すかいらーく の 株価。 すかいらーくの株価(3192)の今後と配当利回りと株主優待の行方は?

【株主優待】すかいらーく(3197)配当金は来期から減配へ

すかいらーく の 株価

売上高 営業利益 純利益 1株利益 1株配当 16年12月 354,513 31,249 18,213 93. 6 38 17年12月 359,445 28,103 15,549 79. 4 38 18年12月 366,360 22,857 11,438 58. 0 38 19年12月 375,394 20,562 9,487 48. 1 19 20年12月 ー ー ー ー ー 売上高は緩やかに増加している一方で、利益がは逆に減少方向であることがわかります。 20年12月期ついては、新型コロナの影響が不透明であり、見通しは未定としています。 売上高 営業利益 純利益 1株利益 利益率 19. 01-03月 93,882 5,495 2,708 13. 7 5. 04-06月 93,603 5,602 2,650 13. 4 6. 07-09月 97,804 8,898 5,154 26. 1 9. 10-12月 90,105 567 -1,025 -5. 2 0. 01-03月 86,739 40 248 1. 3 0. また、利益を圧迫した理由としては、 すでに仕入を行っていた在庫のロスの影響が大きいですね。 新型コロナによる客足の減少はしばらく継続しそうなので、正直今後も厳しいのかなと思います。 すかいらーくもすでに力を入れていますが、外食産業一般に言えるのは、今後の復調のためには デリバリーを強化することが必須です。 引用: 店内飲食の売上をどこまでカバーできるかもあると思いますが、ウィズコロナの世界では確実にデリバリー需要は増えるので、すかいらーくとしては必ず押さえたい部分ですね。 また、店内飲食に関しては、 客が安心して飲食を楽しめるような体制作りが客足の戻り具合を決めます。 厳しい経営環境ではありますが、現状をしっかり見つめ、集客率アップにつながる取り組みを期待したいですね。 ファミレスの会社は上場していないので、丸亀製麺を運営するトリドールと比較してみましょう。 <競合他社との比較> (単位:100万円) すかいらーく (2019年12月) トリドール (2020年3月) 売上高 375,394 156,478 営業利益 20,562 4,367 営業利益率 5. 7% 経常利益 16,729 2,837 純利益 9,487 1,956 1株純利益 48. 1円 21. 2円 1株純資産 自己資本比率 総資産 自己資本 剰余金 有利子負債倍率 2019. 12 — 28. 7 456,448 131,061 71,501 1. 06 自己資本比率が28. 7%とやや物足りなく、 有利子負債が1. 06倍と重たく感じます。 通常時であれば特段問題ないのでしょうが、コロナにより収益が落ちた今、自己資本と現金比率などは注目する必要があります。 また、有利子負債が多ければ、金利負担が重たくなるので、キャッシュフローを圧迫する要因にもなります。 当面は財務内容も決算発表と同時にしっかり確認する必要がありますね。 すかいらーく(3197)の配当金、株主優待 すかいらーくの配当金、株主優待は以下の通りです。 すかいらーくの配当金、株主優待• 配当金:未定(20年12月期)• 新型コロナウイルスの影響により業績見通しが未定となっているため、配当金も同様に未定となっています。 なお、これまでは下記の通り配当金は推移しています。 20年12月の配当金は未定ですが、仮に19円の配当金が維持されると考えた場合、20年6月11日の株価1,771円から計算すると 配当利回りは1. 1%です。 配当利回りは低いですし、業績も不透明な状況ですので、配当金目的での投資はおすすめできないですね。 20年12月期の配当は未定• 配当が19円で維持としても、 配当利回りは1. 株主優待ではお食事券が貰え、 優待利回りは3. 4%と高い すかいらーく(3197)の株価予想 すかいらーくの株価の今後の予想ですが、 1,400~1,800円のボックスで推移と考えます。 すかいらーくの日足はコロナショックから反発を見せていますが、 直近では1,800円のレジスタンスラインを抜けられない状態です。 ファンダメンタル面からも、四半期決算は非常に悪く、ここからレジスタンスラインを突破するのは難しいと思います。 また、配当金も未定ですし、頼れるのは優待利回りだけですが、これ以上株価が上昇すると優待利回りも悪くなるため、1,800円の突破は難しいと思います。 月足お見ても、1,800円が大きなレジスタンスラインとなることがよくわかります。 一方で下値としては、 1,400円が長らくボックスの下限になっていました。 そのため1,400円がサポートラインとして機能し、 1,400~1,800円のボックス圏で当面推移するものと思われます。 通期決算も今後どうなるか不透明であり、中長期的な買いもまだまだ入りにくいでしょうし、優待利回りがサポートライン上で入り、一方で値上がりすれば1,800円手前で売られるという展開になりそうです。

次の

【人気優待株】すかいらーくHDの株価は株主優待の人気で底値も限られ上昇も早い

すかいらーく の 株価

PTSマーケット情報はSBIジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はSBIジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、SBIジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびSBIジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

すかいらーくホールディングス(すかいらーく)【3197】株の基本情報|株探(かぶたん)

すかいらーく の 株価

8 875. 3 0. 4 1,026. 2 0. 9 1,327. 2 0. 4 1,111. 5 0. 8 905. 6 0. 22 情報提供 株価予想 業績予想.

次の