来訪者を迎える大盛況のイベント。 会場は直方市リバーサイドパーク。 - に位置し、下も日本と交易のあったオランダを扱った。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 チューリップに関連する および があります。

次の

チューリップの育て方

チューリップ ネタ

え…!ずっと開いているのかと思っていました…。 【雑学解説】チューリップの花びらが閉じるのは気温が関係しているため チューリップの花びらが、 晴れた日は大きく開き、曇りの日は閉じている理由。 それは 気温が関係している。 実はチューリップの花びらは、 内側と外側の細胞が温度によって膨張・成長するという性質がある。 ということは、曇りの日だけでなく、 気温が下がる夜もチューリップの花びらは閉じ、朝から日中にかけて花びらが開いている。 なんじゃ…!初めて聞いたぞ! 本来チューリップは短期間で数を増やすことが難しく、品薄になりやすい品種ということもあり球根での先物取引がオランダで流行していた。 しかし、 1634年頃から金儲けに目がくらんだ投資家たちがチューリップの球根を買い占めた。 投資家たちは手形を発行し、チューリップが欲しい人に食料や家畜をはじめ、工場などと交換というような方法をとったために チューリップの値段はどんどん上昇していった。 もちろん、こんな状態が長続きするわけがなく、 1637年にとうとう元値から倍近く価格が上がったチューリップの価格が大幅に下落した。 当時チューリップを買い占めていた 投資家たちはおよそ3000人おり、もれなく全員が価格の下落に伴って借金を返せない状況になったという。 まぁ、自業自得だろう。 スポンサーリンク もしも通訳が違うものをイメージしていたら、チューリップという名前にはなっていなかったんじゃろうな! ちなみに、 世界のチューリップ生産国で有名なのはオランダだが、日本は富山・新潟の二県。 どちらも県花をチューリップとしている。 富山・新潟を訪れた際はチューリップのことを頭に思い浮かべてみるのも、いいかもしれない。 赤…恋の告白• ピンク…愛の芽生え• 白…新しい愛• 紫…不滅の愛 恋人へチューリップを送る際は、これらの花言葉を参考にするのもロマンチックだろう。 ただし、 黄色のチューリップの花言葉には「実らぬ恋」という意味があるので、贈り物としては避けることをおすすめする。

次の