ドイツ 語 キーボード。 備忘メモ:コンピュータでドイツ語を書く

ドイツ語の空き地

ドイツ 語 キーボード

Vistaのノートパソコン。 Word2007でドイツ語で入力をしたいです。 ウムラウトなどドイツ語独特の表記をしたいのですがどうしたらいいでしょうか。 テキストサービスと言語のダイヤログに、ドイツ語が追加されているように見えますが、 ノートパソコンには、ウムラウトやエスツェットの字が書かれたボタンがないので、 どれを押せば、どう操作すればドイツ語固有の綴りがタイプできるのかわかりません。 このキーボードでは無理なのでしょうか。 よろしくお願いします。 <変更前タイトル> ドイツ語 VistaやXpのWordで入力 ・スクリーンキーボードを使用してみてください。 2 Word2007を開きます。 3 言語バーの 一番左側 JP とかDE などと表示されている箇所 をクリック、次に 「DE ドイツ語 ドイツ 」 をクリックします。 4 暫くするとスクリーンキーボードに ウムラウト などが表示されます。 ・こちらをご覧ください。 【 ドイツ語文字の入力法 】 上記URLの 「MS-Windowsの場合」 をご覧ください。 こちらの方法も覚えてしまうと意外と簡単ですよ。

次の

Keybord

ドイツ 語 キーボード

ドイツ語キーボードを設定する コントロールパネルから、ドイツ語キーボードを追加で設定できます。 Windows7での設定方法については下記をご覧ください。 コピペして使う これは説明不要…かな?!コピーして貼り付けて使ってください。 ユーザー辞書に登録する 私が一番よく使っている方法はこれ! ドイツのブログを書いているということもあり、日本語の文の途中にドイツ語の単語を書いたりすることが多いです。 なので一文字の為にドイツ語キーボードに切り替えるのが、面倒だったりします。 そこでIMEのユーザー辞書にウムラウトとエスツェットは登録しています。 「うむ」で変換したらウムラウト、「えす」でエスツェットが出てくるようにしています。 正直キーボード切り替えと比べ操作の手間は変らないのですが、こちらの方が楽に感じます。 ただし「環境依存文字」とあるように文字化けしたり正しく表示されないこともあります。 HTMLに書く場合は、次に紹介する文字参照のコードを辞書登録したほうが良いかもしれません。 「単語」の欄にウムラウト等を入力します。 「よみ」の欄にいれた文字で変換すると「単語」の欄の文字が候補に出てきます。 文字参照 HTMLに記述する時は下記のコードでウムラウト・エスツェットが表示されます。 アルファベットで代用 ウムラウトが入力できない場合や、文字化けが心配な場合は下記のように書き変えることもあります。

次の

QWERTZ配列

ドイツ 語 キーボード

ドイツ語を使うことがなければ、ウムラウトを意識することはありませんが、旅行情報を収集するのにドイツ語の地名を検索しようとして、「そういえば、ウムラウトってどうやって入力するの?」とハタと思うことがあるかもしれません。 日本語PCのキーボードには、ウムラウト文字がないので、以下のいずれかの方法で入力します。 MSワード上で入力したものを検索窓にコピペして使うかたちになります。 例:a aの番号は「0228」なので; Altキー を押しながら 0228を入力。 この方法だと、サーチエンジンの検索窓にウムラウト文字を入力できるようになります。 [ Windowsの場合 ] メインメニュー「コントロールパネル」にある「地域と言語のオプション」から 言語設定関連のページへと行き、言語を追加の機能で「ドイツ語」を選択して追加します。 Windowsのバージョンによって、メニュー名や操作手順が若干異なります。 ) 設定が終了したら、コントロールパネルを閉じます。 ディスプレイの右下に表示されているタスクバーにある「JP」というボタンがあるので、 それをクリックすると、「DE」ドイツ語が追加されていることが分かります。 ここで設定を「DE」=ドイツ語にすると、キーボード上でウムラウトが入力できるようになります。 実際の表示と文字配列が変わるので、ドイツ語キーのZ配列を知っておくと便利です。 ウィキペディア:ドイツ語QWERTZ配列 元の日本語入力に戻したい時は、タスクバーの「DE」を「JP」に変更します。 その他の方法:ウムラウトを別の書き方にする 日本語のメーラーでは、ウムラウトは文字化けしてしまうことがありますよね。 そもそも、いちいち番号を入力したり、キーボード設定を変えたり、という面倒な作業にイラっとします。 そこで、いっそ、ウムラウトの入力を避けるという方法もあります。 ウムラウト文字は以下のような文字の組み合わせが代用できます。 Alan1. net海外現地オプショナルツアー ・ ・ ・ ・.

次の